今、幸せですか?「親が反対した人と結婚」した夫婦のその後。

親が反対した人と結婚するって正直どう?


結婚は2人の意志と納得で成立するもの。ですが、多くのカップルが両方の親の同意を得てから進めているのではないでしょうか? そして、中には相手との結婚を親に反対されている人もいます。もちろん、子どものためを思ってのことだと思いますが、親と意見がすれ違うって本当に辛いですよね…。

そこで今回は、株式会社ネクストレベルが親に反対された相手と結婚した男女185人を対象に行ったアンケートを元に「結婚と親との関係」についてご紹介します。さっそく見ていきましょう。反対されたときの対応のコツなど、役立つ情報がたくさん出てきました。

 

親に結婚を反対された人の約8割が「現在も婚姻中」


まずはじめに「結婚を反対された相手と現在も婚姻中ですか? 」と聞いてみました。結果はこちら。

 

結婚を反対された相手と現在も婚姻中?

82.2%が「婚姻継続中」と回答しました。なんと8割の夫婦が、親に反対された結婚であっても良好な関係を継続できているようです。

一方、17.3%が「すでに離婚」と回答5~6人に1人は結婚後に別れを選んでいるようですね。ただ、離婚した割合を2019年の離婚率34.8%(厚生労働省調べ)と比較すると半分以下であることも分かりました。親に反対されながらも押し通したことを考えると、かなり強い意志をもって結婚を決めたと思われます。それがこの割合の違いに表れていると言えそうですね。次は、結婚年齢を見てみましょう。

 

親に反対された人と結婚したときの年齢は平均26.2歳


親から同意が得られなかった結婚でも、多くの夫婦が婚姻関係を継続できていることが見えてきました。ところで、親に反対された人と結婚した年齢も気になりますよね。次は結婚年齢を聞いてみました。結果はこちら。

 

親に反対された人と結婚した年齢

最も多かったのは「25歳~29歳」で43%でした。次に多かったのは「20歳~24歳」(35%)という結果に。親に反対されたといえども、81%が30歳未満で結婚しているようです。

また、平均すると26.2歳になりました。これは、2019年度の平均初婚年齢(男性31.2歳、女性29.6歳 )と比較すると、4.2歳も若い結果です。比較的若い人の方が親に反対されながらも結婚する傾向にあるようですね。次は、父親と母親、どちらに反対された人が多いのか見てみましょう。

8割以上が「母親が反対」、理由は「収入・態度・性格に対する不満」


親に反対されながら結婚した人は、平均初婚年齢よりも若い人が多いことが見えてきました。では、父親と母親のどちらに結婚を反対された人が多いのでしょうか? 結果はこちら。

 

結婚を反対したのは?
「母親」が51.9%と最も多く続いて「父母共に反対」(32.4%)でした。父親が反対したかに関係なく、母親から反対されたのは84.3%にも上る結果に。一方、父親に反対されたという人はわずか15.7%となりました。

父親の方が厳しそうな感じがしますが、意外にも母親の方が反対しがちのようです。また、結婚を親が反対した理由についても聞いてみると次のような結果に。

 

親が結婚に反対した理由

 

「相手の収入が十分でない」が22.7%で最も多く、続いて、僅差で「態度や性格が気に入らない」(22.2%)となりました。やはり、一緒に生活していくにあたって経済面を心配する親が最も多いようです。子どもに大変な思いをしてほしくないという親心もわかりますね。収入面とほぼ同じ割合になった「態度・性格への不満」もわかりますが、実際に結婚するのは本人なので、親の好みと必ずしも一致するとは言えなさそう…。難しい問題ですね…。

この他、1割以上の人が挙げた項目としては「相手の職業が気に入らない」(14.6%)「相手が再婚」(14.1%)「要介助者がいるなど家族の状況」(13%)「相手の年齢が釣り合わない」(10.8%)があります。相手だけでなく、相手の家族の状況に納得できない親も少なくないようです。

そして、「その他」と回答した人も24.9%と多くなっています。ということで、「その他」についても詳しく聞いてみました。いくつかご紹介します。

■親が結婚を反対した「その他」の理由

・宗教が違う
・相手に定職がない

上のような理由が特に多く寄せられました。結婚には様々な壁があることを実感しますね…。ただ、どの理由にも、自分の子どもには結婚後に苦労してほしくないという親心が垣間見えます。なんとか納得の方向に持っていきたいものですが、親の意見も一旦受け入れて、よく考えた方が後々のためにもよさそうです。

次は、反対されながらも結婚した人が取った行動について見てみましょう。

 

親に結婚を反対されて取った行動、1位は「親の説得」


結婚に反対した親の多くが、収入や職業、性格に納得がいかなかったようです。ですが、最終的には結婚したということで、その間の過程が気になるところですよね。そこで、「親に結婚を反対された際に取った行動」について聞いてみました。結果はこちら。

