骨格診断で選ぶ派も。「白コート」のトレンドコーデ22選|ボアやポンチョなど【2022冬】

女のコらしさ120%♡白コートの着こなし例

レディース白コート冬コーデ

女の子らしくてかわいい「白コート」を投入した、今シーズンのおすすめコーデをクローズアップ! オンオフ合わせやすいロング丈の白コートや、旬のボアやショートコートなど、とっておきの白コートスタイルを紹介します♡

2022冬のおすすめデザインは?

男女共に好感度の高い白のコートは、デートや女子会などのお出かけや、きれいめコーデに合わせてオフィスコーデに取り入れるのもおすすめ! ともするとコンサバ感が強まったり、甘さが強調されすぎたりしてしまうので、清楚な白こそ今っぽいシルエットを選んで洒落感を意識するのが重要です。この冬トレンドの白コートはこちら!

■ショールカラーコート

レディース白コート冬コーデ

ショールカラーコートとは、肩にショールをかけたような形の襟がついているコートのこと。

幅のあるショールカラーのコートは顔まわりが華やかになるため、屋外デートなどアウターでさりげなく印象を盛りたい日にもオススメです。大人っぽさがありながら抜け感もばっちりで、きれいめにもカジュアルにもコーデを選ばず着回せます。

■ボアコート

レディース白コート冬コーデ

見た目から暖かくて冬ならではのボアコートもおすすめ! ショート丈なら、タイトめボトムやショート丈スカートを合わせるとメリハリのある着こなしになります。

■リバーコート

レディース白コート冬コーデ

リバーコートとは、2枚の布を1枚に縫いたてた「リバー仕立て」のコートのこと。

裏地がないため着心地がふんわりと柔らかく、暖かさと軽さが特徴のリバーコートは、さりげなく羽織るだけで今っぽさが演出できる一枚です。

■スタンドカラーコート

立ち襟のコートを指す「スタンドカラーコート」。防寒性に優れており、スタンドカラーが縦長ラインを強調するためシャープな印象に仕上がります。ハンサムなスタンドカラーコートは、通勤コーデやマニッシュな着こなしにぴったりです。

■ポンチョコート

レディース白コート冬コーデ

ワントーンやニュアンス配色などシンプルなコーデは、シルエットにひとくせあるポンチョコートを合わせると新鮮な印象に♡ インナーのニット次第で真冬から春先まで着られます。

自分に似合うコートは「骨格診断」でチェック

最近、パーソナルカラー診断や骨格診断など、自分に似合うファッションを導き出す診断が話題になっていますよね。実は、診断用の項目をチェックするだけで、自分の骨格タイプを知ることができるんです♪

レディース白コート冬コーデ

骨格診断で、自分の体形に似合うコートを探すときの参考にしてみてくださいね♡

▼骨格診断はこちら▼

白コートを合わせるコーデのポイント

レディース白コート冬コーデ

  1. 似合うコートは「骨格診断」を参考にするのもおすすめ
  2. ロング丈の白コートはIラインを意識したコーデでスタイルアップ
  3. ショート丈はタイトスカートやショートパンツを合わせてメリハリをつけて
  4. 小物にも白を取り入れるとまとまりのある上品な着こなしに仕上がる

2022白ロングコートの冬コーデ

【1】ショールカラー×直線シルエットですっきり見え

ストレートタイプに似合うコートは…軽やかリバーコート

ボリュームが出そうなショールカラーのコートも、直線的なシルエットを選べばすっきりと着こなせます。Ⅰラインを強調するタイトスカートが体型をきれいに見せてくれるので、インナーはエクリュのVニットでワントーンにまとめてみて。ブーツとストールはベージュを加えて、淡色がボヤけないように。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【2】きれいい色ニットを合わせる白コートコーデ

ナチュラルタイプに似合うコートは…肩落ちロングコート

淡色のダッフルコートはブルーのタートルニットを合わせてパキっと締めると、全体にメリハリが効いておすすめ。定番のトラッドコーデもニュアンス系のくすみデニムに変えるだけで今年っぽくアップデートできちゃいます。べっ甲メガネやロゴバッグなどキャッチーな小物を散りばめればコーディネート感も即UP!

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】モノトーンをフェミニンに着るなら白コートを選択

Q.6 極寒日にさりげなく、でも確実に防寒できる足元テクを教えてください!『A.ストッキング見えする高デニールタイツが優秀!』

美人見えする黒ワンピの日こそ、アウターや小物は白でまとめて女らしく。全身をダークカラーでまとめるよりも、印象が華やかになるのでおすすめです。バイカラーのトートバッグは、ちょっぴり大きめくらいがおしゃれっぽい!

