GUも人気♡茶色のショートブーツ、もう買った?【トレンドの冬コーデ14選】|2022冬レディース

ブラウンショートブーツの最旬コーデ

茶色ショートブーツ冬コーデ

今シーズン、足元のおしゃれ作りに一足は持っていたいショートブーツ。中でも、トレンドカラー「ブラウン」のブーツは旬のコーデに必要不可欠! ベージュ系のグラデーションやニュアンスカラーの締め色に必須なので、まだ持っていないという方はすぐにGETがおすすめです。ここでは、茶色(ブラウン)のショートブーツを取り入れる冬コーデを紹介します♡

GUで発見!プチプラの茶色ショートブーツ

ファッション小物も大人気のGUから旬の茶色ブーツをご紹介♡ ぜひチェックしてみてくださいね!

■GU ファインフィットショートブーツ

茶色ショートブーツ冬コーデ

シンプルなデザインでどんなスタイルにも合わせやすく、パンツともスカートとも合わせやすいアンクルブーツ。細めのヒールでスタイリッシュな印象に。ブーツにうれしい抗菌防臭機能付きでいつも快適なうえ、撥水機能で雨の日も安心♡

■GU ファインフィットレースアップブーツ

茶色ショートブーツ冬コーデ

画像提供元/GU

カジュアルもマニッシュスタイルにもぴったりのレースアップデザイン。足元にボリューム感を足せるので、いつものコーデを今っぽくシフトさせたいときに最適!

茶色ショートブーツを合わせるポイント

茶色ショートブーツ冬コーデ

  1. ニュアンスカラーコーデの締め色におすすめ
  2. きれいめコーデはレースアップなどハードなデザインでカジュアルダウン
  3. 上品さを出したいときはスムースやベロア素材のショートブーツが◎
  4. ショート丈ワンピに合わせるとバランスの良い着こなしに

茶色ショートブーツのレディース冬コーデ

【1】レースアップブーツで甘コーデをカジュアルダウン

01 ふわふわファーブルゾンをガーリーに着たい♡『この冬、狙ってるアウターはコレ!』

ゴツめブーツは甘めのコーデに今っぽい辛さが足せる便利アイテム。トレンドのファーアウターやベージュの淡色グラデが今っぽく引き締まります。人気のファーコートは、ゴージャスな感じを避けたいので、ロゴTシャツをインしてカジュアルに着こなすのがおすすめ。ボトムはタイトなニットスカートを選んですっきりIラインを強調。

CanCam2022年2月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/手塚明菜

【2】茶色ブーツを合わせる上品ワンピスタイル

PATTERN03.前ボタンワンピ×ハイネックトップス

スムースレザーの華奢ヒールブーツは、きれいめコーデの仕上げに最適! シンプルなバンドカラーワンピのボタンを開けて抜け感のあるシアータートルを合わせれば、ニュアンシーで今っぽい着こなしに♡ 小ぶりなチェーンバッグやヒールブーツでツヤとキレ味をプラスして、ほっこりしすぎないようバランスを取るのがコツ。

CanCam2022年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/有田梨華、木谷成良 構成/浜田麻衣

【3】やわらかな茶色×白のカフェラテ配色コーデ

@同棲中のリモートDayならきれいめニットワンピ

ケーブル編みがかわいいエクリュのニットワンピは、同系色であたたかみのあるボアブルゾンを合わせてモテコーデに。締め色はブラウンのブーツとバッグを上手に散らしてメリハリを。おしゃれニュアンスが漂うカフェラテ配色と辛口ボアコートで、ほっこりかわいいニットワンピをブラッシュアップ。

CanCam2021年12月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】通勤におすすめなニュアンスカラーコーデ

@ショッピングDateなら淡カラーウールコート

どんなトレンドカラーともなじむブラウンのショートブーツは今季マスト! あいまいカラーのグレーラベンダーのコートともすんなりとマッチします。コートの下は、モーヴピンクのプリーツスカートにコンパクトなニットをすっきりIN! スタイルアップもばっちりです。

CanCam2021年12月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】コーデを優しく締めるならブラウンブーツが推し!

