脚長に見える「シャツインの人気コーデ22選」|失敗しない着こなし例【2022レディース】

シャツをボトムにIN!ダサく見えない着こなしテク

レディースシャツインコーデ

シャツの裾をボトムにINする「シャツインコーデ」を大特集! 腰位置が高く見えたりきちんと感がアップするシャツインは、トレンドのオーバーサイズシャツを前だけインしてゆるっと着たり、きれいめシャツをすっきりインするオフィス向きコーデがおすすめ。トレンドの色合わせやアイテム選びもチェックしてみてくださいね!

「シャツイン」のコーデを地味に見せないアイデア

ゆるっと着たり羽織ったり…、裾をインしてきちんと見せたり、シャツの着こなしアレンジはいろいろ! 今年っぽいシャツ選びや小物合わせを工夫することでトレンド感のあるワンツーコーデが完成します。それでは早速、おすすめの着こなし方をご紹介。

■シンプルなシャツインコーデは小物でアクセントを

レディースシャツインコーデ

白シャツ×デニムのシャツインコーデは鉄板! シンプルな合わせなのでアクセントになる小物合わせがマストです。例えばベーシックに映えるクラシカルなモノグラムバッグで、今どきのヴィンテージ感をプラスするとコーデの鮮度がアップします。カラー小物をプラスするのもいいですね。

■ゆるシャツは”前だけイン”でこなれ感を出す

レディースシャツインコーデ

トレンドのオーバーサイズのシャツは、裾の前だけをインしてすっきりと着こなして。バックスタイルはリラクシーに仕上げてこなれ感も残しましょう! ベーシックカラーのシャツを今っぽく着ると、頑張ってる感がないのにトレンド見えはばっちりです♡

新生活に買い足すなら「バンドカラーシャツ」に注目

バンドカラーとは、バンド(band=帯)状になったカラー(collar=襟)のこと。デジタル大辞泉で調べてみると…

スタンドカラー(折り返しのない襟。立ち襟。学生服の詰め襟や、中国服の襟など。)の一種で、バンドを巻いたようなデザインの襟のこと。詰め襟。

レディースシャツインコーデ

きちんと感もありつつ、ほどよくラフに着られるバンドカラーシャツはカジュアルコーデとも好相性。首元がすっきり見えるので、襟が詰まっているシャツは苦手という人にもおすすめです。

シャツ自体がマニッシュなアイテムなのでパンツ合わせでキリっと着こなしつつ、インナーの重ね着や差し色小物でほんのり女っぽさもMIXして。着回しの効くシャツは、新生活に向けての買い足しアイテムにもおすすめです!

おしゃれなシャツインコーデのポイント

レディースシャツインコーデ

  1. トレンドのビッグサイズシャツは前だけインも今っぽくておしゃれ
  2. マーメイドスカート×シャツインでボディラインが美しく見える着こなしに
  3. デニムなどシンプルなアイテムとの合わせは小物でアクセントを
  4. センタープレスやワイドパンツでより脚長に見える着こなしが完成

オフィスカジュアルにおすすめなシャツインコーデ

【1】センタープレスパンツにシャツインして脚長見せ

No.2 バンドカラーシャツ×鮮やかカラーパンツ

きちんと見えする黒×ブルーの組み合わせならオフィスコーデにも◎。ブラックの辛口バンドカラーシャツを、爽やかなブルーのパンツにすっきりINして春らしく取り入れて。バッグやコートは白や水色をチョイスして抜け感を作ることも忘れずに。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】マーメイドスカート×シャツインで美スタイルに

エコレザーのマーメイドスカートを骨格タイプ別に冬→春着回し『STRAIGHT』

流行のボリュームスリーブブラウスを着るなら甘盛りすぎないバンドカラーなど、すっきりしたデザインを選んで。スタイルアップ効果の高いマーメイドスカートをすっきり合わせて、上半身のボリュームを上手にコントロールするのがポイントです。縦長トートを合わせるときれいめ通勤コーデにも。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【3】華やかなフリルシャツはコンパクトに取り入れて

くすみピンクのセミフレアパンツを骨格別に冬→春着回し『WAVE』

くすみピンクのスラックスに甘めのビッグカラーブラウスをプラス。プリーツ、フリル、キャンディスリーブと盛りディテールを詰め込んだビッグカラーブラウスは小顔効果も◎。ボリューム感があるのですっきりINしてウエスト位置をはっきり示すことで全体のバランスもよくなります。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【4】フリルシャツを重ねる最旬ジャケパンコーデQ.2 外回り多めの営業職だから疲れないお仕事靴がマスト。この冬買いな一足って?『A.ほんのりハンサムな甲深ローファーなら快適で今っぽくなる!』

