髪が多い、広がる人必見!毛量多めさんのおすすめ髪型やヘアアレンジをご紹介

毛量多め

髪が多くて、うまくまとまらない、アレンジが上手にできない…そんな悩みを持っている方もいるのでは? 正しいヘアケアやスタイリングで髪のボリュームをうまくおさえれば、ヘアスタイルの幅がグッと広がります。毛量が多い人向けにおすすめの髪型やアレンジをご紹介します。

髪が多い人におすすめのヘアケア

毛量が多くて扱いにくいなら「しっとり系」が◎

正しいヘアケアのコツについて、プレミアムヘアケアブランド”milbon”シリーズなどを手掛ける、株式会社ミルボンで開発マネージャーを務める熊﨑慎也さんに伺いました。

Q:シャンプーの選び方は?

毛量が多くて扱いにくいなら「しっとり系」が◎
シャンプーは汚れを落とす洗浄成分(界面活性剤)だけではなく、保湿成分やコンディショニング成分など様々な成分が組み合わさって配合されています。その配合量や配合バランスによっても効果や使用感は大きく異なってくるので、成分の種類だけで良し悪しを判断するのは難しいもの。やはり大切になってくるのは自分に合っているか。髪の状態(髪質やダメージレベル)、悩み、なりたい仕上がりを考え、それに合ったシャンプーを選ぶのがベストです。

Q:シャンプーの「さらさら」と「しっとり」、どっちを選べばいいですか?

軟毛の方は、毛髪が細く、絡まりや引っ掛かりを気にされる方が多い傾向があるので、「さらさらタイプ」のシャンプーを好む方が多いです。一般的に「さらさらタイプ」のヘアケアアイテムは、毛髪表面のキューティクルをオイル成分や皮膜成分などでコートすることによって絡まりや引っ掛かりを押さえ、軽やかなすべりを与えるように設計されています。

一方で硬毛の方は毛髪がしっかりしており、パサつきやゴワつきが気になりますよね。「しっとりタイプ」のケア用品は一般的には毛髪内部に保湿成分やオイル成分などを補給することによって、パサつきやゴワつきを抑え、保湿感を与えるように設計されており、硬毛の方に好まれる質感です。

 

アウトバスのトリートメントで毛先のケアも入念に

トリートメントにまつわる疑問を、「ハニーチェ」などの超有名ブランドに加え、「ロレッタ」「THROW」などのサロン専売ヘアケア製品を数多く手掛ける、株式会社ビューティーエクスペリエンスに直撃。ビューティーイノベーション研究所にて、ヘアケアアイテムの研究開発を行っている髙野維斗也さんに伺いました!

Q:トリートメントって、実際どんな役割がありますか?

・インバストリートメント(お風呂の中で使うトリートメント):主に洗髪中や、ドライヤーなど乾燥中に起きる髪のダメージをケアし、髪の質感を良くします。

・アウトバストリートメント(ヘアオイルなど):洗髪以降のドライヤーや、仕上がり後のダメージをケアし、髪の質感を良くします。

髪の毛は水に濡れると膨潤し、乾いているときに比べて摩擦によるダメージを受けやすくなります。つまり、シャンプー後は髪が摩擦によるダメージを受けやすい状態です。

インバストリートメントは、配合されているコンディショニング成分が髪の表面に吸着し、シャンプー後に濡れた髪の摩擦ダメージを低減する効果があります。また、毛髪内部を補修する成分が含まれている製品もあります。

お風呂で使うトリートメントのみの仕上がりで物足りなさを感じる場合は、ヘアオイルなどアウトバストリートメントも併用されることをおすすめします。

 

美容師直伝!今日から使えるヘアドライテクニック!

毎日欠かさずに使うヘアドライヤーの使い方のポイントを、美容師の方に聞いてみました!

◆defiageのKAITOさん直伝!オススメの乾かし方

美容師直伝!今日から使えるヘアドライテクニック!

