男子ウケするトレンド服って? 2020夏・初デートの服装20選

初デートのオススメコーデを大特集

初デートに着て行きたい、夏のトレンドコーデを特集♡ やりすぎ感はないけどおしゃれっぽさがアピールできる、絶妙なトレンド服の着こなしを集めました! 王道のワンピースやフレアスカート、メンズに人気のニットやキレイ色トップスなど、おすすめの最旬コーデを紹介します!

【目次】
初デート♡夏のおすすめコーデ
初デート♡夏のスキニーコーデ

初デート♡夏のおすすめコーデ


【1】ブラウンシャツ×白キャミソール×ブラウンスカート

ヴィンテージムード漂う女の子コーデは、フレンチシックな小花柄スカート×キャミから華奢なデコルテをのぞかせて♡ 小寒いときにも便利なはおりシャツをプラスして、大人っぽいワントーンにまとめれば完成です。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【2】黒タンクトップ×オレンジストライプ柄ワイドパンツ

きちんと感も程よく欲しいなら、ヘルシーな肌見せができるノースリ×パンツコーデがオススメ。ほんのりマリンなストライプ柄に黒トップスを効かせて、都会派のアラビーコーデを楽しんで。さらりとしたリネン混のパンツは、見た目以上に涼しいのもうれしいポイント♡ 

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】白タンクトップ×グリーンスカート

かぶりで着る服 × いかにも水着『華やかな柄や三角ビキニのような〝いかにも水着〟でレイヤードをするなら…上からかぶって着る服を合わせて、さりげなく水着を忍ばせているくらいが◎。とはいえ海外らしいキャッチー感は欲しいから、バックシャンなどしゃれ感のある服を相棒に♡』

シアーニットから水着を透けさせて、おしゃれな色気をメイク♡ あからさますぎない水着の存在感が、女っぽい印象に仕上げてくれます。コーデはフレアスカートやバーサンダルで、きれいめにまとめるのがオススメです。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】白キャミソール×ブラウンスカート

かぶりで着る服 × いかにも水着『華やかな柄や三角ビキニのような〝いかにも水着〟でレイヤードをするなら…上からかぶって着る服を合わせて、さりげなく水着を忍ばせているくらいが◎。とはいえ海外らしいキャッチー感は欲しいから、バックシャンなどしゃれ感のある服を相棒に♡』

プレーンなキャミに、ブラウンのティアードスカートを合わせたアラビーコーデ。キャミからカラフル水着をのぞかせるのが、おしゃれっぽさを効かせるワンポイントです。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】白ワンピース×ブラウンキャミソール

かぶりで着る服 × いかにも水着『華やかな柄や三角ビキニのような〝いかにも水着〟でレイヤードをするなら…上からかぶって着る服を合わせて、さりげなく水着を忍ばせているくらいが◎。とはいえ海外らしいキャッチー感は欲しいから、バックシャンなどしゃれ感のある服を相棒に♡』

バックシャンワンピからクロスストラップをチラ見せ♡ ストラップを見せることで、コーデにメリハリも加わります。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】ピンクタンクトップ×ワインレッドスカート

週末アラビーするなら、【きゃみたん×ロンスカ】だけでよし♡『日帰りでサクッとビーチに行くなら、フォトジェニックな鉄板コーデがコレ! キャミソール&タンクトップ、略して【きゃみたん】と名付けます♡』

ヌーディピンクとこっくりバーガンディの新鮮グラデ。上下を同系色にするだけで、シンプルなワンツーコーデに上級者っぽい奥行きが生まれます♡

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属)  構成/木村 晶

【7】グリーンタンクトップ×レオパード柄スカート

旬柄スカートでこなれたムードに仕上げる

スパイシーなレオパード柄は、too muchにならないように抜け感を意識! シンプルなコットンタンクやトングサンダルでラフに着くずすイメージが、レオパード攻略の近道です。合わせるトップスが白や黒だと辛口になるけど、フレッシュなグリーンタンクなら等身大の着こなしに。

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【8】ベージュキャミソール×オレンジスカート

旬柄スカートでこなれたムードに仕上げる

ノスタルジックなムードを漂わせる小花柄のラップスカート。ほっこりしがちな柄だから、ヌーディベージュのキャミを使って色っぽく攻めるくらいがちょうどです。肌見せ多めのコーデには、おもちゃみたいなバッグとサンダルで茶目っ気をプラス♪ 

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属)  構成/木村 晶

【9】グレータンクトップ×ブルースカート

きれい色を投入してフォトジェニックに

フェミニンな水色とマニッシュなグレーの組み合わせに、バッグとフラットサンダルで黒小物を足すと一気にモードな空気感に。甘くてかわいいだけを卒業したいなら、パウダリーカラーはボトムで取り入れるのがオススメです。

