好きなタイプを聞かれたときの上手い返しは?わからない人のための診断も!

好きなタイプのベストな答え方は?男性ウケのいい返しや診断まで

⒞shutterstock

「好きな異性のタイプ」って何かと盛り上がる話題ですよね。でも、いざ自分の好きなタイプをじっくり考えてみたとき、意外とわからなくなることってありませんか? 好きなタイプをきちんと把握しておけば、その相手に出会ったときにピンときやすくなるかも! そこで今回は、好きなタイプを聞かれたときの上手な返しを、万人ウケバージョンと気になる人にわけてご紹介します♡

好きなタイプを聞かれたときの模範解答はコレ!

⒞shutterstock

まずは、「好きなタイプ」を聞かれたときの万人ウケする模範解答をご紹介します!

1.優しい人

誰も傷つけず無難な答えなのが、「優しい人」という答え。どんな人でも、努力さえすればその人のタイプに近づくことができますよね! こう答えるとあなたのことが気になっている男性が優しく接してくると思いますが、表面上だけの優しさではなく心から優しい人なのかをしっかり見抜くことが大切ですよ。

 

2.ポジティブな人

ポジティブな人って、一緒にいて明るい気持ちになれますよね! ポジティブな人が好きと聞いて、イヤな気持ちになる人は少ないはず。もちろん365日24時間ポジティブじゃなくたっていいんです。「落ち込んだときは支え合いたい」なんて言葉を付け加えておくと、印象がアップしそう!

 

3.甘えてくれる人

好きなタイプを聞かれて「甘えてくれる人」と答える女性は珍しいですよね! 毎日のお仕事などで疲れている男性も多い昨今、甘えさせてくれる女性は男性にとってポイントが高い存在のよう。頼られるのが好き、甘えられたいという女性はぜひ使ってみて♡

 

4.気配り上手な人

機転がきいて気配り上手な人がやっぱり人気。人間性にも繋がりますよね。このタイプを伝えておくと、思いやりのある人や気遣いができる人が増えそう!


距離が縮まる♡気になる人に好きなタイプを聞かれたときの上手い返しは?

⒞shutterstock

自分が気になる人に好きなタイプを聞かれたときは、デートや会話の盛り上げに繋がる返しができるといいでしょう! こちらでは距離が縮まる、上手な返し方をご紹介します♡

 

1.彼の特徴をとらえてアピール

気になる男性に好きなタイプを聞かれたら、その人の特徴をとらえてアピールするのも効果的♡ ちょっとあざといテクですが、本気で狙いたい彼には使う価値アリですよ!

 

2.いろんなことを知っている

知識が豊富で物知りだけど、うんちくをいわない…そんな人は女性人気も高いです! どんなジャンルであっても今まで知らなかった新しい世界を見せてくれる人って、なんだか惹かれますよね! こちらが話下手でも盛り上がりそうですし、一緒にいて楽しそう♡ 興味深そうに話を聞いていたら、「今度食事でもしながら話す?」などとデートに繋がりそう。

 

3.尊敬できる

仕事に熱中している、趣味に打ち込んでいる、自分にないものを持っている、など「こんな人、なかなかいない」と思える男性は、尊敬できますよね! そんな尊敬できる人を好きなタイプとして挙げる女性も多数いるようです。尊敬ポイントは人によって異なると思いますが、特に今までの彼にはなかった一面が見えたとき、キュンとする女性が多いんだとか♡

 

4.美味しいものが好き

グルメとまではいかなくても、食べることに興味がある男性も女性人気が高いです。好きな人とならどこにデートにいっても幸せ♡ といいたいところですが、毎回目の前にあるチェーン店や同じお店に連れていかれるとなんだか物足りなく感じてしまいますよね…。そんなに高くないけど美味しくて雰囲気のいいお店をいくつか知ってくれていると、毎回の食事デートが楽しみになりそう!


