抜け感ばっちり!白トップスの夏コーデ19選|ニット・レース・ブラウス

爽やかで女らしい♡白トップスのコーデ集

夏にピッタリの白トップスを取り入れた、トレンド感ばっちりのコーデを収集! 人気のニット・レース・ブラウスなどの白トップスで、爽やかで今っぽい着こなしを楽しんで♡ パンツと合わせてアクティブにも、スカートに合わせてレディにも…幅広く着こなしましょ♪

【目次】
白トップスを合わせる夏コーデ
ニットの白トップス 夏コーデ
レースの白トップス 夏コーデ
ブラウスの白トップス 夏コーデ

白トップスを合わせる夏コーデ


【1】白タンクトップ×ライトグリーンのワイドパンツ

シンプルだけどこなれ感たっぷりのリラクシースタイル。ゆるパンツとぺたんこのバランスで、今っぽいチル感をアピールするのがポイントです。エスニックなバッグをアクセントに、淡いトーンをちょっぴり大人っぽく着こなして。

CanCam2019年8月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/まい(本誌専属) 構成/時吉 茜

【2】白Tシャツ×パープルロングスカート

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

夏らしい大胆なカラーも、ガーリーなフレアスカートなら難なく取り入れられる♪ ボリューム感も贅沢なので、シンプルなトップスを合わせるだけでコーデがかわいくキマります。スカート以外はモノトーンでまとめてパープルを引き立てつつ、キャップやスニーカーでちょっぴりやんちゃにストリートな味付けを。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【3】白タンクトップ×白ガウン×ボタニカル柄ショートパンツ

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

しゃり感のあるシアー素材のガウンは見た目も涼しげ! ビーチウエアとして水着の上にさらりとはおってもよし、ベルトをしてワンピ風に着てもよし♡ ボタンを開ければロングガウンとしても着回せます。夏気分が一気に高まるボタニカル柄のショートパンツにはおって、大人なムードをひとさじプラス。白タンクとあいまって、爽やかで涼しげな印象です。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【4】白キャミソール×シャツ×花柄ロングスカート

ヴィンテージムード漂う女の子コーデは、フレンチシックな小花柄スカートを主役に、キャミから華奢なデコルテをのぞかせて♡ 小寒いときにも便利な、はおりシャツをプラスして大人っぽくワントーンでまとめれば完璧です。実はこのシャツ、メンズのもの。ゆとりのあるサイズ感といい薄手で光沢感のある素材といいすべてが絶妙。抜き襟でこなれ感を漂わせつつ、ベルトマークで女の子らしいメリハリシルエットをメイクして。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【5】白Tシャツ×アイボリーワイドパンツ

おしゃれ感度高めなニットパンツに、メンズのTシャツを合わせて“ゆるっと・ずるっと”な旬バランスに。ルーズなシルエットも、オールホワイトでまとめれば品よく仕上がります♪ デザイン豊富なGUのメンズTシャツも今っぽコーデに活躍! メンズのLサイズを、あえて女の子がゆるっと着るのがかわいいんです♡ 

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【6】白カットソー×オレンジのロングスカート

きれい色を投入してフォトジェニックに

今夏はニット素材のロングスカートも豊富に登場。全身をすっきりとしたⅠラインにまとめることで、オレンジスカート×レインボーカゴバッグというクセ強めな配色も“アリ”になるから不思議! シンプルな白タンクの抜け感もコーデの重要アイテムです。

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属)  構成/木村 晶

【7】白カットソー×ピンクマキシワンピース

フォトジェニックでいたい夏のシーンには、一枚で様になる着映えワンピがなきゃ始まらない! イベントや旅に向けて、360°かわいいワンピがマストです。白Tにレイヤードしたエスニックなピンクワンピは、チル感も女の子らしさも絶妙です。 

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/木村 晶

【8】白シャツ×水着×ボーダースカート

ボーダーのニットスカートに、白シャツと白サンダルで女らしさをプラス。爽やかな白シャツはスタイルアップ効果のある前結びで、リゾーティな印象を盛り上げるのが狙いです。

CanCam2019年8月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、SEA DAYS 構成/佐藤彩花

【9】白Tシャツ×白ロングパンツ

クロシェレースのニットパンツに、ゆるっと大きめのBIGTシャツをON! 透け感のあるパンツと、メンズライクなTシャツとのギャップがgoodです♡ 甘いものや女っぽいものを着こなすときは、シルエットがこなれて見えるBIGTシャツがオススメ。

CanCam2019年8月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/西村真樹、木村 晶

 

