好かれる”ラフ”さが重要!春のカジュアルコーデ30選|スカートやシャツを活用♡【2021レディース】

レディースカジュアルのおすすめ春コーデを特集

抜け感シャツと好相性!ツヤっぽロングスカート『CitrusYellow』

春のお出かけコーデで真似したい、トレンドを取り入れたカジュアルコーデを大特集! スカートやパンツを合わせる大人カジュアルな着こなしや、ワンピースと小物の合わせ方など、おすすめの春コーデを厳選しました。

最旬カジュアルコーデのポイント

東京カジュアルな安未のミニ×ブーツはこう着る!

メンズライクなBIGシャツはナロースカートやサテンスカートと合わせて女性らしく着こなしたり、パンツスタイルなら品のあるセンタープレスパンツを選んだりと、きれいめ要素のあるカジュアルコーデを楽しむのが今っぽい♡ ショート丈のワンピースやボトムは、旬のロングブーツを合わせるとトレンド感がUPするうえに肌の露出も抑えられます。シンプルコーデは、カラーアウターを羽織って春らしい色合わせにするのがおすすめです。

  1. きれいめアイテムを合わせる大人カジュアルがおしゃれ!
  2. ショートワンピやボトムは×ロングブーツでトレンド感UP
  3. カラーアウターで春らしく軽やかなカジュアルコーデに

大人カジュアルなスカートの着こなし

【1】チェック柄スカート×白ブラウス×ブラウンロングブーツ

Parisガーリーなかとしのミニ×ブーツはこう着る!

ガンクラブチェックのミニスカ×襟コンシャスニットでとことんクラシカルに♡ ベージュ×ブラウンのチェック柄ミニは、レース襟の白ニットと合わせてレトロかわいく着るのがおすすめ。足元は華奢見えする細身ブーツを合わせて、女のコらしさをさらに後押しするのがコツなんです。

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】黒プリーツスカート×白トップス×ブルーコート

ON&OFF使えるハンサムカラーBLUE『イエベの人は…ブルーハワイ』

白ニットと黒スカートのモノトーンコーデに春色ブルーのアウターをプラス。正統派レディなきれいめコーデに遊び心のあるカラーコートを合わせると、きちんとbutこなれ感のあるスタイルに仕上がります。靴はベージュのミュールタイプで、春らしいやわらかさも意識して。

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 構成/山木晴菜

【3】花柄スカート×白パーカ×ブルーコート×ベージュブーツ

大人っぽくこなれる控えめな甘さ♡GREEN『ブルベの人は…ミント』

ガーリーに傾きすぎず清潔感が出せるミント色のコートは、春らしい色を重ねるカラーMIXにもおすすめ。甘くなりすぎないように白いパーカを中に仕込んで、今っぽいリラクシーなムードと爽やかさを底上げ。ベージュのブーツで全身をなじませつつ、ビビッドなイエローバッグを締め色に足せばコーデがおしゃれにまとまります♡

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【4】ブループリーツスカート×ベージュニット×白シャツ×ベージュパンプス

Blue×Beige

発色の控えめなブルーなら、フェミニンなプリーツスカートも落ち着き感漂うシックなムードに♡ きれいめお姉さん的コーデに欠かせないプリーツスカートは、旬のレイヤードトップスで今年らしく更新して。トップスのバランスを変えるとスカートの印象も変わります♪

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】グリーンスカート×グレーGジャン×ピンクトップス

甘くないフレアが断然新しい♥ハリ感フレアスカート『Lime Green』

くすみピンクのトップスとグリーンのスカートを組み合わせた絶妙なニュアンス配色。今年っぽいグリーンのスカートは、フレアシルエットのレディ感とチノ風素材のカジュアル感が今っぽさの秘訣。くすみのあるスモーキーな色合わせに馴染むグレーのGジャンでこなれムードもUPします。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】イエロースカート×グレーロングシャツ×白パンプス

