一枚できちんと見え♡シャツのおすすめ秋冬コーデ13選|ドット柄・ストライプなど

着回し力も抜群!シャツで作るおすすめコーデ集

シーズンレスで楽しめるおすすめのシャツコーデを大特集! 一枚で着てもレイヤードしても、今年っぽく着られるシャツコーデ。肌寒い季節には、ニットやはおりのインナーに挟むだけで、見た目の今っぽさも防寒も叶います。重ね着のシャツコーデや、チェック・ストライプ・白シャツなど、アイテム別の最旬コーデを紹介します♡

 

【目次】
おすすめ重ね着シャツコーデ
チェックシャツのおすすめ秋コーデ
ストライプシャツのおすすめ秋コーデ
白シャツのおすすめ秋コーデ

 

白シャツのおすすめ秋冬コーデ


【1】タートルニット×白シャツ×チェックパンツ

リバイバルした「かわいい 」が今っぽ見えのポイント

ベージュコートとチェックパンツで、ベーシックな大人コーデに。シックなベージュのタートルが白シャツの持つ端正な印象を底上げ。さりげなく女性らしいムードを醸すタートルがポイントです。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】黒タートル×白シャツ×ニットパンツ

リバイバルした「かわいい 」が今っぽ見えのポイント

シンプルな黒タートルもトレンドのロングシャツを重ねて洒落感UP!ニットパンツをプラスして、徹底的に今っぽさを意識したシルエットに♡ プラスワンの肩掛けニットが、コーデに奥行きを作ってくれます!

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】ショートダウン×タートル×白シャツ×ロングスカート

リバイバルした「かわいい 」が今っぽ見えのポイント

旬のタートルINは、重ねるトップスと色のコントラストをつけると効果的。ショート丈のダウンで上半身にボリュームを出しながら、メリハリのあるシルエットに。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

重ね着シャツのおすすめ秋冬コーデ


【1】ブラウンタートルニット×シャツ×ブルースカート

リバイバルした「かわいい 」が今っぽ見えのポイント

奥行きが増す同色のレイヤードで、絵になる着こなしを手に入れて! 旬のBIGシャツは、重ね着やブラウジングで遊びを加えることで、スタイリングに幅が出せます。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】ブラウンタートル×シャツ×黒スカート

リバイバルした「かわいい 」が今っぽ見えのポイント

肌なじみのいいベージュのタートルニットで旬のシャツONに挑戦! “上品さ”の中にうまく溶け込むレイヤードで、まわりと差がつくレディスタイルに。ベージュ×ピンクの配色がフェミニンなので好感度も高めです♡

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】白タートル×グレーカーディガン×黒パンツ

 

リバイバルした「かわいい 」が今っぽ見えのポイント

タートルニット×ニットカーディガンの間にさりげなく挟んだシースルーシャツ。異素材をプラスすることで小粋で軽やかな透け感&抜け感が生まれます。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【4】シャツ×マウンテンパーカ

リバイバルした「かわいい 」が今っぽ見えのポイント

引き続きトレンドのスポーティなアイテムは、レイヤードで勝負! パーカからはきちんと感のあるシャツ襟を、レーススカートからはニットレギンスをのぞかせて、今っぽくてかわいい♡おしゃれを盛り込んで。

CanCam2018年10月号より 撮影/今城 純(D-CORD) スタイリスト/奥野友佳 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】ドット柄ブラウス×ピンクワイドパンツ

#02 秋アイテムの着こなし、すごいテクがいっぱい! な達人たちが登場!“ゆめ盛り”上手なインスタグラマー!Part2 おしゃれ達人!のこの秋やりたい“ゆめ盛り”テクニック、教えて!いつ見てもおしゃれな人はどうやって自分を盛ってる!?アイテムの選び方からディテールのこだわりまで、使えるテクニックを大公開!『私服もメークもトレンド最先端のCanCamスタイリスト!まるちゃんこと丸林広奈は赤味系アイテムで女っぽさを“ゆめ盛り”!この秋は直感的に赤いニュアンスのものにトキメキを感じてて! 買ったアイテムを並べてみたら、赤みの強いものばかり 自分でも驚きました(笑)。だからこの色を上手に使って女っぽ♡なコーデを楽しみたいなって思ってます』

エッジの効いた濃いめピンクのパンツは、とろみ素材を選んでレディに仕上げて♡ ハリ感があると強すぎて女性らしさが薄れちゃうので、女度を重視するならとろみ素材がマストです。シャツを背抜きにしてデコルテ見せをしたり、着方でも女っぽさを“ゆめ盛り”してます!

