ジャケットコーデ20選|程カジュアルがかわいい♡シャツジャケットやライダースの着こなし【2020冬レディース】

冬のおすすめジャケットコーデを特集

女っぽさと洒落感が高まる楓レザー

秋冬に大活躍のジャケットコーデをピックアップ! 今シーズンは定番のテーラードジャケットに加えて、気軽に羽織れるシャツっぽいデザインのジャケットが大人気。シャツ×ジャケット=「シャケット」とも呼ばれる旬のアイテムを取り入れた、オススメコーデを紹介します! ニットやワンピースを合わせた最旬コーデやオフィスにおすすめのジャケットコーデは要チェック♡

ジャケットを合わせる冬コーデのポイント

くしゅっとorリブニットの恋ワンピを着倒したい!『くしゅワンピを4パターンに着回し』

旬のジャケットのひとつ「シャケット」は、一見メンズライクなアイテムですがワンピースやスカートと合わせるフェミニンなカジュアルコーデもおすすめ。合わせやすい無地のほか、チェック柄のジャケットもインナーを無地にするときちんと感がUPするのでオフィスコーデにも着回せます。

  1. シャツ×ジャケット=「シャケット」が旬♡
  2. チェック柄ジャケットも×無地インナーならオフィスにもOK
  3. こなれたコーデが即決まる、ジャケットのセットアップもおすすめ

★シャツジャケットはワンマイルコーデのアウターにもおすすめ


冬のレディースジャケットコーデ

【1】チェック柄ジャケット×ブラウンタートルネック×ブラウンパンツ

No/04ブラウンタートル『定番のタートルニットを目新しく更新するなら、旬のブラウンがイチ推し。中でもやわらかくファジーな色合いが、レイヤードスタイルに打ってつけ!合わせを選ばないから簡単に取り入れられる♪』

BIGサイズのシャツジャケットに、センタープレスパンツを合わせたこなれカジュアル。今どきのゆるっとしたボーイッシュコーデは、フィット感のあるタートルをインナーに重ねて女らしさをひとさじ。靴はカジュアルなコンバースでとことんラフに仕上げましょ。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】白ジャケットセットアップ×グレータートルネック×黒キャスケット

No/03グレータートル『ベーシックアイテムながら、さりげない洒落感をプラスしてくれるグレーのタートル。今年なら、トレンドのくすみカラーのシャツと合わせてちょっぴり大人顔に転ばせるのがおすすめ!』

オーバーサイズのCPOジャケット×ミニスカートの女のコシルエットは、インナーにトレンドのグレータートルを仕込んで品よくかわいくアップデート♡ 上品なタートルニットで首元を隠すとクラシカルなかわいさが引き立ちます。小物は靴下×レースアップブーツやトライバル柄のトートバッグでカジュアルに。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】ベージュジャケット×白タートルネック×白スカート

No/02白タートル『上品かつフェミニンな印象の白タートルは、上質なカシミア素材でクラス感もアップ。レイヤードで中に仕込むことで、顔周りがパッと華やぎ、女性らしいやわらかさを与えてくれます。』

タートルやスカートをホワイトで統一した甘めコーデは、ミント色のCPOジャケットでカジュアルにシフト! はおるだけでサマになるオーバーサイズのシャケットが、絵になる着こなしを叶えます♡

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【4】黒ボアジャケット×ピンクニット×黒スカート

着映えする絶妙カラーにキュン♥OSKARのピンクニットを着回し!『さりげなくミックスカラーになったピンクニットは、ロマンティックなかわいさ♡ 合わせるボトムを選ばないジャストな丈感も心強い!』

まろやかなピンク色のケーブルニットをブラックで引き締めると、キレが加わり憧れ感のあるきれいなお姉さんスタイルに。ほっこりしがちなケーブルニットには、ヒールブーツとチェーンバッグでシャープな味付けをすると大人っぽさがプラスできます。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】チェック柄ジャケット×黒タートルネック×グリーンワンピース

くしゅっとorリブニットの恋ワンピを着倒したい!『くしゅワンピを4パターンに着回し』

コーデのポイントは暖かさとおしゃれさを両立したタートルのレイヤード。ワンピース×シャツジャケットのインナーにコンパクトなタートルニットを合わせるだけで、ひと手間かかった印象に仕上がります。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/石川恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】グレージャケット×ブルータートルネック×白スカート

