「レーススカートの人気コーデ14選」オフィスもカジュアルも着回せる!おすすめの着こなし例【2021春夏】

透け感が女っぽい♡レーススカートのトレンドコーデ

女の子らしくて今年っぽい! レーススカートの春夏コーデをクローズアップ。きれいめにもカジュアルにも使えるレーススカートのトレンドコーデは必見♪ 上品でフェミニンなレーススカートは、休日コーデだけでなく通勤コーデにも着回せますよ。

春夏におすすめのレーススカート

■マーメイドシルエットのレーススカート

レーススカート

今シーズン一枚は欲しいのは、ボディラインがきれいに演出できる「マーメイドスカート」。腰まわりはすっきりしつつ、ヒップラインは程よくフィット、裾はフレアシルエットで上品かつ色っぽいコーデが演出できます。

■イレヘムのレーススカート

レーススカート

裾が左右非対称だったり、前後非対称のデザインが特徴の「イレヘムスカート」。はくだけで女っぽさがワンランク上がるレーススカートに、不規則なアシンメトリーのデザインが加わってトレンド感抜群! 裾がひらっとしていて、自然とカーヴィなシルエットが生まれるので、歩く姿も女性らしくエレガント♡

■タイトシルエットのレーススカート

レーススカート

女性らしくてきちんと感も出せるタイトスカートは、オフィスコーデにもおすすめ。スカートとトップスのトーンを合わせると、レースの華やかさが上品にまとまり今っぽい着こなしになります。

■セミフレアのレーススカート

レーススカート

上品ムードをアピールしたい日は、ひざが隠れる丈感のセミフレアスカートがおすすめ。ブラウスを合わせて女っぽくまとめたり、Tシャツをインしてカジュアルに仕上げたり、通勤も休日もシーンを問わず活躍すること間違いなし♪

レーススカートの着こなしポイント

レーススカート

  1. マーメイドラインのレーススカートでスタイル&トレンド感をUP!
  2. イレヘムデザインのレーススカートは×シンプルトップスですっきりと
  3. セミフレアのレーススカートはシーンを問わず合わせやすい

レーススカートを合わせるおすすめコーデ

【1】ベージュレーススカート×ベージュトップス×黒ショルダーバッグ

デート服番外編 持つだけで気分も上がるし、自信ももてる、IT BAGの決定版!デートにはLOEWE ♡な女子が急増中。『It Bag 1 パズルバッグ ミニ』

上下をベージュトーンでまとめたカットソー×レーススカートの上品コーデ。ゆるっとしたノースリトップスもラフな女っぽさを演出。上質なレザーと構築的なデザインが表情豊かな〝パズルバッグ〟を相棒に、やわらかムードのデートスタイルを完成させて♡

CanCam2021年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【2】黒レーススカート×ベージュトップス×黒サンダル

02肌見せニット×マーメイドスカート

華やかなレーススカートも、マーメイドシルエットでより今年っぽくアップデート! Vネックのリブニットでスッキリとまとめると、オフィスにもOKな好感度コーデに仕上がります。小物もベージュのハンドバッグや華奢な黒サンダルで上品フェミニンに。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】白レーススカートセットアップ×ピンクアウター×白サンダル

シンプルorハンサムデザインで大人顔にPINK『ブルベの人は…ベリー』

春らしい白のレースセットアップは、きれい色のアウターを羽織って季節感をさらにプラス。フェミニンに映えるストロベリーピンクなら顔映りも着映え度もばっちりです。程よくハリのあるナイロン素材で、レースと合わせてもすっきり&大人っぽい着こなしに。

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【4】ピンクレーススカート×黒トップス×白スニーカー

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

甘めのレーススカートも、しっとりした落ち感のあるシルエットで大人顔に。ピンクスカートにプレーンな黒タートルを合わせた定番の配色は、きれいめな白スニーカーのカジュアルダウンでコーデの鮮度がアップします!

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】白レーススカート×白Tシャツ×ブラウンパンプス

ロゴTシャツ×レーススカートを落ち着いたALLホワイトコーデでまとめてきりっとかわいく。コーデが締まるブラウンのシャツを筆頭に、バッグ&靴も同色で統一すればホワイトコーデがのっぺり見えずおしゃれムードが漂います♪

CanCam2020年9月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/kika モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/権藤彩子、時吉 茜、佐藤彩花

【6】白レーススカート×ブラウントップス×白スニーカー

ブラウンニット×白クロシェスカートのフェミニンな着こなしには、抜け感をプラスしてくれる爽やかな白コンバースがおすすめ。スカートの白とつながって見えることで脚長効果も期待できます♡ 差し色のバッグは、ブラウンとも白とも相性のいいイエローでシャープに。

CanCam2020年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【7】ラベンダーレーススカート×白ジャケット×黒Tシャツ