CanCam2017年11月号より 撮影/野口マサヒロ(BIEI) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/冬木慎一(Sui)  構成/長谷川 礼、正谷優貴

チェックシャツのおすすめ秋冬コーデ


【1】グレータートル×チェックシャツ×黒スカート

#06 レディな気分のこの秋、頼りになるのは、膝が隠れるちょっと長め丈のスカート♥ スカートは〝ちょい長め丈〟がおしゃれ!今どきの〝大人かわいい〟バランスを作ってくれるのは、膝が少し隠れるくらいの「ちょい長め丈」スカート。長すぎず短すぎない…この絶妙な丈感で、おしゃれ&スタイルアップを両立させて♪『Skirt 1 こっくりカラーで深みのある着こなしに♥ 秋色フレア今欲しいのは、ノスタルジックな秋の街にふさわしい深みのあるこっくりカラーと、上品なふんわりフレア。ふたつはよくばり? 大丈夫、〝かわいい〟に貪欲になれるのは女の子だけの特権だから♡』

少量のグレーが作るシックな抜け感で、大人に似合うカジュアルバランスを提案! ショートシャツ×ロングスカートで脚長見えも叶います。チェックの色味とリンクさせた、ベージュコンバースもポイントです♡

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】シャツ×ニット×ミニスカート

#06 レディな気分のこの秋、頼りになるのは、膝が隠れるちょっと長め丈のスカート♥ スカートは〝ちょい長め丈〟がおしゃれ!今どきの〝大人かわいい〟バランスを作ってくれるのは、膝が少し隠れるくらいの「ちょい長め丈」スカート。長すぎず短すぎない…この絶妙な丈感で、おしゃれ&スタイルアップを両立させて♪『Skirt 1 こっくりカラーで深みのある着こなしに♥ 秋色フレア今欲しいのは、ノスタルジックな秋の街にふさわしい深みのあるこっくりカラーと、上品なふんわりフレア。ふたつはよくばり? 大丈夫、〝かわいい〟に貪欲になれるのは女の子だけの特権だから♡』

チェックシャツ×ミニスカートの鉄板コーデも、インにハイネックのカットソーを仕込むだけで見た目の印象ががらっとチェンジ! オフ白を選ぶことで、顔まわりのトーンアップもばっちりです♡ 仕上げのコーデュロイキャップも、コーデの完成度を上げてくれる秘密兵器。大ぶりのフープピアスで小顔効果も狙いましょ。

CanCam2019年1月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/ビオセボン中目黒店、ミーガン バー&パティスリー 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【3】ギンガムチェック柄シャツ×スカートのセットアップ

レディに仕上げたフレンチシックなセットアップ風コーデ

ギンガムチェックのセットアップ風コーデでレディな気分に♡ ヴィンテージライクな小物をチョイスすれば、より洗練されたスタイルが完成します。 足元はパンプスではなくブーティーを投入して、大人っぽくまとめるのがオススメ。差し色を効かせずモノトーンでまとめたシックなコーデも新鮮です!

★【今日のコーデ】大人気!ユニクロのコラボセットアップがなんてレディ♪

【4】チェック柄シャツ×フリンジタイトスカート

チェックシャツ×フリンジタイトスカートのこなれカジュアル

ラフに過ごせるチェックシャツ×フリンジ付きのニットスカートで、こなれたカジュアルスタイルに♡ 白黒のチェックシャツはデニムに合わせるスタイルはもちろん、黒のタイトスカートに合わせてパリシックに着こなしても。ラフで今っぽい印象がアピールできます。

★【今日のコーデ】ユニクロのチェックシャツは着回し力ばつぐん!

ストライプシャツのおすすめ秋冬コーデ


【1】ストライプブラウス×ピンクスカート

#06 レディな気分のこの秋、頼りになるのは、膝が隠れるちょっと長め丈のスカート♥ スカートは〝ちょい長め丈〟がおしゃれ!今どきの〝大人かわいい〟バランスを作ってくれるのは、膝が少し隠れるくらいの「ちょい長め丈」スカート。長すぎず短すぎない…この絶妙な丈感で、おしゃれ&スタイルアップを両立させて♪『Skirt 1 こっくりカラーで深みのある着こなしに♥ 秋色フレア今欲しいのは、ノスタルジックな秋の街にふさわしい深みのあるこっくりカラーと、上品なふんわりフレア。ふたつはよくばり? 大丈夫、〝かわいい〟に貪欲になれるのは女の子だけの特権だから♡』

見る人に強い印象を与える、ドラマティックなボルドーのスカート。艶やかなその色味で、なにげない日常を華やかに彩って♪ シンプルなシャツやニットを合わせてもかわいいけど、より「今っぽく」仕上げるなら、鮮度の高いストライプブラウスやカゴBAGをMIXしましょ♡

CanCam2017年10月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/新城真紀

★寒い日こそあったかかわいく♡最高・最低気温10度のおすすめコーデ42選

 

一枚で着ても重ねても、コーデの格上げを約束してくれるシャツはレイヤードブームの火付け役! 無地やプリントによって印象がガラりとチェンジするので、シャープに見せるならストライプ柄、レディならドット柄、ハンサム系なら白シャツがおすすめです♡

 

★寒い日こそあったかかわいく♡最高・最低気温10度のおすすめコーデ42選

>CanCam.jp TOPに戻る