ピンクワイドパンツの春コーデ6選|ペールピンク・ダスティピンク・ビビッドピンクなど

ピンクのワイドパンツコーデを厳選Pick!

春に着たくなるピンクの中でも、甘さよりおしゃれ感度の高さがアピールできるワイドパンツは推し! 合わせるトップスは?アウターは? インパクトのあるピンクワイドパンツを今っぽく取り入れた、春のおすすめコーディネートを紹介します♡

REN's STYLE 〝今買ってすぐ使える〟春のItアイテムで10days着回し

【1】ベージュワンピース×ピンクワイドパンツ

総花柄のロングブラウスに、淡いピンクのパンツを重ねたレイヤードコーデ。肌になじむペールピンクを選んでフェミニンな仕上がりに。すっきり見えるAラインなら、淡い色でも膨張せずに着こなせます。

CanCam2019年5月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/伊東牧子 ヘア&メーク/美舟(SIGNO) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【2】パープルロングカーディガン×白カットソー×ピンクワイドパンツ

REN's STYLE 〝今買ってすぐ使える〟春のItアイテムで10days着回し

ワイドパンツにロングカーデを合わせて、今年っぽいゆるシルエットをメイク。体に程よくフィットするロングカーデが縦ラインを強調してくれるので、ルーズな合わせでもスタイルUPが叶います。春っぽかわいい、ピンク×パープルの配色も新鮮です♡

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/斉藤 誠(Lila) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【3】カーキブルゾン×白カットソー×ピンクワイドパンツ

REN's STYLE 〝今買ってすぐ使える〟春のItアイテムで10days着回し

ピンクのワイドパンツ×MA-1で、アクティブ感と女の子らしさのいいとこ取り♪ 肌寒い日はタートルニットをインナーに仕込んで寒さ対策を万全に。カーキのアウターをはおるときは、白タートルで顔周りをトーンアップするのもオススメです。

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/斉藤 誠(Lila) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【4】白ニット×ピンクワイドパンツ

REN's STYLE 〝今買ってすぐ使える〟春のItアイテムで10days着回し

春気分がグッと高まる、華やかピンクのワントーンコーデ♡ ざっくりニットにワイドパンツを合わせたゆるシルエットは、おしゃれ感もありつつ、女性らしい華奢見えまで叶えてくれる理想的な組み合わせ。仕上げは白やベージュ小物で、やわらかなトーンをキープしましょ。

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/斉藤 誠(Lila) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【5】ピンクニット×白ブラウス×ピンクワイドパンツ

同じ色ばかりじゃツマラナイ 印象を変えるなら、色を変えるのがイチバン! 春だから〝私に合う色〟を更新

ピンクニットにビビッドピンクのパンツを合わせて、強くてフェミニンな同系配色に。色を欲張れる季節だからこそ、ピンクの濃淡コーデで思いっきり春を楽しんでみるのもあり! インナーに白ブラウスを挟んで抜け感を出したり、子供っぽくならないように辛めの黒小物でシャープにまとめて。

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/斉藤 誠(Lila) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【6】白シャツ×テラコッタインナー×ピンクワイドパンツ

おしゃれなムードが今すぐ作れる、4つのトレンドKEYWORDHow to make 〝the mood〟? 3 素材やデザインで即おしゃれ顔♡[ プレイフルボトム ]『派手色や柄物を取り入れるならトップスではなく、顔から離れてるボトムに差し込むのが「ムードあるおしゃれ」的には正解!』

春のピンクはトレンドのミュートカラー&甘さ控えめのワイドパンツで、大人めに取り入れるのが正解! テラコッタ色のインナーで淡いトーンを引き締めつつ、ゆるっとはおった白シャツで春らしい印象を引き立てて。セレクトショップで見つけたような、小ぶりのカゴBAGやチェック柄の靴で今っぽさをプラスすれば、こなれ感のある春色コーデが完成します♡

CanCam2019年4月号より 撮影/伊原木美香 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/手塚明菜  

 

>CanCam.jp TOPに戻る