2回目以降のデート「割り勘にしたい」女性が5割超!デート代の支払いの男女の本音は?

2回目以降のデート「割り勘にしたい」女性が5割超!デート代の支払いの男女の本音は?

(c)Shutterstock.com

「男性なら奢るべき」「女性は男性を立てないといけない」「フェアに割り勘にしたい」この「奢る・奢られ論争」はたびたび話題になり、なかなかスッキリとした結論が出ないテーマですよね。

そこで株式会社ネクストレベルが20~40代の独身男女227名行った調査を元にデートにおける飲食代の支払いに関する価値観」についてご紹介します!

初デートでは、「男性が多く支払う」を希望する男女が多い

男性に対し「初デートにおける飲食代の支払い」についての考え方を尋ねたところ、「自分が全額奢りたい」が48.5%で最も多く、「自分が少し多めに出したい」が23.8%、「割り勘にしたい」が16.8%と続きました。

女性は「割り勘にしたい」が40.5%で一番多く、次に「相手に全額奢ってほしい」が28.6%、「相手に少し多めに出してほしい」が25.4%という結果でした。

回答自体は「割り勘にしたい」が最も多いものの、「相手に全額奢ってほしい」「相手に少し多めに出してほしい」「自分は少しだけ出して残りは相手に出してほしい」を合計すると59.6%であり、男性に多く支払ってほしい女性のほうが多いことがわかりました。

女性よりデート代を多く支払いたい男性は「男性だから」「相手によく見せたい」人が多い

初デートでの支払いに関して、男性のなかで回答が多かった「全額奢る」「少し多めに出す」「割り勘」の上位3つについてなぜそう考えるのか理由を聞いてみました。

自分が全額奢りたいと思っている男性で、もっとも多かった理由が「初デートは男性が頑張るものだから」ででした。自分が少し多めに出したいと考える理由では、「初デートだから相手に少しでもよく見せたいため」が一番多く、割り勘にしたい理由では、「相手に気を使わせたくないから」がで最多となりました。

ここで注目したいのは、全額奢りたい理由の3位と割り勘にしたい理由の1位が同じ「相手に気を使わせたくない」であることです。同じ理由でも、自分が多く支払いたい人もいれば割り勘にしたい人もおり、行動が異なることがわかりました。

また、自分が全額奢りたい・自分が少し多めに出したい男性は、「初デートは男性が頑張るもの」「初デートだから相手に少しでもよく見せたい」という理由が多く女性からの評価を意識するがゆえの行動であることがうかがえました。

男性に多めに負担してほしい女性は「初デートは男性が頑張るもの」という認識が強い

女性に対しても初デートでの支払いに関して、回答が多かった「相手が全額奢る」「相手が少し多めに出す」「割り勘」の上位3つについてなぜそう考えるのか聞いてみました。

女性が割り勘にしたい理由に関しては、「フェアなほうが良いから」が一番多く、相手に全額奢ってほしいという女性の理由では、「初デートは男性に頑張ってほしいから」が最も多く半数以上を占めています。相手に少し多めに出してほしい女性に関しても、その理由は「初デートは男性に頑張ってほしいから」が一番多い意見でした。

女性に関しては理由についても二極化しており、割り勘派がフェアな関係や相手への気遣いを挙げた一方で、男性に多めに支払ってほしい派では「初デートは男性が頑張るもの」という期待が大きいことがわかりました。

交際前までのデートでは、奢りたい男性・割り勘にしたい女性が多い

次に男性に対して「2回目から交際前のデート」の飲食代の支払いについて考えを聞いたところ、「自分が全額奢りたい」が最も多く28.7%、続いて僅差で「自分が少し多めに出したい」が27.7%、「割り勘にしたい」が24.8%でした。初デートでは「自分が全額奢りたい」という男性は48.5%でしたが、2回目以降のデートでは大幅に減少しています。

また初デートに比べ「自分が少し多めに出したい」「割り勘にしたい」の割合が増加しており、初デートで全額奢りたい人がその2つの回答に移行していることがうかがえました。

同じく女性に「2回目から交際前のデート」の飲食代の支払いについて尋ねたところ、「割り勘にしたい」が最も多く44.4%、その次に「相手に少し多めに出してほしい」が28.6%、「相手に全額奢ってほしい」が11.9%と続きました。