@おしゃれなカフェDateならカジュアルトップス×ツイードスカート

ブラウンスエット×赤タイトの配色が大人かわいいフェミニンコーデ♡ ふんわりボリューム袖とすっきりタイトの美シルエットでメリハリをつけると、甘めのアイテムも大人っぽく着こなせます。重要な足元は、ショートブーツはブラウンを選んでコーデをやわらかく引き締めて。

CanCam2021年12月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】ポンチョコートの足元はショートブーツが好相性

4 ポンチョコート×女っぽワントーン

ポンチョ×ツヤスカートの新鮮な組み合わせで、無難になりがちなワントーンコーデを今季らしく刷新! ベルト付きポンチョなら腰位置も高く見え、スタイルUPも約束できます。足元は明るめのブラウンブーツでさりげなくメリハリを。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【7】ブラウンワントーンは濃淡を意識した配色に

個性的なショートブーツがアクセントの冬モテコーデ。人気のレイヤードワンピは、体のラインに程よくフィットする細リブニットが大人っぽくておすすめ。ボルドーで統一したミニBAGとシースルーブーツを合わせて、とことんフェミニンに着こなして。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【8】旬色セージグリーン×ブラウン小物の冬コーデ

Katoshi Meets SAGE GREEN

気負いなく着られるのに即あか抜けるセージグリーンの洗練ワンピは、渋めの色味で大人っぽく。ニットベストがレイヤードされたセットワンピなら、着るだけで上級者見えが叶います♡ 小物はベージュとブラウンで色を混在させないのがポイント!

CanCam2021年11月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【9】流行フリルニットでブラウンのグラデコーデ

no.4 ロマンティックフリル

大ぶりのフェミニンなニットは、ベージュ~キャメルのブラウングラデで品よく投入。ピリッと引き締まる黒のパイピング効果で、甘めのフリルもモード顔にシフトします。×レザー風スカートで重ため&シャープに仕上げたら、ミニショルダーとヒールブーツでバランスよく!

CanCam2021年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【10】レースアップブーツでシンプルコーデを大人めに

STYLEMIXER『大人モードでON⇔OFF着られる!』

白トップス×ピンクベージュスカートのフェミニンな合わせも、ゆるっとしたCPOジャケットを羽織るだけでこなれモードに即シフト! シルバーのバッグやポインテッドのレースアップブーツを合わせて、カジュアルコーデもピリッと大人顔にまとめましょ。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【11】茶色のショートブーツでフェミニンなデニムコーデ

大人フェミニン・ほのかはこの3アイテムで対人運UP

ブラウンのヒールブーツは、きれいめにもカジュアルにも活躍! 楽ちんデニムに軽やかなショートコートをはおるリラクシーなコーデに、ヒールブーツで女っぽさをONすれば脚長効果も高まります。ニットとコートをベージュカラーでまとめれば、品のあるきれいめカジュアルの出来上がり♪

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【12】シンプルコーデは小物合わせでシャレ感UP!

プレイフルなあやみニットをまず1枚

旬のワントーンコーデは、ベージュニット×ブラウンスカートの異素材感が今っぽい!ルーズな長め丈ニットは、ベルトでウエストマークをしてシルエットに遊びを加えるのがポイントです。ブラウンのレースアップブーツや同系色のスカーフを巻いておしゃれムードたっぷりに着こなして。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【13】カーキ×ブラウン小物でつくる大人カジュアルコーデ

プレイフルなあやみニットをまず1枚

キャメルブラウンのレースアップブーツが映えるアースカラーコーデ。サテンの異素材ニットと女らしいタイトスカートでセンシュアルにまとめたら、小物はカーキと相性のいいキャメルでまとまりよく仕上げましょう。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【14】濃いめの茶色ブーツをニュアンスカラーの締め色に

リモートの機会が増えたから 通勤・休日両方いけるコートを〝相棒〟にしてみる。

パープル系のトップスとグレーデニムのきれいめカジュアルに、大人っぽいロング丈のリバーコートをON! ほんのりカジュアル要素を足すときれいめなリバーコートもフレッシュに着こなせます。足元は濃いめのブラウンブーツを締め色に取り入れて。

CanCam2020年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/渡嘉敷愛子 モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/鶴見知香

ニュアンスカラーコーデの締め色にもおすすめ♡

ベージュや白、ミントなどニュアンシーな配色のコーデには、黒よりもまろやかな茶色のショートブーツがぴったり♡ メリハリが出すぎないから、優しくコーデを引き締めてくれます。きれいめコーデをレースアップの茶色ブーツでちょっぴり辛口にしたり、シンプルな着こなしにヒールのあるブラウンブーツを合わせてオフィスコーデにしたり、選ぶデザインでコーデの印象に変化がつけられます!