意外とみんな疲れてる。「SNS疲れ」あなたはどんなときに感じますか?

自分だけじゃなかった! 多くの人が悩む「SNS疲れ」


LINEにインスタグラムにTwitter……いまやSNSは関わらずに過ごしている人の方が少ないのではないかというほどに私たちの身近な存在ですよね。

気軽に繋がれたり、思い出の写真が共有出来たり、楽しい面もある一方で、SNSの存在が鬱陶しくなったり、見ると嫌な気持ちになったりするような「SNS疲れ」を感じている人もいるのではないでしょうか。

SNS疲れ

私もその一人で「自分はこのSNS時代についていけてないのかも……、これって自分だけなのかな」と思っていましたが今回の調査で実は悩んでる人が多いことが分かりました。

実際、どれくらいの人が感じているのでしょうか。

Q.SNSで疲れたことある?


SNS疲れ

結構いつも疲れている 14%

たまに疲れる 27%

そこまででもないが、数回疲れたことはある 29%

全然疲れない 30%

世の中にたくさんのSNSツールがあふれ、その流行はとどまること知らずのように見えるますよね。意外なことに疲れたことがある経験を持つ人はなんと全体の70%

「いつも疲れている人」も14%という数字だけでは少ないように感じますが、10人に1人以上と考えるとなかなか多いように感じます……。

「SNS疲れ」はこうして起こる! みんなのうんざりポイント5つ

◆自分への関心が気になりすぎてしまう


「自分の投稿のいいね数が気になる」(複数回答)

「フォロバがかえってこなくてきになる」(18歳 高校生)

「投稿しないと可哀想だと思われてしまうこと」(23歳 その他)

やっぱり気になってしまうのが「周りにどう思われているか」ですよね。いいねやフォロワー数などがまるで人気の指標みたいでついつい気にしてしまう……なんて人は結構多いのではないでしょうか。

少し前に、インスタグラムではいいねの数が非表示になったことを考えてみても、これは多くの人が抱える悩みなのかもしれません。

◆ついつい自分と比較してしまう


「キラキラ投稿・リア充投稿を見た時」(複数回答)

「結婚しました報告を見た時」(複数回答)

自分が疲れ切ったときに見る、みんなの幸せそうな投稿。普段なら何とも思わないのに、しんどい時にみるとつい自分と比較してしまって辛くなりますよね。

結婚しました報告も素直にお祝いしたい気持ちと「取り残される……」と焦る気持ちとで複雑な思いになる人が多いようです。

◆見たくないことまで見えてしまう


「自己主張が強い投稿」(複数回答)

「悪口投稿・裏垢の存在」(複数回答)

「考え方が合わない人のツイート、リツイートを見るのがつらい」(39歳 無職)

タイムラインに自然と流れてくる情報の中には見たくないものが紛れていることもしばしば。不意打ちの見たくなかった情報にダメージを受けるの、めちゃくちゃわかります……。

◆自分のペースと合わない


「情報が多すぎて追いつけない」(複数回答)

「止まらない通知・溜まる通知」(複数回答)

「返信をしなくちゃいけないという気分になる」(複数回答)

自分で情報を得るために始めたSNSがいつのまにか情報に追われて大変なことに……。SNSが当たり前の世の中って便利だけどちょっと大変。

◆“映え”を意識しすぎてしまう


「写真を撮ったりして食事にたどり着くまでに時間がかかる」(25歳 会社員)

「写真を白で統一しているから、白くない写真はあげられない」(21歳 大学生)

せっかく写真は「映え」ているのに、自分の行動は制限されてストレスに……なんて悲しすぎますよね。キラキラとした写真を残すのも素敵ですが自分に正直に生きることも素敵なことです。

 

皆さんも「わかる」と思える内容が結構あったのではないでしょうか。SNSが当たり前の世の中だからこそ、こうした疲れが出てきてしまうようです。

SNSは便利ですが、知らない間にストレスになっていることが結構あるのかも。「もう嫌だ!」と思う前に適度な距離を取ったり程よく付き合っていくのも大切なことなのかもしれませんね。(山口彩楓)

 

★「もうイヤだ…」人生や仕事に疲れたとき、元気をくれる12の気分転換法

★正直しんどい…。一緒にいると疲れる友達の特徴13

>CanCam.jp TOPにもどる