服選びが難しい…気温17度の服装|気温別おすすめコーデ20選【2021レディース】

最高・最低気温17度のおすすめコーデを大特集

気温17度服装

最高気温17度、最低気温17度の日に選ぶべき、おすすめコーデを大特集。気温17度は、4月から5月にかけての春本番や10月から11月の秋本番に多い気温。そんな気温17度の日を快適に過ごせるトレンドの着こなしを紹介します。


最高気温17度の服装

暑くも寒くもなく過ごしやすい気温ですが、最高気温17度の日は最低気温が10度前後になり朝晩など冷え込む日も。最高気温が17度の場合は、天気予報に合わせて羽織りものを持参するのがおすすめです。

【1】ブルーブラウス×ベージュハーフパンツ×黒ローファー

気温17度服装

コーデの引き立て役に徹することが多い定番デニムはフリルブラウスでコーデの主役に。ロマンティックなブラウスも、デニム素材なら甘さ控えめに着こなせます。ベージュのショーパンやローファーと合わせてグッドガール風に着こなしたら、ヘルシーな脚見せで清楚感にラフさを足して。

【2】ブラウントップス×イエローセンタープレスパンツ

気温17度服装

ベージュ感覚で取り入れられる淡いトーンのレモンイエローパンツで、かっこよさとやわらかな上品さを両立。女っぷりのいいベルト付きのカシュクールブラウスに、センタープレスパンツのマニッシュさが好バランス。テラコッタカラーで洒落感を高めたら、すっきりとしたポインテッドトウパンプスで大人めに仕上げましょう。

【3】ベージュジャケット×黒ワンピース×黒サンダル

気温17度服装

レイヤードしたり、小物で変化をつけたり…万能に活躍するキャミワンピを1枚で着るなら、ジャケットをバサッとONして大人っぽく。コンサバに転ばないように、ミュールや巾着バッグなどのトレンド小物で大人な遊びゴコロを効かせたら、抜け感ときちんと感が絶妙な洗練コーデのできあがり!

【4】ベージュジャケット×セットアップ×ブラウンスエット×白インナー

気温17度服装

真面目な印象のジャケットセットアップは、ショートパンツを選ぶのがこなれ見えのカギ。センタープレス入りのハイウエストショーパンなら美脚&脚長効果もばっちり。スエットもブラウンを選んでこっくり配色でまとめれば、見た目も暖かに仕上がります♡ 首元からちらりと覗かせた白Tで、抜け感をプラスするのも忘れずに。

【5】グレーニット×ラベンダーインナー×ベージュスカート×白パンプス

気温17度服装

ボックスプリーツ入りのマーメイドスカートは、腰回りのラインを美しく見せながらも肉感を拾わない優秀さにきゅん♡ ハリ感のある素材でさりげなくラインを見せれば、あからさまじゃない大人の色気が漂います。レディ感のあるシルエットだから、ゆるっとしたニットを合わせて肩の力の抜けたコーデに仕上げて。

【6】黒コート×白ロングシャツ×パープルスカート

気温17度服装

重ね着しやすいシャツワンピースは、プリーツスカートをINしてベーシックアイテムの組み合わせに奥行きをプラス♪ クリーンな白シャツワンピなら、好感度をGETしたい日にもぴったり♡ ボルドースカート&黒コートで爽やかなワンピを引き締めてあたたかみのあるコーデに仕上げて。

【7】ブルーニット×花柄スカート×白ブーツ×ベージュバッグ

気温17度服装

ピンク×花柄のフェミニンなスカートは、なめらかなマーメイドラインが大人っぽい。トップスをインしてハイウエストではくのがスタイルアップのコツなんです。シックになりがちな秋冬こそ、カラーMIXで華やかな装いを楽しんで。

【8】ベージュトレンチコート×ベージュワンピース×黒ブーツ

気温17度服装

トレンド感たっぷりのジャンパースカートワンピースは、レザーの陰影とイレヘムプリーツの軽やかさがベージュワントーンに奥行きをプラス。同色のベージュトレンチを羽織ったら、鮮やかなバッグを合わせてコーデに華やかさを添えて。

【9】黒タートルネックニット×チェック柄スカート×黒ブーツ

気温17度服装

秋冬に取り入れたいチェックスカートは、シンプルなトップス合わせでスカートを引き立てて。柄を思い切り楽しめるロング丈なら、チェックならではのクラシカルなムードもありながら今っぽいバランスが叶います。足元に厚底ブーツを投入してレトロなかわいさを手に入れて。

【10】ピンクベージュトレンチコート×ベージュトップス×ピンクスカート

気温17度服装

シンプルなスカートコーデには、マーメイドスカート×艶感のあるトレンチで女っぽさを後押し。トレンチをX字にフロントが開くようおしゃれに着くずして、既視感を払拭するとコーデの鮮度がUP。胸元からシアーニットやネックレスがのぞくことで、顔周りの華やかさもキープできます♪

