テクニック要らずであか抜ける「ジーンズ×ブーツ」のおすすめコーデ12選【2021レディース】

トレンド感がUPする「ジーンズ×ブーツ」の着こなしをチェック!

菜波トラッドCASUALになれるブランド4

すっきり見えるジーンズ×ブーツのコーデは、それだけでイイ女っぽくなるので全面的に頼ってしまいがちですが、「なんだか今っぽく決まらない!」「さすがに飽きてきた」「もしかしてこの着こなし古くさい?」など、鉄板コーデだからこそ悩みもいろいろあるのでは? 今回は、今っぽさやこなれ感が絶妙にアピールできちゃう最新のデニム×ブーツコーデを特集しました!

ジーンズにブーツを合わせるときの着こなしポイント

トレンド感抜群のロングブーツは、パンツをブーツインにする着こなしがリバイバル中。大人っぽいカッコよさとスタイルアップが叶います。ショート丈のヒールブーツは、デニムパンツとのハンサムな合わせ方でも女らしさがプラスできるので休日デートにもおすすめ。おしゃれっぽいフェミニンカジュアルに仕上がります。

  1. ×ロングブーツでトレンドど真ん中の旬コーデに
  2. フェミニンで大人っぽい着こなしにはショートブーツがおすすめ

ジーンズ×ブーツのレディーストレンドコーデ

【1】ジーンズ×白ブーツ×チェック柄シャツジャケット×黒ニット×黒バケットハット

かわいいカジュアル・菜波はこの3アイテムで恋愛運UP

チェック柄のシャツジャケットをカジュアルに着るならデニムの出番! 子供っぽくならないよう他は黒で引き締めつつ、足元は白ブーツで女っぽさも意識。チェック柄が映えるコーデは、抜け感と締め色のバランスが絶妙です。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【2】ジーンズ×ブラウンブーツ×ベージュジャケット×ベージュニット

大人フェミニン・ほのかはこの3アイテムで対人運UP

楽ちんデニムに着心地も軽やかなショートコートをはおってリラクシーな雰囲気に。ループベルトのウエストマークでスタイルUPを狙ったら、ヒールブーツで脚長効果もGETして。ニットとコートをベージュカラーでまとめたら、品のあるきれいめカジュアルの出来上がり♪

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【3】黒ジーンズ×黒ブーツ×ネイビーアウター×ブルースエット

辛口キレイめ・安未はこの3アイテムで金運UP

水色のゆるスエットに細身のブラックデニムを合わせて辛口コーデに。キルティングコートやブーツも黒でまとめれば、カジュアルだけど大人っぽい着こなしが完成します。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【4】グレージーンズ×白ブーツ×ピンクコートグレーニット

細部はこだわってなんぼ! 末端の「あしらい」こそ今っぽく

グレーニットとグレーデニムのワントーンコーデに、モーヴピンクのロングコートをプラス! シャープな白ブーツでキレよく仕上げたら、コートの共布ベルトはニュアンスづけの役割としてゆるく結んで♡ 抜け感のあるラフな合わせが大人の余裕を醸し出します。

CanCam2021年2月号より 撮影/土山大輔 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫真梨子 構成/鶴見知香

【5】ジーンズ×黒ブーツ×白ニット

ちょっぴり懐かしさのあるかぎ編みニットをデニムですっきりシンプルに。ディテールのある白ニットとデニムの最小コーデが、逆に今っぽさをあおってくれて旬の着こなしが生まれます。仕上げは締め色の黒ブーツと、ハンモックにインスパイアされたキャッチーなバッグでアクセントを。

CanCam2021年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/山木晴菜

【6】黒ジーンズ×黒ブーツ×黒トレーナー

テーマ別に徹底比較♡ 4キャラ別 「○○がテーマの日」私はこう着る!『Q.デニムはくなら?』

黒の切りっぱなしデニムをラフに着たい日は、黒のロゴ入りトレーナーを合わせてクールカジュアルに。メンズっぽいかっこよさがあるので、足元はヒールブーツを合わせて女っぽく仕上げるとバランスよくまとまります。

CanCam2021年1月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【7】グレーデニム×黒ブーツ×白ニット×白インナー

黒60%以上のかっこいい系モノトーンが基本辛口キレイめ安未style

トレンドの透けニットもグレーデニムを合わせたモノクロの世界観で大人見え♡ ニットとインナーの色を合わせれば、透け感のあるシアーコーデもこなれ感バツグンです。落ち着きのある配色には、目を引く柄BAGでモードっぽさを取り入れて。

CanCam2021年1月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【8】ジーンズ×黒ブーツ×ベージュコート×ピンクニット

今シーズンは〝ブーツイン〟の着こなしが再ブレイク中。ハイネックニット×デニムを黒ブーツでシャープに決めたら、定番のトレンチコートをバサッと羽織っておしゃれカジュアルを加速させて。袖口からニットをのぞかせる着こなしテクも簡単&こなれて見える計算です。

CanCam2020年11月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/田中絵理子、石黒千晶

【9】ジーンズ×黒ブーツ×ベージュブラウス

スイートなレトロブラウスをデニムでピリッと引き締めた、レディ度高めのカジュアルスタイル。美脚見えバツグンのストレートデニムに、トップスをインしてさらなるスタイルアップ効果を狙ったら黒のスクエアブーツでピリッと辛口に着こなして。

CanCam2020年11月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/田中絵理子、石黒千晶

【10】ジーンズ×ブラウンロングブーツ×ネイビージャケット×白Tシャツ

菜波トラッドCASUALになれるブランド4

定番のダブルジャケットを、ロゴTシャツ・デニム・ブーツINでカジュアルダウン! クセがないネイビーのジャケットは、ストレッチ入りを選べばアクティブにも着回せます。ヴィンテージ感のあるブーツにデニムをINして今年っぽいボトムバランスもメイク♡

CanCam2020年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/鶴見知香

【11】ジーンズ×ブラウンブーツ×チェック柄ジャケット×ブラウンハット

チェックジャケットとレトロブラウスを組み合わせた、トレンド感抜群のヴィンテージ風コーデ。デニムパンツを合わせただけのラフな着こなしも、ハットやブーツのエッジで辛口モードにシフトします。

CanCam2020年11月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/筒井葉子(PEACE MONKEY) ヘア&メーク/福岡玲衣(TRON) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/西村真樹

【12】ジーンズ×黒ブーツ×黒コート×グレートップス×ボーダー柄ニット

あの手この手で♡ 地味色コートはもっとかわいく着回せる!『頼れるベーシックカラーのコートだけど、毎日着るから飽きてきた!なんて人も多いはず。着こなしをアップデートしてくれる㊙テクニックをご紹介♪』

デニム×ニットのシンプルコーデは、コートの上に定番のボーダーニットなど長袖トップスをくるっと巻いてこなれ感をUP! ひと手間加えるだけで、見た目のコーディネート感が盛り上がります。小物もモノトーンで統一して程モードな配色をキープ。

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/手塚明菜

大人カジュアルなコーデはジーンズ×ブーツで決まり!

スタイリッシュで大人っぽい着こなしが決まる「ジーンズ×ブーツ」の着こなしをご紹介しました。今季はロングブーツにデニムボトムをインしたり、スリムデニムにショートブーツを合わせるコーデも今っぽくておすすめ♡ ジーンズ×ブーツの組み合わせは、おしゃれ感も動きやすさもばっちりなのでお出かけコーデに取り入れてみて下さいね!