絶対脈アリ♡「付き合う寸前」な2人あるある4選

「なんかイイ感じかも。そろそろ告白される…?」なんて雰囲気を感じたことはありませんか。何回かいっしょに出かけて、お互いの距離が縮まっていくときのドキドキって、付き合ってしまうと味わえないものなので楽しみたいですよね。今回は働く20~30代の女性に「あ、これはもう付き合うな」と感じた交際目前の瞬間をご紹介します。

【1】おはようからおやすみまで

「おはようからおやすみまでLINE」(25歳・IT)
「毎日途切れずにLINEが続く」(29歳・営業)
「寝落ち通話からのおはようLINE」(23歳・医療関係)

もうこれは付き合ってるでしょう!って思ってしまう定番は、毎日のLINE。一説によれば「朝いちばんに思いついた人」はあなたにとって特別な人だそうですよ。今朝一番に思いついたのは誰の顔でしたか♡


【2】なんだかツボが似てきた

「観たい映画が同じ」(27歳・不動産)
「同じとこで笑える」(23歳・ペット関連)
「次ここ行こうって自然に決まる」(26歳・フリーランス)

デート場所が自然に決まるっていうのも、付き合いそうあるあるのひとつ。よくいっしょにいると雰囲気が似てくるなんて言いますが、ツボまで近くなってきたら、付き合ってからも順調に愛をはぐくめそう!


【3】“帰りたくない”的な雰囲気

「2軒め、3軒め、いっしょにいこってなる」(27歳・金融)
「数人で宅飲みしてても最後まで残っていギリギリになって一緒に帰る」(24歳・福祉)
「終電前の駅でグダグダ」(27歳・飲食)

好きだからいっしょにいたい、という感情が表に出てしまってますね。「このあと、どうする?」っていうあの雰囲気って緊張するけど、恋愛の醍醐味ですし付き合う前だからこそ味わえる気持ちかも。


【4】結婚など未来の話ができる

「どんな人と結婚したいか聞かれた」(23歳・フリーランス)
「家族の話が真剣にできる雰囲気」(25歳・主婦)
「将来子どもが欲しいかとか、何人欲しいかとかの会話ができる」(26歳・教育関係)

結婚や出産など将来の話が出ることも真剣交際の予兆かも。さらに自分の家族や相手の家族についての話題がさらりと出るっていうのも特別感がありますよね。


今デートしている相手がいる人、この特徴に当てはまる部分はありましたか。「も~これは付き合うでしょ」という雰囲気はあるけど、なかなか進まないという人は、ちょっと相手が奥手な可能性もあるので、女性側からアクションを起こしてもいいですね♡