白Tシャツコーデ25選|一枚でも重ね着にも♡着回せる白Tこそアップデートを!【2020レディース】

白Tシャツが不可欠!最旬スタイルを大特集

大人っぽくはける(ホワイトのミニスカート)でオールホワイトを楽しみたい!『甘いけど大人にもはけるホワイトのミニを狙い中! スカートがキュートな分、フォトTや〝ドクターマーチン〟のブーツで締める、この甘辛なバランスがたまらなく好きなんです♡ 』

季節を問わずヘビロテ確実の白Tシャツは、どう着るのが正解なの? 超ベーシックなアイテムだからこそ、アイテムも着こなしもアップデートが重要♡ ×デニムでカジュアルに、×スカートでキレイめに、白Tシャツを合わせるトレンドコーデを紹介します! 白Tシャツで作る重ね着コーデもチェックして。

【目次】
定番の白Tシャツコーデをアップデート!
白Tシャツ×スカートの春夏コーデ
アクティブな白Tシャツ×パンツコーデ
秋冬のレディース白Tシャツコーデ
シーズンレスに着回せる白Tシャツ

定番の白Tシャツコーデをアップデート!


夏の定番アイテムである白Tシャツは、スカートにもパンツにも合わせやすい万能アイテム。今っぽいエフォートレスな着こなしから、スポーティなカジュアルコーデまで、着回しの幅が広いのも魅力です! お出かけのときは、帽子や小物で遊びをきかせると、シンプルな白Tシャツのコーデがよりおしゃれっぽい印象に。

使い勝手のいい無地Tシャツのほか、コーデが引き締まるロゴTシャツや大人っぽモードなフォトTシャツもおすすめ。ガーリーなボトムの甘さをオフしたり、インナーに合わせて重ね着をしたり…、とにかく使える白Tはシーズンごとにアップーデートするのが必須! パンツイン、スカートインですっきりまとめると、スタイルアップ効果も高まります。

Point
・帽子や個性派バッグなど小物をプラスするとおしゃれ度UP
・オーバーサイズのビッグTシャツは今っぽい着こなしに
・パンツイン、スカートインでスタイルアップが叶う

白Tシャツ×スカートの春夏コーデ


【1】ベージュジャケット×白Tシャツ×花柄スカート

コンサバになりがちなジャケットも、ロングスカート合わせで即こなれ。インナーには白Tを挟んでスカートの甘さをきりっと仕上げて。カラー小物で遊び心もONしましょ。

CanCam2020年5月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/Midori モデル/菜波(本誌専属) 構成/田中絵理子

【2】白Tシャツ×グレーインナー×黒スカート

定番のモノトーンをアップデートするなら、シンプルじゃなく〝ひとクセ〟がポイント。ビッグフォトTに透けタートルをレイヤードして、変形スカートからはカラーのダッドスニーカーをチラリ。ハズしを加えてテンション高めに着こなそう♪

CanCam2020年5月号より 撮影/MELON(TRON) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/小室安未(本誌専属) 構成/田中絵理子

【3】白Tシャツ×白スカート×白ブーツ

大人っぽくはける(ホワイトのミニスカート)でオールホワイトを楽しみたい!『甘いけど大人にもはけるホワイトのミニを狙い中! スカートがキュートな分、フォトTや〝ドクターマーチン〟のブーツで締める、この甘辛なバランスがたまらなく好きなんです♡ 』

フォトプリントのTシャツに、エクリュ系のミニスカートを合わせた同系色コーデ。足元に悩むミニスカートは、〝ドクターマーチン〟などのゴツめ靴を合わせると今っぽく仕上がります。全身をオールホワイトでまとめて、軽やかさをキープするのがポイント!

CanCam2020年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/Midori モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【4】Gジャン×白Tシャツ×イエロースカート

レディなスカートを、今っぽゆるGジャンでカジュアルダウン!Gジャン×ナロースカート『今季、Gジャンは色や形がバリエ豊富! おしとやかなナロースカートと合わせれば、男女ともに好印象な程よいカジュアル感♪ 』

ロマンティックなティアードスカートは、ロゴTでテンション高めに♪ ウォッシュGジャンの袖をくるっとまくって、フェミニンなスカートをラフに着こなすのがポイントです。

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【5】白Tシャツ×ブルースカート

女っぽいナロースカートは、気張らないTシャツでカジュアルに着るのがいい感じ♡ 大人っぽいサテン生地が女性らしさもコーデも格上げ! 仕上げは黒っぽ小物でさりげなく引き締めて。

CanCam2020年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【6】グレージャケット×白Tシャツ×白スカート

カジュアル服にキレイめエッセンスをプラス!渋谷シンプル茜Style『茜style3春のオフィスはおりはゆるジャケット 社会人らしくジャケット着用の日も、自分なりのカジュアルに落とし込むのが茜マインド。お尻まですっぽり隠れる長め丈がセレクトのポイント。』