 

親に結婚を反対されて取った行動

1位は「説得を試みた」で、5割近い結果に。また「相手に会ってもらった」人も38.4%いました。「反対理由を解消するために努力」した人も26.5%おり、それぞれ親に納得してもらおうと何らかの努力をしていることが分かりました。

ちなみに、「時間をかけて待った」(13%)は約1割と少数派でした。やはり自分たちの本気度を示すためにも、多くの人が何かしらの行動に移しているようです。確かに、これは時間が解決してくれる問題ではないですよね…。

また、具体的な行動も聞いてみると、次のようなエピソードが寄せられました。いくつかご紹介します。

 

■親に結婚を反対されて取った具体的な行動

・彼女に子どもがいることを理由に反対していた母との話し合いはずっと平行線だったので、どうにか彼女と会ってもらいました。彼女の人柄を知り、母親が気を許してきた頃に彼女の子どもも一緒に連れて行きました。何度か子どもを母に合わせるうちに、その子に会えるのが楽しみになっている姿を見て、もう1度結婚の話をしました。(愛知県/24歳男性)

彼が今までどれだけ私を支えてくれたかを話しました。以前、私がとても落ち込んでいた時期に彼が助けてくれたこと、私が彼につらく当たっても、彼は私のそばにいてくれたことを話しました。それを聞いて、親は彼に感謝してくれました。(愛知県/26歳女性)

・彼の借金が反対の原因だったので、2度とお金を借りない、ギャンブルをしないことを約束しました。その後、お金の管理はすべて私が行うことで許してもらいました。(香川県/20歳女性)

・不安定な職業を理由に反対されたので、職に就いて懸命に働き、その姿を見て許してもらいました。(東京都/36歳男性)

・とりあえず相手に会ってもらって「自分の意志は変わらないので、しばらくは許してくれるまで待つが、許してくれなくても結婚する」と親に伝えました。(長崎県/44歳男性)

 

相手の人柄や、自分にとってどれだけ大切な人であるかを具体的なエピソードと共に伝えて親を説得したり、転職するなど金銭面で親を安心させる行動をとったという声が多く寄せられました。ですが、なかには、何度か説得したものの親が理解してくれなかったために説得を断念したという人もいるようです。次は、説得の結果を見てみましょう。

 

7割が結婚するときには「許してもらっていた」


具体的な行動に移して、説得を試みた人が多いとわかりました。では、その結果どうなったのでしょうか? 次は「相手と結婚したときには、親は許していましたか? 」と聞いてみました。結果はこちら。

 

相手と結婚したときには、親は許していた?

約7割が「許してもらっていた」と回答し多数を占めました。一方、「許されていないが強行した」は約3割という結果に。

相手を親に紹介した時点では反対されたものの、最終的には結婚を許してもらえた人が7割ということは、今現在親に結婚を反対され悩んでいる人にとっては希望が持てる数字ですね。もちろん、上のような様々な努力の末、努力が実った結果と言えそうです。

ですが、「許されていないが強行した」人も少なからずいます。次は、そのような人たちの結婚後の親との関係を見てみましょう。

 

結婚を強行した人も、結婚後は約6割が「許してくれた」


説得の結果、納得が得られたという人が多いようですが、許しを得ることができないまま結婚に踏み切った人も少なくないようです。ということで、ここでは、結婚する際に親に許してもらえなかった人に「現在の親との関係は? 」と聞いてみました。結果はこちら。

 

結婚する際に親に許してもらえなかった人、その後の親との関係は?

57.1%が「結婚後に許してくれた」と回答し最も多い結果に。また、「許されていないが連絡はある」が28.6%「現在も許してくれず音信不通」が14.3%となりました。

全体の実数値としては、回答者185人のうち「現在も許してくれず音信不通」なのはわずか9人です。親に結婚を反対された場合でも、9割以上は最終的に親の許しを得るか、連絡を取り合う関係であることがわかりました。

最終的には子の想いを受け入れるというのも親らしいですね。次は、結婚後に許してもらった人が取った行動を見てみましょう。

約5割が「相手の良さを伝えた」


結婚する際には親に反対されたままだった人も、結婚後に許してもらった人が多いようです。先ほどは結婚前の行動を聞きましたが、ここでは「許しを得るために、結婚後に試みた行動」を聞いてみました。何か違いはあるのでしょうか? 結果はこちら。

 

結婚後に許してもらった人、試みた行動は?

