服選びが難しい!【気温10度の服装】|おすすめの人気コーデ27選【2021レディース】

最高・最低気温10度におすすめのコーデ集

気温11度服装

最高気温・最低気温10度の日におすすめな着こなしをそれぞれ厳選! 空気が冷たくなり本格的な寒さを感じる気温10度は、トレンドと防寒を意識した最旬コーデが必須。最高気温10度の日は、真冬に多い気候なのでしっかり防寒対策を。最低気温が10度なら、日中の最高気温を確認してアウターの厚さを決めましょう!


最高気温10度の服装

最高気温10度は、真冬に多く日中でも寒さを感じるほど。最低気温が0度という日もあるのでしっかりとしたアウターコーデがマストです。晴れるのか雨なのか…天候によっては足元をブーツにしたりストールをプラスしたり、防寒対策をさらにしたほうがいいことも。たくさん着込みたくない日は、ダウンコートを取り入れたり機能性インナーをプラスするのもおすすめです。

【1】白ダウンジャケット×白インナー×ブラウンニットスカート

気温10度服装

カジュアルコーディネートに欠かせないダウンコートは、ショート丈なら重くなりすぎず、トレンドのロングボトムやワンピースとのバランスも取りやすい! 休日やおうち作業Dayなどリラックス感がほしい一日には、Tシャツ×ニットスカートで合わせて楽ちんかわいいスタイルに。すっきりしたIライン、さらに肌の抜け感が出せるスリット入りスカートだからボリュームのあるコートとも好相性です♡

【2】黒ロングカーディガン×花柄ワンピース×マスタードニット×白ブーツ

気温10度服装

着こなしがマンネリしがちな総柄ワンピも、インナーに派手カラーのニットを仕込めば気分も一新! チラ見せに使いやすいタートルは、ワンピースとのレイヤードはもちろん、ニット×ニットコーデにも最適。合わせるのが難しいと思いがちなイエローは、くすみ系なら実はどんなカラーにも合いやすいので便利です。コート代わりにざっくりニットをはおったゆるコーデにもおしゃれなメリハリが生まれます。

【3】ボアコート×ブラウンニット×ブルーパンツ

気温10度服装

ともすればカジュアルに見えがちなボアコートは、毛足短め&きれいめボトムの合わせでキレよく仕上げて。辛口バッグとポインテッドトウパンプスを加えれば、さらにシャープな雰囲気に。裏返すとムートン風に使えるリバーシブルコートなら、1枚で2度おいしいが叶います♡

【4】チェック柄シャツジャケット×黒ニット×スキニーパンツ×白ブーツ

気温10度服装

ベージュやブラウンにほんのりブルーのラインが入ったチェック柄コートは、起毛感のあるシャギー素材でフェミニンな印象もGETできる! アウターに主張がある分、ボトムは濃いめのデニムですっきりと。子供っぽくならないよう他は黒で引き締めつつ、足元は白ブーツで女っぽさも意識して。

【5】ブラウンニット×花柄スカート×ブラウンコート

気温10度服装

今季らしいビッグカラーのチェスターコートは、まろやかなココアブラウンをセレクト。ボディラインをカバーしつつ縦長効果も期待できそうなキレイめシルエットなら、ニュアンスカラーにも挑戦しやすい♡ 暖かみのあるココアブラウンは、ラベンダー色のレーススカートとも相性抜群! 大人のフェミニンさが漂うレーススカートで、ワントーンコーデを華やかに仕上げて。

【6】白ボアジャケット×ラベンダーニット×白スカート

気温10度服装

そばにあるとつい触ってしまう、ぬくぬく気持ちよくて幸福感のあるボアコート。ともするとほっこりしがちな素材だけど、フェイクレザーパイピングで引き締めることでモダンな表情に。ラベンダーピンクのニットに白スカートを合わせた淡色コーデで、とことんかわいくHAPPYに着こなして。

【7】ブラウンニット×ボルドーパンツ×ブラウンコート

気温10度服装

この冬も継続して着たいブラウンコートは、肌なじみがよく女っぽいキャメル系が推し。さらっと羽織れるオーバーサイズなら、きれいめコーデもかっちりしすぎず抜け感のある印象に。ボルドーのパンツをINして冬らしい暖かみをプラスすると血色感もアップします。コートに上からカーディガンを巻くレイヤードも、簡単に今年っぽい洒落感が手に入る裏技です。

【8】グレーツイードジャケット×パープルニット×白スカート

気温10度服装

ツイードジャケット×マーメイドスカートのきれいめな組み合わせも、エコレザースカートで脱コンサバに。優しげなホワイトなら、レザーの重さも気になりません。全体をモノトーンでまとめて、大人のお姉さん感を演出してみて。