CanCam2022年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【4】ピンクグラデ×白小物でまとまりのある着こなしに

01 ミニマルなバンドカラーでこなれる!『シャツを更新!』

知的な雰囲気が漂うバンドカラーシャツに同系色のパンツを合わせたら、コート、バッグ、靴を白で統一。どんなコーデにも使いまわせる白のコートはオフィスシーンにも活躍度大♡ ベージュピンクのグラデに白合わせで抜け感を加えると、感度の高いこなれコーデが完成します。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【5】冬デートはショールカラーの白コートで新鮮に

Scene5@イルミデート ビッグカラーコートで特別感を盛り上げて♡

白コート×花柄ワンピの定番デートスタイルも、ショールカラーコートを選ぶだけで新鮮に。ロングコートの中にシアーなワンピを仕込むと、大人っぽく華やかな装いが完成します。締め色はブラウンのブーツのみで、冬のデートにもぴったりのフェミニンでやわらかな配色に。

CanCam2022年1月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【6】ダークトーンコーデは仕上げの白コートで軽やかに

Scene2@レストランディナー デコラブラウスで着席映えを狙う♡

シックな色のワンツーコーデを白の映えコートで女性らしくトーンアップ! インナーはあえてボトムにinせず着たい裾コンシャスなブラウスに、すっきりとした細身パンツがバランスよし。靴やピアスも明るい白を選んで軽やかな印象にまとめましょう。

CanCam2022年1月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【7】冬らしいボアコートでつくるオールホワイトコーデ

今っぽ白アウターならこの二択!『愛嬌たっぷりに着こなしたいもふっと総ボアコート』

テディベアのようなコートに上品なレースワンピを忍ばせて、洗練されたワントーンコーデに。白ワンピースは長めの丈感を選ぶことで、甘さより今っぽいヴィンテージ感が演出できます。ブーツも白でまとめたら、バッグにくすみピンクを一点投入。おしゃれっぽくメリハリが効かせられます。

CanCam2021年12月号より 撮影/小嶋洋平 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/KIKKU モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/金崎吏穏 構成/権藤彩子

【8】チェックワンピ×白コートのフェミニンコーデ

05 甘くなりすぎずのチェック柄は程よい選手権一位

黒を基調としたモノトーンコーデを女のコらしく着地させるなら、仕上げは白コートが正解! 好感度の高いモノトーン×チェックワンピの最強かわいい組み合わせで、冬のデートを盛り上げて♡ 襟元からちょこっとフリルを見せると、よりギンガムの甘さが強調されて統一感のある着こなしに。総柄のワンピは、×黒のバッグとブーツでシックに締めて。

CanCam2021年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/井上知治、木谷成良、金 世娜、浜崎真衣  構成/鶴見知香

【9】通勤にもOK!白コートの大人シンプルコーデ

4 ポンチョコート×女っぽワントーン

コートのパイピングが効いているから、白タートル×白パンツのワントーンものっぺり見えずキリリと引き締まった印象に。タートルやワイドパンツなどシルエットに遊びを効かせて、周りと差がつく旬の通勤コーデを完成させて。落ち着いた色のトーンは、ブロックチェックのストールや黒の美形パンプスで華やかさを盛るのもおすすめです。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【10】白~ブラウンのグラデが洒落てる冬コーデ

1 ミドル丈コート×マーメイドスカート

ノーカラーのボアコートをきれいめに着るには、パイピングデザインやインナーの締め色ニットでメリハリを効かせるのがコツ。ハイウエストのマーメイドスカートやロングブーツなど、スタイルが良く見えるコーデを合わせてよりすっきりと着こなして。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【11】ボリュームのあるコートはタイトめスカートですっきりと

やわらかな色味が上品見えに効く♡リバーシブルで2度おいしいファー&ボアコート

ふんわりコートと、リブニット×細身スカートの対比でメリハリをつけてスタイルアップ。ボリュームコートからマーメイドスカートをのぞかせると、大人フェミニンな美シルエットがつくれます。ほんのりコクーン型のフォルムかつオフホワイトで優しげに着こなして。

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【12】上品きれいで好感度の高い白コートの着こなし

あいまいカラーがリッチ感を盛り上げる ドラマティックなリバーコート

クラシカルな白ブラウスとブラウンのパンツで品のよさと今っぽさを底上げ。流行に左右されず一生愛せるミニマムデザインコートこそ、飽きずに着られるベージュ系をチョイス。清潔感たっぷりのクラシカルなブラウスで今っぽいエッセンスを注入しましょ。

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

ショート丈白コートのおすすめコーデ

【1】白コートで抜け感を出すピンクグラデコーデ

03 タートルレイヤードでさりげなく上半身映え♡

オーバーサイズの白コートが今っぽいきれいめパンツスタイル。タートル×タックパンツのピンク系グラデコーデに、顔周りをパッと明るく盛り上げる白タートルのちら見せテクを投入して抜け感対策もばっちりです♡ 

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【2】メンズライクなコーデは白コートで女の子らしさをプラス

Scene4@アクティブデート 大人めオールインワンなら動けてきれい見えも叶う!

