シャツのおすすめ夏コーデ25選|抜き襟・ストライプ・白シャツの着こなし

美人なシャツで叶える♡2019キレイめMIXコーデ

白シャツ・ストライプシャツ・チェックシャツ…etc.アイテムのバリエはもちろん、着こなしアレンジも豊富なシャツコーデを大特集! はおったり結んだり…旬のシャツstyleで、夏のおしゃれを楽しんで。

【目次】
夏に着たいシャツコーデ
白シャツの夏コーデ
ストライプシャツの夏コーデ

夏に着たいシャツコーデ


【1】べージュシャツ×黒ベアトップ×ブラウンワイドパンツ

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

大流行中のニットパンツは、一枚持っているだけでコーデのシャレ感が急上昇! 体のきれいなラインを程よく拾う細リブやサイドスリットなどディテールも完璧です。シャツをきゅっと前結びにして、脚長効果もちゃっかりアピール。ブラウスと同系色のバッグを合わせて、軽やかな夏コーデを楽しもう♡

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【2】ブラウンシャツ×白キャミソール×ブラウンロングスカート

ヴィンテージムード漂う女の子コーデは、フレンチシックな小花柄スカート×キャミから華奢なデコルテをのぞかせて♡ 小寒いときにも便利なはおりシャツをプラスして、大人っぽいワントーンにまとめれば完成です。実はこのシャツ、メンズのもの。ゆとりのあるサイズ感といい、薄手で光沢感のある素材といいすべてが絶妙。抜き襟でこなれ感を漂わせつつ、ベルトマークで女の子らしいメリハリシルエットをメイクしよ。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【3】小花柄シャツ×ボーダー水着×白デニムショートパンツ

海外リゾートでは、 水着×はだけ服で現地っぽレイヤード『リラクシーな空気が流れる海外リゾートでは、 キメすぎないことがおしゃれ感UPのヒケツ。水着の上に肌感多めのアイテムを重ねたラフなレイヤードスタイルで、 思う存分チルしよう♡』

ボーダー×小花の柄ON柄も、夏らしいビーチスタイルなら楽しめる! 水着のイエローを花柄ブラウスでリフレインすれば、統一感がアップして柄MIXも攻略できます。着こなしにニュアンスが生まれる、ブラウスの前結びテクもマスターを! 上半身に存在感があるので、ボトムは白ショーパンでシンプルにまとめて。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】黒シャツ×赤水着×白デニムショートパンツ

今どきの水際スタイルは、水着の上にゆるシャツやクロシェキャミをラフに合わせるのがおすすめ。黒シャツから赤い水着をちらっと見せて、大人っぽいレイヤードを。リゾートだから!と、気張らないことがこなれて見えるポイントです。

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【5】べージュシャツ×黒ロングワンピース

BITTER BLACK  ベージュ、カーキ、ブラウンなど、落ち着きのあるアースカラーを味方に付ければ、キレよくハンサムな‟辛い黒„の完成!リネンやコットンなど天然素材を選ぶことで、ひとさじの女らしさも漂って。

クロシェの透け感がかわいいワンピースは、一枚ずつ手編みで作られているこだわりのニット素材。ひざ下だけの透け感や今っぽいマキシ丈が、上級者っぽいおしゃれコーデに最適です♡ ばさっとはおったリネンシャツと、ラフなスニーカーで抜け感をプラス。真夏はフラットサンダルを合わせて、よりカジュアルに着こなしても。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【6】シャツ×タンクトップかける白ワイドパンツ

トレンドアイテム・タンクトップが主役のレイヤードスタイル いつものシャツスタイルを今っぽく見せるなら、タンクトップをINしたレイヤードスタイルがオススメです♪ タンクが全体のアクセントになって、ひと手間かかった印象に。ベーシックなシャツも、ボタンを開けてオフショル風に着ればガラリと違った雰囲気が楽しめます。 カジュアル×フェミニンの、新しいシャツスタイルで周りに女子と差をつけて。ボトムは、タンクと同じ白を選んでオールインワン風にまとめると統一感がアップします。 足元は、いつもより少し高めソールのサンダルを選んで、美スタイルも狙いましょ!

