黒コンバースのコーデ11選|20代レディースファッション

定番スニーカー♡黒コンバースの着こなし

ロングセラーの黒コンバースはオールシーズン使える定番アイテム。黒コンバースと合わせる、大人っぽいカジュアルスタイルを、ハイカット・ローカットのタイプ別に紹介します♡

【目次】
黒のハイカットコンバース 夏コーデ
黒のローカットコンバース 夏コーデ
黒のハイカットコンバース 冬コーデ
黒のローカットコンバース 冬コーデ

黒のハイカットコンバース コーデ


【1】黒のハイカットコンバース×白Tシャツ×黒パンツ×ジャケット

ーAkane's Private Fashion Part③ージャケットで〝大人シンプル〟を極めたい 今いちばんアディクトなファッションアイテムはジャケット。お気に入りの4枚はこう着ています!

ベージュ系のチェック柄ジャケットを、黒デニムと黒コンバースで大人カジュアルに。インナーに白Tシャツをはさむことで、ジャケットも軽やかに着こなせます。

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【2】黒のハイカットコンバース×白ワンピース×赤ブルゾン

直線的なTシャツワンピは腰巻きブルゾンでメリハリ感をUP!

ストンとしたトレンドのTシャツワンピを、今っぽく&スタイルよく見せるなら小物合わせや着こなしに技をきかせて。シルエットがのっぺりとしがちなTシャツワンピは、腰にナイロンブルゾンを巻いてウエストマーク。スタイルアップも体型カバーも叶います。キャップ・スニーカー・リュックなど、小物はシンプルな黒を選んでボーイズライクに。

★【今日のコーデ】ミルクフェドのロゴ入りTシャツワンピが可愛すぎる♡

黒のローカットコンバース 夏コーデ


【1】黒のローカットコンバース×白タンクトップ×ブラウンパンツ

この夏取り入れたいウエストポーチは、短めに斜めがけするのが簡単テク。シンプルコーデに合わせるだけでサマになるし、何より楽ちんなのが嬉しい! さりげない小さめサイズ&黒で大人っぽくプラスすれば、白のタンクトップ×ワイドパンツの締め小物にもぴったりです。

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】黒のローカットコンバース×黒マキシワンピース

ーAkane's Private Fashion Part①ー買ったばかりの新作服で私らしい〝大人シンプル〟普通のシンプルじゃつまらない。ちょっとひねって茜らしいスパイスをプラス。

ガーリーワンピこそ、シックな黒で脱甘めを目指すのが最旬ルール。デコルテのスクエアカッティングやウエストのギャザー、そして細かいドットなどシンプルだけど小技が効いた一枚です。足元はカジュアルなスニーカーを合わせて、デイリー仕様に着こなして。

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【3】黒のローカットコンバース×ボーダーカットソー×白パンツ

シャープな黒小物でキリリと!真夏の大人めマリン

夏の定番マリンスタイルも、落ち着いたモノトーンのボーダーカットソーを合わせるとグッと新鮮な印象に。あえて「赤」を使わない、クールで大人なマリンコーデは、こなれ感も抜群です♪ カジュアルなボーダーを爽やかに受けとめるなら、ボトムは白のワイドパンツが適役。夏のモノトーン配色は、つねに軽さを心がけて。おしゃれっぽい黒のキャスケットも、定番のボーダーコーデをちょっぴりハンサムに仕上げる必需品。足元は黒のコンバースで、全体の印象を引き締めて。

★【今日のコーデ】「黒」の分量がカギ!真夏の大人めモノトーン

黒のハイカットコンバース 冬コーデ


【1】黒コンバース×スーパーロングコート

スーパーロングコートでおしゃれな空気を醸し出して

シャープなグレーのワントーンは、ストリートMIXで等身大な着こなしに。くるぶし丈や長めのベルトがモードな印象を与える分、フーディやスニーカーを合わせて一歩先行くコーデを意識して。色味をまとめることで、感度の高いシャレ見えコーデがきまります。

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

黒のローカットコンバース 冬コーデ


【1】黒コンバース×ブラウンのロングスカート

レトロかわいいムードが漂うマルチカラーのボーダーニット。ちょっぴり大胆な大柄は、ベーシックな配色でTRYするのがオススメです♪ 配色のひとつをひろったブラウンのスカートで品よくまとめれば、女の子らしさもしっかりKeep。締め色の黒コンバースや大きめのファーBAGを投入して、ヴィンテージ感が新鮮な最旬コーデを完成させて。

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 プロップスタイリスト/尾崎 愛 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/TOKYO CLASSIC CAMP 構成/手塚明菜

【2】黒コンバース×ヒョウ柄スカート×ロゴTシャツ

カフェモカ色にヒョウ柄&ロゴTでスパイスを効かせて

パンチのあるレオパード柄のスカートを、カフェモカ色のふわふわカーデでマイルドに中和。ところどころに黒を効かせることで、大人っぽさをON&印象がぼやけないよう引き締めるのがポイントです。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】黒コンバース×ケーブルニット

上品パールと赤リップでケーブルニットを女っぽく!

幼く見えたりトラッドにまとまりがちなケーブル編みニットには、赤リップ&パールピアスで顔周りにオトナの女っぽさをふた盛り! 赤リップ、おくれ毛、パールピアスと、女らしさを意識的にトッピングして、ネイビーニット×ベージュパンツの定番コーデをnotほっこり着こなして。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/木村 晶

【4】黒コンバース×千鳥格子コート

バランスのとれた白黒配色でおしゃれな存在感に♡

全身モノトーンでも、つい目にとまってしまうバランスのとれたモノトーンコーデ。コートとボトムのメリハリバランスやダークカラーに抜け感をつくる白使いなど、おしゃれの完成度を上げる着こなしは要チェック! トラッドな千鳥格子コートは、ノーカラーのオーバーシルエットを選んでスポーティに着ると鮮度もアップ。少しだけ肩を抜いて、ラフでこなれた雰囲気を狙うのも計算ずくです。

CanCam2019年1月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/Saturdays NYC Tokyo 構成/木村 晶

【5】黒コンバース×ショート丈ダッフル×ロングスカート

ショート丈ダッフルで魅せる大人ガーリーstyle

かわいい第一印象を約束する、女の子らしさ満点のダッフルコートがコーデの主役。Tシャツとロングスカートを合わせたラフだけど女の子らしい着こなしは、ダッフルともよく合います! 足元はスニーカーを合わせて、甘めのコートをラフ&ヘルシーに♪

CanCam2017年12月号より 撮影/須江隆二(See) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 VD/菅 博子 構成/新城真紀