生えグセ(毛根の向き)を見極めて、生えグセと逆側に引っ張りながら乾かして髪の毛がフラットに落ちるようにすると自然な位置で髪が落ち、まとまりやすくなります。

ドライヤーの先端ノズルは、髪を乾かすときには外し、最終の仕上げやブローでつけると◎。ノズルをつけることで風が一点に集中するので、髪をブラシと風でサンドイッチし、テンションをかけることで髪の毛は収まりやすくなります。

 

◆NICOLAのササザキヒデトシさん直伝!オススメの乾かし方

美容師直伝!今日から使えるヘアドライテクニック!
最初はまず前髪から乾かします。前髪は髪の正面から風を当てると割れやすいので、下を向き、上からドライヤーを当ててください。

その後髪全体に風を当てていきますが、毛先ではなく、根元から髪を乾かすようにします。根元が50~60%乾いたら、髪を引っ張りながら髪に対して上から風を当てます。クセが気になる人も、乾かすときにひっぱりながら熱を加えるとクセが伸びるので是非試してみてください。全体が乾いたら最後に冷風を当ててセットしましょう。


毛量多めさんのショート・ボブおすすめヘアスタイル

ハンサムな「マッシュボブ」は女子ウケもバッチリ♡

中央に丸みをもたせたマッシュベースと、目にかかる程度の長めの前髪をつなげたボブヘア。

ハンサムな「マッシュボブ」は女子ウケもバッチリ♡

ハンサムな「マッシュボブ」は女子ウケもバッチリ♡
長めの前髪でクールかつ洗練された印象に! ギリギリ目にかかる長めの前髪に、スタイリング剤をつけることで束感を演出。横に分けながら、薄く下ろして流します。前髪が薄めなので、サイドに寄せれば前髪なしにもチェンジできちゃいます!

 

シースルーバングで抜け感や今っぽさも!

髪にボリュームが出やすいタイプは、シースルーバングで軽やかさをプラスするのもおすすめ。厚すぎない絶妙カットで今っぽい「ぱつっと抜け感バング」です。

シースルーバングが抜け感や今っぽさも!
前髪の毛先をパツンと水平もしくは緩やかなアーチ状に切りそろえ、おでこが透けるように透きます。厚すぎない量感と透け感が絶妙バランス。

シースルーバングが抜け感や今っぽさも!
一見まとまりのある重ための前髪に見えますが、おでこが透けるようにカットすることで、抜け感や今っぽさをさりげなく演出できます。

毛量多めさんのミデイアムヘアは上品な甘さに

髪が硬い、太い、多い…軽く見せる「レイヤー入りロブ」がかわいい!

「硬くて太くて多い」さんが、軽やかヘアにしたいなら、リラックスロブヘアがおすすめ。万人に似合うレイヤー初心者さん向けのスタイルです。

髪が硬い、太い、多い…軽く見せる「レイヤー入りロブ」がかわいい!
あごから口元にかけて揺れるレイヤーは、軽やかで上品な雰囲気の中にも色気を感じさせてくれます。とはいえ毛先に厚みは残っているので、カジュアル感が苦手な人でも大丈夫。ワンカールでもオシャレに見えるので、朝もテクニックいらずで決まります!

【How to】

従来のレイヤーより毛先は重ために、顔周りからトップにかけては高めの位置でカット。 32mmのアイロンで毛先は外ハネ、表面は3cm幅の毛束を上に持ち上げてワンカール。

 

好感度抜群な正統派ワンカールミディ

毛量多いさんは、やはりレイヤーの力を借りるのが吉。トップから入れたレイヤーの効果で毛束のやわらかな重なりができ、シルエットも丸くふんわり。スタイリングを頑張らなくても、素髪でナチュラルにキマるので黒髪の人にもおすすめ。下ろし流しバングは小顔に見せてくれる効果があり、目ヂカラもアップします。

好感度抜群な正統派ワンカールミディ

好感度抜群な正統派ワンカールミディ
【How to】
全体は、鎖骨下でやや前上がりにカット。トップにローレイヤーを入れ、さりげない動きと丸みが出るように。前髪は、軽すぎない下ろし流しに。ツヤをキープしつつ毛量調節を。

 

レイヤーカットで髪のボリュームを減らす

ヘアの中間にレイヤーを入れ、軽く内巻きに、毛先は軽く外巻きにしたニュアンス系ミディアムスタイル。巻き過ぎず、さらっと仕上げることでこなれた印象に。

レイヤーカットで髪のボリュームを減らす

レイヤーカットで髪のボリュームを減らす

レイヤーカットで髪のボリュームを減らす
都会的で洗練されているのに、肩肘を張りすぎないナチュラルな印象も漂うスタイル。作り込まないかっこよさや女性の柔らかさをイメージ。


大人かわいいロングヘアは毛量多めさんにも◎

巻き髪よりもナチュラルな大人っぽウェーブヘア

こなれ感のあるエフォートレスな印象のスタイル。ゆるやかなウェーブだから、毛量が多くてしっかりとした巻き髪にするとボリュームが出てしまう人にもぴったり。巻き髪よりもナチュラルで、コンサバなイメージを払拭してくれるのでカジュアルなコーデにもマッチします。

