アイテム別おすすめスタイルを大特集!春のきれいめコーデ24選

上品で大人っぽい!春のきれいめコーデ集

スカート・パンツ・スニーカーを合わせる、春にオススメのきれいめコーデを大特集。イエローやブルーなど、この春に取り入れたいきれい色から、白やベージュなどの定番色まで、バリエ豊富にお届けします!

【目次】
スカートを合わせるきれいめ春コーデ
パンツを合わせるきれいめ春コーデ
スニーカーを合わせるきれいめ春コーデ

スカートを合わせるきれいめ春コーデ


【1】茶ロングスカート×ロングカーディガン×Tシャツ

REN's STYLE 〝今買ってすぐ使える〟春のItアイテムで10days着回し

Tシャツ×スカートにはおるだけで、こなれて見えるロング丈カーデ。大人っぽいブルーグレーに、グレー&ブラウンのインナーを合わせたシックな色味が、洗練された雰囲気を醸します。とはいえ地味見えしないように、ビーズBAGなど遊びゴコロのある小物使いでミーハー感を盛るのもポイントです。

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/斉藤 誠(Lila) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/FLAMEbike、横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【2】フレアロングスカート×ピンクコート×ネイビーニット

AKANE's STYLE 〝今買ってすぐ使える〟春のItアイテムで10days着回し

くすみピンクの薄軽コートは、どんな色ともなじみやすいのでカラーコーデが増える春アウターにオススメ! 美人度の高いブルーのワントーンコーデにさらりとはおれば、やわらかい甘さがプラスできます。

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/斉藤 誠(Lila) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【3】プリーツロングスカート×白ニット

AKANE's STYLE 〝今買ってすぐ使える〟春のItアイテムで10days着回し

ルーズなカシュクールニットと軽やかなプリーツスカートを合わせることで、気張りすぎていない、女らしい〝抜け感〟のある着こなしに。イエローと白の春らしい配色も、清潔感と透明感を高めてくれます。

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/斉藤 誠(Lila) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/FLAMEbike、横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【4】プリーツスカート×トレンチコート×白ブラウス

AYAMI's STYLE 〝今買ってすぐ使える〟春のItアイテムで10days着回し

通勤にもデートにも活躍するのは、優しげで上品なベージュのワントーンスタイル。淡い色味でまとめる分、印象がのっぺりしないようにチュールやコットンなどの異素材を組み合わせて立体的に。小物は黒小物でキリッと締めて、膨張感ゼロに仕上げましょ。

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【5】チェックタイトスカート×トレンチコート×白ブラウス

AYAMI's STYLE 〝今買ってすぐ使える〟春のItアイテムで10days着回し

カラフルなチェックスカートにコットンレースブラウスを合わせて、今年っぽいレトロな甘さを堪能。ボトムと靴でリンクさせた淡いブルーに春気分も高まって。

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/FLAMEbike、横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【6】ブルーロングスカート×ピンクコート×白ニット

品よくかわいい♡ シャレ感レディ AKANE's STYLE『〝上品な甘さ〟がモットーの茜は、フェミニンで華やかな春色を取り入れて、程よくトレンドIN。今っぽい着こなしと好感度の高さを両立します!』

肌寒さが残る季節の変わり目には、Vカラー×くすみピンクの春コートを投入して品よくかわいいシャレ感レディに♡ きれい色同士の組みわせなら、ロング×ロングのバランスでも重たく見えず軽やかに着こなせます。大人かわいいダスティピンクと爽やかなブルーの配色で、春気分を存分に楽しんで

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/斉藤 誠(Lila) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/FLAMEbike、横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【7】白スカート×水色カーディガン

春コーデに取り入れたいのは、透明感あふれるピュアなブルーと白で作るイノセントな着こなし。エアリーなカーディガンとふんわりスカートのニュアンスが、配色以上の女らしさを発揮します。

CanCam2019年4月号より 撮影/MARCO スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遠藤郁子 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/西村真樹

【8】ベージュロングスカート×紫ニット

Part06 アクセントになる「効かせ小物」なら?

フィット感のあるニットをロングスカートにINしたすっきりコーデ。太ベルトのウエストマークでスタイルアップも叶う着こなしは、コートのON・OFF次第で春も活躍してくれます。シンプルに合わせたニット×スカートのワンツーコーデには、パイソン柄バッグでトレンド感と女っぽさをON! パープルやベージュの女らしい配色を、辛口小物で味付けすれば程モードな雰囲気が漂います♡

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【9】チェックロングスカート×チェックシャツ

Part05 パッと目を引く「柄」なら?

