ネイビージャケットのおすすめ秋コーデ5選|デニム・ワイドパンツ・スカートの合わせ

上品&シャープに!ネイビージャケットの秋コーデ集

ネイビージャケットの秋コーデをピックアップ。上品なネイビージャケットは、カジュアルなトップスやデニムとも相性バッチリ! きちんと見えて今年っぽい、ネイビージャケットの着こなしを紹介します。

ネイビージャケットを合わせる秋コーデ


【1】ネイビージャケット×白Tシャツ×デニムワイドパンツ

きちんと見える上品さは、ジャケット1枚でもう充分。あとはとことんカジュアルに、Tシャツ×デニムを合わせれば「頑張ってる感」のない、抜けのあるコーディネートに。このさりげなさが今どきなんです♡ 夏の鉄板コーデもジャケットがあればちょいプレッピーな秋コーデに即更新。細身のジャケットは、メンズライクなアイテムながら女っぽさもしっかり漂う♡

CanCam2019年10月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】ネイビージャケット×白Tシャツ×グレースカート

06 カジュアルな赤 甘くないサックスブルー ヘルシーなベージュ 僕らが癒される、3つのカラー

季節の変わり目に活躍する薄手ジャケットに、ニットスカートを合わせたブリッジコーデ。ネイビーの優等生風ジャケットスタイルを女らしく味付けするなら、ビビッドで艶やかな赤小物を指名して♡ Tシャツのロゴ色とリンクさせて、シックな配色に愛らしさをトッピング。上品だけど今っぽい、大人コーデが気分です!

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【3】ネイビージャケット×ボーダータンクトップ×ブルースカート

ラフなタンクの抜け感で程よくカジュアルダウン

てろっとした質感が大人なリネンジャケットは、ボーダータンクやスニーカーのカジュアル感と好相性。ラフにまとまりすぎないように、ボトムは程よくフィットするニットタイトで女らしさもトッピング♡ ゆるっと感とシャープさがバランスよくMIXした、大人カジュアルがテーマです。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/WORKAHOLIC 構成/浜田麻衣

【4】ネイビージャケット×ネイビーキャミソール×白ワイドパンツ

スポーティなライン入りはきれいめパンツで取り入れて♡

ラインを1本加えたシンプルなワイドパンツなら、カジュアルになりすぎず大人っぽく着こなせます。きれいめパンツとして使えるので、着回し力も抜群。モノトーンで合わせてクールに、Tシャツなどを合わせてカジュアルダウンさせるのもオススメです。

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini.) 構成/八木橋佳世

【5】ネイビージャケット×イエローニット×チェックタイトスカート

#05 コーディネートを「ゆめ盛り」してくれる秋のトレンドワード別に、100の見本、総まとめ!すぐにマネできる!“ゆめ盛り”コーデ♡100『KEYWORD01 チェックを着るこの秋は、落ち着いた色味のおじ風チェックが大BOOM! あえてスカートスタイルやヒール靴合わせなどで、女性らしく着こなすのが正解です♡』

テーラードジャケット一枚で、グッドガール風の着こなしに♡ トップスのカラーは、チェックのマスタード色とリンクさせて、統一感UPを図りましょ♡

CanCam2017年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(01、05、06、08)、伊藤舞子(02、03、04、07) ヘア&メーク/MAKI(P-cott) モデル/堀田 茜(本誌専属) VD/菅 博子 撮影協力/田邉沙織莉 構成/佐藤彩花、石黒千晶

 

★ベージュジャケットのおすすめコーデ10選

>>CanCam.jp TOPへ戻る