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【10】白ノースリーブ×オレンジスカート

きれい色を投入してフォトジェニックに

全身をすっきりとしたⅠラインにまとめることで、オレンジのニットスカート×レインボーカゴバッグというクセ強めな配色も“アリ”になるから不思議! シンプルな白タンクやラフなサンダルも抜け感もコーデのKeyアイテムです。

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属)  構成/木村 晶

初デート♡夏のスキニーコーデ


【1】ベージュニット×スキニーデニムパンツ

淡いブルー×程よいクラッシュデニムで、かわいさの中にも今どきの抜け感をプラス♪ ヘルシーなノースリニットを合わせてレトロかわいい着こなしに。服がシンプルな分、スカーフ使いやチェックのカゴBAGでパンチを効かせて夏気分を盛り上げたい。

CanCam2019年7月号より 撮影/東 京祐 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】赤花柄ワンピース×スキニーデニムパンツ

フレアがドラマティックなレトロ柄ワンピースに、デニムを重ねたロング×ロングの着こなし。小物はワンピの柄を引き立てる、ゴールドのサンダルやカゴBAGをプラス。ワイドスリーブなど、レトロデザインのワンピースともしっくりです。

CanCam2019年7月号より 撮影/東 京祐 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】グリーンニット×スキニーデニムパンツ

リブ素材のカットソーは、春らしいグリーンを選べば週末コーデにぴったり♪ トップスをINにするときは、ボトムに濃いめのデニムパンツを合わせて下半身を引き締めて。動きやすさ重視のデニムスタイルも、スカーフを頭に巻けばぐっと華やかな印象です。

CanCam2019年6月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/岡田知子(TRON) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/時吉 茜

【4】白ノースリーブ×スキニーデニムパンツ

「表」のレディな小物をカジュアルスタイルにも合わせたい!「上品でフェミニンな表小物は、カジュアル服とも相性◎。甘3:辛7の絶妙なバランスで簡単にMIXコーデが完成♪」

白のタンクトップに、濃いめのシンプルデニムを合わせた鉄板コーデ。プレーンな着こなしだからこそ、チェーンバッグで品格UPも忘れずに。チェックのぺたんこ靴ならラフな雰囲気も程よくMIX♡ カジュアルコーデだからこそ、レディな要素をほんのり加えるのがポイントです!

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】赤カットソー×スキニーデニムパンツ

史帆は女の子デニムでモテ♡カジュアル

パッと目を引くのは、デニムコーデをかわいく色づけるトマトレッドのリブニット。HAPPY感のあるカラーニットとダメージデニムで、トレンドのヴィンテージ感もいただきです♪ 小物はリボンのサンダルやシェルのミニBAGで、女の子らしさをさらに後押し。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】ベージュワンピース×スキニーデニムパンツ×キャップ

沙友理は大人ベージュでモテ♡カジュアル

女の子らしいロング丈のタンクワンピも、デニムでカジュアルに着くずすことでリラックス感のあるモテ♡コーデに。デニムやキャップを使ったスポーティな着こなしは、全体を優しげなベージュでまとめると上品さが漂います♪ 足元はブルーのぺたんこサンダルで、くすみカラーのコーデに透明感を。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】赤ドット柄ブラウス×スキニーデニムパンツ

上品なドット柄も、大人っぽくて落ち着いた赤色を選びデニムと合わせれば、フレンチムード漂う女っぽカジュアルに。デニムやスニーカーを合わせるときは、ちょっぴり肌見せも意識するとコーデがぐっと垢抜けます♡

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【8】チェック柄ジャケット×白ワンピース×スキニーデニムパンツ

ーAkane's Private Fashion Part③ージャケットで〝大人シンプル〟を極めたい 今いちばんアディクトなファッションアイテムはジャケット。お気に入りの4枚はこう着ています!

チェックのテーラードジャケットで、白ワンピの甘さを抑えた最旬スタイル。ちょっぴりメンズライクなニュアンスグレーなら、女の子らしいティアードワンピも大人めに着られます。透けやすい白ワンピには、グレーのレギンスを重ねて今っぽく。

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【9】黒ジャケット×黒柄ワンピース×スキニーパンツ

ーAkane's Private Fashion Part①ー買ったばかりの新作服で私らしい〝大人シンプル〟普通のシンプルじゃつまらない。ちょっとひねって茜らしいスパイスをプラス。

透け感がきれいなレースのスリップワンピは、黒のレギンスやジャケットで今年っぽくカジュアルダウン。一枚で着ても素敵なワンピをクールかつ大人っぽく着こなせます。透け感やレイヤードがおしゃれなスタイルは、歩く姿を印象的に見せてくれそう♡

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【10】白ブラウス×スキニーデニムパンツ

トレンドのコットンブラウスは、甘さやボリュームを上手にコントロールしてくれるデニムを合わせてデイリーに着こなすのがオススメ。“レペット”のバレエシューズは、歩きやすい&夜に映える鮮やかなオレンジが新鮮です。

CanCam2019年6月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/伊東牧子 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶  

 

>CanCam.jp TOPに戻る