2月29日は実は4年に1度じゃない!意外と知らない「うるう年」雑学

2月29日は実は4年に1度じゃない!意外と知らない「うるう年」雑学


「1年=365日」は誰もが知る常識ですよね。そして4年に1度、調整のために366日になることもご存じの方が多いと思います。2020年は2月29日があるので「1年=366日」になる年です! しかし、今述べた「4年に1度のうるう年」が本当は4年に1度じゃないって皆さんご存じでしたか?

2月29日

今回はうるう年にちなんで、うるう年の仕組みをご紹介します。意外と知られていない情報も紹介するので是非読んでみて下さい!

そもそも「うるう年」って?


うるう年についてはご存じの方が多いと思いますが、念のためおさらいしておきましょう!

 

1年365日といいますが、4年毎に366日となる(2月29日のある年)年があります。
この年を「閏(うるう)年」といいます(365日の年は「平年」)。

うるう年じゃない年のことは「平年」と言うんですね! ちなみに、2月29日は「うるう日」と言います。2月29日がある年のことを「うるう年」というので2020年はうるう年なわけです。

どうしてうるう年が必要なの?


うるう年が設けられる理由は引き続き以下のように説明されています。

原因は、1年の長さ(地球が太陽の周囲を一周する時間)が1日の長さ(地球が太陽を基準にして、1回転自転する時間)で 割り切れないことにあります。…1年の長さが、365日よりちょっと(約5時間49分)長いようです。ですから、もし全ての年を365日とすると、約4.1年で1日、100年で24.22日分、暦が実際の季節より先行することになります。
この様に、暦と実際の季節がかけ離れてしまうことを防ぐために、閏年を設けて調整しているのです。

つまり、うるう年がないまま毎年過ごすと、知らぬ間に8月が真冬になってしまうようなずれが生じてしまうので、それを防ぐためにうるう年が存在します。入学シーズンに桜が咲いていたり、雪景色とクリスマス……のような組み合わせがなくなると思うと、うるう年の大切さが分かります。

実は4年に1度じゃない! うるう年はいつ来るの?


4年に1度うるう年を導入することで季節をずれないようにしていますが、それでもずれが生じてしまうことが分かっています。それを踏まえて現在用いられている太陽暦(グレゴリオ暦)では、うるう年を次のように定めました。

①.西暦年が、4で割り切れる年は、閏年とする   例 1996年

②.①であっても、100で割り切れる年は平年とする 例 1900年,2100年,2200年,2300年

③.②であっても、400で割り切れる年は閏年とする 例 1600年,2000年

頭がこんがらがりそうな仕組みですが、うるう年は4年に1度あって、100年に1度来ない年があり、400年に1度再び復活します。

つまり「20年前の2000年のうるう年」は実はとてもレアケースだったんですね! 私たちが生きているうちに③のパターンのうるう年を再び経験することは医学の驚異的な進歩がない限り難しそうですが、2100年の「4年に1度だけどうるう年が来ない年」は経験できる人がいるかもしれません。ちょっとワクワクしますね!

 

何気なく「うるう日か……」とこれまで2月29日を経験していた人たちも、うるう年について詳しくなると「ただ1日多かった年」がより「特別な日」に思えてきませんか? お友達などにもぜひ話してみてください♪(山口彩楓)

 

 

★なんで「4月1日生まれ」と「4月2日生まれ」で学年が変わるの?謎の理由を調べてみた

>CanCam.jp TOPへ戻る