白のショートコートが映えるダークトンのカジュアルコーデ。シルエットにタックを効かせたオールインワンで、肩の力が抜けた大人のカジュアルスタイルが楽しめます。黒のハイネックやブーツでピリッと締めて、not子供に着こなして。

CanCam2022年1月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】ショートボアコートはミニ丈ボトムでメリハリをつけて

ウェーブタイプに似合うコートは…ふわもこコート

トレンドのプードルコートはミニボトム合わせでバランスをとるのがおすすめ。太ももだけチラ見せできるミニスカ×ロングブーツはデートに最高の組み合わせ。コートの首元をフリルで盛って、上半身にボリュームをつくるのもスタイルアップの秘訣です。フィット感のあるブーツは、膝が隠れるニーハイでおしゃれ&スタイルアップを。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【4】白やベージュ、ブラウンで柔らかな雰囲気をまとって

03 トレンド見えして、あざとかわいい♡一石二鳥なマーメイドスカートから目が離せない!

やわらかい印象を狙いたい日は、ショールカラーの白コートをベースに、全体をベージュやブラウンなどのワントーンでまとめるのが◎。品よく見えるのに、おしゃれ心も満たしてくれるエコレザーのマーメイドスカートは、優しげな印象にしたいけどほっこりはさせたくない…そんなときに最適です。

CanCam2021年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/井上知治、木谷成良、金 世娜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【5】ショートコートでつくるYラインで細見え完了!

01 ユニセックスアイテムと着るモノトーン配色は〝狙ってないモテ〟代表♡

カジュアルなキルティングスカートを品よくスカートで投入♪ モノトーンでも、シルエットで華やかさを出せば甘いコーデがつくれます。コート以外を黒にすることで、体の中心に逆Yラインがつくれるので、細見え&脚長効果もばっちりです。

CanCam2021年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/井上知治、木谷成良、金 世娜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【6】カジュアルな白ボアコートはツイードスカートで上品に

Scene_01 @おしゃれなカフェDate

ふわふわのボアコートと華やかなツイードスカートに、カジュアルなロゴ入りのロンTで今っぽい抜け感を効かせてみて。1枚でパッと映える上に、クラシカルで品のいい黒のツイードスカートは、全体を爽やかな白でまとめても軽やかに着こなせます。

CanCam2021年12月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】白ボアコート×マーメイドスカートで最旬トレンド

1 ミドル丈コート×マーメイドスカート

キルティング素材とのリバーシブルになったボアコートは、ゆるっと羽織るラフさが今旬。カジュアルなアウターも、しなやかに揺れるマーメイドスカートとなら品よく大人っぽくキマります。小物はイエローのバッグやブラウンのヒールブーツで女らしさも。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【8】ショート丈のボアコートはマーメイドスカートと好相性♡

1 ミドル丈ボアコート×マーメイドスカート

もこもこボアコートはシルエットで女っぽく魅せるのが重要! ひらっと揺れる黒のマーメイドスカートを合わせることで、ほんのり女っぽさが漂います。トップスはブラウンのニットでやわらかさを足しつつ、足元はローファーでラフに仕上げるのがポイント。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【9】上品ツイードは白のリバーコートで抜け感を

ニュアンスカラーなら大人っぽさ◎ こなれ上手なショートフーデッドコート

さらっとはおれるリバーコートなら、トレンドのチェック柄も大人顔に。ゆったりとした抜け感のあるシルエットと大人っぽいエクリュでこなれ感もたっぷりです。黒ニット×チェックスカートのモノトーンコーデにさらっと羽織れば、旬のバランスがメイクできます。

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【10】デートならショート丈白コートでフェミニンに

大人フェミニン・ほのかはこの3アイテムで対人運UP

ちょっぴり特別感を出したいデートシーンは、大人っぽい白コート×花柄スカートで参戦♡ おしゃれ感と大人っぽさを両立する長め丈のスカートに、白のショート丈コートで女らしさをプラスすれば、表情まで明るく見えます。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

冬らしい白コートはデートにもぴったり♡

フェミニンで冬らしい白コートの着こなしを紹介しました。清潔感のある白コートは好感度も高いので、きれいめコーデに羽織って通勤コーデに、ちょっぴりモードな着こなしに合わせて休日に…デートや女子会などシーンレスに活躍します♪