「口先三寸」「舌先三寸」正しくはどっち?正解率たったの2割!

■「本心でない上辺だけの巧みな言葉」のことをなんといいますか?


1 「口先三寸」 2 「舌先三寸」

(c)shutterstock.com

当たり前のように使っていた言葉なのに、実際は言い方を間違えて覚えていた……という経験、ありませんか?

そういった言葉って、そもそも間違っていること自体、気がつきにくいものですが……。

今回は、そんなややこしい日本語に関するクイズを出題します。コチラ!

 

「本心でない上辺だけの巧みな言葉」をなんて言う?

 

 

これだけだと難しいと思うので、簡単な2択の問題に!正しいと思う方を選んでみてください!

1 「口先三寸」

2 「舌先三寸」

 

決まりましたか?

 

では、答えを確認してみましょう。

 

■正解は…コチラ!


「本心でない上辺だけの巧みな言葉」を表す言葉は……

 

2 「舌先三寸」

 

でした!

 

文化庁が発表した、平成23年度の「国語に関する世論調査」では、

本来の言い方とされる「舌先三寸で使う人が23.3%
本来の言い方ではない「的を得る」で使う人が56.7%

という結果が出ています。

 

「口先のうまい人」というときは口先を使います。混同にご注意を!

 

★もっとチャレンジ!雑学クイズ

 

【あわせて読みたい】

※「Esc」「無変換」キーって何?今さら聞けないパソコン知識のおさらい【年間ランキング・PC雑学編】

※「かわる」の使い分けは?「世代がかわる」「土地がお金にかわる」「責任者がかわる」「色がかわる」全部違います!

※女子の正解率64%!「努々」って、読めますか?「つとつと」じゃないよ!

※「一斗」「一石」「一合」「一升」…どのぐらいの量で、どれが一番多いかわかりますか?

※ほぼ半数が使ってた!年賀状の「A HAPPY NEW YEAR」って、間違ってるって知ってた?