【気温12度の服装】どんなアウターが正解?|気温別おすすめコーデ30選

最高・最低気温12度におすすめのトレンドコーデ

気温12度服装

最高気温12度、最低気温12度の日は、それぞれどんなコーデが正解なの?「気温12度」は、冬や春先に多いので、出かける時間や帰宅時間によって、寒さ対策をしたコーディネートを取り入れて。今っぽくてあたたかい、アウターやインナーの合わせ方も必見。最高・最低気温別のおすすめコーデも紹介します!


最高気温12度の服装

「最高気温12度」は、厚手のコートやダウンを着るには早いものの、軽く羽織れるリバーコートやトレンチコート、又はニット+インナーの重ね着がマスト! 朝晩の冷え込みが不安なときは、ストールを準備しておくのもおすすめです。さらに最低気温が5度を下回る日は、しっかりと防寒できるアウターに切り替えて対策を。

【1】あいまいカラー×大人きれいなワントーンコーデ

気温12度服装

着映える美人コートこそ、優しいトーンで品よく力まず着るのがポイント。コートの下は、すっきり着られる薄手のタートルニットと白デニムでこなれ感をアピール。小物もブラウン×ホワイトで揃えて、メリハリを利かせつつコーデのまとまりを意識して。

【2】×カラーボトムでトレンチコーデを今っぽく

気温12度服装

今季はデザイン性のあるトレンチコートも豊作。さらっと羽織るだけでサマになるので、シンプルな通勤スタイルにおすすめ。堅い印象にならないように、カラーパンツやパンプスできちんと感と華やかさを添えて。

【3】ワイドパンツやニットレイヤードの旬シルエット

気温12度服装

ちょいスモーキーなレモンライムのワイドパンツにレイヤードトップスを重ねて、ゆるっと肩の力が抜けたスタイルに。トレンドのショート丈ニットで重心を上げれば、ワイドパンツも重くなりすぎず大人っぽく着こなせます。品良く抜け感が演出できる白ミュールで軽やかに仕上げて。

【4】肌見せニット×タイトスカートの色っぽモノトーン

気温12度服装

胸元が開いたカシュクールニットは、すっきり見えるタイトスカートを合わせてよりシャープに。シルエットが目を引く分、色味はモノトーンで落ち着かせるのが正解です。スクエアのトートバッグやチェック柄ストールなど、知的な小物もポイント。

【5】ニュアンスカラーは大人なバッグで引き締めて

気温12度服装

大人かわいいAラインスカートは、ころんとしたパールボタンがアクセント。ブラウスを合わせたきれいめセットアップに、鮮やかなスカーフを巻いたバッグでスパイスを効かせるとメリハリもつけられます。

【6】ロングカーデやブーツインでIラインを強調

気温12度服装

同素材のストール付きニットガウンをデニム合わせでカジュアルに。ふんわりピンクは文句ナシにかわいいから、ロングブーツやチェーンバッグで大人っぽさを意識して。インナーは白カットソーで顔映りよく。ロング丈の厚手ニットはアウター代わりにもおすすめです。

【7】白スカートでロングアウターを軽やかに

気温12度服装

大人ムードのリバーコートは、抜け感&軽やかさが演出できる白スカートでバランスよく。インナーにそれぞれ質感が異なるモヘアニットとシフォンスカートを重ねることで、コートスタイルに奥行きが生まれます。

【8】ボリュームストールは小顔見せに効果あり

気温12度服装

肌寒い日はコート代わりになる厚手で暖かいニットガウンも便利。すらっとしたリブタイトとストールをベージュでまとめて、ニットの重ね着を大人っぽく。さらにボリューム満点のニットストールをぐるっと巻いて寒さ対策を。足元は黒のマニッシュブーツでキレをプラス。

【9】ツイードのタイトスカートでモノトーンを上品に

気温12度服装

ヘリンボーン柄のツイードタイトで、シンプルなモノトーンコーデを更新。ケーブル編みスリーブのニットなど、ボリュームをもたせたトップスと合わせるのが脱コンサバのポイントです。バッグはあえてのブラウンでマイルドに。

