やっぱりアレが好き♡みんなが好きな「おもちの食べ方」ランキング

お正月になると「お雑煮」にともなって「おもち」を食べる機会が増えますよね。

 

おもち
(c)Shutterstock.com

トースターやフライパン、ホットプレートなどで焼いて食べるもよし、もしくは柔らかく煮るもよし。食べる機会は減ってきているかもしれませんが、つきたてほっかほかの柔らかいおもちはただそれだけで食べても美味しい♡

しょっぱくも甘くも、さまざまに味付けして食べることができるおもち。
そこで、女性100名に好きな「おもちの食べ方」を調査してみると……みごとに票が人気TOP5に大集中!「10票以上か、もしくは1票か」とかなりくっきりわかれました。
そんな「好きなおもちの食べ方」ランキングの結果を発表します。

 

■女性100名に聞いた「好きなおもちの食べ方」ランキング♡

 

◆まずは各1票チームを一気に紹介


揚げもち、焼きもち、数の子と一緒に、七味醤油+海苔、醤油バターベーコン、バター醤油、大根おろし+醤油、大根おろし、チーズ、はちみつ、納豆+おろしポン酢、納豆とキャベツでくるむ、寄せ鍋のシメに薄切りもちをしゃぶしゃぶ、つきたてに何もつけないで食べる

 

はい、全部おいしそう。

「醤油」シリーズだけでもかなりの数がありますし、「はちみつ」で甘く食べるもよし、鍋のシメに使うもよし、そしてつきたてをそのまま食べるもよし! 読んでいるだけで夢がふくらみますね。「いつもの食べ方」もいいですが、ちょっと飽きてきたらこのあたりの食べたことがない組み合わせを試してみてもよさそう。

さて、ここから先はそんな「いつもの食べ方」オンパレードではありますが、やっぱなんだかんだり基本の食べ方がホッとするものなんですよね~。
というわけで、みんなが好きな「おもちの食べ方」ランキング、発表します!

 

◆5位 砂糖醤油 11票


砂糖醤油もち
(c)Shutterstock.com

シンプルイズザベスト! 焼いたおもちを砂糖醤油につけて食べると……もう、なんて美味しいの! おもちそのものの美味しさをシンプルに活かす「砂糖醤油につける」が5位。

 

◆4位 おしるこ 12票


おしるこ
(c)Shutterstock.com

砂糖醤油と1票さで4位になったのは「おしるこ」。こちらもお正月の定番です。

ちなみに「おしるこ」と似たようなものに「ぜんざい」がありますが、関東では汁気があれば「おしるこ」、汁気のないおもちにあんこを添えたものを「ぜんざい」。関西ではこしあんを使った汁気のあるものを「おしるこ」、粒あんを使った汁気のあるものを「ぜんざい」、そして汁気のないものを「亀山」や「金時」と呼びます。ややこしい……。
「粒あんを使った汁気のあるもの」を、関東では「おしるこ」と呼びますが、関西ではそれはまさに「ぜんざい」。しかし関東の人にとってのぜんざいは「汁気がないもの」。同じ「ぜんざい」という言葉でも、関東と関西では想像するものがまったく異なります。あぁどうしてそんなことになってしまったのでしょうか。

 

◆3位 お雑煮 14票


お雑煮
(c)Shutterstock.com

こちらもやっぱり僅差! お正月になったら食べたくなるものですよね。個人的には「おせち」より「お雑煮」のほうが好きなので、三が日は1日2~3杯くらい食べているような……。地域にもよりますが、野菜もたっぷり入っているので栄養バランスも良い気がするのも魅力ですね。

 

 

さて、2位から先はグッと票を上げます!

 

◆2位 磯辺焼き/磯辺巻き 24票


磯辺焼き、磯辺巻き
(c)Shutterstock.com

3位以下に10票差をつけて2位に輝いたのは「磯辺焼き(磯辺巻き)」! おもちを焼いてしょうゆをつけ、海苔でぐるりと巻いたものです。作りたての海苔がぱりぱりな状態もよし、おもちと少しなじんできて海苔が柔らかくなった状態もよし……何個でも食べられちゃいそうな美味しさなので食べすぎ注意です(私はいつも食べ過ぎます)。
味つけ自体もシンプルに「醤油」はもちろん、5位の「砂糖醤油」や「醤油+ごま油」など、他の調味料と組み合わせてバリエーション豊富に楽しめます。

さて、そんないくらでも食べられちゃう磯辺焼きと1票差で1位に輝いたのは……。

 

◆1位 きな粉もち 25票


きな粉もち
(c)Shutterstock.com

そう、きな粉もち!
シンプルにきな粉をかけるもよし、さらに黒蜜をかけて楽しむもよし♡控えめな甘さなのがいいですよね。おもちをレンジでチンしてきな粉をかけるだけという超簡単ステップで、一気に美味しいおやつに仕上がるのも嬉しいポイント。
きなこもち味のチロルチョコやアイスもありますし、みんな大好きな味。1位も納得です。

 

 

個人的な話で恐縮ですが、私は宮城県出身なのでずんだもちが1票も入らなかったのはちょっと寂しい……。

(c)Shutterstock.com

(ちなみにゆでてすりつぶした枝豆に砂糖や塩を混ぜてできたものを「ずんだ」と呼びます)

「月曜から夜ふかし」でマツコ・デラックスさんに絶賛されたことで火がついた、ここ最近仙台駅で人気の「ずんだシェイク」もありますし、もともとの「ずんだもち」ももうちょっと人気があってもいいんじゃないか! と思います。でももしかしたら「ずんだもち」を食べたことがある人よりも、「ずんだシェイク」を飲んだことがある人のほうが多いのかも。

しょっぱいも甘いも、さまざまな味を受け止める度量が魅力のおもち。ついつい「余った」「飽きた……」となりがちですが、もっともっといろんな風に食べられるはず! 是非、いろんな食べ方で楽しんでみてくださいね♪(後藤香織)

 

★年末年始に増えた体重をリセット!かんたん食事ダイエットまとめ

【あわせて読みたい】

※余ったお餅が絶品グラタンに!スイーツに!簡単お餅アレンジまとめ【レシピ】

※【残りもちレシピ】具を炊飯器に入れるだけ!餅と米でつくる「中華おこわ」

※こんなお餅の食べ方あったの?全国ご当地お餅ランキング

※「渋滞の先頭」って何が起きてるの?理由の第1位を聞いてみたら…納得

※年末年始、ちょっとヒマなときにおすすめしたい8つのやることリスト