2020夏イエローのおすすめコーデ9選|マスタード・レモンイエローなど

イエローのトレンドコーデをPick up!

夏のお出かけに取り入れたい、イエロー(黄色)コーデを特集。黄色といっても、 キレイなレモン色や鮮やかな山吹色、ビビッドなマスタードなど、イエローはカラーも豊富! スカートやワンピースで取り入れる、最旬のイエローコーデを紹介します。

ファンから〝かえぽー〟(楓とぽーりん)と呼ばれる大人気コンビ。HAPPYマインド&スタイル抜群でまるでバービーちゃんみたいなふたりは、撮影中も息ぴったり♡

【目次】
レモンイエロー夏コーデ
マスタードイエロー夏コーデ

レモンイエロー夏コーデ


【1】イエロー水着×黒ブラウス×白デニムパンツ

海外リゾートでは、 水着×はだけ服で現地っぽレイヤード『リラクシーな空気が流れる海外リゾートでは、 キメすぎないことがおしゃれ感UPのヒケツ。水着の上に肌感多めのアイテムを重ねたラフなレイヤードスタイルで、 思う存分チルしよう♡』

ボーダー×小花の柄ON柄も、夏らしいビーチスタイルなら楽しめる! 水着のイエローを花柄ブラウスでリフレインすれば、統一感がアップして柄MIXも攻略できます。上半身に存在感があるので、ボトムは白ショーパンでシンプルにまとめて。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】イエローワンピース

都会派ミニワンピ『落ち着いたカラーリングに、女性らしさのあるデザイン…。アーバンなムードを持つミニワンピをラフな小物でまとめれば、どこか余裕を感じるリゾートコーデが完成!』

花柄のミニワンピは、ラップ風デザインで女っぽいアプローチを♡ ラウンドのカゴバッグやフープピアスでリラクシーな抜け感もプラス。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】イエローワンピース

ファンから〝かえぽー〟(楓とぽーりん)と呼ばれる大人気コンビ。HAPPYマインド&スタイル抜群でまるでバービーちゃんみたいなふたりは、撮影中も息ぴったり♡

ビビッドなイエローのキャミワンピを潔く一枚で♡ 大ぶりのアクセや締め色のスカーフ、足元は白サンダルですっきりまとめるのが好バランスです。

CanCam2019年6月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/バックグラウンドファクトリー、田中かほ里、長谷川 礼 構成/田中絵理子、田中涼子、佐藤彩花

【4】イエローノースリーブ×イエロースカート

グラデーション配色なら大人っぽく着こなせる

顔の表情を優しく見せてくれるたまご色に、元気なレモン色をプラスしたイエロー系のグラデコーデ。シャイニーゴールドのバッグとブラウンのサンダルで、色のトーンをキープしつつさりげなく引き締めて。鮮やかな色はボトムで取り入れて、トップスは肌なじみ重視で選ぶと上手くいきます♡

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/木村 晶

【5】イエロースカート×ラベンダーニット

イエローのロングスカートにラベンダーのニットをIN! くすみのあるカラーでまとめれば、派手にならず大人っぽくまとまります。足元はどんなカラーともなじみやすい、パイソン柄がオススメ。ラフでインパクトのあるBIGトートも♡ ダスティなカラーMIXで〝おしゃれ上級者〟をイメージして。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】イエロースカート×白Tシャツ

転写プリントのTシャツを、サテンスカートに合わせて大人カジュアルに。ベージュ感覚で着こなせる淡いイエローなら、気負わずに投入できます。透明感のある色味には、白で揃えたビーズバッグやダッドスニーカーもよく映えます♡

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/アンスティチュ・フランセ東京(飯田橋) 構成/石黒千晶

マスタードイエロー夏コーデ


【1】イエローワンピース

女っぽキャミワンピ『キャミワンピでリゾートらしく肌見せスタイルに挑戦を!幼い印象にならないように、長め丈はマスト。さらに、ディテールやシルエット、素材感などに女性らしさをプラスするのが大人に映えるコツ。』

くしゅっとギャザーを寄せた背中のリボンディテールやパッと目を引くマスタードなど…、どこをとってもジェニックなイチ推しワンピ。ターコイズのピアスや太めのバングルなど、シンプルだけど今っぽいアクセ合わせで洗練された印象に♡

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】イエローニット×デニムパンツ

イエローのクロシェ編みニットが映える、ヴィンテージライクなデニムスタイル。すべてを受け止めてくれるシンプルなデニムには、イエローニットやエスニックBAGなどインパクトのあるアイテムがすんなりとハマります。

CanCam2019年7月号より 撮影/東 京祐 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】イエロー花柄スカート×黒ニット

服がプリプラのときはバッグに〝イイもの〟がMyルール 「シンプルかわいいプリプラ服が大好き♡ だけど、小物の中でも存在感の大きいバッグは、年齢に合ったちゃんとしたものを持って、高見えさせます!」

黒のノースリニットに花柄スカートを合わせた、ちょっぴりクラシカルな大人スタイル。スクエアフォルムのバッグを合わせて、リラクシーな着こなしにクラス感をプラスして♡ ビビッドな花柄スカートには、ベーシック色のアイテムを合わせてプリントを引き立てるのが正解です。

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

 

>CanCam.jp TOPに戻る