 

最も多かったのは「相手の良さを伝えた」で約5割となりました。結婚を強行した後も、結婚前と同様に親に理解してもらえるように努力した人が多いようです。粘り強さが感じられますね。

また、「相手と話をする機会を設けた」も半数弱の人が実行していました。その他、「自分が幸せであることを伝えた」(33.7%)「結婚後の生活を見てもらった」(26.3%) という回答も多くなっています。親が結婚に反対する理由の多くは子の幸せを願ってのことなので、結婚後の幸せな生活の様子が確認できれば親の頑なな気持ちも和らぐことがあるようです。 

 

そして、結婚後にどのようなきっかけや理由で許してくれたのか、さらに詳しく聞いてみると次のようなエピソードが集まりました。

 

■結婚後、どのようなきっかけで親が許してくれた?

・次第に慣れてきた感じでした。何度も顔を合わせて、性格など外見からはわからない良さが伝わったのだと思います。(山形県/38歳男性)

・子どもが生まれてからは親の方から歩み寄ってきたので、おそらく孫に会いたくなったんだと思います。(岐阜県/47歳女性)

・駆け落ちをしたことで、私と離れて寂しくなったみたいです。このまま離れるくらいなら結婚して良いと言われました。(ドイツ/42歳女性)

孫が生まれて幸せそうなのを見て、許してくれました。(岐阜県/38歳女性)

何回も何回も話した末、「あなたが今幸せならもう何も言わないよ」と言われました。(大阪府/32歳女性)

生まれた子どもの写真を妻が用意してくれて、一筆書きを送りました。兄夫婦に子どもがいなかったため、初孫となり嬉しかったようで、いきなりお祝いやら連絡が来ました。妻に促されてお礼の電話をしたら、態度一転、すぐにでも会いたいという話になりました。(静岡県/43歳男性)

幸せである様子を伝えたり、2人で親に会いに行くなど交流を持つようにしました。うまくやっていけるかなど、私を心配してくれての反対だったので親は許してくれました。(岐阜県/36歳女性)

 

コメントで多かったきっかけは「子どもが生まれたから」でした。これが結婚前の説得方法と大きく異なる部分ですね。孫の顔を見たいという気持ちから親の態度が軟化することもあるようです。やはり子どもができると、きつく当たりづらくなるのが親心のようです。

また、親に反対されても根気よく交流を持つなど、子の方から縁を切らないように努力した人も。親はいざというときに助けてくれる存在でもあるので、諦めない気持ちが大切と言えそうです。

次は、親に反対された相手と結婚して良かったと思えるかどうか調査しました。

 

約7割が親が反対した相手と「結婚して良かった」


親に結婚を反対された末に結婚した人も、様々な努力であったり、子どもの誕生をきっかけに、最終的には納得してもらえた人が多いようですね。では、元々反対されていた人と結婚して、実際どのように感じているのでしょうか? ここでは、「親が反対した相手と結婚して良かったですか? 」と聞いてみました。結果はこちら。

 

親が反対した人と結婚して良かった?

婚姻継続中の人と離婚した人で分けて見てみると、「結婚して良かった」と回答した人は、婚姻継続中の人が67.1%なのに対し、離婚した人では56.3%でした。婚姻継続中の人と離婚した人では約10%の差がありますが、夫婦関係の破綻が離婚に繋がると考えると、数値に差があることは予測通りと言えそうです。

ただ、離婚した人の方が「良かった」と回答した人は少ないものの、離婚しても半数以上は「親が反対した人との結婚を後悔していない」という事実も判明! 結果的に離婚することになったものの、自分の決断を後悔していないと思っている人も多数いるようです。

そして、「親が反対した理由で結婚を後悔」したのは、婚姻継続中の人が17.1%で、離婚した人が25%という結果に。親の心配が的中して離婚に至ったという人も少なからずいるようですね…。

次は、結婚して良かったと思う人、後悔した人、それぞれの理由を見てみましょう。

 

親の反対を押し切ってまで結婚して良かったと思う理由は「今の生活が幸せだから」


元々親が反対していた人と結婚しても、結果的に良かったと思う人が多いとわかりました。意外にも、離婚してしまっても後悔はしていない人が多いのも興味深いですよね。ということで、次は、親の反対を押し切って結婚して良かったと思う人に、その理由を聞いてみました。結果はこちら。

親が反対した人と結婚してよかった、理由は?