着映えするチェック柄ときちんと感のあるセットアップで好感度高めの着こなしに。秋冬から人気のチェック柄も、ラベンダーにピンクを効かせたマドラスチェックなら爽やかでフェミニンな印象が演出できます。さらに、抜き襟のシャツとマキシ丈のフレアスカートを合わせたことで、シルエットもおしゃれ度抜群♡

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【10】ツイードロングスカート×プルオーバー

Part04 シンプルコーデに映える「旬顔ボトム」なら?

コーディネートの主役は、ダスティピンク×グレー系のMIXツイードに、ラフなフリンジヘムをあしらったフレアスカート。一枚でサマになる華やかなスカートは、コンサバにならないように、シャレ感のある長めのスカート丈を選ぶのもポイントです。黒や白のトップスを合わせずに、あえてテラコッタ色を取り入れるのもこなれ感UPの秘訣!

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【11】ニットスカート×白カーディガン×レースブラウス

TREND PICKS #005 1枚でもレイヤードでも使える ロマブラウス『スタンドカラーや袖コンシャス、レースなど女っぽいニュアンスが詰まったロマブラウスは、季節のつなぎ役として大活躍♡ ニットの襟元からフリルをチラ見せしたり、主役としてだけでなく脇役としても活躍してくれる優秀アイテムです!』

華奢なレースとニットカーデを合わせて、季節感をまたいだレイヤードスタイルに。ニット素材のスカートをボトムに選んで、今しかできない異素材MIXのかわいさをアピールして♡ くすみのあるグリーンには、エクリュやモカのニュアンスカラーがぴったりです。

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ

【12】白スカート×イエローブラウス

パッと目を引くイエローのブラウスは、着るだけで気分を上げてくれる春アイテム。レトロなムードを引き立てる白のコットンスカートで、爽やか&イノセントに着こなしたい♡

CanCam2019年3月号より 撮影/尾身沙紀(io) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI(Linx) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/時吉 茜

【13】ブルースカート×グリーンカーディガン×レースブラウス

透け感のあるレースブラウスをカーデのインナーにしのばせて、春のレイヤードコーデを満喫! くすみグリーンのカーディガンと同じトーンで揃えた、ブルーのフレアスカート合わせも新鮮です♡

CanCam2019年3月号より 撮影/尾身沙紀(io) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI(Linx) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/時吉 茜

パンツを合わせるきれいめ春コーデ


【1】デニムパンツ×トレンチコート×黒ニット

AYAMI's STYLE 〝今買ってすぐ使える〟春のItアイテムで10days着回し

トレンチの前を閉じて、ワンピ風に着こなしアレンジ。デニムやバレエシューズを合わせるとパリジェンヌみたいなコーディネートに♡ スカート合わせなら、ウエストをきゅっと結んでギャザーを寄せてドレストレンチのように着こなすのもオススメです。

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【2】黒パンツ×白ブラウス

春の流行はコレを選んで、こう着ます! Maru-chan's STYLE 7

ジェニックなサテンブラウスを、ブラックデニム&辛口アクセでモードにシフト。サテン素材の落ち感、たっぷりとした袖、手の甲にかかるカフス…など、モードなデザインのブラウスは、×ブラックデニムで引き締めるのがベストバランスです。ほんのり辛口な地金のアクセやチェーンバッグでツヤを足して、キレのいい女らしさを目指しましょ!

CanCam2019年4月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト・モデル/丸林広奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) イラスト/湯浅 望 編集協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【3】白ワイドパンツ×ストライプシャツ

おしゃれなムードが今すぐ作れる、4つのトレンドKEYWORDHow to make 〝the mood〟? 4 ゆるっと1枚で、ビスチェを重ねて…[ まじめに着ないシャツ ]『定番アイテムかと思いきや、今年はシャツのシルエットやデザイン、着こなし方に変化あり。普通丈以上、ワンピ未満の絶妙丈のシャツの、おしゃれムードたっぷりなアレンジをご紹介します!』

白のパンツとストライプシャツの爽やかな組み合わせを、黒小物で程よく締めて。足元はニュアンシーなピンクパンプスで、重たくならない工夫を。ウエストマークで体型にメリハリをプラスすれば、今年っぽさもスタイルアップも叶います。

CanCam2019年4月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/吉﨑沙世子(io) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【4】白パンツ×トレンチコート×黒ニット

白パンツ×ウエストポーチをアクセントに

デコルテ開きのリブニットに変形デニムをコーディネート。今年っぽいアイテム選びと小物使いで、感度の高いモノトーンコーデが仕上がります。首元はドット柄のスカーフをプラスして、上品でこなれたフレンチシックに♡ バッグはトレンドのウエストポーチでハズしを加えて。カジュアルすぎるのは避けたいので、スクエア型の大人デザインをセレクトするのがオススメです。ベルト代わりの細ストラップで、メリハリ&スタイルアップも叶えましょ。