女っぽさと洒落感が高まる楓レザー

流れるような曲線が美しいマーメイドスカートをツイードジャケットでノーブルに。きれいめな組み合わせでもコンサバすぎないのは、今っぽいレザースカートのおかげです。トレンドの重ねタートルはパープルを選んでフェミニンに。足元は黒のヒールブーツでキレイ味よくまとめましょ♡

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】ブラウンライダースジャケット×白Tシャツ×デニムパンツ

加藤史帆の冬指名買いLIST

BIGシルエットのライダースにデニムを合わせたカジュアルコーデ。黒のロゴ入りTシャツは、ラフで抜け感が作れる上に、コーデを引き締めてくれる効果も♡ シルバーのアクセを合わせて女らしさも忘れずに。

CanCam2020年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/西村真樹、田中涼子、佐藤彩花、田中絵理子、時吉 茜

【8】ネイビージャケット×オレンジワンピース×白ブーツ

ワークマンをいつものコーデに取り入れてみたら…『タウン向けから、ガチ作業服まで!本当に使えるワークマンの注目アイテムを冬コーデに投入♡「これ本当にワークマン?しかもこの価格!?」と、サプライズなおしゃれをお届けします♪』

トレンドのマウンテンパーカは、大きめのサイズをずるっと着るのが気分。でもボーイッシュにはしたくないから、ワンピ×ブーツを合わせて抜け感のある女のコスタイルに。パープルとダークオレンジのカラーMIXでさらにおしゃれ度高く仕上げましょ♡

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/深瀬介志(sui) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】黒ライダースジャケット×ブラウンニット×ボーダー柄ニットスカート

冬のキレイ色アイテムと合わせて、モノトーンをとことん楽しむ!『ついつい欲しくなるキレイ色アイテム。どんな色も受け入れてくれる万能なモノトーンコーデに投入すれば、テクニックいらずで即おしゃれ上級者見え♡』

コントラストの強いモノトーンコーデは、ときにハードな印象になりがち。やわらかなベージュと合わせることで女性らしくまろやかにまとまります。ボーダーの1色であるベージュをニットで拾えばコーデ全体のまとまりもよくなります。

CanCam2019年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【10】チェック柄ジャケット×黒ベレー帽×白ワンピース×白パンツ

MONOTONE2 白ならほっこりしすぎず、キレイめに 冬素材の白パンツ『重くなりがちな冬コーデを軽快に!コーデュロイやニットなど、ゆるっとはける カジュアル素材でトレンド感も狙って!』

冬こそ楽しみたいALLホワイトコーデは、シャツ×ニットパンツの異素材を組み合わせてメリハリをつけるのがコツ。手にしたチェックジャケットもコーデを締める重要な役目があるんです♡ ずるっと長い旬シルエットでこなれ感も手に入れて。

CanCam2019年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

★きれいめテーラードジャケットのコーデはこちらにも♡


オフィスにおすすめのジャケットコーデ

【1】ベージュジャケット×白ブラウス×コーデュロイパンツ

ヘルシーな雰囲気が手に入る!BANANA REPUBLICの コーデュロイパンツを着回し!『秋冬になると着たくなる、温かみのあるコーデュロイ素材が今季は特に流行ってる! ほっこり見えないように、クリーンなホワイト&ワイドパンツでキレよく取り入れるのが正解。』

コンサバになりがちなALL白コーデを、コーデュロイのワイドパンツで洒落た雰囲気にアップデート。のっぺりしないようにジャケットはベージュを選んでメリハリを。仕上げは濃いめのベージュやボルドーの大人小物で上品に引き締めて♡

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】チェック柄ジャケット×黒トップス×ブルーパンツ

安未ゆるパンでエフォートレスなおしゃれを♡

ノーカラーのチェックジャケットをブルーのパンツで今っぽく! ジャケットを合わせることで、流行のカラーパンツも上品なきれいめスタイルにマッチします。インナーと靴は黒で引き締めてまとまりのある着こなしに。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY)  モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】チェック柄ジャケット×ブラウンタートルネック×白スカート

ヴィンテージ風小物でまちゅレトロ♡

ブラウンチェックのテーラードジャケットは、タートルネックと白スカートですっきりまとめて。ウエストのベルトマークは、太めを選ぶと旬のレトロムードがアピールできます♡ レースアップブーツで加えるアクセントも今年っぽい!

