Tシャツのおすすめコーデ15選|無地Tシャツ・プリントTシャツの着こなし

こなれ感バツグン!Tシャツの夏コーデ集

こなれ感バツグン!Tシャツの夏コーデ集

夏に大活躍のTシャツコーデを大特集♪ デニムに合わせるカジュアルコーデや、スカートで作るキレイめコーデなど、Tシャツを合わせる最旬スタイルをお届けします。ポップなプリントTシャツもお見逃しなく♡

【目次】
おすすめのTシャツ 夏コーデ
プリントTシャツ 夏の着こなし

おすすめのTシャツ 夏コーデ


【1】ピンクTシャツ×ネイビーワンピース×デニムパンツ

シックなネイビーのキャミワンピは、大人っぽいシルキー素材と細ストラップがポイント♡ 後ろが開いたデザインなので、インナー次第で印象チェンジも楽しめます。ちょっぴりカジュアルに着たい日は、コットンTとデニムをインナーに重ねて程カジュアルに。ラフな着こなしでも女らしさがキープできます。

CanCam2019年7月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/木村 晶

【2】グレーTシャツ×白デニムスカート

Tシャツ×ロングタイトのこなれコーデに、ちょっぴり重ためスニーカーをプラス。 流行りのダッドスニーカーよりボリューム控えめのデザインなら、取り入れやすさも合わせやすさもばっちりです♡ さらっとしたきれいめカジュアルに重ためスニーカーを合わせることで、グッと洗練された雰囲気に。

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】水色Tシャツ×カーキシャツ×デニムパンツ

ドライに着る カーキも魅力的

カジュアルコーデはあくまでも〝シンプル〟を軸に、シルエットや素材感でほんのりと女っぽさをプラスするのがおすすめ♡ シアーなTシャツとスキニーデニムなら、飾らない女らしさがアピールできます!トレンドのシアーな糸を使用したTシャツは、ルーズなシルエットで今っぽさも抜群。無造作にはおるだけで今年っぽい、カーキのBIGシャツをアウター代わりに。タイトにまとめた着こなしと、ゆるシャツのギャップ効果で華奢見えコーデが完成します。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【4】オレンジTシャツ×デニムワイドパンツ

短丈Tシャツ×ハイウエストデニムで美スタイルに

パッと目を引くビビッドなオレンジTは、控えめなロゴが女の子らしいアクセントに。今年らしい短丈Tは、さらっとハイウエストデニムを合わせるだけで、おしゃれ感もスタイルアップも叶います♡ Tシャツに引けをとらない派手色のストライプバッグでPOPさを後押しすれば、セレブ風のこなれカジュアルが即完成!

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【5】赤Tシャツ×デニムロングスカート

ビビッドな赤T×デニムスカートで大人ガーリー♡

赤Tシャツにデニムのロングスカートを合わせた、女の子らしいカジュアルスタイル。歩くたびに脚がチラッと見えるデニムスカートで抜け感をプラスすれば、すっきりとしたバランスに仕上がります。足元は、ボリュームのある厚底サンダルでレトロチックな味付けを♡

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/森 ユキオ モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、PROPS NOW、田中かほ里 構成/浜田麻衣

【6】水色Tシャツ×チェックタイトスカート

大人キュートなギンガムタイトは×ロゴTでカジュアルダウン

甘くなりがちなギンガムチェックのスカートは、タイトシルエット&長めの丈で大人っぽく♡ トップスにラフなロゴTを合わせれば、ヘルシーで肩の力が抜けた女っぽさが叶います。 仕上げは、レディーなタイトスカートにトレンドのウエストポーチをON! オシャレ感がUPする小物テクはマネしたい。

CanCam2018年6月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/田中美穂子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/浜田麻衣

プリントTシャツ 夏の着こなし


【1】グレーTシャツ×デニムパンツ

あせた色味のネイビー地に、ポップなオレンジのプリントが映えるTシャツをデニムにIN。ほんのりユーズド感のあるTシャツは、くたっとした素材やこなれた風合いが魅力です♡ ハイウエストの濃いインディゴデニムを合わせて、女らしいチョーカーで盛って…古着屋のスタッフ風レトロな〝エモさ〟を演出しましょ♡

CanCam2019年7月号より 撮影/山岸和人 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/kika モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/STRANGER 構成/佐藤彩花

