白セーターのおすすめコーデ19選|シアーニット・リブニット・ハイネックニットなど

白セーターのおすすめを大特集♡

ピュアな白セーターでつくる冬コーデを特集。スカートを合わせるガーリーな着こなしから、パンツを合わせたきれいめカジュアルコーデまで、シンプルながら着映えするトレンドスタイルを要チェック!

【目次】
白セーター×スカート冬コーデ
白セーター×パンツ冬コーデ

白セーター×スカート冬コーデ


【1】白タートルネックセーター×黒ロングスカート×ピンクコート

SUKE KNIT : 4 リブ透け『センシュアルなリブ透け。ニットとは異なる色のインナーや柄モノをガッツリ透けさせて、セクシーよりも洒落たムードで着こなしたい!』

シンプルなタートルも透け感で鮮度UP♪ インナーキャミとスカートの色をブラックでつなげてまとまりを意識したら、差し色のモーヴピンクで女らしさをもうひと盛り♡

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】白セーター×チェック柄ロングスカート×ブラウンコート

SUKE KNIT :3 マジメ透け『知的なベーシックカラーの透けニットなら、会社にも対応可!長袖や同色インナーに重ねて、肌感をセーブするのがポイント。』

チェックのロングスカートに白のクロシェニットを重ねた個性派コーデ。下に黒ニットを仕込んで白ニットの透け感を引き立ててれば奥行きのある印象に。ダークトーンを明るく仕上げる白ニット重ねがポイントです。

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】白セーター×白ニットスカート×ブラウンコート

マッチングアプリで出会った彼とデート♥アプリ婚活の日 遠目からでもパッと華やぐ カラーコートさえあれば!『リアルでも「いいね♡」を狙うべく、待ち合わせ場所で目に留まりやすく、女のコらしいカラーコートをメインに!中は、ニットのワンピorセットアップで気張りすぎず、でもちゃっかりモテ♪』

旬色ブラウンのコートは、シックさもあって大人のデートスタイルに最適♡ 淡ベージュのニットアップとの優しげグラデで、癒やしコーデに仕上げましょ。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】白セーター×チェック柄タイトスカート

キャッチーさも、女性らしさも♡O'NEIL of DUBLINのチェックタイトスカートを着回し!『この冬注目の柄といえばブリティッシュなチェック! ブルーや赤が効いた華やかな1枚も、落ち着いたブラウンベースなら意外と着回せてなおかつ今っぽく仕上がる♡』

表情豊かなケーブル編みが、シンプルながら着映えする着こなしを叶えてくれる。遠出する日は、スポーティ小物でほんのりラフに仕上げて。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】白タートルネックセーター×白ニットロングスカート

05 一緒に着てもバラで着てもかわいい! セットアップで着回し放題♪『今季、いろんなブランドでバリエ豊かにそろうセットアップ。ワンピ見えしつつ、バラでも活躍する シンプルデザインを選ぶと様々な印象で着こなせて、1セット持っておくとワードローブが潤う〜♡』

シンプルな上下だからこそ、汎用性はかなり高め! セットアップで着ると、デートにもってこいな控えめな甘さが漂います。やわらかでストレッチ性がある圧縮ニットだから、着心地のよさも抜群♪ イノセンスな白コーデはイエロー小物で上品に盛り上げて。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】白セーター×グリーンプリーツスカート

02 ゆるニット× 軽スカートは 冬の鉄板セット!『冬の大定番・ゆるニット、さて今年はどう着る? おすすめしたいのは、広がりすぎず、しなやかな 動きで女性らしい印象を与える軽やかスカートとのコンビ。 すらりと縦長シルエットでスタイルUPもおまかせあれ!』

ハイネックニットやイレヘムシルエットのスカートで、大人っぽさを増し増し♪ 深みのあるグリーンも、トレンド感や上品さが底上げできるポイントです。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【7】白セーター×ボルドースカート×ボルドーコート

上品な白ニットで女らしいボルドーをトーンアップ!

クラシカルな上品さが魅力のボルドーのロングコートを、同じくロング丈のスカートでストリートアレンジ。ゆるゆるっとしたシルエットも、落ち着きのあるボルドーをリンクさせれば見た目の印象が大人っぽくまとまります。

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

【8】白タートルネックセーター×ブルーロングスカート×テラコッタコート

ブルーやテラコッタ色をMIXして感度の高い配色に♡

ターコイズブルーが効いたレトロプリントのスカートを、エクリュのリブニットで軽やかにコーディネート。ロングコートを重ねても抜け感が生まれるので、ボリューミーな旬コーデも洗練された印象にまとまります。黄みの強いテラコッタ色は、流行色の茶系とグラデーションが作りやすい&キレイ色との相性が抜群!

