デニムでこなれ見え♡冬のおすすめコーデ21選

シーズンレスで活躍!おすすめデニムコーデ

こなれコーデに欠かせない、冬のデニムスタイルを大特集! シーズン問わず大活躍のデニムパンツは、ニットやアウターと合わせた冬コーデにも必須♡ 着回しやすいスキニーデニムの着こなしや、スニーカー・ブーツとデニムを合わせるおすすめコーデもお届けします。

【目次】
デニムパンツ 冬の着こなし
スキニーデニムパンツ 冬コーデ
デニムパンツ×スニーカー 冬コーデ
デニムパンツ×ブーツ 冬コーデ

デニムパンツ 冬の着こなし


【1】BIGサイズのもこもこカーデで憧れのセレブカジュアルに

ざっくり&ボリューミーな白ニットに包まれて、究極にかわいい♡女子コーデが完成! ざっくり編まれたハンドメイドのボリューム感がかわいい♡と、世界中で大人気のオーストラリア発ブランド、I Love Mr Mittensのカーディガンはアウターなみの暖かさ。Tシャツ×デニムのシンプルコーデに、ざっくりはおるだけでサマになります。

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 プロップスタイリスト/尾崎 愛 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/TOKYO CLASSIC CAMP 構成/手塚明菜

【2】最愛のふわふわニットで〝今ドキかわいい〟を目指して♡

デイリーニット1[ふわふわニット]小動物的かわいさで守りたくなる♡ふわふわニットで〝今ドキかわいい〟を仕上げにいくKEYWORDS冬の定番ふわふわニットは、どう選んで、どう着こなすのが今っぽくおしゃれに見える?ニットの色選びから、コーディネートのポイントまで一気に総ざらい。去年超えのかわいさを手に入れて♡『目指すのはかわいい×今っぽいのベストバランス淡カラーのふわふわニットはストリートMIXでこなれる』

目を引くレモンイエローは、はき慣れたシンプルデニムで落ち着かせて。ニュアンスカラーの小物をぼかすようになじませると、コーディネートがこなれた雰囲気に仕上がります。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】濃い色のふわふわニットはヴィンテージムードで鮮度アップ

デイリーニット1[ふわふわニット]小動物的かわいさで守りたくなる♡ふわふわニットで〝今ドキかわいい〟を仕上げにいくKEYWORDS冬の定番ふわふわニットは、どう選んで、どう着こなすのが今っぽくおしゃれに見える?ニットの色選びから、コーディネートのポイントまで一気に総ざらい。去年超えのかわいさを手に入れて♡『目指すのは大人っぽいけどシンプルすぎないベストバランスこっくりカラーのふわふわニットはヴィンテージムードで鮮度アップ』

クールなネイビートーンにデコルテの女らしさが引き立つワンランク上のデニムコーデ。ヴィンテージデニムは大人っぽく女らしく着たい♡そんな気分を満たしてくれる、ニットとデニムの同系カラーコーデはテク要らずなのでオススメです!

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/木村 晶

【4】短丈ニットでつくる今どきモードなデニムStyle

デイリーニット2[短丈ニット]「袖長め」がなんだかおしゃれに見えるってよ!短丈ニットでつくる今どきモードなバランスボトムのハイウエスト化の影響もあって、ウエストラインでカットしたようなショート丈ニットが一大トレンドに。上半身がコンパクトになって手脚がすらりと長く見え、程よく辛口なキレのよさが手に入るんです!

クルーネックニットの襟元からスタンドカラーブラウスをのぞかせて、裾からもシャツをちら見せ。ダークになりがちな冬スタイルに適度なメリハリと奥行きが生まれて、人と差をつけられる着こなしテクです!

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

【5】ほっこり懐かしい縄編みニットを肌見せで女らしく!