ニットの白トップス 夏コーデ


【1】白ニット×黒カーディガン×イエローロングスカート

トレンチ風スカートで上品かわいいデートスタイル

待ち合わせの瞬間から、一日ずっとかわいいって思わせる王道のレディ感がテーマ♡ 華やぎ感MAXのカナリアイエローのスカートにベーシックなノースリニットを合わせれば、上品なのに目を惹くデートスタイルが完成。締め色効果のあるカーディガンを手持ちすれば、室内のクーラー対策もばっちりです。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【2】白ニット×ピンクデニムパンツ

トレンドのカラーデニムは×ホワイトで爽やかに投入♡

トレンドのカラーデニムに挑戦するなら、白パンツ感覚で着こなせるパステルピンクがオススメ。トップスに華やかなクロシェニットを合わせれば、品のある女の子カジュアルが楽しめます。HAPPYなパイナップル柄のクラッチバッグで、淡色コーデにアクセントを♪

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【3】白ニット×赤ロングスカート

キャッチーな赤タイトでおしゃれオーラをまとって

大胆な赤、イレヘムの裾やラップ風のデザインなど、主役級のスカートにヒトメボレ♡ トップスにシンプルなニットタンクを合わせるだけで、十分オシャレに決まります。さらに、キャッチーなカンカン帽とお茶目なバッグをプラスすればmoreジェニックなコーデが完成!

CanCam2018年6月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂  モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉  構成/浜田麻衣

レースの白トップス 夏コーデ


【1】レースの白ニット×ピンクロングスカート

レーストップスにピンクスカートを合わせて大人かわいく。コーデに甘い華やかさがある分、小物はシックな黒のチェーンバッグで上品にまとめて。トレンドの長め丈スカートは、ミニバッグを合わせることでバランスの取れたコーデに仕上がります。

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】レースの白ブラウス×ネイビーワイドパンツ

史帆は女の子デニムでモテ♡カジュアル

サスペンダー付きってところがやんちゃでかわいいワイドデニムに、カットワークレースの甘ブラウスをON。ドキッとさせるオフショルブラウスで肌の抜け感を作れば、カジュアルなワイドデニムも女の子らしく着こなせます♡ 甘めのブラウスやワイドデニムには、めがねや黒のバッグをプラスして、コーデを締めたり大人っぽく仕上げるのがポイントです!

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】レースの白ブラウス×デニムワイドパンツ

鎖骨見えのレースオフショルでちょっぴりあざとく♡

大胆に肩がのぞくオフショルトップスは、切りっぱなしデニムに合わせるくらいのカジュアル具合がこなれポイント。サンダルで赤を差して女っぽさをひと盛りすると、白ブラウスがより華やかに引き立ちます。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/堀田茜(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

ブラウスの白トップス 夏コーデ


【1】白ブラウス×アイボリーワイドパンツ

繊細な刺しゅうやスクエアカットされた胸元など、ヴィンテージライクなブラウスは着映え度抜群! 初夏らしいシアーな素材もフェミニンな印象です。ボトムはライトベージュのワイドパンツをワントーンっぽくなじませて、ニュアンスたっぷりに着こなしたい♡ ヌーディなサンダル合わせで抜け感を意識すれば、ワイドボトムもすっきりと仕上がります。

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】白ブラウス×花柄フレアスカート

白ブラウス×花柄の淡いトーンの着こなしに、〝LOEWE〟のカゴバッグをプラス! カジュアルなカゴバッグは、小ぶりなサイズ感をチョイスすればレディな服とも相性抜群。白とベージュでまとめたやわらかな配色も、大人かわいい夏コーデにひと役買います♡

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】白ブラウス×ブラウンパンツ

ーAkane's Private Fashion Part①ー買ったばかりの新作服で私らしい〝大人シンプル〟普通のシンプルじゃつまらない。ちょっとひねって茜らしいスパイスをプラス。

女の子が大好きなブラウスは、今っぽく着られるレトロデザインがおすすめ♡ 甘さのあるブラウスをヴィンテージっぽく着こなせば、感度の高さがアピールできます。女っぽくてエッジの効いた柄スカーフとピアスもレトロコーデのアクセントに。

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【4】白ブラウス×デニムパンツ

トレンドのコットンブラウスは、分量感のあるフレアスリーブが今っぽい! 甘さやボリュームを上手にコントロールしてくれるデニムを合わせて、デイリーに着こなすのがオススメです。ヴィンテージならではの風合いをもつデニムは、靴やバッグでプラスしたビビッドカラーとも相性よし。“レペット”のバレエシューズは、夜に映える鮮やかなオレンジが新鮮です。

CanCam2019年6月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/伊東牧子 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶

 

★脱コンサバが今年流!白スカートのおすすめ夏コーデ11選

>CanCam.jp TOPにもどる