黒ブラウスのおすすめ夏コーデ8選|プリント・レース・フリルの着こなし

ワンディテールあり♡黒ブラウスの着こなし例

シックで大人可愛い黒ブラウスの夏コーデ。シースルーやフリルといった女っぽさ満載の黒ブラウスは、この夏どう着るのが正解なの? CanCamがおすすめする、黒ブラウスコーデを発表します!

【目次】
黒ブラウスを合わせる夏コーデ
シースルーの黒ブラウス 夏コーデ
フリルの黒ブラウス 夏コーデ

黒ブラウスを合わせる夏コーデ


【1】黒ブラウス×デニムパンツ

デニムをフェミニンに着こなす、ちゃめっ気たっぷりなパリジェンヌがコーデのお手本♡ パリのit girl、ジャンヌ・ダマスが手がけるブランド〝Rouje(ルージュ)〟でつくるデニムコーデは、レトロな雰囲気がなんともかわいく初夏の土曜日にぴったりです。上品なインディゴブルー&膝下から広がった程フレアなデニムは、美脚効果も絶大! シックな黒ベースの柄ブラウス(実はチェリー柄♡)と合わせて、大人かわいく着こなして♪ 

CanCam2019年7月号より 撮影/東 京祐 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】黒ブラウス×イエローの花柄スカート

服がプリプラのときはバッグに〝イイもの〟がMyルール 「シンプルかわいいプリプラ服が大好き♡ だけど、小物の中でも存在感の大きいバッグは、年齢に合ったちゃんとしたものを持って、高見えさせます!」

黒のノースリニットに花柄スカートを合わせた、ちょっぴりクラシカルな大人スタイル。スクエアフォルムのバッグを合わせて、リラクシーな着こなしにクラス感をプラスして♡ ビビッドな花柄スカートには、ベーシック色のアイテムを合わせてプリントを引き立てるのが正解です。

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

シースルーの黒ブラウス 夏コーデ


【1】シースルーの黒ブラウス×白ドット柄スカート

大人顔モノトーンは、肌見せでフレッシュな着こなしに!

前から見るとシンプルな黒のVネックブラウスは、肩部分の透けレースや背中のリボンでグッと華やかな印象に。トレンドのドット柄スカートを合わせて、ノリのいいモノトーンコーデを楽しんで。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【2】シースルーの黒ブラウス×黒ミニスカート

チュール素材のブラウスで色っぽかわいく♡

肌が透けるチュール素材のブラウスで、〝黒は女の子をかわいく見せる説〟を実証♡ 抜け感を意識したサマーモノトーンなら、センシュアルな魅力をもうひと押ししてくれます。肌の色とコントラストがつく、シースルーな黒ブラウスも色っぽさの秘密。さらに、透け×ドット柄の合わせワザなんて、もう最高にかわいすぎます!

CanCam2018年6月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/EASE、浦田聡美、田中かほ里 構成/手塚明菜

【3】シースルーの黒ブラウス×デニムパンツ

女っぽさ満載♡黒レーストップスが主役の甘辛MIXコーデ

暖かい日に着たくなるのが肌見せアイテム。中でも繊細でフェミニンなレースブラウスは、程よい透け感が女っぽさをアップしてくれるから、1枚もっておけば活躍間違いなしのアイテムなんです! 黒レースを選べばよりSEXYさもアップ♡ 女っぽくなり過ぎないよう、デニムでカジュアルダウンするのがオススメです。黒に映える、ビビッドなイエローのバッグもポイント!

★【今日のコーデ】夏の黒は色っぽい!黒レース×デニムの甘辛MIXコーデ

フリルの黒ブラウス 夏コーデ


【1】フリルの黒ブラウス×グレーパンツ

これから挑戦したい!気になる小物はこの3つ 「前よりいろんなテイストの小物使いを楽しめるようになった今、おしゃれの幅を広げてくれる旬小物に挑戦してみたい!」

黒のフリルブラウスにクロップドパンツを合わせた、大人可愛い着こなし。差し色にグリーンのサンダルをプラスして、夏らしいインパクトを♡ パンプスだと難しい鮮やかカラーも、抜け感あるつっかけサンダルなら軽やかに取り入れられます。

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】フリルの黒ブラウス×ピンクミニスカート

おしゃれに差がつくドット×カラーミニでキャッチーに☆

ガーリーなドット柄ブラウスは、カラーミニを合わせてプレイフルに。ブラウスのふわっと甘いフォルムを活かしつつ、太ベルトのウエストマークでメリハリを効かせるのがポイントです。ハイウエストのミニスカートは、夏っぽい厚底サンダルでさらにスタイルアップさせる作戦です!

CanCam2018年6月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY/P.98~P.107)、須藤敬一(P.108~P.109) スタイリスト/伊藤舞子(P.98~P.107)、田中美穂子(P.108~P.109) ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/浜田麻衣

【3】フリルの黒ブラウス×チェックスカート

ギンガムチェックのタイトスカートで夏の上品デートコーデ

長めの丈感がトレンドのタイトスカート。スリット入りなら脚がスラッとキレイに見えて、ちょっぴりSEXYな雰囲気に♡ 甘い印象のギンガムチェックも、タイトシルエットなら大人見えが叶います。ハート型のネックラインとフリル袖がポイントのブラウスを合わせれば、たちまち品よく華やかなデートスタイルに。足元はクリア素材×シルバーで、涼しげな抜け感を演出して。

★【今日のコーデ】ギンガムチェックが主役。初夏のデートコーデ