【9】チェック柄コート×ブラウンレザーパンツ×黒パンプス

気温10度服装

丸みのある襟や袖が表情をやわらかく演出してくれるチェック柄コートは、首元まですっぽり隠すからインナーを選ばないのも好ポイント。ゆったりとした袖周りで、ざっくりニットやトレンドの袖コンシャツアイテムとの相性も◎。レザーパンツや黒のバレエシューズを合わせて、まろやかなブラウンワントーンコーデをキレ味よく着こなして。

【10】ブラウンニットワンピース×ブラウンジャケット×スニーカー

気温10度服装

フィット感のある女っぽいリブニットワンピは、一枚でおしゃれっぽさがGETできる推しアイテム。同色のジャケット合わせでさらに洗練された印象に仕上がります。ニットワンピの幅広リブが縦のラインを強調しつつワントーンコーデに奥行きをプラスしてくれるのもうれしい♡ 白のスポーティ小物をちりばめて、抜けのよさも意識して。


最低気温10度の服装

最低気温10度は、秋や4月など季節の変わり目に多い気温。日中の天気によってはアウターを脱いで過ごすこともあるので、脱ぎやすい羽織りや手軽に持参できるストールなど、体温調節がしやすい防寒を心がけて。ベーシックカラーのカーディガンやジャケットなど、汎用性の高い羽織りが便利です。

【1】ブラウンカーディガン×ブラウンTシャツ×ピンクパンツ

気温10度服装

ピンクラベンダー初心者さんでも、顔から離れたボトムでなら取り入れやすいのでおすすめ。ロゴTシャツ&パンツの濃淡あいまいカラーで愛嬌たっぷりに着こなして。ピンク系と相性のいいグレーカーデも肌寒い季節にぴったり。ローファー&レザーBAGのかっちり黒小物で引き締めると大人っぽく仕上がります。

【2】グレートップス×黒レザースカート×黒ローファー

気温10度服装

シンプルなカシミア混のプレーンニットを今着るなら、大きめの付け襟で盛るとキャッチーに。ボトムにレザーミニを合わせて甘辛に仕上げることで洒落っ気も倍増します! 柔らかなグレーニットのグラデコーデで、肩の力が抜けたトレンドスタイルを完成させて。肌寒いときに羽織れるブルゾンやストールを忘れずに。

【3】ブルーワンピース×レオパード柄バッグ×ベージュブーツ

気温10度服装

2021年最大のトレンドといえば、襟! ボリュームMAXだった春夏と比較して、秋冬はほんのりきれいめになってきている傾向が。すっきりとしたIラインワンピでより今っぽく着こなしつつ、薄手のアウターを合わせて季節の変わり目も活躍させて。

【4】ツイードジャケット×白Tシャツ×グレースカート

気温10度服装

ふとした立ち姿も絵になるラッフルデザインの映えスカートは、センシュアルな淡いブルーグレーを選んでさらりと取り入れたい。カジュアルダウンできるフォトTシャツとジャケットも洒落感ばっちり! 品のよさが漂うあいまいカラーの効果で、カジュアルなツイードジャケットも洗練されたムードにシフトします♡

【5】ブラウンニットワンピース×ブラウンバッグ×ブラウンローファー

気温10度服装

マーメイドライン&大胆バックシャンで色っぽさマシマシに。腰から美しく広がるフレアと、タプッとした袖も色気を誘うトリガー。絶妙なカーキなので、センシュアルなディテールも落ち着いた印象になってGOODです。

【6】白ニットスカートセットアップ×ブラウンブーツ×ピンクバッグ

気温10度服装

ゆったり感が今っぽいニットトップスと、上品なマーメイドラインのスカートのセットアップは、手持ちのワードローブとコーディネートしやすい上に、単品でも使える着回し力が頼もしい。足元はすっきりとしたブーツを合わせて、女らしさを高めてみて。

【7】白ニット×白ワンピース×ブラウンブーツ

気温10度服装

秋冬も引き続き流行のミニ丈ワンピ。ボンディング素材なら、幼く転ばず鮮度アップ。ビスチェや洗練されたあいまいカラーも相まって、オトナだからこそ着たいミニ丈コーデの完成です。優しげにまとめるなら、上品なブラウン小物がオススメです。