ブラウス・ジャケット・パンツのトラッド感漂うお仕事コーデが好感度抜群。白シャツよりやわらかさが出せるフリルブラウスもおしゃれで今っぽいチョイス。足元にも程よいボリュームを足して、ジャケパンコーデに今年っぽいラフさを加えましょう。

CanCam2022年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【5】知的なネイビーシャツ×白パンツできちんと見え

01 抜け感ありなバンドカラーシャツで大人の余裕を

ネイビーシャツ×白パンツの上品配色を、NOTコンサバなムードに仕上げた旬コーデ。シャツを使った好感度の高い定番コーデは、バンドカラーのシャツで今どきにシフト。バッグでフレッシュなイエローを足した爽やかマリン配色で、差のつくお仕事スタイルが完成します。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【6】ニュアンシーなカラーが今っぽいシャツコーデ

01 抜け感ありなバンドカラーシャツで大人の余裕を

落ち着きのあるグレージュシャツに、カーキパンツで大人っぽい華やぎをプラス。ボリューム感のある袖とハイウエストパンツでメリハリよく着こなすと、遠目からでも目を引くおしゃれコーデに。パンツのウエスト位置が高いときは、コントラスがつきすぎない色のシャツを選ぶと自然とスタイルアップが叶います。バッグと靴は黒を選んでシャープな印象に。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【7】色味の違うピンクでおしゃれなワントーンコーデ

01 ミニマルなバンドカラーでこなれる!『シャツを更新!』

知的な雰囲気が漂うバンドカラーシャツを同系色のパンツに裾インしたら、靴、コート、バッグを白で統一。どんなコーデにも使いまわせる白のコートはオフィスシーンにも活躍度大♡ ベージュピンクのグラデに白小物で抜け感を加えると、感度の高いこなれコーデが完成します。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【8】オレンジワントーンでトレンド感もおしゃれもゲット

01ロマンティックブラウス×ジェラートカラーパンツ

ブラウン感覚で使えるくすみオレンジのクロップドパンツは、ふわ袖のベージュブラウスでグラデ風に仕上げるのが今っぽい♪ 配色を際立たせたいから、ベージュバッグや白サンダルなど小物はなじませカラーを選択。ブラウンのベルトだけを効かせてハイウエストの長所を生かすとスタイルアップも叶います。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】パンツインでメリハリのあるモノトーンコーデに

Q.1オンライン会議におすすめなトップスが知りたいです!『A.1万5,000円以下のちょい甘トップスで華やかに盛るべし。』

パンツコーデは、ほんのりツヤのあるサテンブラウスで美人度UP! 黒スキニーやエナメル小物でピリッと引き締めると、甘さのあるブラウスも大人っぽく着こなせます。黒のスキニーに落ち感のあるブラウスをINするとコントラスがはっきりして脚長効果も急上昇♡

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【10】シャツインコーデはロングアウターとも好相性

この春注目のトレンドカラー!YELLOW『イエベの人は…エッグ』

白ブラウスにイエローのパンツを合わせた春コーデ。エッグイエローのコートを羽織る同色グラデなら華やかなのに統一感もばっちり。ベルトを後ろでキュッと縛ると立体感が出て、360°おしゃれに仕上がります♡

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 構成/山木晴菜

【11】ワイドパンツがおしゃれっぽいシャツインコーデ

yellow×Beige

肌なじみのいいイエロートップスで、パンツスタイルもマイルドに。あいまいなイエローベージュのワイドパンツなら色のなじみもよく、ハンサムなパンツStyleも柔和で優しげにキマります♡ ニュアンスカラー同士の色合わせが、きれいめなのに親しみやすい理想の雰囲気作りに貢献!

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子  ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

【12】くすみ系カラーで鮮度高めのオフィスカジュアルに

STYLEMIXER『大人モードでON⇔OFF着られる!』

顔映りのいい白ブラウスやブラウンのジャケットなど、グラデーションぽくまとめたニュアンス配色は第一印象もGOOD♡ アシメトリーな技ありスカートで地味になりがちな通勤スタイルもあか抜けた印象に。小物はブラウンで統一して品も大人っぽさも完璧に仕上げましょう。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

シャツインでスタイル良く!おすすめ休日スタイル

【1】旬なブルートーンでまとめるシャツインコーデ

6 春カラー×淡色デニム『マイルドな〝あいまいカラー〟で優しく♡』

フリルシャツをデニムにINした大人っぽカジュアル。ブルー系グラデにクリーンな白シャツを挟むことで清潔感たっぷりのスタイルに。パールピアスやフリル襟ブラウスでほんのり甘さやヴィンテージ感を意識すると今年っぽい着こなしがつくれます。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘  タイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【2】スクールガール風のベスト×シャツインコーデ