かっちりした印象になりがちなジャケットも、ニュアンスカラーで一気にやわらかムード。白スカートと白Tシャツのワントーンも上品カジュアルのポイントです。ニュアンス配色と相性のいいグレーコンバースでさりげなく引き締めて♡

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【7】白Tシャツ×ブルースカート

メンズサイズのTシャツはシルエットがゆるっとしているからこそ、生地は厚めをチョイスして部屋着っぽさを回避。あえてレディなスカートを合わせるテイストMIXが、今季のトレンドコーデにしっくりです♡ ゆるTと差のつく細身のスカートを合わせると、ルーズで女の子らしい今旬バランスがきまります。

CanCam2019年7月号より 撮影/山岸和人 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/kika モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/STRANGER 構成/佐藤彩花

【8】白Tシャツ×ベージュサテンスカート

今夏のシンプルカジュアルに欠かせないフォトTは、前後プリントでおしゃれ度アップ! ボーイッシュなTシャツを、女のコらしいサテンのマキシスカートでハズすのがトレンドです♡ ゴツめのスニーカーでボリュームを足すのも洒落見えポイント!

CanCam2019年7月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/木村 晶

【9】白Tシャツ×グリーンスカート

レディなサーキュラースカートを、プリントTシャツでカジュアルダウン。ラフに着られて女らしさもキープできる白Tシャツは、甘いアイテムを今っぽく仕上げるのにぴったりです。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】ベージュジャケット×白Tシャツ×黒花柄スカート

ーAkane's Private Fashion Part④ージェットセッター茜の旅スタイル 頻繁な海外ロケや地方取材、プライベートでも旅行好き。というわけで、旅スタイルが確立されてきました!

ジャケット&ロングスカートの大人コーデに、シンプルな白Tシャツで抜け感を。フェミニンなスカートのテンションに合わせて、きれいめ小物を投入すれば女らしい洗練コーデが完成します♡

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

アクティブな白Tシャツ×パンツコーデ


【1】ベージュジャケット×白Tシャツ×グリーンパンツ

目を引くエスニック調のプリントパンツは、主張が強い分、さらっとシンプルな白Tやきれいめなジャケットを合わせて大人顔に。締め色の黒ショルダーと抜け感を与えるヌーディーサンダルでバランスよく着こなして。

CanCam2020年5月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/丸林広奈 構成/浜田麻衣

【2】白Tシャツ×ラベンダーパンツ×ピンクスニーカー

スーパーまでもランウェイ気分♪『ご近所スタイルだって、〝今日はこんな女のコ〟って毎回テーマを決めてコーデ組み♪ 「場所は関係なく気分が上がる服を着る! スーパーのおじいちゃんに二度見されたって気にしません♪(笑)」』

ビビッドなカラーパンツにヴィンテージっぽいTシャツをIN。足元は、もうひと盛り欲しいな〜ってときに効く、キャッチーなピンクのコンバースが気分です♡ 締めのバッグもカーキ色を取り入れて、あえてのカラー多めが今っぽい!

CanCam2020年8月号より スタイリスト・ モデル/たなべさおり 撮影協力/田邉理沙、木谷成良 構成/田中絵理子

【3】ピンクジャケットセットアップ×白Tシャツ

即こなれて見える(カラーセットアップ)でカッコいい一面を見せたい!『軽やか素材で頑張りすぎて見えないセットアップは、今年こそゲットしたい! ちなみにショーパンも気になっていたので、一石二鳥♪ 淡色を選んで、やわらかい雰囲気に着こなしたいですね♡』

トレンドのセットアップは、シンプルなロゴT合わせでカジュアルに落とし込んで。きちんと感よりこなれて見える着こなしを意識するのが今季のテーマ♡ ロゴカラーとセットアップの色をリンクさせてオシャレ上級者を狙いましょ。

CanCam2020年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/Midori モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【4】白Tシャツ×デニムパンツ

自分にマッチする1本はココで見つかる!デートデニム、どこで買う?ブランドMAP♡

万能に使えるストレートデニムに古着っぽい白TをIN! 白×ブルーの配色なら、ヴィンテージっぽい着こなしも爽やかに決まります。かごバッグやターバンで、あえての昔っぽさをプラスするのもおしゃれ♡

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ベージュシャツ×白Tシャツ×黒スキニーパンツ

キレのある女っぽさが手に入る♡グレー黒デニム×フォトT『淡トーンから真っ黒まで、バリエ豊富なグレー&黒デニム。濃淡問わず、細身タイプがラフすぎず使いやすい! ×フォトTのスパイシーコーデは、辛口&モードな彼にウケよし♡』

モノトーンで統一したデニム×フォトTでシックなコーデに。TシャツはINして脚長に見せ、オーバーサイズのシャツをバサッとはおってリラクシーな大人カジュアルを完成させて。

