好感度No.1コーデといえば♡今どきの「コンサバ系ファッション」30選|2021夏トレンド

上品で今っぽい!夏のコンサバ系コーデを大特集

コンサバ系夏ファッション

上品で好感度の高い「コンサバ系」ファッションをピックアップ♡ ジャケット・ワンピース・タイトスカートなど、きちんとアイテムで作る夏コーデは、トレンドMIXが功を奏して今っぽさ&こなれ感のバランスが絶妙♡ 品のあるコンサバティブなムードと、旬のおしゃれっぽさが両立できる着こなしは、女性ウケのよさもポイントです!

「コンサバ系」とはどんなファッション?

コンサバ系夏ファッション

保守的や無難を意味する「コンサバティブ」は、1980年代のバブル期に広まった言葉で、ファッション性を強く主張しないベーシックなスタイルのこと。誰からも愛されるような、ワンピース×カーディガン、シャツ×スカートなど、お嬢様っぽいエレガントなスタイルが「コンサバ」の代表とされていました。

ただ最近は「コンサバ」の意味が少し変化し、広く「きれいめファッション」のことを指すように! アイテムや色合わせにひとさじの「こなれ感」をプラスするのが主流となり、コンサバファッションにもトレンド感やファッション性が見え隠れ♡ 上品で清潔感のあるスタイルなので、きちんと感を出したいオフィスコーデやデートスタイルにもぴったりです。

話題の「恵比寿女子」も上手にコンサバを取り入れている

コンサバ系夏ファッション

今話題の恵比寿女子とは…「恵比寿に集まる女のコ」たちのこと。そんな女性たちも、街に合うコンサバ系のファッションを楽しんでいます♪

コンサバ系夏ファッション

CanCam it girlに遊ぶ街を聞いたら、8割が恵比寿と回答! おしゃれなインフルエンサーも恵比寿在住や恵比寿勤務が多くて、「おしゃれな人が集まってる…! 」と編集部で話題に。ベージュやマーメイドスカートなどの、トレンドアイテムを上品に取り入れる着こなしや、カジュアルでも基本きれいめな印象♡ 落ち着いていて大人な雰囲気の街なので、カジュアルすぎるファッションではなく、程よく抜け感のあるコンサバ系ファッションが恵比寿の雰囲気にマッチするみたい♡

コンサバ系ファッションにおすすめなアイテム

トレンドアイテムをいくつか持っておくことで、ベーシックに合わせるきれいめコーデも旬顔に♡ 今季おすすめの最旬アイテムはこちら!

■マーメイドスカート

コンサバ系夏ファッション

今シーズンのニュースなスカートといえば、マーメイドスカートが大本命! 上品なロング丈とボディラインをきれいに魅せてくれるマーメイドシルエットで大人っぽいムードが満喫できます。

■センタープレスのカラーパンツ

コンサバ系夏ファッション

センタープレス効果で、まっすぐ美脚見えが叶うきれいめパンツ。太すぎず細すぎない美シルエットだから、足元をスニーカーにしたり、あえてビッグシルエットのシャツを合わせてメンズライクに着こなしたりと、きちんと系→カジュアルまで幅広いコーデに着回せます。ベーシックカラーと合わせやすいきれい色を選べばコーデの鮮度もUP!

■アンサンブルニット

コンサバ系夏ファッション

人気復活のアンサンブルニットは、きれい色だったらシアー素材ならより今っぽくて、なおかつセンシュアル♡ 女性らしい印象のアンサンブルニットは、マニッシュなパンツ合わせでもきちんと感が演出できます。

■オーバーサイズのシアージャケット

コンサバ系夏ファッション

ちょっぴり肌寒い季節の変わり目におすすめなシアージャケットは、シンプルコーデに今っぽさをプラスしてくれる旬アイテム。くしゅっと腕まくり、ふわっと肩掛け…など、抜け感たっぷりに着るのもおすすめです。軽くて持ち運びにも便利なので、空調や日焼け対策にも◎。「キャミやタンクを大人っぽく着たいけど二の腕は隠したい!」そんな願いも叶います♪

コンサバ系ファッションの着こなしのポイント

コンサバ系夏ファッション

  1. 令和のコンサバは「上品できれいめ」なトレンドMIXファッション
  2. マーメイドスカートなど旬のアイテムを上手に取り入れて
  3. シアー素材など薄手の羽織りが一枚あると空調や日焼け対策にも便利
  4. ニュアンスカラーのセンタープレスパンツで新鮮なマニッシュコーデに