【10】柔和なワントーンで冬コーデに女っぽさを

気温12度服装

オンライン会議やディナーの予定がある日は、首周りにデザイン性のあるボウタイワンピで上半身を盛り上げるのがおすすめ。華奢なブーツやウエストシェイプでシルエットにメリハリを。仕上げは、ころんとしたバッグでフェミニンムードを盛り上げて。

【11】ニットの重ね着でトレンドのデニムスタイルに

気温12度服装

個性が出る短丈ニットは、定番のデニムを合わせて親しみやすい印象に。細すぎないデニムを選ぶのが最新のバランスです。白シャツ付きニットやパンプスならきれいめな印象も◎。全体を淡いトーンでまとめている分、チェックのストールでコーデのポイントを作ると締まります。

【12】ボリュームアウターは細身ボトムでバランスよく♡

気温12度服装

黒ポンチョに黒デニム…旬なシルエットだからALLブラックでまとめても抜群の存在感! ストレスフリーなシルエットのポンチョは、ボーダー×デニムの大人カジュアルにハマります。鮮やかなチェーンバッグで華やかさもプラスして。

【13】ピンクニット×花柄スカートのガーリーコーデ

気温12度服装

ぬくもりあふれるニットカーデは、ぽこぽこしたポップコーン編みで今っぽいレトロムードを演出。短めの着丈だから、ロングスカートとも好バランス。ボリュームのあるカーデには、すっきりとしたナロースカートを合わせるのがおすすめです。ブラック×鮮やかな花柄で、優しげなニットを引き締めて。

【14】スキニー×ロングブーツで防寒コーデを今っぽく

気温12度服装

ボリュームのあるポンチョコートは、×ロングブーツで重さを出すのが最旬バランス。ボトムは黒スキニーでつなぐと、すっきりとまとまります。インナーは首元からちらりとタートルのオレンジをのぞかせて、凝った印象をプラスして。

【15】ショートコートで秋の大人カジュアルに

気温12度服装

ふわっと広がるAラインに立体感のあるフードがついたフーデッドコートを投入。スキニーパンツを合わせたアクティブな着こなしには、太ヒールのパンプスでモード感を足して女っぷりをUP! ニットとパンプスの色を合わせて抜け感バランスもばっちりです。


最低気温12度の服装

「最低気温12度」の日は、昼間の気温が20度前後まで上がることも。お天気のいい日なら、ニット一枚で過ごしたり、シャツにジレやベストを重ねるのもおすすめです。羽織りなら脱ぎ着がしやすいものをチョイス。

【1】大人かわいいミニワンピ×ニットの重ね着

気温12度服装

ミニ丈のシャツワンピとロングブーツの最愛コーデ。春は白やベージュ系で爽やかにまとめていたけれど、秋はこなれ感のあるブルー~グレーのグラデ配色で大人っぽく。ボリューミーなイヤリングやカチューシャで、クラシカルムードも楽しんで。

【2】ジャケットが暑く感じる日はジレを指名

気温12度服装

サイドスリット入りで、スマートに決まるショート丈ジレ。ジャケットよりも軽やかで、ブラウスの袖が隠れないのもうれしい。女っぽくてキリッと見える甘辛MIXは、通勤スタイルにも推し。鮮やかなスカイブルーのバッグを合わせて、シックなコーデにアクセントを。

【3】シンプルなパンツスタイルは小物で洒落感を

気温12度服装

ロンT×ウエストコンシャスパンツのシンプルカジュアルも美シルエットだとあか抜けた印象に。デコルテがきれいに見えるトップスでコンパクトにまとめれば、きれいめな大人カジュアルが完成します。チェーンバッグやシルバーサンダルでツヤを盛って、さりげない華やかさも。

【4】モードなセットアップをスニーカーでカジュアルダウン

気温12度服装

カジュアルなスエット風素材は、大胆な脚出しでキレよく投入♡ スニーカーを合わせたとことんカジュアルなコーデも、重ねたシアーシャツのおかげできれいめな印象がキープできます。小物は白でまとめて、クリーンな雰囲気をプラス。