落ち着いたラベンダー色のスカートは、くすみのあるダークグレーのロゴTがちょうどいい引き締め役に。ベタな甘さよりこなれたかわいさを目指すのがコーデのポイント。幾何学柄のカットワークスカートをロゴTでカジュアルダウンしつつ、白のGジャンでさらにこなれ感をプラスして。

CanCam2020年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【8】ラベンダーレーススカート×白シャツ×白サンダル

柄物代わりに華やかさを投入!繊細レース『柄物を着ないので、全部無地だとのっぺりとしてしまうことも。そんなとき頼りになるのがレース。大人っぽく着るのがMYルールです』

女性らしく着映えるレースのロングスカートは、大きめサイズのシャツをゆったり着てちょこっとラフに。合わせるシャツの襟を抜いて、女っぽく着くずすのもポイントです。時計やバッグに黒を加えて、淡いトーンを大人っぽく引き締めて。

CanCam2020年6月号より 撮影/北浦敦子 ヘア&メイク/菊池かずみ モデル/中村麻美 構成/山木晴菜

【9】白レーススカート×ブルーシャツ×ブラウンインナー

モカのキャミとエクリュのクロシェスカートに、くすみブルーのゆるシャツをプラス。絶妙なニュアンス配色をキープするために、足元は素肌がのぞくメッシュ靴で今っぽく引き締めて。足をスポッと入れるだけでキマるスリッパ風ミュールは、女っぽナチュラルなトレンドコーデの相棒にぴったりです。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

【10】白レーススカート×イエロートップス×かごバッグ

Item2 裾ひらナロースカート

女のコっぽい白スカートは、清楚なレース&ひざ下からふわっと広がるマーメイドシルエットが印象的。春カラーのイエローニットと合わせてとことんレディに着こなすのが気分です。バッグはかごをチョイスして爽やかな季節感を取り入れて。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【11】ピンクレーススカート×ブラウンTシャツ×白バッグ

今季は形も色も、豊富です!トレンドボトム、何選ぶ?『あやみは…キレイめカラーパンツ』

ガーリーなクロシェ編みスカートは、カーキのTシャツで甘さをおさえつつ、大人っぽい小物合わせで幼さを払拭! ブラウスでなくラフなTシャツを合わせるのがピンクベージュのクロシェスカートを今っぽく着こなすポイントです。

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【12】白レーススカート×白トップス×白パンプス

美月はこの春エモセンシュアルでいく!

流行のワントーンコーデは、揺れるスカートや透けるニットなどエモい質感を選ぶのが上級者♡ ベージュトップスや白スカートの淡色トーンに、大ぶりのピアスやブラウン小物を効かせてメリハリも意識。靴はヒール高めの白パンプスならロングスカートをバランスよく着こなせます。

CanCam2020年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/権藤彩子、鶴見知香

【13】白レーススカート×エクリュジャケット×ブラウンインナー×白スニーカー

ほぼシルバーパンプスな白スニーカーでクリーンな抜け感を出す!『擬態のコツは、足元の印象を薄くして目線を他に向けさせること。全身を淡いトーンでまとめるのもgood。清潔感あふれるクリアな白スニーカーなら、服装にうるさい先輩も何も言えまい。』

ベージュジャケットに白のレーススカートをなじませた、こなれ感抜群のきれいめコーデ。ジャケットのインナーに濃いめのベージュを挟んで、ワントーンコーデに奥行きとメリハリを意識。スニーカーの投入で、フェミニンなレーススカートも今っぽく仕上がります。

CanCam2020年3月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/時吉 茜

【14】ラベンダーレーススカート×ベージュトップス×ベージュスニーカー

ほぼベージュパンプスなグレージュスニーカーで女っぽくまろやかに!『スニーカー擬態チャレンジは、シックな色からはじめてみて。全体の印象はベージュパンプスとほぼ変わらないどころか、スニーカーならではのラフさが加味されてよりおしゃれになれる!』

ベージュやくすみパープルでまとめたワントーンコーデが旬。透け感のあるレーススカートなどフェミニン要素の強いアイテムには、軽快なスニーカー合わせも新鮮です。足首がちらっと見えるスカートのときは、なじみのいいベージュスニーカーが推し♡ 淡色をまろやかに引き締めるブラウンのジャケットや、抜け感のある白バッグもコーデの完成度を高めてくれます。

CanCam2020年3月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 構成/時吉 茜

春夏コーデはレーススカートで大人かわいく

存在感のあるレーススカートは、無地トップスやTシャツなど、手持ちのシンプルトップスと合わせるだけでフェミニンな旬顔コーデが完成。この春夏は、マーメイドスカートやイレヘムデザインのレーススカートが狙い目です♡ テクニック要らずで上品な着こなしが叶うので、休日はもちろんオフィスカジュアルにも合わせやすく、普段使いに活躍すること間違いなし!