必ず私に似合う「デニム×ブーツ」コーディネートの新鮮ポイント4つ

冬の定番、デニム×ブーツ。あったかくていい女っぽくなるので全面的に頼ってしまいがちですが、どうにも「なんだか決まらない!」「さすがに飽きてきた」「もしかしてこの着こなし古くさい?」などなど、お悩みもいっぱい。『Domani』2014年2月号では「デニム×ブーツ」にまつわる数々のお悩みに、スタイリストの高杉しのぶさんが回答していたのでご紹介します。

 

【1】ロールアップデニム×ショートブーツの正解方程式はこれだ!

とにかく流行中のショートブーツ。ロールアップデニムと合わせて着こなすコツは、足首のすき間を作らないこと。ロールアップしたデニムの裾が、自然とショートブーツの履き口に乗るくらいがベストバランス。ただし、階段を上ったときなどに見えてもいいよう、おしゃれな靴下を履いておくのがおすすめです。
また、デニムは裾に向かって細くなるテーパード&丈短めが合わせやすい!

Domani201402-109

 

【2】歩きやすいぺたんこブーツで脚長になるポイントは、目線アップ技にあり!

ぺたんこだけど脚長に見せるには『ウエストの位置をはっきりさせること』がポイント。トップスをデニムにINしてベルトマークしたり、派手色ストールを巻いて目線を引き上げたり。目線アップ技を駆使することが、ぺたんこで脚長のポイント。
さらにインソールをうまく使うのも手ですし、筒幅が広いブーツを選ぶとブーツと脚の間に空間が生まれて脚が細く見える効果が!

Domani201402-110

 

【3】デニムのブーツインスタイルを最旬にする2つのキーワード!

無意識に毎年冬にお世話になるデニム×ブーツスタイルを旬にするなら、「ロングブーツをスモーキーカラーにする」「ショートブーツにする」が正解。スモーキーカラーはそれだけで上級者風のオーラを放ちます。ショートブーツはボリューミーなバイカータイプを選ぶと脚細効果も狙えます。

 

【4】小柄さんがデニム×ブーツを女らしく華やかに着こなす3つのポイント!

グラマラスなデニム×ブーツスタイルも、なんだか洋服に着られて「かわいい」印象におさまりがちな小柄さんが「女らしい」印象に変えるためにすべきことはこの3つ。

1.茶~ベージュ~白グラデのミルクティー配色&ボリュームニットで体の輪郭をあいまいにすると、女性らしい輪郭が強調され、ふんわり優しげな印象に。

2.目元はしっかりアイライン×ブラウンシャドー×長めのつけまつげで奥行ある目元を意識。口元は赤み&ツヤのあるリップの上にグロスをオンで仕上げましょう。

3.ヘアはナチュラルな空気感とボリュームが必須。コテで軽く巻いて手でほぐし、スプレーでエアリー感をしっかりキープ。きちんと手間をかけたヘア&メイクが最大のアクセサリー!

Domani201402-111

あたたかくて便利でスタイリッシュなデニム×ブーツ。ワンパターンで古い印象を脱して、トレンド感を兼ね備えたこの冬スタイルに更新していきましょう!(後藤香織)

Domani2014年2月号表紙
(『Domani』2014年2月号)

【あわせて読みたい】

※今冬のタイツ、「グレー」or「ネイビー」が絶対正解の今どきカラー!

※お洒落敏腕エディター三尋木奈保に学ぶ、冬のベーシックスタイル7つのコツ

※13年秋冬ファッション結論!キーワードは90年代

※ぷに子・もも太が、真冬の“デニム×ムートン”でスタイルアップのコツ7つ