抜け感シャツと好相性!ツヤっぽロングスカート『CitrusYellow』

ロングシャツ×サテンスカートのレイヤードで甘くないのに女っぽい♡ とろみシャツとサテンスカートは大人っぽいテクスチャーの組み合わせがムード満点♡ 色鮮やかなシトラスイエローは、カーキシャツで落ち着いた印象に仕上がります。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】ブルースカート×白ロングシャツ×イエローバッグ

抜け感シャツと好相性!ツヤっぽロングスカート『Pistachio  Green』

ルーズなBIGシャツとナロースカートでこなれ感たっぷりのバランスに。トレンドのジェラートカラーの本命はピスタチオグリーン! 爽やかな白×今っぽグリーンで大人っぽいきれいめ配色を意識しつつ、メンズライクなBIGシャツとIラインスカートとのギャップで脱コンサバに仕上げましょ。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】花柄スカート×ベージュニット×白パンプス

白が混ざったクリーミィさが今っぽい まろやかイエロー

シンプルな無地のスエットに躍動感のある柄プリーツスカートを合わせて、ハッと目に留まる華やかコーデに。デザイン性のあるスカートやプリントも白っぽイエローのミルキートーンなら品よくかわいく着こなせます♡

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】黒スカート×白トップス×黒ブーツ

辛口キレイめ 安未『春だからちょっぴり甘アイテムも…♡ボリュームスカート』

ボリューム増し増しのプルオーバーに黒のロングスカートを合わせた春コーデ。派手さはないのに目に留まる着こなしは、ちょっぴりモードなシルエットと配色がカギ。ヒョウ柄バッグやボリュームのあるレースアップブーツで足元にもハズシを加えて感度高めに。

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【10】花柄スカート×白Tシャツ×黒コート×黒ベレー帽

3 フレンチなカジュアルコーデはラベンダーの小花柄を効かせて

ロゴTシャツ×ロングスカートのカジュアルフェミニン。ネイビーのロングコートにベレー帽など、Parisガールっぽい着こなしが新鮮! ロゴTでカジュアルに着くずせば都会的な花柄コーデが完成します。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

カジュアルなレディースパンツコーデ

【1】ネイビーセンタープレスパンツ×白ニット×白シャツ×ベージュバッグ

Q.6センタープレスパンツをスーツ感なく着くずすにはどうしたらいいですか?『A.デザイン性のあるトップスで、脱・地味っコ!』

ニット×シャツの旬レイヤードは細身のボトムでバランスよく。ネイビーのセンタープレスパンツは、シャツやトラッド小物でほんのりプレッピーに着るのもおすすめです。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】ブラウンハイウエストパンツ×白Tシャツ×黒ロングブーツ

東京カジュアルな安未のミニ×ブーツはこう着る!

Tシャツ×ショーパンのカジュアルな組み合わせは、こなれたサファリ配色を意識すればグッと大人見え。足元は丸みのあるフォルムとチャンキーソールがポイントのブーツで辛口トレンドを最大限にアピールして。

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】ブルーセンタープレスパンツ×白ロングシャツ×ベージュパンプス

辛口キレイに着る!センタープレスストレートパンツ『Saxe Blue』

モードめのロングシャツにブルーパンツで愛嬌をプラス! キレ味のいいアイボリーシャツには、爽やかきれいなサックスブルーのパンツを合わせてかわいげのある抜け感を。シュッとした細身のⅠラインシルエットでまとめて、全体の印象はあくまで辛口を意識すると大人っぽく着こなせます。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】ブラウンパンツ×ブラウンキャミソール×ベージュインナー×グリーンパンプス

TREND01 シアー素材はレイヤードしてグラデにする味変テクが効く!

シアー素材のハイネックトップスにビスチェを重ねて今年顔に。ハイウエストのチェックパンツも同系ブラウンで合わせれば、トレンドアイテムを大人っぽく取り入れられます。グリーンの靴やエクリュのバッグで小物は明るい差し色を加えて。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/鶴見知香

【5】黒パンツ×白トップス×黒キャスケット×赤サンダル

TREND02 じわじわ人気なビビッドカラーはポイントを絞って効かせる!

