大人かわいい冬コーデ22選|オフショル・ロングスカート・ピンクなど♡

男女ウケばっちり♡大人かわいい冬コーデを特集

男のコからも女のコからも人気の冬コーデを大特集♡ アウター・ワンピース・パンツ・スカートを投入したモテコーデは、思わず『かわいい♡』と視線を奪う着こなしばかり。明日からマネできる最旬コーデは必見です!

【目次】
アウターを合わせるかわいい冬コーデ
ワンピースを合わせるかわいい冬コーデ
パンツを合わせるかわいい冬コーデ
スカートを合わせるかわいい冬コーデ

アウターを合わせるかわいい冬コーデ


【1】ピンクコート×黒ブラウス×ブルーパンツ

デニム感覚ではけるブルー系パンツ

くすみトーンなら、ピンク×ブルーの色合わせも大人見え。インナーを濃い色で締めると、メリハリ&大人っぽい印象もアップするのでおすすめです。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/時吉 茜

【2】ベージュボアジャケット×ピンクパンツ

女のコらしくしたい気分の日はベリー系パンツ『個性派カジュアル』

ダスティピンクのパンツにベージュのボアコートを投入! やわらかなトーンでまとめた淡色コーデをブラウンのブーツでやさしく締めて♡

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/時吉 茜

【3】ベージュボアジャケット×ベージュニット×花柄スカート

ブラウンやベージュでまとまったニュアンスカラーコーデに、クリーンな白Tを入れることで顔映りもよくなって美人見え♡ とろみ素材の花柄のスカートと合わせた女っぽコーデには、メンズライクなブルゾンでスパイスを効かせて。

CanCam2020年2月号より 撮影/的場 亮 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】グレーコート×黒カーディガン×グリーンロングスカート

SUKE KNIT :3 マジメ透け『知的なベーシックカラーの透けニットなら、会社にも対応可!長袖や同色インナーに重ねて、肌感をセーブするのがポイント。』

プルオーバー風に着こなしたカーデは、ふんわり質感とボタン使いに上品さがUP♪ グリーンのロングスカートや黒パンプスを合わせて、ちょっぴりレトロな女の子らしさを漂わせて。顔周りは白ストールでトーンアップを。

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/坂口勝俊(sui) モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】アイボリーボアコート×黒ニット×花柄ロングスカート

締め色やタイトボトムなら、ボリューミーなボアコートもスッキリ着られます!『なんといっても今年の冬アウター一番の目玉はボアコート♡ 色の効果やシルエットのテクニックを駆使して、ボアをかわいく攻略して!』

コーデの主役は冬の女の子を200%かわいく見せてくれるアイボリーのもこもこボア♡ 引き締め効果の高い黒を基調にしたワントーンなら、女のコらしさも着やせも両方GETできちゃいます!

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】ベージュボアジャケット×白ニット×花柄ロングスカート

暑い⇆寒いを行ったり来たり…寒暖差が激しいけど、ずっと快適にいたい日『脱いでも、着てもOK!3段階レイヤードで体温調節日本と旅先に激しい温度差がある海外旅行や、動き回って暑さを感じやすい日は、薄手服・厚手服・アウターの3枚重ね着で。体感温度に合わせて着脱可能だから、いつでもストレスフリー♡』

花柄ワンピをベースにニットとボアコートを重ねた寒暖差コーデ。軽やか素材のワンピースと体温調節しやすいカーディガンの組み合わせは、着心地もノンストレスで旅行や遠出にもぴったりです。レイヤードしたとき統一感が出るように、ワンピースとコートを茶系でリンクさせてコーデの完成度をUPさせるのも忘れずに♡

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】アイスブルーコート×白ニット×花柄ロングスカート

きれい色コート×花柄スカートでとことんフェミニンな着こなしに♡ 幼くならないように白やブルーの爽やかな色合いで統一すれば、大人のきれい色コーデが完成します。すっきり見えるノーカラーのVネックコートなら、ロング丈スカートとも好バランス。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】白ボアコート×花柄ワンピース

もこもこ素材であったかわいく♡PROPORTIONBODY DRESSINGのボアコートを着回し!『今季トレンディなコートといえば、ボアコート! カジュアルなイメージが強いけど、優しげなミルキーカラーやオーソドックスなシルエットのものを選べば女性らしく取り入れられて◎。』