【2】白Tシャツ×ベージュロングスカート

今夏のシンプルカジュアルに欠かせないフォトTは、前後プリントでおしゃれ度アップ! ボーイッシュなTシャツを、女のコらしいサテンマキシスカートでハズすのが今夏のトレンドスタイルです♡

CanCam2019年7月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】Tシャツ×ピンクニット×デニムパンツ

シースルーのラメニットを重ねればロゴTも一気に今年モードに♡

ロゴTを一枚で着るのにマンネリを感じたら、透けトップスとの重ね着コーデがオススメです。この夏トレンドのシースルーニットは、絶妙な透け感と甘めのピンク色でレイヤードしたロゴとの相性もバッチリ! スパンコールの巾着バッグで、シャイニー感をもうひと盛りするだけで、よりキャッチーなコーデが決まります。

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/河嶋 希 モデル/中条あやみ(以上本誌専属) 撮影協力/AWABEES、PROPS NOW、田中かほ里 構成/浜田麻衣

【4】水色Tシャツ×シャツ×白ロングスカート

存在感大のロゴTで爽やかスポーティStyleに

アイスブルーのロゴTは、スカートやサンダルを白でつないでmore爽やかに。『アディダス』のロゴが効いたカジュアルなコーデも、ボトムにタイトスカートを選べば女性らしく決まります。ハイウエストかつキレイなストレートシルエットで、すっきりIラインを強調して。

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/野口由佳(ROI) モデル/阿部桜子  撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【5】ネイビーTシャツ×イエローロングスカート

カジュアルなロゴTは×ロングスカートで大人っぽく♪

一枚でカジュアル感がUPする『ナイキ』のロゴTは、レディーライクなロング丈のフレアスカートでMIXコーデに落とし込んで。ネイビー×イエローのこなれ配色なら、見た目のおしゃれっぽさも加速します。旬顔のスポサンとサコッシュバッグをポイントに効かせて、今っぽい大人スポーティーを楽しんで。

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/野口由佳(ROI) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、PROPS NOW、田中かほ里 構成/浜田麻衣

【6】ミントTシャツ×黒タイトスカート

爽やかなミント色のロゴTで黒レースをカジュアルダウン

上品なミントカラーに白ロゴが爽やかなTシャツは、女の子らしいカジュアルダウンにオススメの一枚。シルエットや透け感が女らしい星柄のレースタイトも、ミント色のTシャツ効果でやわらかく着こなせます。上下の程よいフィット感で、女性らしいシルエットをメイクして。

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/野口由佳(ROI) モデル/阿部桜子  撮影協力/AWABEES、PROPS NOW、田中かほ里 構成/浜田麻衣

【7】グリーンTシャツ×デニムパンツ

旬のグリーンとボックスロゴでデニムコーデに差をつけて

鮮やかなグリーンに映える、おしゃれなロゴTシャツはお目立ち度も抜群。ひとクセあるデザインデニムを合わせに選んで、おしゃれ上級者の着こなしをアピールして。きれいめなパンプスでスタイルアップすれば、女性らしさもキープできます。

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/森 ユキオ モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、PROPS NOW、田中かほ里 構成/浜田麻衣

【8】白Tシャツ×チュールワンピース×デニムパンツ

夏の定番コーデをチュールワンピでアップデート!

夏の鉄板コンビ、Tシャツ×デニムをそのまま着るのは物足りない! そんなときは、ふんわりチュールワンピをレイヤードして、おしゃれもかわいさも重ねていくのが最旬ルール。手持ちのTシャツとデニムに重ねるだけでOKなので、手軽に今どきコーデが完成します♡ ポップな小物も投入して、moreキャッチーに。

CanCam2018年6月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/EASE、浦田聡美、田中かほ里 構成/手塚明菜

【9】白Tシャツ×黒フレアスカート

上品なドット柄スカートをキャラTで今っぽく♡

ポップなキャラTシャツを合わせて、ドット柄スカートをヴィンテージライクにコーディネート。フェミニンなフレアスカートなら、Tシャツ×フラットシューズのカジュアルな合わせも女のコらしくきまります♪ ベティちゃん柄のTシャツは、汗が気になる真夏のデートスタイルにもgood♡ ちょっぴり色あせた、古着っぽいプリントがおしゃれです。コロンとしたミニバッグで「赤」をひと差し。ビビッドな小物をアクセントに、レディなマリンコーデを今っぽく着こなして。

★【今日のコーデ】ドット柄スカートで、今っぽかわいいデートスタイル♡