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【5】オレンジワイドパンツ×ロングカーディガン

こなれ感を意識するなら、ひと目でおしゃれ見えするロング丈同士の組み合わせがオススメ! 春アウターの中でも注目のロングカーデは、ベルトマークでワンピ風にも使えるので着回しも楽しめます。ボトムに鮮やかなオレンジパンツを効かせて、華やかに着こなして。

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【6】ワイドパンツ×レトロブラウス

TREND PICKS #005 1枚でもレイヤードでも使える ロマブラウス『スタンドカラーや袖コンシャス、レースなど女っぽいニュアンスが詰まったロマブラウスは、季節のつなぎ役として大活躍♡ ニットの襟元からフリルをチラ見せしたり、主役としてだけでなく脇役としても活躍してくれる優秀アイテムです!』

繊細なテープレースやフリルなど、ヴィンテージライクなディテールと大人っぽい透け感が魅力のロマブラウス♡ 凝ったデザインもデイリーに引き寄せてくれる黒を選べば、カジュアルなデニムとの相性も抜群です。メンズっぽい無骨なデニムは、甘さのあるブラウスをモードに着こなすのに最適。こなれ感のあるレトロコーデに仕上がります。

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ

【7】ベージュパンツ×花柄ブラウス

TREND PICKS #002 レトロムードが断然、気分! ヴィンテージ風小花柄『春になるとうずうず、なぜか着たくなる花柄。今年は「かわいい!」よりも「ちょい渋」なヴィンテージっぽい雰囲気の小花柄がおしゃれ♡ 柄がレトロなぶん、スカートだったらハイウエストやスーパーロング丈など、シルエットやディテールで今っぽく!』

トレンドのレトロムードをまとうなら、小花柄が断然気分。今年は「かわいい!」よりも「ちょい渋」なヴィンテージっぽい雰囲気の小花柄がおしゃれです。柄がレトロなぶん、ボトムはカジュアルなチノパンで甘さ控えめがおすすめ。甘いアイテムとカジュアルなチノパンのMIXコーデは、春のおしゃれにぴったりです。

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ

スニーカーを合わせるきれいめ春コーデ


【1】白スニーカー×花柄ワンピース

グリーン地のレトロブラウスに白スニーカーで抜け感を。黒のバッグでさりげなくコーデを締めつつ、大人コーデを完成させて。

CanCam2019年4月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/奥富思誉里ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/斉藤裕子

【2】白スニーカー×ワンピース×白Tシャツ

おしゃれなムードが今すぐ作れる、4つのトレンドKEYWORDHow to make 〝the mood〟? 2 色は主張しすぎず、なじませる[ ミュートカラー ]『キレイ色が気になる季節だけど、今季はあえて彩度を抑えたミュートカラーもトレンド。旬の配色を押さえておけば、〝おしゃれなムード〟もこんなに簡単♡』

コーラルオレンジのミュートカラーは、インナーにグレージュのキャミワンピを合わせて同系色の着こなしに。主張が強すぎない淡くてやさしいトーンなら、色×色も難なくまとまります。ほかは白Tシャツと白スニーカーで統一して、トレンドのミュートカラーを引き立てて♡

CanCam2019年4月号より 撮影/伊原木美香 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】白スニーカー×トレンチコート×白ロングスカート

ベージュのニット・白スカート・トレンチコートを合わせたベージュ系のグラデ配色を、ちょっぴりゴツめのダッドスニーカーでカジュアルダウン。そのギャップが、きれいめコーデの鮮度をさらに盛り上げてくれるんです♡ インナーのコーディネートがちらっと見えるように、トレンチコートはフロントを開けてウエストベルトをON。絶妙な配色バランスを見せることで、こなれ感もアップします!

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【4】ベージュスニーカー×白ニット×花柄ロングスカート

TREND PICKS #002 レトロムードが断然、気分! ヴィンテージ風小花柄『春になるとうずうず、なぜか着たくなる花柄。今年は「かわいい!」よりも「ちょい渋」なヴィンテージっぽい雰囲気の小花柄がおしゃれ♡ 柄がレトロなぶん、スカートだったらハイウエストやスーパーロング丈など、シルエットやディテールで今っぽく!』

おしゃれっぽくて女らしい存在感のある花柄スカートは、合わせる色もデザインも引き算が重要。シンプルな白ニットやコンバースなど、トップスや小物を極力シンプルに抑えることで、レトロな小花柄がぐっと引き立ち今っぽい雰囲気がアピールできます♡

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ

 

>>CanCam.jp TOPへ戻る