ヴィンテージ風の花柄ワンピはベーシックカラーでまとめて大人っぽく。ガーリーな雰囲気はキープしつつも季節感をトッピングするなら、優しげカラーのボアコートがお役立ち。モノトーンでまとめると、上品な印象がより高まります。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

ワンピースを合わせるかわいい冬コーデ


【1】ブラウンニットワンピース×ピンクコート

程よく甘い、今どきガーリー ストロベリーチョコ配色『「ピンクは大好きだけど、子供っぽくなりたくない」ならこの配色!ブラウンと合わせて甘さを抑えれば、女のコらしいかわいさはそのまま、今どきのこなれ感もGETできちゃう♡』

落ち着きのあるモーヴピンク&ロング丈のキレイめチェスターコートなら、通勤にもOKなきちんと感が。こっくりブラウンのニットワンピにはおって、甘さ控えめに着こなしたい! 

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】ベージュタートルニットワンピース×ピンクコート

マッチングアプリで出会った彼とデート♥アプリ婚活の日 遠目からでもパッと華やぐ カラーコートさえあれば!『リアルでも「いいね♡」を狙うべく、待ち合わせ場所で目に留まりやすく、女のコらしいカラーコートをメインに!中は、ニットのワンピorセットアップで気張りすぎず、でもちゃっかりモテ♪』

冬空に映える、女のコらしいカラーコートをメインに。中はニットワンピで気張りすぎず、でもちゃっかりモテを意識して♪ 華やかなモカピンクのコートは、ヌーディなベージュのニットワンピとも好相性。コートを脱いだら…女っぽい♡のギャップも計算済みです!

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ギンガムチェックワンピース

バックリボンが目を引くギンガムチェックのワンピース。ゆるっと女の子らしいシルエットを甘めの小物でmoreかわいく♡

CanCam2020年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子、加藤真実(本誌)

【4】花柄ワンピース×白ボアジャケット

〝効かせる黒〟ブーツならこの3足!『究極のベーシックカラー〝黒〟なら、流行デザインも合わせやすさ抜群。今季はしばらく続くショートブーツブームの中、ニーハイも復活の兆し。ほんのりモードな〝効かせる黒ブーツ〟で、着こなしを更新!』

〝効き〟のいいメンズライクな辛さが魅力のボリュームブーツ。真逆のテイストの甘い花柄ワンピやふわモコなボアコートを、程よく引き締めるスパイスに取り入れて洒落感UP!

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

【5】ピンクワンピース×白ボアパーカ

04 ワンピースにはショートアウターを ぶかっと着るのが愛らしい♡『手軽におしゃれが決まるワンピースは、アウターで今年らしさをプラスしたい! ということで、選ばれたのは上半身をすっぽりおおう 程よくボリューミーな3タイプ。冬の女のコのかわいらしさを最大限に引き出してくれること間違いナシの組み合わせ♡ ストーリー番号:225291』

パーカ風のデザインにきれいめなボア素材を組み合わせたショートコート。ぬいぐるみのように愛らしいアウターは、いちごみるく配色でとことんスイートに♡ ダスティピンクのレトロワンピとボルドーパンプスのグラデ感もポイントです。 

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花

パンツを合わせるかわいい冬コーデ


【1】ピンクセンタープレスパンツ×ココアブラウンニット

程よく甘い、今どきガーリー ストロベリーチョコ配色『「ピンクは大好きだけど、子供っぽくなりたくない」ならこの配色!ブラウンと合わせて甘さを抑えれば、女のコらしいかわいさはそのまま、今どきのこなれ感もGETできちゃう♡』

ココアブラウンのニットにミルキーピンクのパンツ、淡いトーンで全体をそろえれば配色コーデはこんなに簡単♡ BAGや靴に黒は使わず、ブラウン小物でまろやかにまとめるのが正解! 

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】ブラウンワイドパンツ×ボルドーブラウス

今日はパーティのホスト役!黒子だけどおしゃれしたい日 『上品に映えるシックなパンツスタイル華やかさに加え、動きやすさも必須なホスト役。とろみ素材&美シルエットのきれいめパンツが頼りになる♪上半身はレースなど着映えデザインで盛り上げて。バッグは手が空くミニショルダーを指名!』

ボルドー&ブラウンでワントーンっぽい大人コーデに。手元が美しく見えるたゆ〜ん袖も女っぽさ抜群です。足元は華奢サンダルで抜け感を加えれば、コーデ全体のすっきり感もアップ!