撮影/石山貴史 スタイリスト/奥冨思誉里(@shiyoo1225) ヘア&メイク/菊池かずみ(P-cott/@kikku726) モデル/堀田茜(@akanehotta)ディレクション/石黒千晶 構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】トレンドアイテム・タンクトップを女らしく着こなし

【7】パイナップル柄シャツ×デニム×イエローサンダル

人気のパイナップル柄で、定番デニムを今年モードに♪

パイナップル柄のアロハシャツを主役に、夏らしいデニムスタイルを楽しみたい! ボトムに、ヴィンテージ感のあるデニムを合わせれば、今っぽいコーディネートが完成します。シャツはデニムにINすることで、きちんと&女の子らしい印象に♡さらに、シャツの下に、コンパクトな白キャミをレイヤードすれば、男前な柄シャツも女のコらしい表情にシフトします。小ぶりの巾着型バッグを選んで女らしさとトレンド感をプラスしたり、パイナップルを連想させるフレッシュなイエローパンプスを差し色に加えるのがポイントです。足元は高めのピンヒールでレディに盛って♡

撮影/tAiki スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美 ディレクション/新城真紀 WEB構成/吉川 歩

★【今日のコーデ】ピンヒールで女度UP!アロハシャツでつくる最旬デニムコーデ

【8】イエローシャツ×ストライプショーパン×白サンダル

色と柄でPOPに遊ぶ、ヘルシーかわいいショーパンStyle オープンカラーのシャツは、胸ポケットにあしらったフラミンゴ柄の刺しゅうがCUTE♡ インパクトのあるシャツに負けないストライプ柄のショーパンを相棒に、おしゃれ偏差値の高い旬コーデに。ショーパンにトップスをINするときは、下半身をすっきり見せてくれるストライプ柄がオススメです。

撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/手塚明菜

白シャツの夏コーデ


【1】白シャツ×水着×ボーダースカート

ボーダーのニットスカートに、白シャツと白サンダルで女らしさをプラス。爽やかな白シャツはスタイルアップ効果のある前結びで、リゾーティな印象を盛り上げるのが狙いです。

CanCam2019年8月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、SEA DAYS 構成/佐藤彩花

【2】白シャツ×黒キャミソール×ベージュロングスカート

これからの季節に欠かせない肌見せコーデは、リブキャミにロングシャツをバサッとはおる大人ヘルシーな雰囲気がオススメ♡ つややかなサテンスカートやミュールで女らしさを盛り上げつつ、キャップで抜け感を加える…この絶妙なカジュアルテイストもツボなんです。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】白シャツ×グリーンマキシスカート

白シャツ×フレアスカートの女性らしい着こなしに、ハズしとしてスニーカーをプラスした今どきスタイル♡ ヘアターバンやビーズBAG、そしてダッドスニーカなどトレンド小物を盛ることで、いつものシンプルコーデがぐっと今年っぽく仕上がります。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】白シャツ×黒デニムパンツ

ニュアンスで魅せる白シャツは、ハンサムなパンツスタイルに欠かせない最愛アイテム。真っ白ではなく、ほんのりレトロな生成りカラーと開襟が、やわらかな印象に仕上げてくれます。シャープに着こなすなら、デニムはブルーでなく黒を選んでスパイスを。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【5】白シャツ×白ワイドパンツ

ーAkane's Private Fashion Part①ー買ったばかりの新作服で私らしい〝大人シンプル〟普通のシンプルじゃつまらない。ちょっとひねって茜らしいスパイスをプラス。

さわやかな淡色コーデは初夏にぴったり! ニュアンスのあるアイボリーのセットアップは、ラフで大人っぽく着こなして♡ ちょっぴりクセのあるかごBAGやサングラスで、エフォートレスなコーデを今っぽく仕上げましょ。

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【6】いつもの白シャツをアレンジしたレースキャミの重ね着スタイル

いつもの白シャツをアップデート!レースキャミのレイヤードスタイル とろみのある抜き襟シャツは、ランダムリブの表情豊かなスカートに合わせてリラックス気分たっぷりに着こなしたい♡ そんなときは、インにレイヤードしたレースキャミソールをチラ見せさせて、白シャツの着こなしをアップデート。抜き襟とVラインのすき間から、ちらりとのぞく繊細なレースキャミソールで、女っぽさも今っぽさもアピールできます。セクシーなだけでなく、着こなしの奥行きも感じさせるテクニックは即取り入れて。トレンドのリブ素材のスカートは、程よくフィットするので着心地が抜群だったり、体のラインをキレイに見せてくれるのが人気の理由。上下を淡いカラーでまとめた日は、黒小物で全体を引き締めると高級感が増すのでオススメです。