【5】爽やかなストライプをブラウンパンツで引き締める

気温12度服装

袖口のリボンがかわいい細ストライプのロングシャツに、くたっとしたワイドパンツを合わせて程よく力の抜けた着こなしに。フレッシュグリーン×渋めブラウンのこなれ配色でツウなコーデがきまります。

【6】女っぽコーデが即完成するニットアップ

気温12度服装

ざっくり編みカーデとニットワンピースのセットアップ。体のラインに沿う女度高めなニットワンピは、重ためブーツでカジュアルダウンするのが今っぽ見えの秘訣です。

【7】華やかなオレンジコーデをブラウン小物で引き締めて

気温12度服装

ほんのり透けるレーススカートは、マーメイドラインのメリハリがボディラインをきれいに見せてくれる人気アイテム。女らしいシルエットだから、スエットなどメンズっぽいアイテムと合わせてもおしゃれっぽく着られます。オンの日はオレンジのニットを合わせたワントーンで、ぱっと目を惹く華やかコーデに。

【8】パンツスタイルはシルエットやカラーで女っぽさを

気温12度服装

コンパクトなリブニットをハイウエストパンツにイン。シンプルな着こなしでも無難に見えず印象的にキマるのは、まるでピスタチオタルトみたいなスイーツ配色のおかげです。スクエアネックの開きで、抜け感と女っぽいムードも漂わせて。

【9】ブルーのワントーンを黒小物でシャープに

気温12度服装

チェック柄スカートにブルーグレーのブラウスをなじませたニュアンスコーデ。肩にくるっと黒カーデを巻くだけで、全身のバランスが引き締まりお洒落ムードもアップします。アクセントになるエナメルブーツも周りと差のつくポイントに。

【10】ミントトップス×グレーパンツのモードな着こなし

気温12度服装

レースが印象的なブラウスは、爽やかなミントカラーで甘さ控えめに。ロマンティックな1枚もウエストアウトでセミフレアパンツに合わせるとぐっとモードに仕上がります。淡色でまとめると優しげな印象もアップ。

【11】キルティングスカートが映えるレディな秋コーデ

気温12度服装

トレンドのキルティングスカートは、フィット&フレアのデザインできれいめに。×バックシャンニットで後ろ姿もぬかりなく美人にきめたら、サングラスや細ヒールの〝いい女っぽ〟小物を合わせて、こなれ感たっぷりに着こなして。

【12】ガーリーな重ね着は丸襟ブラウスがおすすめ

気温12度服装

立体的なリブがポイントのニットカーデは、ブラウスとのレイヤードがおすすめ。ガーリーな丸襟ブラウスを重ねることで、愛らしさも肌映りも◎。幼く見えないように、シルバーアクセをちりばめてシャープに味付けするのがポイントです。

【13】チュニック丈ブラウスを細身パンツですっきりと

気温12度服装

シャキッとしたい日の定番アイテム・白シャツに、ニットベストやビスチェを重ねる今っぽコーデ。コンサバになり過ぎないよう、シャツはひとひねりあるデザインを選ぶのがコツ。相棒にきれいめパンツを合わせれば、今どきムードときちんと感を両立したオフィスカジュアルが完成します。

【14】デニム素材でミニワンピの甘さを控えめに

気温12度服装

ロマンティックなAラインワンピは、デニム素材のリラックス感がポイント。甘めのディテールをカジュアルダウンしてくれるのでデイリーにおしゃれっぽく着こなせます。ボリューミーなトラックブーツを投入すると絶妙にこなれた雰囲気に。

【15】グレーニットで柔らかなグラデーションに

気温12度服装

白シャツにニットベストをレイヤードしたトラッドなスタイルに、白レザーミニと黒ブーツの辛口なアクセントでおしゃれのスパイスを効かせて。ロングブーツなら程よく肌見せできるから、上品さもキープしつつ自然な抜け感が生まれます。


気温12度の服装は防寒対策がマスト!

最高気温12度の日は、朝晩や雨の日は気温がぐっと下がることも…。そんな日は、マフラーやストールなどの防寒アイテムやアウターがあると安心です。また、最低気温12度の日は、日中20度前後の気温になるので、ブラウスなど長袖のトップス一枚で過ごしたり、軽めのアウターやパーカを持参するのがおすすめです。