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ミントグリーンパンツ×ピンクブラウス

01 ブラウンは×キレイ色でまだまだ着る!『文句なしで2019年のNo.1トレンド、ブラウンコーデ。ワントーンで着るのに飽きてきたら、キレイ色をプラスして リニューアルすべし! ブラウンと相性よく着られてかつ、秋を華やかに彩るカラーを厳選してご紹介!』

おしゃれ色のピスタチオグリーンは、トレンドのブラウンとも相性抜群! 落ち着きのある色同士だから、着こなしの難度も低め♡ ブラウス×パンツのワンツーコーデに、柄スカーフでレトロなアクセントを効かせれば秋冬の流行を総ざらいできちゃいます。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花

スカートを合わせるかわいい冬コーデ


【1】ピンクプリーツスカート×ピンクニット

程よく甘い、今どきガーリー ストロベリーチョコ配色『「ピンクは大好きだけど、子供っぽくなりたくない」ならこの配色!ブラウンと合わせて甘さを抑えれば、女のコらしいかわいさはそのまま、今どきのこなれ感もGETできちゃう♡』

発色のキレイなピンクニットも、プチプラで手に入るGUなら今すぐTRYしたい! ブラウスをINして白を挟めばコーデにおしゃれなリズムが生まれます♪ 

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】ブループリーツスカート×ベージュニット

凛とした大人の色気をまとう憧れの的 ほのか主演エモお姉さん

鎖骨がきれいに見えるオフショルニットに、女らしいプリーツスカートを合わせた鉄板モテコーデ♡ くすみ系の色合わせなど落ち着いた配色でまとめれば、甘さも程よくコントロールできちゃいます。

CanCam2020年2月号より 撮影/神戸健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/NAYA モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/小嶋明恵、田中涼子

【3】グレープリーツスカート×グレーニット

会社の人に「何かあるの?」って聞かれたくない平日クリスマスデートの日『まろやかワントーンでちょうどよく華やぐ今年のクリスマスは火・水曜! おしゃれしたいけど、仕事があるから気合い入れすぎは避けたい…。そんなときはベーシックカラーの淡色ワントーンで、落ち着いた印象と彼ウケを両立♡』

落ち着いて見えるけどちゃんとスイート♡なニュアンスグレーコーデで、オフィスにもばっちりな愛されスタイル。ブルーのバッグで色味を加える、さりげない配色もキュートです。 

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ピンクロングスカート×白スエット

〝白ショート〟〝効かせる黒〟ブーツ 着回しにTRY!『「FABIO RUSCONI」の 黒ニーハイブーツを着回し!』

ゆるスエットにナロースカートを合わせた今っぽコーデ。細身のニーハイブーツは、シルキーなⅠラインスカートのシルエットにもひびきにくく保温効果もあり!

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

【5】小花柄ロングスカート×黒ニット

〝白ショート〟ブーツならこの3足!『セレブの間でも浸透中の今季注目の〝白ショート〟ブーツ。ロング丈のコート&スカートやワイドパンツのヌケ感に、今っぽいハズシに、と大活躍! 初心者でも取り入れやすいベーシックめorプリプラを狙うのが正解!』

きれいめなナロースカートは、ざっくりニットでカジュアルダウン。スクエアトウ&太ヒールのクラシカルな〝白ショート〟ブーツが、流行のモノトーン柄のスカートをレディライクに仕上げてくれる。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

【6】ハート柄スカート×ハート柄ブラウス×ピンクニット

05 一緒に着てもバラで着てもかわいい! セットアップで着回し放題♪『今季、いろんなブランドでバリエ豊かにそろうセットアップ。ワンピ見えしつつ、バラでも活躍する シンプルデザインを選ぶと様々な印象で着こなせて、1セット持っておくとワードローブが潤う〜♡』

小粒の赤いハート柄セットアップは、ドットの延長として取り入れやすい♡ カーデをはおらず、同系色のピンクニットを肩にくるっとひと巻きすれば、レトロ感のある最旬コーデが完成します。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花  

 

★×タートルニットで旬の重ね着スタイルに♡おすすめシャツコーデ8選

★レトロ感と今っぽさのいいとこ取り!デニムパンツのおすすめコーデ16選

>CanCam.jp TOPに戻る