スカートを合わせる夏のコンサバ系ファッション

【1】ドット柄マーメイドスカート×ベージュニット×ベージュサンダル

コンサバ系夏ファッション

ちょっぴり気合いを入れるなら、肌見せ×ロングスカートの大人っぽいコーデがおすすめ。人気のオフショルもニットならヘルシーな色気が出せて◎。上半身に肌感が多いので、ボトムはドット柄のロングスカートで品のよさをキープするのが正解です。配色やシルエットはコンサバなのに、今っぽい肌見せ感で洗練された印象に♡

CanCam2021年7月号より 撮影/前田 晃(MAETTICO) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/石黒千晶

【2】ベージュスカート×ベージュインナー×シアーシャツ

コンサバ系夏ファッション

女っぽさMAXのキャミ&タイトスカートのセットアップでセンシュアルな印象に。くすみカラーやニットなど配色も素材もやわらかなものを選ぶと、等身大かつ親近感のある装いが完成します。シアーシャツで余裕を漂わせて、大人っぽいムードづくりを。

CanCam2021年7月号より 撮影/前田 晃(MAETTICO) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/石黒千晶

【3】ブルースカート×ブルーニット×デニムジャケット×黒サンダル

コンサバ系夏ファッション

鮮やかブルー&サテン素材のマーメイドスカートは、サイドから後ろにかけて切り替えのあるマーメイドシルエットが大人顔。歩くたびに色っぽく揺れて、シンプルなワントーンコーデをドラマティックに後押ししてくれます♡ 

CanCam2021年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【4】ドット柄スカート×白ブラウス×カーキサンダル

コンサバ系夏ファッション

女らしいのに今っぽい、白ブラウス×ベージュスカートの組み合わせ。ベージュに映える白ドットがフェミニン&爽やかで初夏コーデにもぴったりです。コンサバ感のあるコーデには、フラットサンダルやカジュアルバッグで肩の力をラフに抜くのがおすすめ。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【5】白スカート×白ブラウス×ベージュバッグ

コンサバ系夏ファッション

袖ディテールが効いてる上品なブラウスを、×ロングタイトでほんのりモードに。袖コントップスをコンサバに着ないことで、新鮮なきれいめコーデが楽しめます。ヒール低めのサンダルでちょっぴりラフに着くずすと、おしゃれっぽくて親近感のあるワントーンコーデが完成♡

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【6】クロシェ編み黒スカート×ベージュブラウス×シルバーサンダル

コンサバ系夏ファッション

ブラックのロング丈だと、レーススカートもグッと大人顔。程よく体のラインにフィットするタイトシルエットには、短丈ブラウスを合わせてすらっとした美スタイルを強調して。ベージュブラウスの軽やかさや、ペタンコのサンダルでプラスするラフな印象もポイントです。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【7】ブルーマーメイドスカート×白ニット×ベージュサンダル

コンサバ系夏ファッション

あざときれいな肌見せならバックシャントップス×ロングスカートがおすすめ。前から見るとごくシンプルなのに、後ろは大胆な背中見せというギャップに、思わずドキッ♡ 小物まで全身を柔らかなペールトーンで統一して、色気がトゥーマッチにならないように優しく着こなすのがポイントです。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞  ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】黒レーススカート×白ニット×黒サンダル

コンサバ系夏ファッション

華やかなレーススカートも、マーメイドシルエットでより今年っぽくアップデート! Vネックのリブニットでスッキリとまとめると、オフィスにもOKな好感度コーデに仕上がります。小物もベージュのハンドバッグや華奢な黒サンダルで上品&フェミニンに。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】ブルースカート×黒ブラウス×ブルーバッグ

コンサバ系夏ファッション

人魚のようなミスティブルーのスカートは、上品で女らしくて好感度バツグン! 辛口な黒リブニットとバックストラップパンプスを効かせると、美人な雰囲気が際立ちます。肌が透けるシアーニットなら、女性っぽさと同時に軽やかな抜け感も生まれて一石二鳥!

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】花柄スカート×ブルーニット×ベージュバッグ

コンサバ系夏ファッション

黒地の花柄スカートは、×ブルートップスで品良くトーンアップ。バックシャンのキレイ色ニットをより素敵に目立たせるため、ボトムはマキシスカートを合わせて肌感を控えめに。足元はヒールサンダルで、あくまでもきれいめに女っぽく!