好感度が下がる好きなタイプのNGな返し方は?

本音だったとしても、あまり言わない方がいいタイプもあります。こちらでは避けるべき返し方をまとめました。

 

1.高望みしすぎ

女子として多少の夢はあるもの。とはいえ、年収はこれ以上、記念日はこうしてほしいなど高望みしすぎていると恋愛対象から外されてしまうかも。

 

2.見た目のこだわりが強す

誰にでも見た目のタイプはあります。ただ、身長はこのくらい、顔だちはこんな感じ、服装はこれじゃないと…など、見た目へのこだわりが強すぎるのもNG。ありのままの彼を好きになれるのがベストですよね! 見た目だけで恋愛対象から外すのはもったいない! 付き合ってから、少しずつ好みに寄せていきましょう。

 

3.条件が細かい&多すぎる

見た目もそうですが、付き合ったあとのデートや連絡頻度、こうしてほしいなどの希望が多すぎても「めんどくさそう」と思われてしまいます。


好きなタイプとズレていても好きになることはある!?

みんなそれぞれ好みはあると思いますが、実際好きになったのは真逆の人なんてこともあるよう。こちらではタイプじゃなくても好きになった経験がある人に、その理由を聞いてきました。気になる人のタイプと自分がずれていても、チャンスはあるかも♡

 

1.性格が良かったから・優しかったから

最も多かった理由は「見た目はタイプと違ったけど、性格がよかったから・優しかったから」といった回答でした。いくら好きなタイプが外見に集中してあっても、結局中身も見てしまうものです。かわいい人や綺麗な人が好きと思っていながらも、性格が合う人であったり優しい人も好きになる確率は高いようです。外見を磨くことももちろん大切ではありますが、内面磨きも怠らないようにしましょう♪

2.なんとなく

好きになった理由と聞かれても明確なものはなくて、なんとなくという方も多かったです。みなさん好みのタイプというのはあくまで理想であるのかもしれません。また、フィーリングって意外と正しいこともあります。自分の中でビビっとくるものを大切にしている人が多いのです。

 

3.一緒にいて楽しかったから

どんなに好みの容姿であっても、一緒にいてつまらなかったら好きになるということはないでしょう。逆に言うと、あなたが一緒にいて楽しい友達としか思われていなくても、あなたの行動次第で彼を好きにさせることだってできるということです♡ 友達の関係で止まっている人は、いつもと違う行動を取ったりして彼の気をひいてみましょう。

 

4.話が合ったから

話の合う人ととは、気も合うことが多いです。話している時に、お互い気を遣わずに楽しく話せる人と付き合った方が長続きしそうな気もします。

 

5.自分のことが好きになってくれたから

相手に好意を持たれたときに嫌に感じる人は少なく、むしろ嬉しいと思う人が多いはずです。相手は自分が好きということを知るとどうしても相手のことを意識してしまいがちです。こちらの好意に全然気づいてない場合は、明らかに相手を好きであるとわかるような言動をしてみるのも手です!

 

6.趣味が似ていたから

たとえ好みのタイプでなかったとしても、趣味が近いと話も合いますし、一緒に趣味で楽しむことで距離を縮めることができます。趣味が似ているって恋愛においてかなり有利になりますね!


自分の好きなタイプがわからない…。なら診断してみよう♡

⒞shutterstock

最後にあなたが求めている、本当に好きな人との理想の関係性がわかるテストをご用意しました♡ 早速チェック!


【まとめ】

好きなタイプに正解・不正解はありませんし、年齢を重ねていくごとに変わっていくもの。些細なことでもなんとなく惹かれるな、こんな人と一緒にいたいなと思うポイントに気付いたタイミングでメモしておくと、自分の好きなタイプがはっきりしてくるかも! 自分はどんな人が好きなのかなんとなくでも把握しておけば、本当にタイプの男性に出会ったとき逃してしまうなんてことも少なくなりそうです♡