「割り勘にしたい」「交代で奢りたい」の割り勘派を合計すると52.3%、「相手に少し多めに出してほしい」「相手に全額奢ってほしい」「自分は少しだけ出して残りは相手に出してほしい」の男性に多く出してほしい派を合計すると46.8%で、交際前までのデートでは割り勘(平等に負担)が良いと考える女性の方が多いことがわかりました。

交際後は男女共に「割り勘にしたい」が増加するも、多く支払おうとする男性も6割以上

続いて、男性に対して交際開始後のデートにおける飲食代の支払いについて聞いたところ、「割り勘にしたい」が31.7%で最も多く、「自分が少し多めに出したい」が26.7%、「自分が全部奢りたい」が25.7%と続きました。

「割り勘にしたい」「交代で奢りたい」の合計が36.7%、「自分が少し多めに出したい」「自分が全額奢りたい」「相手は少しだけ出して残りは自分で出したい」の合計は60.3%で、交際開始後も多く支払おうとする男性の方が多数派です。

交際開始後の支払い方に関して、女性で一番希望が多かったのは「割り勘にしたい」で40.5%、次に「相手に少し多めに出してほしい」が21.4%、「交代で奢りたい」が13.5%でした。

「割り勘にしたい」「交代で奢りたい」の合計は54%、「相手に少し多めに出してほしい」「自分は少しだけ出して残りは相手に出してほしい」「相手に全額奢ってほしい」の合計は46%です。

女性については、交際開始後を含む初デート以外のデートにおいて、平等に支払いたいと考える人のほうが多いことがわかりました。

交際開始後も「実利」より「対面」を重視する男性が多い

交際開始後のデート代の支払いについても、その理由を分析しました。

男性が割り勘にしたい理由でもっとも多いのは「フェアなほうが良いから」で5割を占めました。また、自分が少し多めに出したい・自分が全額奢りたいという理由に関しては、「男性がお金を出すものだと思うから」でした。

初デートや交際前までのデート時の支払いについてもそうでしたが、交際開始後のデートに関しても同じく「男性だから」を理由に挙げる人がもっとも多い結果でした。実利よりも体面を重視する男性が少なくないのかもしれません。

交際開始後は「対面」より「実利」を重視する女性も少なくない

女性に対しても交際開始後のデート代の支払いについての理由を分析してみたところ、割り勘にしたい理由でもっとも多かったのは「フェアなほうが良いから」で、交代で奢りたいについても同じく「フェアなほうが良いから」が最多でした。男性も同様の結果だったことから、割り勘派の人は男女問わずフェアな関係を望んでいることが分かります。

また、男性に少し多めに出してほしい理由としてもっとも多かったのは「自分のほうが稼ぎが少ないから」です。多く稼いでいる人に多く支払ってほしいという意見からは、男性とは違い体面よりも実利を重視する女性も少なくないということがいえそうです。

デート代、男性は「多く支払いたい」、女性はデートの段階によって希望が異なる

最後に、「自分が多く出す派」「割り勘派」「相手に多く出して欲しい派」の3パターンでどの支払い方を希望する男女が多いのか、デートの段階ごとで比較しました。

男性はどの段階でも「自分が多く出したい」と考える人が多いようです。女性に関しては、初デートでは「男性に多く出してほしい」と願うものの、2回目以降のデートでは「割り勘にしたい」と考える人が多いことが分かりました。

ただし女性の「割り勘にしたい」と「相手に多く出して欲しい」の割合の差は僅差です。相手の女性の意向が分からない男性は、少しでも多めにデート代を支払うのが無難と言えるかも知れません。

デート代、どうするのが正解?

初デートは「自分が奢りたい男性」と「男性に奢ってほしい女性」が多く、交際後も含め2回目以降は、「多めに出したい男性」と「割り勘にしたい女性」が多いことがわかりました。

女性は「割り勘」や「交代で奢る」といった平等な支払いを望む人の方が多いのに対し、男性は多く支払いしたいという回答の合計が6割を超えていました。男性が「多く支払わないと」と思っているほど、女性は「多く支払ってほしい」とは思っていないといえそうです。

どちらかが多く支払うことも、平等に支払うこともどちらかが正解なわけではありません。また傾向はあるものの、価値観に個人差があるのも事実。そのため、話し合いをしながら双方にとって納得・満足のできる選択ができると良いですね。もしパートナーが無理をしていないか不安でしたら、本記事をきっかけに本音を話し合ってみるのも一つの方法かもしれません!

情報提供元/株式会社ネクストレベル