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ブラウンジャケット×ブラウンニットワンピース×白スニーカー

くしゅっとorリブニットの恋ワンピを着倒したい!『リブニットワンピを4パターンに着回し』

簡単だけど感度高めなブラウンのワントーンスタイルは、ニットワンピの幅広リブが縦のラインを強調しコーデに奥行きをプラスしてくれます。時計やスニーカーなど白のスポーティ小物をちりばめて、抜けのよさも意識して。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/石川恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】チェック柄ジャケットセットアップ×ベージュ タートルネック×白スニーカー

楓がやっぱり好きな冬アイテム

ジャケットのセットアップは、絶妙なゆるシルエットがこなれ感抜群。インナーにはすっきり見えるタートルを合わせて、より女っぽさをプラスするのもオススメです。仕上げは赤いバッグでフレッシュな差し色を。

CanCam2020年12月号より 撮影/野口マサヒロ スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/西村真樹、田中涼子、佐藤彩花、田中絵理子、時吉 茜

【6】チェック柄ジャケット×ブラウンタートルネック×ブラウンニットスカート×ブラウンパンプス

優しげで大人なワントーン マロンチョコ配色『シンプルなのに地味に見えず、むしろおしゃれ感がUPする魔法の配色♡コントラストがつきすぎる白ではなく、やわらかなベージュを基本になじませるのがポイント♪』

チェック柄ジャケット×ニットスカートで好感度の高いお仕事Styleに。ブルーのラインがアクセントになったチェック柄ジャケットや、フェミニンに着くずせるニットスカートを投入してグッと今どきに仕上げて♡

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】チェック柄ジャケット×黒タートルネック×黒パンツ

凛とした大人の色気をまとう憧れの的 ほのか主演エモお姉さん

上下を黒でまとめたパンツスタイルに、グレンチェックの大人ジャケットをコーディネート。黒タートル×テーラードジャケットで、きりっとしているのに女らしいハンサムビューティがテーマです♡

CanCam2020年2月号より 撮影/神戸健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/NAYA モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/小嶋明恵、田中涼子

【8】ネイビージャケット×白カットソー×グレーパンツ

本気のきちんと感が必要。仕事関係の方に誠意を伝える日 『まじめモードなグレーが主役のジャケットスタイルかしこまったご挨拶やプレゼン、謝罪など、お仕事シーンの中で最もきちんとしたい場面。やわらかく控えめな上品さ、なおかつ親しみを感じるグレーなら、きっとうまくいく!』

アイスグレーのパンツ×ネイビージャケットで、落ち着きのあるきれいめシンプルスタイルに。きちんと感のある正統派な色合わせには、ボルドーバッグの差し色で女らしさをプラスするのが効果的。好感度高めの知的オーラが漂います♡

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】ブラウンジャケット×白ブラウス×グレースカート

本気のきちんと感が必要。仕事関係の方に誠意を伝える日 『まじめモードなグレーが主役のジャケットスタイルかしこまったご挨拶やプレゼン、謝罪など、お仕事シーンの中で最もきちんとしたい場面。やわらかく控えめな上品さ、なおかつ親しみを感じるグレーなら、きっとうまくいく!』

上品さとトレンドを程よくマッチさせたい日は、今年っぽいブラウンのジャケットと女性らしいチャコールグレーのツイードスカートが活躍! フリル襟のギャザーブラウスを合わせると、リクルートすぎないレディな印象に仕上がります♪

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】チェック柄ジャケット×グレーインナー×白ワイドパンツ

ヘルシーな雰囲気が手に入る!BANANA REPUBLICの コーデュロイパンツを着回し!『秋冬になると着たくなる、温かみのあるコーデュロイ素材が今季は特に流行ってる! ほっこり見えないように、クリーンなホワイト&ワイドパンツでキレよく取り入れるのが正解。』

コンサバになりがちなジャケット&白パンを、コーデュロイ素材のボトムでお洒落な雰囲気にアップデート。ブーツで作る足元重めバランスも今っぽ見えのポイントです。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

★ジャケット×ニットスカートで秋冬らしく


休日もオフィスもジャケットが活躍!

デイリーに使えるジャケットのレディースコーデをご紹介しました。きちんと感のあるテーラードジャケットは、オフィスコーデにはもちろん休日コーデにも◎。ニットワンピースやファーバッグなどを合わせてカジュアルダウンも楽しんで。メンズライクなシャツジャケットに、フェミニンなフレアスカートやワンピースを合わせるコーデもおすすめです♡