デイリーニット4[ケーブルニット]トラッドな雰囲気が今気になる!ケーブルニットは女っぽく!のための7TIPSほっこり懐かしい縄編みのニットがブレイク中。幼く見えず、ちゃんと女らしく着こなすためのヒントを教えちゃいます♡

デコルテ周りの肌見せでドキッとさせる、わかりやすい肌見せは女らしさへの近道。厚手ニットの下に華奢なキャミをのぞかせる♡そのギャップがかわいくて女っぽい一挙両得な着こなしテクです。キャメル×ブラウンという今季らしい配色で、媚びすぎずかっこよく仕上げましょ。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【6】レースブラウスを仕込んでラフなニットを清楚に仕上げる

デイリーニット4[ケーブルニット]トラッドな雰囲気が今気になる!ケーブルニットは女っぽく!のための7TIPSほっこり懐かしい縄編みのニットがブレイク中。幼く見えず、ちゃんと女らしく着こなすためのヒントを教えちゃいます♡

ケーブルニット×デニムのトラッドコーデが再ブレイク中! ニットの襟元、袖口から白レースブラウスをちらり。面積は小さくても効き目抜群のワンテクニックで、コーデの完成度がアップします! 顔周りに爽やかなホワイトがあると、それだけで清楚な女性らしさが増すんです♡

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/木村 晶

【7】キャッチーなモヘアニットで大人かわいいデニムコーデに

あこがれニット[ Special knit column ]まって、かわいいが渋滞してる♡MIU MIU あこがれニットふわふわの素材感、気持ちいい肌触り、キュンとするビジュー、スタイルよく見せてくれるシルエット。 すべてがパーフェクトな「大人かわいい」の天才ブランド、ミュウミュウのニットが素敵すぎ♡ 『RECOMMEND3 たっぷり袖ケーブルニット編集部チームがひと目ボレした綿あめみたいにファンシーなケーブルニット。ほわほわと軽いモヘアニットに大胆なドルマンスリーブ、思い切り長い袖、とすべてがキャッチー♡ファーストミュウミュウには、「大人かわいい」を叶えてくれるこんなニットはいかが♡』

淡いブルーのモヘアニットは、インディゴデニムとのブルーグラデで大人びた表情に。ソックスもほわほわのニット素材で、パテントパンプスとの組み合わせに胸キュンです♡

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

【8】トレンドのボアコートで一歩先ゆくモテカジュアル

KAEDE'S STYLE 女の子カジュアル 楓KAEDE'S COAT KEYWORD 「一歩先ゆくカジュアル感」根っからのカジュアル好きな楓が選ぶのは、他と差のつくトレンド最新アウター。女の子らしいアイテムと組み合わせて、いちばん自分らしくいられるスタイルを完成させて。『ボアコート今年トレンドのもこもこボア素材は、思わず触れたくなる女の子らしさも秘めているんです♡ カジュアルなコーディネートに合わせてもモテ度の高いスタイルに仕上がります!』

思わず触れたくなるボアコートは、やわらかなエクリュとカーキの配色がカジュアルすぎない仕上がりに。シンプルなニット×デニムのコーデに、ボアのもこもこで立体感をプラスすればメリハリのある最旬カジュアルの出来上がり。差し色に加えたイエローのパンプスが、ラフなアウターを大人っぽく見せてくれるので女らしさもばっちりキープできちゃいます!

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【9】クリーム色のボアコートであたたかみのある雰囲気に♡

KAEDE'S STYLE 女の子カジュアル 楓KAEDE'S COAT KEYWORD 「一歩先ゆくカジュアル感」根っからのカジュアル好きな楓が選ぶのは、他と差のつくトレンド最新アウター。女の子らしいアイテムと組み合わせて、いちばん自分らしくいられるスタイルを完成させて。『BOA COATSelect Pointしっかりと厚みのあるリッチなもこもこ感をチョイス!キメの細かいボア素材で女の子らしさをキープ!ファスナーやポケットなどにワンポイントデザイン』

ゆったりとしたAラインシルエットのアウターは、カジュアルなコーデともレディなコーデとも相性◎。ベージュのキルティングとの2WAYで、使いやすさも抜群です! デニムとビビッドカラーのニットを合わせた女らしいカジュアルコーデを、旬アウターで今年っぽくアップデート♡

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【10】カーキに近いライム色を投入してコーデ全体を華やかに♪

REN'S STYLE こなれシンプル 恋REN'S COAT KEYWORD「シンプルの上級者」シンプルなスタイルこそ、アイテムの選びや、シルエットのバランス、小物の合わせ方でぐっと差がつく。大人のおしゃれを目指す恋が選ぶのは、はおるだけでこなれ感が手に入るロング丈の厳選アウター。『キルティングコートおしゃれ感度の高い人がみんな注目しているのが、キルティングアウター!肩肘張らないゆる~いカジュアル感で、上級者のおしゃれが手に入ります♪』