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶

【9】白セーター×黒ミニスカート×グリーンコート

存在感のあるカラーコートはベーシックなインナーで引き算を

今シーズンのワードローブに加えたいのは、モノトーンコーデをヘルシーかつ軽快に見せるフレッシュグリーンのテーラードコート。ワンサイズ大きいようなビッグフォルムもシャレ見えにひと役買います。

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

白セーター×パンツ冬コーデ


【1】白ハイネックセーター×デニムパンツ×チェック柄コート

デニム感覚ではけるブルー系パンツ

ハイネックニット×ブルーデニムの爽やかな配色に、トレンドのチェックコートをON! 小物はライトブルーに赤を効かせてこなれ感を演出しましょ。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/まい(本誌専属) 構成/時吉 茜

【2】白セーター×デニムパンツ

ざっくり感がかわいい白ニットに合わせたのは、世界中でバズっている人気チェックのモヘアマフラー。印象的な大柄チェックとロゴのパッチ、今年らしいカラフルなマルチ配色が目を引くデザイン♡

CanCam2020年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】白セーター×水色パンツ×ミントグリーンコート

ワークマンをいつものコーデに取り入れてみたら…『タウン向けから、ガチ作業服まで!本当に使えるワークマンの注目アイテムを冬コーデに投入♡「これ本当にワークマン?しかもこの価格!?」と、サプライズなおしゃれをお届けします♪』

ワークマンアイテムの中でもシックに履けるパンツは、旬のワントーンで洗練されたイメージに! 春のトレンドでもあるミント色で全体をまとめれば、リッチなムードも高まります。

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/深瀬介志(sui) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】白セーター×デニムパンツ×黒コート

あの手この手で♡ 地味色コートはもっとかわいく着回せる!『頼れるベーシックカラーのコートだけど、毎日着るから飽きてきた!なんて人も多いはず。着こなしをアップデートしてくれる㊙テクニックをご紹介♪』

白ニット×デニムのシンプルな着こなしに、トレンドのノーカラーコートをON! ベレー帽を加えたり、赤ソックスでロンドンガール風に仕上げるとコーデの鮮度がUPします♡

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】白ロングセーター×黒スキニーデニムパンツ

〝効かせる黒〟ブーツならこの3足!『究極のベーシックカラー〝黒〟なら、流行デザインも合わせやすさ抜群。今季はしばらく続くショートブーツブームの中、ニーハイも復活の兆し。ほんのりモードな〝効かせる黒ブーツ〟で、着こなしを更新!』

編み柄ですっきり見える白ニットに、クールな黒スキニーをプラス♡ トレンドのウエスタンブーツは、潔くシンプルな辛口アイテムで気負いなく合わせるのが断然かっこいい!

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

【6】白セーター×ブラウンパンツ×チェック柄コート

ボートネック×コーデュロイで女っぽさも漂わせて♡

エクリュとブラウンのまろやかな配色に、インパクトのある千鳥格子コートを合わせた洗練コーデ。レトロな要素が詰まった細畝のコーデュロイパンツやトラッドなチェスターコートに女っぽさが漂うのは、パンツのさりげない光沢感とワイドボートネックのニットのおかげ♡ 小ぶりのバッグやベージュのブーツをプラスする、レトロフェミニンな小物使いもポイントです。

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶

【7】白セーター×デニムパンツ×カーキキルティングコート

さりげないのに今っぽかわいい♡旬顔コートが主役

はおるだけで肩肘張らないリラックス感が出せるキルティングコートは、シンプルなデニムカジュアルはもちろん、花柄ワンピやワイドパンツなどきれいめなアイテムとも好相性♡ インナーのニットは、アウターを脱いでもかわいい横リブのデザインに。ボトムはこなれたカットオフデニムにパープルのショートブーツをプラスして、シンプルなカジュアルにおしゃれのセンスを光らせて。

CanCam2019年1月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【8】白セーター×黒パンツ×白コート

差し色のボディバッグでシャレ感&機能性もばっちり♡

白ニット×黒パンツの王道モノトーンコーデは、トレンドのボディバッグとレオパード柄のフラット靴で程よいこなれ感を演出♡ 白のハイネックニットにエクリュのピーコートを重ねることで、やわらかで女らしい白の奥行きも楽しめます。ストレッチの効いたジョガーパンツなら長時間の移動も楽ちん! 

CanCam2019年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【9】白セーター×黒パンツ×チェック柄コート

ファー×チェック柄コートで休日カジュアルに差をつけて♡

シンプルコーデにも映える、大人気のチェック柄コートはラフなスタイルにも引っ張りだこ! 白ニットを細身の黒パンツにINするシンプルな着こなしにプラスするだけで、洗練された最旬カジュアルが完成します♡ 仕上げにキャスケットや大ぶりのパールイヤリングなど、顔周りをかわいく盛るのも忘れずに。

CanCam2019年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【10】白セーター×デニムパンツ

ブルー×ピンクのカラーMIXで定番デニムを今旬に

ニット×デニムの定番スタイルも、ブルーとピンクのカラーミックスで技ありコーデに! ボリューミーなチェックストールも、ダスティブルーなら程よくなじんで大人っぽく仕上がります。ストールとバッグのブルー、そしてパンプスのピンクをくすみトーンで合わせれば、さりげないのにシャレ見えする最旬コーデが完成します♡

CanCam2019年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/田中絵理子  

 

★春夏秋冬♡春のオレンジコーデ16選|アウター・ワンピース・トップス・ボトム

★黒スカートのおすすめコーデ7選|レース・ロング丈スカートの着こなし

>CanCam.jp TOPに戻る