ベージュジャケットのおすすめコーデ10選|2019秋の着こなし

メンズっぽさが新しい♡ベージュジャケットの着こなし

定番のベージュジャケットをこの秋着るなら? 季節の変わり目に便利なベージュジャケットと合わせる、秋のトレンドコーデを紹介します。

【目次】
ベージュジャケットを合わせる秋コーデ
ベージュのテーラードジャケット 秋コーデ

ベージュジャケットを合わせる秋コーデ


【1】ベージュジャケット×白Tシャツ×クリームロングスカート

自然とお仕事スイッチが入るダブルジャケットは、初秋に向けてますます登場回数が増えそう。インナーの着こなしを優しい白でつなぎつつ全体を淡いグラデーションでまとめると、今の空気感をたっぷり含んだ感度高めのきちんとスタイルが完成します。

CanCam2019年9月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/岩附永子

【2】ベージュジャケット×赤タンクトップ×ドットロングスカート

マンネリしがちな晩夏のお仕事スタイルは、鮮やかな色を効かせて定番コーデの鮮度をアップ。モノトーンにも茶系にも合わせやすいレッドオレンジが、大人めコーデを盛り上げる差し色としてちょうどいい! 

CanCam2019年9月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/岩附永子

【3】ベージュジャケット×白Tシャツ×デニムパンツ

ロゴTをスキニーにインしてスッキリさせつつ、ゆるっとサイズのジャケットを肩にはおって。メリハリの効いたシルエットで、一見ベーシックなスタイルが雰囲気のあるカジュアルに。ベルト代わりに巻いた柄スカーフやイエローパンプスの小物使いで、華やかさもちょい足ししましょ。

CanCam2019年9月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/岩附永子

【4】ベージュジャケット×ブルータンクトップ×黒ロングスカート

ラフなタンクの抜け感で程よくカジュアルダウン

コーデュロイジャケットには、軽やかなタンクで抜け感をIN。花柄よりもこなれ見えするボタニカル柄スカートに、きれい色のブルータンクで品のよさとおしゃれ感を両立して。小ぶりなショルダーバッグを合わせる日は、エコバッグとの2コ持ちがおすすめ♡ コーデの色とリンクさせて、オシャレっぽさも意識するのが鉄則です♡

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/WORKAHOLIC 構成/浜田麻衣

【5】ベージュジャケット×白タンクトップ×黒ロングスカート

ロングスカート×ジャケットの着こなしに、すっきり見えする白タンクで抜け感を。今季、ジャケットのインナーにおすすめしたいのは、シンプルで軽やかなタンクトップ。きちんとしたお仕事服にも程よいラフさが出て、おしゃれ見えする合わせです♡ 靴は差し色のブルーパンプスで、落ち着いたニュートラルカラーに遊びをON! 軽さのあるクリアバッグもプラスして、ミーハー感も忘れずに。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/WORKAHOLIC 構成/浜田麻衣

【6】ベージュジャケット×黒キャミソール×ベージュワイドパンツ

シンプルな黒キャミを、ジャケットのインナーに加えた色っぽヘルシーな着こなし。メンズっぽいBIGジャケットと肌見せの絶妙なバランスで、媚びない女っぽを演出して♡ 

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【7】ベージュジャケット×ベージュニット×白プリーツスカート

クラシカルな花柄スカートで作る優しげなワントーンスタイル

フラワー柄のプリーツスカートにあしらわれた部分レースと、まろやかなベージュトップスの合わせがエレガントな印象に。ベージュピンクやオフホワイトで作る、やわらかなトーンがいい女っぽい! 足元はツヤのあるパテントパンプスで、女らしさをもうひと盛り♡

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/まい(本誌専属) 構成/田中絵理子

【8】ベージュジャケット×白ニット×ブルーのフレアスカート

ライダース初心者には女らしいスエード素材が推し!

ほんのり辛さをミックスしつつ、いつもの花柄スカートをブラッシュアップ! やわらかなスエード素材がしなやかに体にフィットして、シルエットも女性らしい雰囲気に。ネイビーの大人っぽい花柄と温かみのあるブラウンベージュのライダースとの相乗効果で、レトロで今っぽい着こなしが仕上がります♡

CanCam2017年10月号より 撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/田中絵理子

【9】ベージュジャケット×ネイビーニット×白ワイドパンツ

バランスよく散らした締め色で淡トーンにメリハリを

季節の変わり目には、黒よりもマイルドなグレージュのライダースがオススメ。花柄のトーンをキープしながらコーデを締めてくれるので、ハードな印象にならず女らしく着こなせます。ニュアンスのあるカラーとスエード素材なら、ライダース初心者さんにもぴったりです♡

CanCam2017年10月号より 撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/田中絵理子

ベージュのテーラードジャケット 秋コーデ


【1】ベージュのテーラードジャケット×キャミソール×ピンクスカート

1枚は欲しい♥茶系 きゃみたん で秋っぽ配色コーデ

ブラウンキャミ×ピンクスカートの甘め配色も、ほっそり縦長のⅠラインシルエットなら程よく締まる。はおるのはカーデではなくテーラードジャケットなのが今季らしさのポイント。キャミ以外淡い色でまとめたことで、今すぐ着られる秋っぽグラデが完成します。季節の変わり目にはファーバッグやショートブーツなど、秋のトレンド小物をプラスするのもおすすめ。ベージュやブラウン系のグラデ配色が、大人っぽい印象です♡

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 構成/木村 晶

 

★シャツワンピースのおすすめ秋コーデ8選|白・黒・ネイビー・花柄

>>CanCam.jp TOPへ戻る