シンプルなモノトーンスタイルを鮮やかな赤シューズで切れ味よく。襟付きニットやハイウエストのショートパンツで、シンプルながらもトレンド要素ばっちりです。仕上げのキャスケットは、コーデ全体がまとまり引き締め効果もある優秀小物。コーデの洒落感をグッと高めてくれる存在です。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/鶴見知香

【6】ピンクワイドパンツ×白Tシャツ×ピンクシャツ×白スニーカー

顔映りのいい発色でイキイキとした表情に コーラルピンク

ピンク系のワイドパンツにピンクのシアーシャツをはおって絶妙な甘辛バランスに。気負わないコーラルピンクなら辛口なワイドパンツもマイルドに着こなせます。白コンバースで外すおしゃれテクも、大人カジュアルのポイント。ピンクや白などやさしい色味だけで構成すると、ワイドパンツコーデがフェミニンにシフトします。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】デニムパンツ×ピンクブラウス×白バッグ

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

今すぐコートの中に仕込みたいのは、1枚で春っぽさを堪能できるフェミニンなレースブラウス。ピンクとラベンダーの間のくすみピンクなら、レトロなレースブラウスも大人かわいく着こなせます。ボトムは、×デニムで親しみやすいカジュアルコーデに落とし込んで。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】カーキセンタープレスバッグ×白ニット×ゼブラ柄バッグ

辛口キレイめ 安未『辛口派だからこそ着こなせる説 スクエアネックトップス』

メンズライクなカーキパンツはフェミニンな白リブニットとの甘辛バランスが重要! ハートのようなスクエアネックで女っぽさもバッチリです。ゼブラ柄のバッグを差し色代わりに投入して、落ち着いたカラーのワンツーコーデに華やかさをプラスして。

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【9】ブルーセンタープレスパンツ×白ブラウス×白パンプス

好感度シンプル トラちゃん『寒色センタープレスパンツは、全方位の好感度マシマシ!』

ふんわりとした甘めブラウスは、寒色パンツを合わせてさらっとクールダウン。メンズっぽさが漂うセンタープレスパンツが全体的な糖度を抑えてくれて、好感度UPにも貢献♡ キレ味のいい白パンプスで颯爽とまとめれば清潔感のあるきれいめコーデを堪能できます。

CanCam2021年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香<

【10】黒スキニーパンツ×白ニット×白シャツ×グレーコート

好感度シンプル トラちゃん『ベスト&シャツのレイヤードトップスでコーデを盛り上げ!』

グレーコートに黒パンツを合わせたあったかコーデ。重く見えがちなコートスタイルは、白ニットのインナーに重ねた白シャツの〝緊張感〟を使ってエレガントさをプラス。白シャツの軽やかな素材感が、真冬の定番コーデにメリハリをつけて都会的な雰囲気に導いてくれます。

CanCam2021年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

カジュアルワンピースの小物合わせ

【1】白ワンピース×エクリュカーディガン×ベージュバッグ

アラウンド¥45,000のアップグレードBAG

スタンドカラーの白ワンピに生成りのニットを巻いてこなれ感を演出。どんなコーデにもなじみやすい生成りのキャンバス地トートは、レザーのハンドル&トリムで、日常感がありながらも品のある佇まいがポイント。ゴールドのアクセを多めにつけて、ホワイトのワントーンを華やかに装飾して。

CanCam2021年3月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/福岡玲衣(TRON) モデル/まい(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【2】テラコッタワンピース×Gジャン×ブラウンパンプス

おしゃれにスタイルアップ ウエストコンシャスワンピ

フロントのレースアップが着こなしにこなれたリズムをプラスしてくれる主役ワンピ。足元は女らしいパンプスをプラスしつつ、羽織りのGジャンでこなれ感もON! 休日はアウターをカジュアルなデニムにしたり、ワンピをナチュラルかわいく仕上げるのがおすすめです。