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】グレージャケット×白Tシャツ×黒スキニーパンツ

YANUKのデニム

脚の形をキレイに整えてくれるスキニーデニムを、×ヒールパンプスでよりスタイルアップ! 白Tシャツとジャケットのシンプルな合わせでも、抜群の美シルエットで華やかオーラがUPします。

CanCam2020年6月号より 撮影/北浦敦子 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(Linx) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/佐藤彩花

【7】白Tシャツ×ベージュパンツ

おしゃれ感度高めなニットパンツに、メンズのTシャツを合わせて“ゆるっと・ずるっと”な旬バランスに。ルーズなシルエットも、オールホワイトでまとめれば品よく仕上がります♪ デザイン豊富なGUのメンズTシャツを、あえて女の子がゆるっと着るのがかわいいんです♡

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【8】Gジャン×白Tシャツ×黒パンツ

あえて女の子が着るからかわいい♡ケミカルウォッシュのGジャンはモノトーンでキレよく仕上げて。ひとクセあるウォッシュ加工なら、はおるだけでやんちゃな今どき感がアピールできます♡ Gジャン×グラフィックTシャツなど、とことんカジュアルな着こなしもモノトーンでまとめれば大人っぽい。

CanCam2019年7月号より 撮影/東 京祐 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

秋冬のレディース白Tシャツコーデ


【1】黒コート×グリーンニット×白Tシャツ×デニムパンツ

グリーンを差し色に効かせた、黒コート×デニムの冬スタイル。深めのVニットにオススメなのがこの合わせ方♡ 白Tシャツでカジュアルに着崩すことで、防寒できるだけでなく一気にこなれ感もアップします!

CanCam2020年2月号より 撮影/的場 亮 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】ミントグリーンコート×白Tシャツ×白スカート

冬のキレイ色アイテムと合わせて、モノトーンをとことん楽しむ!『ついつい欲しくなるキレイ色アイテム。どんな色も受け入れてくれる万能なモノトーンコーデに投入すれば、テクニックいらずで即おしゃれ上級者見え♡』

上品なミントのノーカラーコートは、Tシャツ×コーデュロイスカートでカジュアルダウン。引き締め役の黒は小物でちょっとだけ、あとは白で軽やかにまとめると甘さの程よいこなれコーデに仕上がります♪

CanCam2019年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】黒キャップ×黒コート×白Tシャツ×デニムパンツ

冬のキレイ色アイテムと合わせて、モノトーンをとことん楽しむ!『ついつい欲しくなるキレイ色アイテム。どんな色も受け入れてくれる万能なモノトーンコーデに投入すれば、テクニックいらずで即おしゃれ上級者見え♡』

Tシャツにキャップにスニーカー…やんちゃなモノトーンカジュアルも、センタープレス入りのブルーパンツを投入すれば大人っぽい印象に。白小物を投入してさりげない抜け感も忘れずに。

CanCam2019年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】ネイビージャケット×白Tシャツ×デニムパンツ

きちんと見える上品さは、ジャケット一枚でもう充分。あとはとことんカジュアルに、Tシャツ×デニムを合わせれば「頑張ってる感」のない、抜けのある着こなしが完成します。

CanCam2019年10月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】ネイビージャケット×白Tシャツ×ベージュスカート

06 カジュアルな赤 甘くないサックスブルー ヘルシーなベージュ 僕らが癒される、3つのカラー

季節の変わり目に活躍する薄手ジャケットに、ニットスカートを合わせたブリッジコーデ。ネイビーの優等生風ジャケットを女らしく味付けするなら、ビビッドで艶やかな赤小物を指名して♡ Tシャツのロゴ色とリンクさせて、シックな配色に愛らしさをトッピング。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【6】ブルーカーディガン×白Tシャツ×黒パンツ

06 カジュアルな赤 甘くないサックスブルー ヘルシーなベージュ 僕らが癒される、3つのカラー

素材自体が甘めのモヘアカーデも、サックスブルーなら程よくクールに。白Tシャツや黒パンツなど、モノトーン合わせでシンプルにまとめるのがおすすめです♡

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美 モデル/楓(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【7】ベージュチェック柄ジャケット×白Tシャツ×グリーンパンツ

Gucci

ベージュ系のジャケットにロゴTとグリーンのタックパンツをコーディネート。グッチのシグネチャーのひとつである、ダブルGのディテールが印象的なショルダーバッグで着こなし自体もクラスアップ! ベージュとブラックのバイカラーがレトロムードを高めます。

CanCam2019年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

シーズンレスに着まわせる白Tシャツ


どんなボトムにも合わせやすい白Tシャツコーデを紹介しました。カジュアルな白Tシャツを取り入れるだけで、着こなしにおしゃれっぽいラフさが出たりこなれ感がプラスできるので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

>CanCam.jp TOPに戻る