ベージュニットのおすすめコーデ12選|季節の変わり目の着こなし

ベージュニットのおすすめコーデ集

定番アイテム・ベージュニットでつくる冬コーデを特集。合わせやすいベージュニットをスカート・パンツ・シャツに合わせる、おすすめファッションをご紹介します。

【目次】
ベージュニットを合わせる冬コーデ
ライトベージュニットを合わせる冬コーデ
シャツ×ベージュニット冬コーデ

ベージュニットを合わせる冬コーデ


【1】ベージュニット×ベージュロングスカート×ブラウンコート

ベージュ~ブラウングラデで上品に見せつつ、長めの丈感で今っぽさを♡ 全身を同系色でまとめたら、アクセントになるチェックストールで顔周りを明るくトーンアップ!

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ベージュタートルネックニット×小花柄ロングスカート

花柄スカート×ざっくりニットでレトロな女っぽスタイルに

揺れが目を引くロング丈のフレアスカートに、BIGシルエットのざっくりニットをON! トップスはヘルシーなマスタード色と相性のいいミルクティーカラーのざっくりニットで、優しげ&まろやかな配色を意識して。ニットはお尻が隠れるくらいの長さを選び、花柄の面積とニットの面積を1対1くらいにするのが、重すぎず甘すぎずのベストバランスです。

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY)モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】ベージュニット×ブラウンロングスカート×白ボアジャケット

洋服だと敬遠しがちなレオパード柄を小物でIN!

ボリュームスカートからチラリと覗く足元に、旬のレオパード柄でさりげないアクセントを。アニマル柄の辛さをバレエシューズの甘さで緩和した一足は、トレンドのブラウン系コーデにもぴったりです。

CanCam2019年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/田中絵理子

【4】ベージュタートルネックニット×白ロングスカート

ベーシックな配色にモードな小物でひねりを効かせて

BIGシルエットのニットとロングスカートで、ルーズ&フェミニンな今どきコーデが楽しめます。太リブのタートルニットは、カジュアルな印象と優しくフェミニンな雰囲気が同居した理想の一枚。クリーンなプリーツスカートでほっこり感をおさえつつ、ブランドロゴを効かせたビニールバッグでキリッとモードなエッセンスを。

CanCam2019年1月号より 撮影/田村昌裕(FREAKS) スタイリスト・モデル/丸林広奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) 撮影協力/串崎 友 構成/菊谷まゆ

ライトベージュニットを合わせる冬コーデ


【1】ライトベージュニット×赤レースロングスカート

優しげで大人なワントーン マロンチョコ配色『シンプルなのに地味に見えず、むしろおしゃれ感がUPする魔法の配色♡コントラストがつきすぎる白ではなく、やわらかなベージュを基本になじませるのがポイント♪』

派手色を使わないからこそ、ケーブル編みやヴィンテージ風レースなど、冬らしい素材感を盛り込んで表情豊かに。マーメイドシルエットのスカートで、女っぽさたっぷりの大人モテスタイルに。

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】ライトベージュタートルネックニット×花柄スカート

02 ゆるニット× 軽スカートは 冬の鉄板セット!『冬の大定番・ゆるニット、さて今年はどう着る? おすすめしたいのは、広がりすぎず、しなやかな 動きで女性らしい印象を与える軽やかスカートとのコンビ。 すらりと縦長シルエットでスタイルUPもおまかせあれ!』

甘さを抑えるために、花柄スカートはnotフレアが今年らしい! ヒップもおおうビッグサイズのニットをすっぽりとかぶせて、体型カバーも完璧な今どきバランスに仕上げて。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【3】ライトベージュタートルネックニット×チェック柄スカート×ブラウンコート

おしゃれ感を醸し出すロングコートはワントーンで感度高く

上品レディなチョコレート配色の着こなしに、スーパーロング丈のコートで大人っぽさをプラス! コンサバになりがちなAラインコートも、長め丈に更新するだけで媚びない女らしさが漂います。バランスが重めのときは、全体にのっぺりしないようINにケーブルニットやチェック柄スカートを合わせて立体感を加えるのがコツ。

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ライトベージュニット×黒サロペット

×メンズニットでちょっぴり無骨なかわいさを♡

やわらかなカシミアニットが、リラックス感のあるサロペットと好マッチ。黒に軽さを演出してくれる、ライトベージュの色味も絶妙です! 一枚で着ても、インにTシャツを合わせてもおしゃれです。

CanCam2018年12月号より 撮影/鈴木 新(go relax E more) スタイリスト/塚田綾子 ヘア&メーク/小澤麻衣(mod’s hair) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/鈴木敦美 デザイン/芋生麻子(Beeworks) 構成/西村真樹

【5】ライトベージュニット×ブラウンロングスカート

ベージュからブラウンへの段階別グラデがシャレ見え♥

あっさりベージュからこっくりブラウンへのまろやかグラデがおしゃれ♡ ワントーンでもぼやけないポイントは、シャープなスクエアバッグとポインテッドトウのパンプスで印象も色味も締めること。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

【6】ライトベージュニット×白ニットスカート

ミルクティーみたいに優しいベージュグラデで女の子らしく♥

淡いベージュのワントーンコーデは、全体がぼやけて見えないように素材感がしっかりとあるリブやニットスカートを選ぶのが正解。足元は黒ブーツでクールに締めて、メリハリ&ちょっぴりモードな着こなしに。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/木村 晶

シャツ×ベージュニット冬コーデ


【1】ベージュタートルネックニット×チェック柄ロングシャツ×赤パンツ

No/04ブラウンタートル『定番のタートルニットを目新しく更新するなら、旬のブラウンがイチ推し。中でもやわらかくファジーな色合いが、レイヤードスタイルに打ってつけ!合わせを選ばないから簡単に取り入れられる♪』

今どきのゆるっとしたボーイッシュコーデは、フィット感のあるタートルで女らしさをひとさじ。ゆとりのあるシルエットには、ぴたっとフィットするタートルをINしてギャップを効かせて。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】ベージュタートルネックニット×ベージュシャツジャケット×ブラウンパンツ

優しげで大人なワントーン マロンチョコ配色『シンプルなのに地味に見えず、むしろおしゃれ感がUPする魔法の配色♡コントラストがつきすぎる白ではなく、やわらかなベージュを基本になじませるのがポイント♪』

CPOジャケット×リブニットパンツのトレンドコーデ。全体を上品なマロンチョコ配色でまとめれば、メンズっぽさのあるCPOシャツは女らしく、リラクシーなニットパンツはキレイめにシフトします♡

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

★カジュアルかわいい♡パーカのおすすめコーデ10選【2019秋冬レディース】

★冬の本命トレンドはコーデュロイ♡スカート・パンツ・ジャケットの最旬コーデ18選

>CanCam.jp TOPへ戻る