CanCam2020年9月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/ほのか(本誌専属) 構成/石黒千晶

コンサバ系な夏のパンツファッション

【1】黒オールインワン×ベージュジャケット×ブルーバッグ

コンサバ系夏ファッション

小物で印象が変わる、シンプルなリネン素材のオールインワン。カチッとジャケットをプラスしたら、ビッグクラッチとシルバーアクセで洒落っ気たっぷりに仕上げて。

CanCam2021年7月号より 撮影/前田 晃(MAETTICO) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/石黒千晶

【2】白デニムパンツ×ブルーブラウス×白クラッチバッグ

コンサバ系夏ファッション

鮮やかブルーのシアーブラウスに、カジュアルな白デニムでこなれ感を意識。着こなしがパッと明るくなるエレガントな白レザーのクラッチバッグで大人っぽいシャレ感をアピールすれば、ワンツーコーデがぐっと洗練された印象に仕上がります。

CanCam2021年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【3】白フレアパンツ×ベージュブラウス×黒インナー

コンサバ系夏ファッション

とろみ素材のカシュクールブラウスにベージュのフレアパンツを投入! タックが入った立体的なネックラインはデコルテやバストラインをキレイに見せてくれる効果も♡ ベーシックなベージュのワントーンコーデも素材を意識するだけでリッチ感がUPします。

CanCam2021年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【4】デニムパンツ×ミントジャケット×白インナー×ブラウンサンダル

コンサバ系夏ファッション

爽やかなミント色のジャケットでベーシックなインディゴデニムを春らしく。いつものトラッドが見違える人気のジェラートカラーは肌映りも抜群! ミント色と好相性のキャメル小物で端正な印象も手に入れて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/まい(本誌専属)構成/浜田麻衣

【5】黒パンツ×ピンクジャケット×ベージュインナー×黒ローファー

コンサバ系夏ファッション

てろりん素材のジャケットはシャツ感覚でサラッと軽やかに着こなしたい! ピンクのジャケット以外は、黒・グレーでカッコよくまとめると、無難に見えないあか抜けコーデが完成します。デコルテをちょっぴり肌見せしたら、足元はローファーできちんと系にまとめて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】ブルージャケットセットアップ×白インナー×白バッグ

コンサバ系夏ファッション

きちんと見えするテーラードジャケットのセットアップは、ハーフパンツスタイルで大人っぽいこなれ感を。程よい堅さとおしゃれっぽさが両得できる、今っぽコンサバスタイルです。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/鶴見知香

【7】ミントフレアパンツ×白チュニック丈ブラウス×ベージュバッグ

コンサバ系夏ファッション

清楚さとモード感のバランスがちょうどいい白チュニックで定番コーデを今どきにアップデート! ほんのり甘さが漂うミント色パンツを合わせれば、春らしさ全開のニュアンス配色が完成します。ほっこりしないよう、小物はポインテッドトゥのパンプスや小さめバッグでフェミニンムードを盛り上げて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/石川恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】デニムパンツ×ベージュチュニック丈ブラウス×黒サンダル

コンサバ系夏ファッション

ボリューミーなフリルカラーのブラウスは、シンプルにデニムと合わせるだけで今っぽさ抜群のトレンドコーデに。アクセントになるバッグは、存在感&デザイン性のあるものをチョイスしてコーデのほっこり感を払拭するのがおすすめです。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】ライラックパンツ×黒ブラウス×白バッグ

コンサバ系夏ファッション

ロマ度が高いギャザーデザインのオフショルブラウスも、黒ならモード見えするのでTRYしやすい。そこに品と色気を兼ね備えたライラック色のパンツを合わせて、かわいいだけじゃない洒落感たっぷりのきれいめスタイルを堪能。黒とライラックの配色が大人かわいいムードをつくる近道です♡

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【10】デニムパンツ×白ブラウス×ブラウンサンダル

コンサバ系夏ファッション

デコルテの開きが女らしいブラウスでデニムのラフさをマイルドに♡ カジュアルなテーパードデニムも、爽やか&女のコらしく着こなせます。小物はグリーンやブラウンのナチュラルな色合わせで、コーデのトーンをやわらかに仕上げて。

CanCam2020年9月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

大人かわいい♡コンサバ系ワンピースの着こなし

【1】グリーンワンピース×黒インナー×グリーンパンツ×白サンダル

コンサバ系夏ファッション

一見チャレンジングな肌見せワンピもワントーンなら即洒落見え♡ グリーンのパンツをレイヤードして今っぽくカジュアルダウンすることで、ワンピの今っぽさが引き出せます。小物で夏らしさを演出するのもポイント!