【8】グリーンニット×グリーンワンピース×ベージュバッグ

気温10度服装

ニットベストがレイヤードされたセットワンピは、コーデいらずで即おしゃれ上級者見え♡ ワントーンでまとめられているから、ニットもカジュアルになりすぎずきれいめに着られます。渋めのセージグリーンならより大人っぽい印象に。足元にショートブーツを合わせれば、秋らしさもばっちりです。

【9】ネイビージャケット×ロゴTシャツ×グレーデニムパンツ

気温10度服装

この春着たいのは知的なネイビーのダブルブレストジャケット。今っぽくラフに着るなら、キャッチーなロゴTやグレーデニムでカジュアルダウン。さらにエッジの効いた小物使いで盛り上げて♪ コーデはシンプルだからこそ、バッグはネイビーと好相性のオレンジで。シューズはパイソン柄でナチュラルにエッジを効かせたい。

【10】白ブラウス×チェック柄パンツ×白バッグ

気温10度服装

ポジティブなマインドをもたらすイエローのギンガムチェックは、パンツで取り入れて小粋な装いに。トップスは白ではなく、まろやかなエクリュベージュのニットを合わせてなじみよく。締め色なしのなじませ配色にすることで定番のギンガムも〝オトナきれい〟に着こなせます。

【11】ブラウンジャケットセットアップ×ミントインナー×パイソン柄パンプス

気温10度服装

カジュアル通勤が増えたとはいえ、やっぱりかっちりジャケットも必要! リクルートスーツ見えせずにジャケットを着こなしたいなら、黒や紺で堅苦しい素材はやめてニュアンスカラーorやわらか素材セレクトするのが正解。淡カラーと相性がよく、重くならないブラウンは今季のおすすめ♡ 肩にミントブルーのカーディガンをぐるりと巻いてこなれ感と奥行きを手に入れて。

【12】ブラウンニット×ブルースカート×ベージュバッグ

気温10度服装

大人かわいいボックススカートには、トップスもフィット感のあるリブニットでとことんタイトに。甘くないスカートコーデは、サイドに並んだボタンが縦ラインを強調してくれるから、スタイルアップもお約束♡ 鮮やかなブルーにこっくりとしたブラウンを合わせた新鮮な色合わせでおしゃれ感を底上げして。

【13】ピンクアンサンブルニット×白パンツ×ブルーバッグ

気温10度服装

ハンサムなパンツStyleこそピンク×ベージュ配色でほんのり甘さを香らせて。上品さや好感度に直結するので〝スタイルがよく見えるかどうか〟も重要です。腰位置高めにマークしてくれるカシュクールデザインのニットなら、メリハリのあるシルエットでスタイルUPが叶います。

【14】ベージュジャケット×黒ワンピース×白バッグ

気温10度服装

レイヤードしたり、小物で変化をつけたり…万能に活躍するキャミワンピにジャケットをバサッとON! コンサバに転ばないように、ミュールや巾着バッグなどのトレンド小物で大人な遊びゴコロを効かせれば今どきコーデの完成です。抜け感ときちんと感が絶妙な、洗練コーデができあがり!

【15】ベージュ×白シャツ×ブルーパンツ×チェック柄ジャケット

気温10度服装

ふんわりした生地が目にも暖かいモヘアニットには、白シャツレイヤード&さわやかな寒色パンツを足してトーンアップ。定番色のセンタープレスパンツにマンネリ気味…なんて人は、キレイ色に切り替えるのがオススメ。ミントカラーなら甘くなりすぎず、好感度の高さが引き立ちます♡

【16】グレースエットワンピース×白バッグ×ベージュブーツ

気温10度服装

スエットフーディとニットスカートがドッキングしている唯一無二のスエットワンピは、リラックス素材と肌見せのギャップがドキドキさせる色気を演出♡ 長めのカフスも手首を細く見せてくれるから、よりセンシュアルな印象に。トレンドのロングコートをONする時にも、深めスリットが効果的! 太ももで抜け感を作れば、かっこいいと女らしいの両方をゲットできちゃいます。

【17】ブルースエット×黒パンツ×ファーバッグ

気温10度服装

リラクシーな水色スエットを主役にコーディネートするなら、黒のベロアパンツ&ブーツでカジュアルモードに楽しむのがオススメ。インパクト大のファーバックを合わせて、大人の遊び心をプラス。白のロンTをレイヤードするプチテクニックで、こなれ感たっぷりに着こなして。


気温10度の服装のポイント

最高気温10度の日は、最低気温もかなり低くなることが予想されるので、アウターやストールなどの防寒具で寒さ対策は万全に。最低気温10度の日は、日中は比較的過ごしやすくても朝晩の寒さ対策はしておくと安心です。