ノースリーブニットコーデ12選|着回し力や上品な肌見せ感も人気!夏の着こなし例

上品なノースリーブニットの夏コーデ特集

トレンドのカラーパンツは、シャツ合わせでこなれたラフ感を演出 ノースリwithシャツ×カラーパンツ『トレンドに敏感な人から取り入れ始めているカラーパンツには、シンプルなノースリを合わせて、ハンサムなカジュアルコーデを楽しんで♪ 夕方から涼しくなる日や、室内がクーラーで寒いときは、何かと使えるはおりシャツをおしゃれのアクセントとして活用! 』

夏のおしゃれに欠かせないのは、カーディガンやジャケットなどのインナーに合わせやすく、一枚でもおしゃれがきまるノースリーブニット。着回しやすいのはもちろん、女らしくておしゃれっぽいノースリーブニットは好感度も高め! 今すぐにマネしたくなる最旬コーデを紹介します♡

一枚でもインナーでもOKなノースリーブニット

まだまだ風が冷たい日もあるもので…ちょっと肌寒いときに何はおる?『あやみは…エモフェミニンな透けトレンチ』

品のあるコーデが決まるノースリーブニットは、そのまま一枚で着ても羽織りのインナーに合わせてもOK! ニット素材のタンクトップやキャミソールはとにかく着回しが効くアイテムなので、ベーシックカラーからトレンドカラーまでお気に入りの一枚をGETしておくと便利です♡ 一枚で着るときは、二の腕などヘルシーな肌見せもできるので、ちょっぴり女っぽさをプラスしたいときにもおすすめ。パンツやスカートなどボトム合わせもしやすく、きれいめコーデの幅が広がります!

  • ノースリーブニットはきれいめコーデにおすすめ
  • 羽織りと合わせればシーズンレスで活躍する!

ノースリーブニットのトレンド夏コーデ

【1】ブラウンシャツ×ベージュノースリーブニット×ブルーパンツ

トレンドのカラーパンツは、シャツ合わせでこなれたラフ感を演出 ノースリwithシャツ×カラーパンツ『トレンドに敏感な人から取り入れ始めているカラーパンツには、シンプルなノースリを合わせて、ハンサムなカジュアルコーデを楽しんで♪ 夕方から涼しくなる日や、室内がクーラーで寒いときは、何かと使えるはおりシャツをおしゃれのアクセントとして活用! 』

ブラウンシャツにブルーのパンツを合わせた今っぽ配色コーデ♡ シャツは斜めにたすきがけすることで、縦長ラインを強調した美シルエットに! 濃いめブラウンをバッグとリンクさせて、淡色のワントーンコーデにメリハリをプラス♪

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【2】ベージュノースリーブニット×花柄スカート

レペットの新作 ポインテッドトウのバレリーナシューズ

ベージュタンクと花柄スカートでニュアンスたっぷりなフェミニンコーデに♡ 足元は華奢なバレエシューズで肌馴染みよくまとめれば、華奢で繊細な女の子コーデの完成です♡

CanCam2020年6月号より 撮影/北浦敦子 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/西村真樹

【3】ベージュガウン×ベージュノースリーブニット×白ワイドパンツ

まだまだ風が冷たい日もあるもので…ちょっと肌寒いときに何はおる?『あやみは…エモフェミニンな透けトレンチ』

ツヤっと上品な光沢を放つ透け素材トレンチは、はおるだけでコーデが盛れる映えアイテム! 素材で遊ぶときは、ワントーンで全身の色合いを落ち着かせると◎。

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【4】ブラウンノースリーブニット×ピンクスカート

とろみのあるフレアスカートに、リブニットを合わせた上品コーデ。甘さのあるピンクと大人っぽいボルドーの同系グラデで、今っぽさもメリハリ感も手に入れて。

CanCam2019年9月号より 撮影/大靏 円(昭和基地) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/Sachi モデル/まい(本誌専属) 構成/菊谷まゆ

【5】ブラウンノースリーブニット×ブラウン柄スカート

たっぷりとコットン素材を使った花柄スカートを主役に、同系色のタンクを合わせて甘さの中にもヘルシーさを。ボルドーの差し色で女っぽさをMIXすれば、スニーカー合わせでもどこか女らしくまとまります。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/岡田知子(TRON) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】ベージュノースリーブニット×デニムパンツ

淡いブルー×程よいクラッシュデニムで、かわいさの中にも今どきの抜け感をプラス♪ ざっくり編みのノースリニットを合わせてレトロかわいい着こなしに。服がシンプルな分、スカーフ使いやチェックのカゴBAGでパンチを効かせて夏気分を盛り上げて♡

CanCam2019年7月号より 撮影/東 京祐 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】ベージュノースリーブニット×イエローパンツ

いつもなら白や黒を合わせるイエローパンツに、この夏はサンドベージュのラメニットをプラス。その曖昧さを感じるなじませ配色に、どことなくエモさが漂います。バッグは同系色のキャメルを選んでコーデをさりげなく引き締めて。

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/石黒千晶

【8】ブルースカート×ベージュノースリーブニット

女らしいラメ×ベージュのノースリニットは、存在感はありつつも柄モノにスッとなじむ万能アイテム。古着屋さんにあるようなヴィンテージライクなスカートを合わせると、どこか懐かしい趣のある着こなしが完成します。

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/石黒千晶

【9】ブルーノースリーブニット×白ワイドパンツ

ピーコックブルーの女っぽいニットキャミを、ライトベージュの麻パンツでリラクシーに着こなして。ニットキャミとパンプスをリンクさせれば、淡いベージュとのコントラストもおしゃれにきまる!

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】黒ノースリーブニット×ベージュパンツ

パリジェンヌをイメージした、カジュアルだけど色気のあるスタイル。女っぽい黒の肌見せニットを、ベージュのワークパンツでカジュアルダウンさせるのがポイントです。ママから譲り受けたようなヴィンテージっぽいバッグとサングラスで、今っぽカジュアルを完成させて。

CanCam2019年6月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/岡田知子(TRON) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/時吉 茜


大人っぽいハイネックのノースリーブニットコーデ

【1】白ハイネックノースリーブニット×白パンツ

簡単にしゃれ見えしたいならフレアパンツ説 by 安未

のっぺりしがちなオールホワイトに、フレアシルエットのパンツとブラウン小物でメリハリとこなれ感を加えて。肌見せや大ぶりアクセで華やかさもほんのりと♡

CanCam2019年9月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】黒ハイネックノースリーブニット×チェック柄スカート

SWEET BLACK  さりげない肌見せデザインに、クラシカルな柄、上品シルエットに、エレガントな透け素材…女性らしさを感じさせる〝甘い黒〟で、大人っぽさとかわいさが同居した「レディな私」を表現したい♡

ひざ下まで広がるフレアスカートは、モノトーンのギンガムチェックを選ぶことでクラシカルなムードを演出。トップスはコンパクトなノースリニットをすっきりIN! 仕上げに赤いバッグをプラスすれば、女度もよりUPして印象的にまとまります♡

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀


きれいめコーデにノースリーブニットを合わせて

オールシーズン着られる上にボトムを選ばないノースリーブニットは、トレンドのボトムはもちろん、手持ちのアイテムとも着回しがききやすく重宝♡ シンプルなのに女っぽさがプラスできるトップスは、通勤にも休日にも活躍すること間違いなし! 一点投入するだけで品のある印象にまとまるので、きれいめコーデにおすすめですよ♪

 

>CanCam.jp TOPへ戻る