CanCam2021年8月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/金崎吏穏 構成/権藤彩子

【2】ピンクワンピース×バイカラーバッグ

コンサバ系夏ファッション

くすみピンクにフリル袖、王道かわいいカラーワンピは大胆に入ったフロントスリットがあるだけでグッと大人っぽい印象にまとまります。BAGとサンダルは、レザーMIXの小物でまとめて都会的に。

CanCam2021年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【3】ラベンダーワンピース×ベージュバッグ×白サンダル

コンサバ系夏ファッション

甘さ控えめのくすみラベンダーが大人っぽさ抜群! 胸下切り替えで広がるペプラムデザインは腰位置を高く見せてくれて、脚長効果も期待できそう。小物はベージュのミニショルダーやミュールでとことん女っぽいエッセンスを♡

CanCam2021年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【4】花柄ワンピース×グリーンバッグ×ブラウンサンダル

コンサバ系夏ファッション

王道かわいい花柄ワンピこそ、旬の柄やシルエットで今どきにアップデート。今季のトレンド柄である、ヴィンテージライクな線画のフラワープリントなら品のいい華やかさも手に入ります。強い色は使わず、ミント色のバッグやブラウンの華奢サンダルでエモさたっぷりに仕上げて。

CanCam2021年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属)  撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【5】ベージュワンピース×黒バッグ×黒サンダル

コンサバ系夏ファッション

ベージュの大人ワンピは、ウエストを太ベルトで引き締めつつ、裾はドレープが美しいマーメイドシルエットでフェミニンムード満点。上品かつ構築的なデザインなので、ちょっと背伸びなデートスタイルにもぴったりです。小物は黒でまとめて大人っぽく。

CanCam2021年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【6】ベージュワンピース×グリーンバッグ×ベージュサンダル

コンサバ系夏ファッション

センシュアルな透け感ワンピは、インナーに黒キャミをINしてほんのりスパイシーに着こなすのが今っぽい♡ ドレッシーなデザインなので、巾着バッグやつっかけミュールでリラクシーに仕上げるとデイリーになじむ洒落感がプラスできます。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【7】ミントワンピース×白サンダル×シェルバッグ

コンサバ系夏ファッション

ウエストが絞られた最強の大人ワンピは、スモーキーなミントカラーやドライな素材感でこなれ感もばっちり。肌なじみがよく抜け感のあるサンダルと、茶目っ気のあるシェルBAGで夏気分も先取りしましょ。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【8】カーキワンピース×イエローバッグ×キャメルサンダル

コンサバ系夏ファッション

カーキ色の大人ワンピは、ウエストリボン×タック入りスカートのボリューム感がポイント。一枚でメリハリのある、フィット&フレアシルエットが叶います。小物は相性のいいブラウンやイエローで軽やかに。黒でなくブラウン系小物を合わせると今っぽくてやわらかなコーデがつくれます。

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】グリーンシアーワンピース×白パンツ×ストライプ柄バッグ

コンサバ系夏ファッション

透け感のあるグリーンワンピにニットパンツを合わせて、今っぽいレイヤードスタイルに。バッグやサンダルなどの小物でリラックス感をプラスすれば、こなれ見えもばっちりです♪

CanCam2020年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 構成/田中絵理子

【10】ベージュワンピース×カーキジャケット×ベージュバッグ

コンサバ系夏ファッション

涼しげなリネン素材のワンピでナチュラルな魅力がUP! カーキのジャケットやベージュ小物など、全身をドライなトーンでまとめると女っぽさとヘルシーな洒落感がGETできます。

CanCam2020年6月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/田臥曜子 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

ネオコンサバ=「オトナきれい」な着こなしが正解♡

ちょっぴり古いイメージがある「コンサバファッション」ですが、上品できれいめなコーデに程よく抜け感を意識するのが今のトレンド! マーメイドスカートやニュアンスカラーのセンタープレスパンツなど、旬のアイテムを取り入れつつ、カジュアルになりすぎないおしゃれっぽいコーデを楽しんで♡