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】白ワンピース×黒ロングブーツ×ラベンダーカーディガン

シックな気分で着たいAラインミニワンピ

Aラインのシャツワンピは、黒のロングブーツを合わせてほんのりモードな甘さをメイク。足元重めバランスで今っぽいセンシュアルムードも楽しめます♡ ラベンダーのふんわりカーデをアウターにして春の先取りコーデを楽しもう。

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】グレースエットワンピース×ベージュブーツ×白バッグ

辛口キレイめ 安未『スエットワンピ このリラクシー&セクシーさ、オンリーワン!』

スエットフーディとニットスカートがドッキングしている唯一無二のロングワンピ。大胆なスリットで脚長効果を、長めのカフスで手首も細く見せてくれるから、よりセンシュアルな印象が手に入ります。

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【5】花柄ワンピース×グレーGジャン×ベージュブーツ

5 ヴィンテージライクな花柄ワンピで色っぽ♡

1枚でおしゃれ見えする花柄ワンピは、合わせるアウターや小物次第でグッと大人めに♡ エクリュのGジャン、ベージュブーツの同系トーンで優しくなじませれば、クリーンで優しげな印象が生まれます。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】デニムワンピース×ブラウンインナー×白バッグ

Denim

Ameri VINTAGEのデニムワンピは風合いも絶妙! 存在感バツグンで上級者見えするデニムドレスに、シースルーのタートルをレイヤードして重くなりすぎないよう調節♡ 一枚で着てもおしゃれですが重ね着でより今っぽい印象に。

CanCam2020年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/時吉 茜

【7】白シャツワンピース×ブラウンスカート×黒サンダル

楓が履きたい春靴はこの6つ!『PVC使いで春、気になる”透け”を靴でキャッチ!』

ロングシャツ×ロングボトムの重めシルエットには、抜け感がプラスできるぺたんこサンダルがちょうどいい♡ シンプルかつ、ゆるっとした着こなしを盛り上げてくれる、べっ甲風のPVC素材が頼りになります。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

【8】ベージュTシャツワンピース×黒サンダル×黒バッグ

楓が履きたい春靴はこの6つ!『進化形スポサンはまだまだ続くアスレジャーブームに必須』

ベージュのカットソーワンピを取り入れた春スタイルには、チョコブラウン×パープルのスポサンがちょうどいい存在感に。抜け感もあるので重たくなりすぎず、絶妙なボリュームがプラスできます。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

【9】花柄キャミワンピース×黒インナー×黒パンプス

かわいいだけじゃない、繊細でどこか懐かしいキャミワンピは、トレンドの透けトップスに重ねることでセンシュアルな魅力がたっぷり♡ ちょっぴりモードにシフトできるブラックをインナーに選んで、コーデにスパイスを効かせて。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【10】白シャツワンピース×白インナー×ターバン×ベージュサンダル

色っぽエシカル楓のエモフェミ7days

シャツワンピに白タンクを仕込めば、立体感が加わりおしゃムードが急上昇。小物はターバンや技ありカゴバッグを盛って〝映え〟も意識! シンプルなのにこなれ感がすごいのは、個性ありの小物選びがポイントです。

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

きれいめアイテムのMIXで程カジュアルな春コーデ

旬のカラーやトレンドアイテムを取り入れた、春おすすめのカジュアルコーデをご紹介しました。スニーカーやデニムパンツなどラフに着られるアイテムに、きれいめなトレンドアイテムを合わせると春らしい大人カジュアルが完成! 気楽さがありながらも、きちんと感がキープできる春のカジュアルコーデを楽しんで♡

◆価格表示に関するお知らせ◆
CanCam.jpでは、総額表示に関する特別措置法の2021年3月31日終了に伴い、2021年4月1日より、すべての価格表示を総額表示に統一します。 なお、2021年4月1日以前の記事、またそれらを参照している記事については、記事により税抜・税込の表示が異なるケースがあります。