カラーミックスのニットベスト

青と赤の配色がかわいいニットベストは、襟付きシャツを合わせてスクールコーデ風に。トップスはコンパクトにまとめて、ボトムにボリュームを出すバランスがスタイルアップの秘訣です。足元は赤のコンバースを選んでニットベストとリンク♡

CanCam2022年3月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/福岡玲衣 モデル/佐々木莉佳子(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【3】シャツイン×ミニスカのスタイルアップコーデ

07 セットアップ大好き!冬素材を狙ってます『春夏もたくさん着ました♪』

ミニスカートとジャケットのセットアップは、シャツ合わせで新鮮な着こなしに。端正な白シャツの裾をすっきりインにすることで、ミニスカートが大人っぽく着られます。ざっくりニットを肩掛けしたら、レースアップのブーツを合わせて個性もプラス。

CanCam2022年2月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/手塚明菜

【4】ブラウン小物で引き締めるシャツインコーデ

BEIGE×FRUIT COLOR like a マリトッツォ

カシスパープルのカラーパンツは、ニュアンシーなベージュのビッグカラーブラウスで全体のトーンを落ち着かせるのがグッドバランス。小物はブラウンのミニバッグやローファーで今年っぽいアクセントを。

CanCam2021年11月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【5】チェック柄スカート×シャツインのレディな着こなし

フレンチ小物

甘めのブラウスにギャザーたっぷりのチェックスカートをプラス♡ 愛嬌たっぷりなルックスでレトロムードを後押ししたら、ブラウン小物でアクセントを。フレンチガール風の装いには、クラシカル感が一気に加速するレトロなカチューシャが大活躍。存在感のあるレザー&太めのフォルムで、優等生なブラウスもチャーミングに仕上がります。

CanCam2021年9月号より 撮影/三宮幹史(TRIVAL) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】バミューダパンツ×ビッグシャツの大人カジュアル

01オトナきれいになりたい!

ラフなハーフパンツをベージュの開襟シャツできれいめにシフト。トレンドのハーフパンツは、ベージュ、白、黒などの定番カラーでまとめて、あくまでオトナコーデに仕上げるのがおすすめ。太めのシルエットを選ぶとスカートっぽい女らしさもプラスできます。

CanCam2021年9月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/鶴見知香

【7】ハイウエストのショーパンに柄シャツINでスタイルアップ

明るい柄ブラウスもネイビーベースだと上品な印象に。トレンドのハイウエストショーパンにINするだけで、女の子らしさも今っぽいヴィンテージ感も手に入ります。腰位置を高く魅せるとスタイルアップも◎。

CanCam2021年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【8】カットワークシャツの甘さを辛口デニムで中和

デートスタイルの着こなしVariation もっと見せます!『公園デートは袖コンブラウス×パンツで〝接近映えカジュアル〟に』

カットワークの黒ブラウスはデニム合わせでラフに投入! ハイライズなストレートデニム×フラットシューズのカジュアル感で糖度をオフ。キャメルカラーのバッグとメタリックサンダルで、小物は軽さを意識するとバランスよく着こなせます。

CanCam2021年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子

【9】ピンクシャツ×イエローパンツのカラーMIXコーデ

デートスタイルの着こなしVariation もっと見せます!『公園デートは袖コンブラウス×パンツで〝接近映えカジュアル〟に』

気持ちもおしゃれ感度も上昇する、ピンク×イエローのダスティなカラーミックス。ふんわりしたフレアスリーブが肩のラインをカバーしつつ、ストレートパンツに裾をINすることでスタイルアップ効果も倍増します。淡いトーンでまとめたら、スカーフ柄のショルダーバッグでニュアンス配色にメリハリを。

CanCam2021年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子

【10】シンプルなベージュパンツはハーフ丈で今年っぽく

06新顔ハーフパンツ×抜け感ヒール

袖コンブラウスとシンプルなベージュパンツの組み合わせも、ボトムをハーフ丈パンツにすることで今年らしく仕上がります。仕上げにネイビーのカーデを肩に巻いてやわらかな配色にメリハリを。つま先に抜け感のあるオープントウのミュールで、コーデをキリッと引き締めて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/鶴見知香

スタイルアップを叶える「シャツイン」がおすすめ

きちんと見えて今っぽいシャツインコーデを紹介しました。シャツの裾をボトムにインする着こなしは、上半身がすっきり見えることでスタイルアップ効果も◎。シンプルなボトムを合わせて小物を盛ったり、×ワイドパンツやフレアスカートで下半身をカバーしたり、今っぽいシャツインコーデを楽しんでくださいね!