巻き髪よりもナチュラルな大人っぽウェーブヘア
【How to】

①表面の毛をざっくりとり(眉上あたりのライン)、クリップで留めます。

②残りの内側の毛を少しずつとり、32mmのカールアイロンを使ってまずは毛先を軽く外にワンカールに(外ハネ)。

③2で毛先を外ハネにした毛束の、全体の毛流れがS字になるように、毛先(外ハネ)の上を内巻きに(髪の長い人は内巻き→外巻きを繰り返します)。

④クリップで留めておいた表面の毛をおろし、顔まわりの毛から外巻き、内巻き交互に軽めに巻いていきます。このとき、アイロンは立てて毛束を縦にゆるく巻きつけて。

⑤ヘアクリームを手に取り、顔まわりの毛束と毛先につけて完成! クリームはたくさん使わず、あくまでもウェーブの動きが出るよう軽くつけます。

巻き髪よりもナチュラルな大人っぽウェーブヘア
自然なウェーブヘアの良さを壊さないためにも、表面の毛や毛先はくれぐれも巻きすぎないように!

 

ストレートのさらさらロングは、まとまり感がポイント

永遠の憧れ♡パーフェクトなサラツヤロングヘアは、ストレートアイロンとバームでボリュームを抑えるのがコツ。

ストレートのさらさらロングは、まとまり感がポイント
顔周りのうぶ毛が出るように、生えぎわからやや奥めにカチューシャをつけます。この潔さが今どきな印象。

ストレートのさらさらロングは、まとまり感がポイント


髪が多い人にも◎おすすめヘアアレンジ

広がる髪はあえて活かす!無造作かきあげヘア

梅雨どきや雨の日にボワっとなるのは、髪内部に入り込んだ水分により髪が膨張するから。そんなときは、大胆な横分けと無造作なかき上げでボワッと感を小粋にカモフラージュ。

広がる髪はあえて活かす!無造作かきあげヘア
【How to】
①バームとオイルを混ぜたものを根元からなじませ、セミウエットな質感に。

②前髪を9:1の横分けにし、少ないほうのサイドをタイトに耳かけしてシルエットを整えます。

広がるくせをさらに際立ててから、横分けにしてメリハリシルエットをメイク! 片サイドに髪がかかり、おしゃれムードが浮遊。髪が長い人は、裾を結んでも◎。

広がる髪はあえて活かす!無造作かきあげヘア
完成!

簡単!スカーフを使った夏っぽヘアアレンジ

スカーフを使うだけで、ただのまとめヘアより抜群のトレンド感が生まれます。ぐるぐる巻きつけるだけだから、スカーフ初心者さんでも簡単にできるのがポイント◎

【How to】

簡単!スカーフを使った夏っぽヘアアレンジ
①オイルをなじませ低い位置でまとめて結びます。

簡単!スカーフを使った夏っぽヘアアレンジ
②細長くしたスカーフを結び目から巻きつけ、毛先近くで結びます

簡単!スカーフを使った夏っぽヘアアレンジ
③前髪はワックスで束感をプラス。

簡単!スカーフを使った夏っぽヘアアレンジ
完成♡

 

モードな雰囲気に!ワンランク上の三つ編みヘア

まとめ髪をするなら、新鮮な印象になれるサイド三つ編みがおすすめ。モードっぽいタイトな三つ編みから毛束を出して崩せば、ラフなモードが漂いつつ、オシャレ感もGET♡

【How to】

モードな雰囲気に!ワンランク上の三つ編みヘア
結んでからおくれ毛を出そうとすると全体が崩れてしまうので、編み込む毛束からあらかじめ少しおくれ毛を出してから編むと、編み目からいい感じにおくれ毛が出せます◎

モードな雰囲気に!ワンランク上の三つ編みヘア
完成!

 

ヘアゴムひとつでできる抜け感ハーフアップ

簡単にボリュームを調整できるハーフアップは、毛量多いさんの強い味方♡ このラフ感があか抜けた印象を与えてくれます。ハーフアップの位置は、トップで結ぶと幼く見えてしまうので、耳の高さがベスト。お団子はかっちりきれいにせず、少しずつ毛束を出してあえて崩すとラフに仕上がります。顔周りも毛束を引き出してニュアンスをつけるとおしゃれ!

【How to】

ヘアゴムひとつでできる抜け感ハーフアップ
トップの毛をざっくりと束ね、お団子に。少しづつ毛を引き出して、ラフ感をプラス。顔まわりの毛も引き出して、こなれ感を演出して。

※取材にご協力くださった方の肩書等は、取材時点のものです。