細かめのキルティングにやわらかなボア素材がドッキングしたアウターは、ベーシックな色合いながら存在感のある1枚! ノーカラーなのでインナーで色遊びできるのもおしゃれゴコロをくすぐるポイントなんです。ライムイエローとカーキの同系カラーをレイヤードするのもおしゃれ♡

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

スキニーデニムパンツ 冬コーデ


【1】旬のブラウンは差し色スパイスを効かせてピリッと、が新しい♥

デイリーニット3[旬ブラウン系ニット]トレンド色No.1!旬ブラウン系ニットはフェミニンorスパイシーに振り切る!流行っているがゆえに人と差をつけづらいブラウン系ニット。色×テイストの着こなしルールを理解すれば一歩リードできる!『SPICY MIX CASUALカフェモカはスパイスを効かせてピリッと、が新しい♥』

リラックス感のあるカーデを、スキニーデニム&ハイヒールで女っぷりよくミニマムに。マスタード色でさらにスパイスをオンすれば、ブラウンのこなれ見えが加速します!

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/木村 晶

【2】スキニーデニムとゆったりニットで脚線美をアピール!

デイリーニット4[ケーブルニット]トラッドな雰囲気が今気になる!ケーブルニットは女っぽく!のための7TIPSほっこり懐かしい縄編みのニットがブレイク中。幼く見えず、ちゃんと女らしく着こなすためのヒントを教えちゃいます♡

ボリュームのあるケーブルニットには、すっきり細いスキニーパンツで女らしいパーツを強調。これがブルーデニムのスキニーだとちょっと古い印象に…韓国っぽいイメージの、辛口ブラックスキニーがいいんです!

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】ざっくりニット×スキニーの大人ワントーンコーデ

ざっくりニット×スキニーの大人ワントーンコーデ

冬のあったかコーデには、ざっくりと着られて暖かいケーブルニットがベスト♪ 同系色のボトムを合わせてワントーンコーデでまとめるのがオススメです。ボリューミーなトップスには、スキニーデニムでバランス感を整えるとよりまとまりのあるスタイルに。足元は黒のショートブーツで引き締めれば、全体がクール&今っぽくまとまります。

★【今日のコーデ】冬の気配到来!大人なざっくりニットがオススメ♡

【4】ニット×デニムの定番コーデは小物で今っぽくアップデート

ニット×デニムの定番コーデは小物で今っぽくアップデート

冬のお出かけには、寒空に映える鮮やかなブルーのニットをチョイス♪ 太めのリブ素材が今年らしく、ゆるっとしたドロップショルダーで女性らしさもプラスしてくれる1着です。そんなボリュームたっぷりのニットは、すっきりとしたスキニーデニムを合わせてバランスよく。足元は白の甲広パンプスを選んで、重くなりがちな冬のニットスタイルに抜け感を加えて。さらにニット×デニムの定番スタイルをぐっと格上げしてくれるのは、リッチな雰囲気が漂う巾着型のバッグ。生地にUSEDのラグが使用されており、他とかぶらないオリジナル感がたまらなく可愛いんです♡

★【今日のコーデ】ニット×デニムの冬定番スタイルは、小物でアップデート♡

デニムパンツ×スニーカー 冬コーデ


【1】見た目もあったか♡もこもこカーデが主役

見た目もあったか♡もこもこカーデが主役

フェザーヤーンのカーディガンで見た目にも暖かい旬スタイルを楽しんで♪ 可愛らしい印象のもこもこカーデは、あえてTシャツ×デニムに合わせるのが今年流。長すぎない絶妙な丈感なので、デニムだけでなくワイドシルエットのボトムに合わせても可愛いんです! デニムはハイライズのものを選んで、脚長効果を♡ 防寒インナーやストールであったか対策も忘れずに。

★【今日のコーデ】見た目もあったか♡フェザーヤーンのもこもこカーデが主役

【2】HAPPYなロゴニットは着るだけでテンションアップ♡

HAPPYなロゴニットは着るだけでテンションアップ♡

本格的な寒さには、しっかりとした生地感のウールコートがマスト。中でも、今季は爽やかで女の子らしいミントカラーがオススメです♡ インナーは、足首まである長め丈のスカートにニットを合わせて上品な印象に。リブニット生地のスカートは、暖かいうえに履き心地も抜群です♪ 脚長効果を意識して、トップスはイン。コートのカラーとリンクさせたグリーン系のストールをプラスすれば、コーデのおしゃれ度もぐっとアップします。首元にボリューム感を出すことで、小顔見えも叶えて。

★【今日のコーデ】大人こそかわいい「ロゴニット」をGAPで見つけた!