良かったと思う理由の1位は、「今の生活が幸せだから」で36.9%となりました。続いて、「選んだ相手で間違いなかった」(25.4%)、「子どもに出会えたから」(16.4%)という結果に。

親が結婚に反対する理由は様々ですが、多くは子どもが幸せになることを願っているがゆえの行動です。「自分は幸せだ」と胸を張って言える家庭を築くことで、親との関係も変化していくことが期待できそうですね。

さらに具体的に聞いてみると、次のようなエピソードが寄せられました。いくつかご紹介します。

 

■結婚して良かったと思う理由

・授かり婚だったので親が想像していた結婚の形とは違いましたが、本当に好きだと思える結婚相手と若くして出会えて良かったと思っています。自分の意思を、熱意を持って両親にしっかり伝えて良かったです。(大阪府/33歳女性)

・妻は自分の親が反対した理由をしっかりと受け止めてくれ、嫌な顔ひとつせずに、どのように説明すれば納得してくれるかを真剣に考えてくれました。そんな人と結婚できて良かったなと思います。(宮崎県/45歳男性)

・結婚するのは親ではなく自分なので、自分が納得する相手と結婚して良かった。(埼玉県/27歳男性)

・親が賛成してくれた相手と結婚できるのが1番だとは思いますが、親が私の生活を一生保証してくれるわけでもないので、自分が決めた相手と一生いるほうが大事だなと思いました。(熊本県/39歳女性)

・社会的に問題のある人なら反対する気持ちも分かるが、結局一緒に暮らしていくのは自分なので、親が口を出すことではないと思う。(東京都/25歳女性)

 

多くの人が「自分で結婚する相手を決めた」という誇りや自負を抱いているように感じられますね。たとえ結婚生活がうまくいかなかったとしても、そのリスクも含めて自分の責任と強い意志をもって相手を選んでいるようです。確かに、結婚するのは親じゃなくて自分ですからね…。最終的には自分の気持ちを大切にしたいものです。

 

ちなみに、親の反対理由がわかって後悔した人の気持ちも聞いてみると、以下のような声が寄せられました。

 

■結婚して後悔した理由

・離婚するときに、親に「ほら言ったでしょ」と言われました。結婚するまでは経済的な問題を理解できていませんでした。結果的に夫は仕事が続かず耐えられなくなりました。(兵庫県/45歳女性)

・親とうまくいかなくなることは、いろんな意味で気持ちに負担がかかるということを経験しました。(滋賀県/38歳男性)

・人生経験が豊かで自分をよく知る母が反対する相手はやはり問題があり、それが日増しにあらわになっていき、自分を苦しめるということがよくわかりました。「わがままな人と結婚したら苦労するだけ」と反対した母の言葉が正解だったと後悔しています。(東京都/46歳女性)

・相手が仕事を辞め、家事・育児・仕事などを全て1人でやっていたが、反対された相手だから親に弱音を吐けないと思い、抱え込んでしまった。(石川県/34歳女性)

・結婚後に、夫が思っていた性格とは違うことがわかった。そのため、親に反対されてまで結婚したのに夫婦仲がうまくいかず、親にも相談できず孤独になってしまった。(佐賀県/27歳女性)

 

親が反対した不安要素が的中し、実際の結婚生活がしんどくなってしまった人も少なからずいるようです。また、親の反対を押し切って結婚した人は結婚生活に支障が出てもそのことを親に打ち明けることができず、孤独になりがちなようです。やはり、親と良好な関係を築けていないと辛くなってしまう現実も見えてきましたね…。

最後は、自分の子どもが同じような境遇の人と「結婚したい」と言ってきた場合のことについて聞いてみました。

 

自分の子どもが同じ境遇の相手と結婚したい場合、「許す」は約3割


ここまで、親に反対されながらも結婚した人の行動や気持ちを色々と見てきましたが、どういう結果であっても、子どもの幸せを願ってのことであることが見えてきました。最後は、現在子どもがいる人に「自分の子どもが大人になり、自分の配偶者と同じような境遇の人と結婚したいと言ったら、あなたは結婚を許しますか? 」という質問を投げかけてみました。自分が親になったとき、どういった判断をするのでしょうか。結果はこちら。

 

自分の子どもが大人になり、自分の配偶者と同じような境遇の人と結婚したいと言ったら、結婚を許しますか?

 

「同じ境遇の相手との結婚を許す」と答えた人は33.8%と、約3人に1人という回答に留まりました。そして、最も多かったのは「許したいと思うが分からない」で42.1%という結果に。また「許さない」も10.3%いました。

親に反対されて結婚した過去を持っている人でも、子どもに苦労させたくないという気持ちから、子どもの結婚相手については慎重に判断する人が多いようです。これこそが、親が子どもを思う「親心」というものなのかも知れませんね。


以上「結婚と親との関係」について様々な視点から紹介しました。親に反対されても根気よく説得を続けて理解を得た人、結婚後の幸せな生活を確認したり、子どもが生まれたことがきっかけで許してもらえた人など、色々な努力を経て幸せを掴んだ人が多いようです。一方、親の的中が当たり、結婚を後悔した人も少なからずいることがわかりました。自分のことをよく知っている親が反対する理由には、豊かな人生経験からのアドバイスも含まれています。親の意見に1度は耳を傾けつつ、最終的には自分が信じる道を選択することが大切になりそうです♡(澤夏花)

情報提供元/株式会社ネクストレベル