撮影/中田陽子 スタイリスト/丸林広奈(@hironamarubayashi) ヘア&メイク/菊池かずみ(P-cott/@kikku726) モデル/堀田茜(@akanehotta) ディレクション/石黒千晶 WEB構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】白シャツをアップデート!レースキャミの艶っぽレイヤードスタイル

【7】白シャツ×オレンジプリーツスカート×黒サンダル

通勤スタイルを華やかに♡色っぽかわいいプリーツスカートが主役のコーデ コーディネートの主役は、フィッシュテールのロングプリーツスカート。歩くたびに軽やかに揺れる、細プリーツが大人っぽくて印象的です。一枚着るだけでパッと華やかになる、上品カラーも魅力的。シンプルの中にも上品さを忘れないデザインなので、仕事終わりのお誘いにも対応できそう♡ シャツ×プリーツスカートの通勤コーデは、シャツをリネン素材にチェンジすれば今っぽさがアップ! 一枚で着るのはもちろん、夏はTシャツにさらりと羽織れば、こなれたカジュアルスタイルが楽しめます。

撮影/中田陽子 スタイリスト/丸林広奈(@hironamarubayashi) ヘア&メイク/菊池かずみ(P-cott/@kikku726) モデル/堀田茜(@akanehotta) ディレクション/石黒千晶 WEB構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】通勤スタイルに変化をつけたい!そんな気分にぴったりのスカートコーデ

【8】ストライプシャツ×ネイビーショーパン×黒サンダル

プチプラでかわいすぎる!GUで見つけたクリアバッグ 定番の白シャツに、トレンドのショートパンツを合わせたコーディネート。オフィスシーンでも活躍する白シャツですが、リネン素材をセレクトすると着回しがきくうえに夏の日でもさらりと着こなせます。ミニ丈のボトムは、ちょい長めの丈を選ぶのがポイント。足がキレイに見える&大人っぽく上品な印象に仕上がります。夏は服がシンプルになる分、小物で盛りたいのがおしゃれゴコロ。トレンド素材のPVCバッグやアンクルストラップのサンダルでトレンド感を投入すれば、コーデ全体がグッと今っぽく仕上がります。

撮影/女鹿 成二(@seiji_mega) スタイリスト/青山絵美(@emi_aoyama)ヘア&メイク/林 由香里(ROI)(@yukarihayashi) モデル/堀田 茜(@akanehotta) ディレクション/浜田 麻衣 WEB構成/尾身 綾子

★【今日のコーデ】コスパ最強!雨の日にぴったりなGUアイテム

【9】白シャツ×デニム×イエローバッグ

シャツ×デニムに映えるイエローバッグを相棒に♡ 暑い夏にぴったりなビスチェがヘルシーに取り入れられるのも、白シャツ合わせのいいところ♡ ボトムは、カジュアル&楽ちんなデニムスカートでラフに仕上げて。鮮やかなイエローのバッグは、コーデのアクセントにもぴったりです。サングラスも、バッグに合わせてイエローで統一(実はネイルも♡)。さりげない色のリンクは、おしゃれ度を高く見せるおすすめテク♪ サンダルは、華奢なアンクルストラップで女性らしい雰囲気に。

撮影/tAiki スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/菊池かずみ  モデル/トラウデン直美  ディレクション/新城真紀

★【今日のコーデ】注目ブランド「HAVEFUN」のカラーバッグが主役

【10】白シャツ×ストライプショーパン×白ローファー

クリーンな白を効かせて正統派のトラッドガールに! 定番の白シャツに、ヘルシーな肌見せを叶えてくれるストライプ柄のショーパンをコーディネート。太ももをカムフラージュしてくれるフレアシルエットなので、ショーパン初心者にもオススメです。シンプルに合わせたコーデには、メガネやベルト、そしてローファーなど、トラッド小物を多めに盛っておしゃれっぽさをプラスして。

撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/権藤彩子

【11】白シャツ×イエローフレアスカート

HAPPY気分を盛り上げるレモンイエローが味方♡ ビタミンカラーのスカートで、鮮度の高い大人コーデを堪能♡ キャンディカラーの中でも、甘さとヘルシーさが両方楽しめる、フレッシュなイエローがコーデの主役に。色自体にパワーがあるので、トップスはシンプルな白シャツくらいが好バランスです。小物は白でまとめて軽やかなトーンをキープして。

撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/森 ユキオ モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【12】白シャツ×グリーンワンピース

腕まくり&裾アレンジシャツでワンピにこなれ感を シンプルなワンピースは、シャツを羽織ったり、腰に結んでニュアンスをつけるだけで、グッと今っぽい印象に。そこで、一枚でも十分かわいいビビッドなグリーンのワンピに、前縛りの白シャツをON! コンパクトにプラスした白シャツ効果で、こなれ感もUPします。前縛りのシャツ合わせはスタイルもよく見えるのでオススメ。カラー小物やカンカン帽を投入して、オシャレな大人の休日スタイルを完成させて。

撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【13】白シャツ×ショーパン×ベージュコンバース

白シャツ×ショーパンのヘルシーなアクティブスタイル 心も開放的になれる夏は、やっぱりショーパンがはきたくなる♪ キャミにシャツをレイヤードして、ちょっぴり大人仕様に。夏気分を盛り上げるには、つば広ハットもマストです。スニーカーは肌になじむベージュを選べば、脚長効果もばっちりです!

撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

ストライプシャツの夏コーデ


【1】ストライプシャツ×ネイビースカート×白パンプス

トレンドの「抜けシャツ」で細く見せる!上品春コーデ夏のきれいめコーデに欠かせないのは、さわやかで女らしいストライプブラウス。適度に体が泳ぐシルエットなら、ストライプがフェミニンに見える上に、細見えの視覚効果もいただきです♡ そんな女子っぽブラウスに合わせたのはヘムフレアスカート。前後で長さに違いがあるアシンメトリーなデザインなので、歩くたびに後を追いかけるように揺れる裾や、脚線をキレイに見せてくれるシルエットが人気です。

撮影/中田陽子 スタイリスト/橘内茜(@connie1030) ヘア&メイク/只友謙也 モデル/天野一菜 ディレクション/石黒千晶 WEB構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】トレンドの「抜けシャツ」で細く見せる!上品春コーデ

【2】赤ストライプシャツ×デニム

他とかぶらないちょっぴりレトロなストライプシャツ レトロ感のあるストライプシャツをストレートのデニムと合わせて、ヴィンテージ感のある着こなしに。古着っぽいアイテムを選ぶと、赤のストライプも派手になりすぎずに着こなせます。

撮影/川原崎宣喜

★高円寺の古着屋で見つけた、ちょっぴりレトロなストライプシャツ【週末コーデ】

【3】ピンクストライプシャツ×ピンクスカート×白バッグ

2WAYシャツが主役♡ 大人かわいいワントーンコーデ 着回しの効く万能2WAYシャツは、季節の変わり目にお役立ち。華やかで清潔感のあるストライプは、品よくフェミニンで好感度抜群です! ボトムは、ピンクのスカートを合わせて同系色でまとめれば、小粋なワントーンコーデが完成。シャツを着る日は、首、手首、足首をスッキリ出した〝3首見せ〟を徹底すれば、適度な肌見せ効果で着こなしをバランスよく見せることができるんです。サンダルは、肌なじみのいいベージュをチョイス。視覚効果で足がちょっぴり長く見えるテクもチェックして。

撮影/岡本 俊(まきうらオフィス)(@shun_okamoto_) スタイリスト/青山 絵美 ヘア&メイク/MAKI(P-cott) モデル/堀田茜(@akanehotta) ディレクション/新城真紀 WEB構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】万能すぎ!着回しの効くかわいい2WAYシャツを発見

【4】シャツ×ラベンダースカート×シルバーサンダル

背抜きシャツで大人っぽい肌見せコーデにTRY! ともすれば、コンサバど真ん中のシャツ×タイトスカートという組み合わせも、鎖骨見えが大人っぽい背抜きシャツを選べば今っぽい印象にシフト! ハイウエストスカートをなら脚長効果も叶うので、「スタイルいい!」って思われそう…♡ 淡いトーンでつなげた配色も、フェミニンで好感度抜群です。

本誌撮影時スタッフ: 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

 

★夏も秋も大活躍♡2019おすすめTシャツコーデ33選|白・黒・ラメ入りTシャツ

>>CanCam.jp TOPへ戻る