【3】さりげないワンテクで差をつける冬のカジュアルコーデ★

さりげないワンテクで差をつける冬のカジュアルコーデ★

去年からトレンド続行中の赤は、一点投入でコーデがパッと華やかになり存在感を高めてくれる主役カラー。ニットなどのカジュアルな素材で取り入れれば、派手な印象や浮いてしまうこともなくさりげなく着こなせます♪ さらにこなれ感を底上げするなら、インナーに白シャツをレイヤードするのがおすすめ。胸元のロゴと相まって、統一感もアップ。スカーフを腰に巻くワンテクで、いつものデニムスタイルをアップデートするのもポイントです。

★【今日のコーデ】真冬に映える赤ニット。白シャツレイヤードが旬の着こなし

【4】アウターの下に映える鮮やかなブルーニットで大人可愛く

アウターの下に映える鮮やかなブルーニットで大人可愛く

日差しのある晴れの日は「ひと目見たときのトキメキ」を頼りに、いつもより新鮮な色味のニットをチョイス♡ こちらのニットは、ボリュームたっぷりのオフタートルで小顔見えも期待度大。ゆるニットでガーリーなリラックス感を叶えつつ、美シルエットデニムを合わせてスタイルアップも意識して。メタリックのバッグやコンバースで今っぽくハズすのが、おしゃれ女子ならではの着こなしテクです。

★【今日のコーデ】鮮やかニットが主役♡E-girls・楓が着こなすデニムコーデ

デニムパンツ×ブーツ 冬コーデ


【1】シンプルコーデに映える鮮やかコートで視線をひとり占め♥

CHECK COAT ITEM No.003 「鮮やかカラーコート」×シンプルスタイルでみんなの視線をひとり占め♥『遠くからでも目を引くきれい色コートは、パステルよりもパキッとしたカラーが断然今っぽい。一枚で存在感たっぷりなので、インナーはベーシックにしておしゃれの引き算を。』

直球でかわいいベリーピンクコートは、デニムでほんのりスパイシーに攻略! ふわっとしたシャギー素材で質感もフェミニンなので、はおるだけで女の子ムード満点です。〝存在がおしゃれ〟を狙うなら、ベルト付きトップスやグレーブーツで、甘く着ないという選択を。

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】辛口スキニーをレースブラウスでほんのりレトロに♡

Trend03 ビジューはほんのりレトロに仕上げる!『この冬トレンドの〝ヴィンテージ〟は、大ぶりビジューを小物で取り入れてレトロにかわいく! 小さなアイテムが多いから、さりげない2点投入で印象づけて。』

ヴィンテージ感のあるブラウスをスキニーデニムでストイックに。トレンドのボアコートをはおることで、コーデの鮮度がアップします♡ さらに、大ぶりビジューや大粒パール…リッチ見えアイテムでデニムコーデを格上げ。パーティなどでも活躍しそうなビジューBAGは、あえてカジュアルコーデに投入してラフに持つのが上級者です。

CanCam2019年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/田中絵理子

【3】赤のざっくりニットが映えるヴィンテージ風カジュアル

赤のざっくりニットが映えるヴィンテージ風カジュアル

パッと明るい赤ニットを選んで、冬のデニムコーデを満喫♡ こちらのニットは、肌馴染みのいいまろやかな赤と、程よくゆるさのあるシルエットが魅力。×チェックでクラシカルに着こなすのもかわいいけれど、ヴィンテージ感漂うデニムに合わせてハズれなしのカジュアルスタイルに仕上げて。ニットにストライプのシャツをレイヤードして、今っぽく着こなしましょ。

★【今日のコーデ】堀田茜がお手本!赤ニットが主役の冬コーデ