【11】赤ニット×黒スキニーパンツ×黒パンプス

気温17度服装

ざっくり感がかわいい主役ニットは、×デニムとぺたんこ靴のシンプルな合わせが洗練見え。ニットの赤を引き立てるなら、他のアイテムは黒でそろえてシックに着こなすのが正解です。足元にほんのり甘いディテールのリボンシューズを合わせれば、カジュアルになりすぎず女のコらしいかわいさもキープできます。

最低気温17度の服装

最高気温が17度の日は、外出する時間や天気予報に合わせて羽織りものを持参するのがおすすめ。日中などは気温が20度を超えるので、厚着はせずに体温調節しやすい服装を心がけて。

【1】黒ニットTシャツ×ベージュサスペンダー付きパンツ×黒パンプス

気温17度服装

トップス1+ボトム1のワンツーコーデ、しかも使っているのは黒とベージュのみという超ミニマムコーデなのに、圧倒的にかわいくて今っぽい。カジュアルな印象のチノもセンタープレス入りのキレイめテーパードなら、キレよくおしゃれに仕上がります♪ 黒の細リブニットと黒小物で、パンツ以外はとことんシンプルに削ぎ落とすのが正解。

【2】ベージュジャケット×ニットタンクトップ×チェック柄スカート

気温17度服装

定番のギンガムチェックスカートは、デザイン性の高いシルエットや鮮度の高いちょいモードな着こなしに落とし込むのがポイント! 締め色なしのクリーミィななじませ配色やマニッシュなテーラードジャケット合わせ、トレンドのクリアバッグ投入でこなれムードたっぷりに着こなして♪

【3】黒ブラウス×ピンクスカート

気温17度服装

かわいいオシャレを意識するなら、ちょこっと灰色が混ざったような“くすみピンク”のスカート一択! ボリューム感がドラマティックで目を引くフレアスカートは、透け感が程よいシアーブラウスで大人かわいく着こなして。

【4】白ワンピース×黒ブーツ×黒バッグ

気温17度服装

ロマンティックなAラインのワンピースは、黒小物の辛さでコーデを引き締めるのがおすすめ。ほんのり肌が透けるメッシュブーツなら重い印象になりすぎないから、涼しげな白ワンピになじみます。

【5】ブラウンジャケット×ミントインナー×デニムパンツ

気温17度服装

程ワイドなシルエットと色落ち感がカジュアルなデニムには、かっちりしすぎないリネン風素材のジャケットをはおってこなれムード漂う着こなしに。足元は華奢な足首が見えて、女性らしさもさりげなく。高級感と上品さを兼ね備えた、赤味のある黄色のバッグもジャケットと好相性!

【6】ブルーニットカーディガンアンサンブル×花柄スカート×黒サンダル

気温17度服装

ミスティブルーとグレーの中間のようなあいまいカラーのニットに、敢えてトーンの違うブルー&異素材のマーメイドスカートを合わせてみずみずしくさわやかに。コントラストをつけるように小物は黒で統一すると、甘めのカラーも大人っぽくまとまります。

【7】黒ニット×ブラウンスカート×黒ベレー帽

気温17度服装

秋冬気になるレザースカートは、部分プリーツなど甘いディテールがハードになりすぎず挑戦しやすい! 女性らしいやわらかさが出るブラウンは、初心者にもおすすめ♪ レザースカートをかっこよく着こなすなら、コーデが引き締まるブラック合わせでほんのりモードなスタイルに仕上げて♡

【8】チェック柄キャミワンピース×グレーニット×グレーパンプス

気温17度服装

ダークトーンのチェック柄ワンピースは、すっきり見えるIラインシルエットや深めに入ったサイドスリットなど、かわいいだけじゃないディティールも◎。爽やかなダスティブルーのニットを合わせて、上半身だけ切り取っても〝ひと手間感〟のあるレイヤードコーデを楽しんで♪

【9】ブラウンニット×ピンクスカート

気温17度服装

キャンディースリーブのブラウスをマーメイドラインのスカートにIN。きちんと上品なスタンドカラーだから、上半身勝負なテレカンにも対応OK。ピンクスカートを合わせた〝ほの甘いちごチョコ配色〟で好感度UPを狙いましょう。

気温17度の服装のポイント

秋に多い最高気温17度の日は、オフィスコーデならトレンチコートやジャケット、休日コーデならカーディガンなどライトなアウターコーデがおすすめ。足元はブーツで秋らしく着こなすと季節感がよりUPします。春本番の最低気温17度は、あたたかで過ごしやすいものの雨の日は肌寒く感じることもあるので、薄手の羽織りがあるとちょうどよく過ごせます!