秋冬コーデに使える「ロイヤルブルー」ってどんな色?【意外と知らないファッション用語】

最近よく聞く「ロイヤルブルー」ってどんな色?


ロイヤルブルーとは紫みのある青色のこと。英国王室の公式カラーであるロイヤルブルーは、清潔感とどこか高貴な雰囲気が感じられます。エリザベス女王やキャサリン妃などのお召し物でご覧になったことがある方も多いのでは?英国国旗ユニオンジャックに使われている青も、ロイヤルブルーなんです!

挑戦しづらいカラーニットも、落ち着いたブルーならボトムを選ばず1枚でサマになります♪ コーデをより華やかに見せてくれるのは、絶妙なミモレ丈と上品に揺れるシルエットが魅力のフレアスカート。スタッズがあしらわれた辛口のバッグは、深みのあるブルーと相性のいいグリーンを選んでアクセントを。

ロイヤルブルーは茶色の他に、ブラック、グレー、ホワイトとも相性バツグン◎。スタイリッシュで上品なコーデを楽しんで。

撮影/石川純平 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/菊池かずみ(P-cott)モデル/トラウデン直美(@naomi_tora )ディレクション/石黒千晶
【解説】木村晶
『CanCam』ファッションエディター。『Oggi』『AneCan』などのエディターを歴任し、20~30代女性のファッション事情に精通。

 

★意外と知らないファッション用語 記事一覧へ

★今っぽくなれる「ニュアンスカラー」ってどんな色?【意外と知らないファッション用語】

★2019はカラーも豊富♡ニットカーディガンの秋コーデ39選

>CanCam.jp TOPにもどる