ボブやロングヘアでも可愛い!外ハネの作り方と簡単ヘアアレンジまとめ

外ハネ

ヘアアレンジのひとつとしても楽しめる、軽やかな毛先がかわいい外ハネスタイル。自分でやるのは難しそうとあきらめてしまうのはもったいない! 前髪ありやなしでも簡単にできて、誰でもこなれる、髪の長さ別の外ハネアレンジをご紹介します。

可愛い外ハネ、簡単にできる?基本のやり方

■ストレートアイロンで作る外ハネヘアのやり方

ノーマルな外ハネスタイルにオイルで濡れ感をプラスするだけのアレンジ。あどけない色気をまとって簡単イメチェンの完了です♡

How to

■ストレートアイロンで作る外ハネヘアのやり方
①センター分けにして前髪を薄く残し、毛先はストレートアイロンで外ハネに。全体を6〜8つに分けて巻きます。

■ストレートアイロンで作る外ハネヘアのやり方
②100円玉大のオイルを手のひらに広げ、中間〜毛先にかけてなじませます。毛先は握りながら外ハネに。

■ストレートアイロンで作る外ハネヘアのやり方
③サイドはタイトに耳にかけて、表面を押さえるようにしながらピンを飾ります。顔周りの髪を整えて完成!

■ストレートアイロンで作る外ハネヘアのやり方

 

■おうち&ご近所コーデにも◎Not手抜きに見える外ハネヘア

\ラフにささっとまとめるだけの「ゆるハーフ団子」/

■おうち&ご近所コーデにも◎Not手抜きに見える外ハネヘア
ゴム1本で適当にくるっと留めればできちゃうスタイル。結んだあとに、サイドからおくれ毛を引っ張り出して、フェイスラインに沿うように垂らしておくのがこなれ見えのポイント。

ストレートアイロンでクセを直すついでに、顔周りに軽く動きを出したり、襟足を外ハネにするようにすると、このひと手間で、簡単なアレンジなのに手抜き感はゼロ!


ショートヘアのちょうどいい外ハネ感とは

■丸顔さんにもおすすめ!切りっぱなしのショートボブ

ぱつっとしたラインでカジュアルさが加速する、切りっぱなしのショートボブスタイル。

■丸顔さんにもおすすめ!切りっぱなしのショートボブ

■丸顔さんにもおすすめ!切りっぱなしのショートボブ
How to
①根元から乾かし、程よく乾いてきたら風を上から当てて髪をできるだけ落ち着かせます。

②カールアイロンを、根元から外ハネになるように挟み、そのまま毛先までスルーさせるとちょうどいいハネ感に。オイルを髪の内側からなじませ、表面はそのまま軽く整えます。

 

■ショートヘアのニット帽×外ハネヘアアレンジ

ショートヘアさんでもできる簡単ヘアアレンジ。毛先を少し遊ばせてあげるだけでシャレ見えに。

■ショートヘアのニット帽×外ハネヘアアレンジ
How to
指先にワックスをとり、外ハネになるように意識しながらワックスを毛先にだけつけます。ポイントは、適量の毛束をとってつけること!

■ショートヘアのニット帽×外ハネヘアアレンジ
ちょっと手を加えてあげるだけで、おしゃれさもかわいさも倍増♡


いつもと違うおしゃれなボブの外ハネヘア

■前髪なし×ボブスタイルのウェーブ外ハネスタイル

襟足ギリギリでカットしたワンレンボブがベース。波巻きとウェットな質感が、クールな色っぽさを引き立てます。

■前髪なし×ボブスタイルのウェーブを効かせた巻き方は?

■前髪なし×ボブスタイルのウェーブを効かせた巻き方は?
How to
①根元をしっかりこすって乾かし、フワッと立ち上がりやすくしておきます。

②26mmのアイロンで、毛先は外ハネ、表面は波ウェーブに巻き、顔周りは外への動きをつけます。

③オイルとワックスを1:1で混ぜ、毛先からもみ込むようになじませて完成!

 

■黒髪ボブの外ハネヘアアレンジ

なにもしないと野暮ったく見えてしまう…というときは、毛先を軽く遊ばせるだけでふんわりエアリーボブに♡

How to

■黒髪ボブの外ハネヘアアレンジ
①髪の上半分をクリップでつまみ、残りの下半分の毛先をすべて外ハネにします。あえてカールアイロンではなくストレートアイロンを使うことで、カールが強すぎない自然な外ハネが演出できます。

■黒髪ボブの外ハネヘアアレンジ
②クリップで留めていた上半分の毛を少しずつ取り、緩やかな内巻きにしていきます。

■黒髪ボブの外ハネヘアアレンジ
③上半分の髪を内側にカーブさせたら、ヘアスタイルにニュアンスを出すために、表面の毛をところどころつまんで緩めに巻きます。最後に軽くオイルをつければ完成!

■黒髪ボブの外ハネヘアアレンジ
全体を巻かなくても、毛先に動きを出すだけで一気にこなれ見え。オイルをつけなければふんわりエアリーな印象に、オイルを多めにつければアンニュイな印象になるこのヘアスタイルは、黒髪でもアレンジ次第で色々な表情が楽しめます。

 

■前髪を外ハネワンカールで仕上げるヘアアレンジ

伸ばしかけにもおすすめのスタイル。スタイリングは軽めのバームを、巻いた毛束をほぐすように揉み込むと◎。おでこに落とす前髪は、ニュアンスを出しやすくするために、少量のみにするのがポイント。

How to

■前髪を外ハネワンカールで仕上げるヘアアレンジ
①26mmのアイロンで前髪の毛先を外ハネワンカールに巻きます。

②そのやや上の中間部分を、内巻きに熱を入れS字カールに。

③顔周りの髪の毛束をねじりながら、耳上の位置にピンで留めて完成!


エアリー感が重要!?ミディアムヘアの外ハネ

■軽めの外ハネがニュアンシーなヘアアレンジ

ニュアンスヘアに仕上げるコツは、アイロンを軽く通すこと。巻くのではなく、ハネさせるように通して。

How to

■軽めの外ハネがニュアンシーなヘアアレンジ
①ストレートアイロンで、「巻く」というより「外ハネになるようにアイロンを通す」イメージで毛先に動きをつけます。

■軽めの外ハネがニュアンシーなヘアアレンジ
②ヘアバームを髪全体にしっかりつけて動きのある束感に。小豆粒ほど指先に取ってから、両手をこすり合わせて手のひらに薄く均一に広げます。

③根元から指を通しながら、空気を入れ込みつつ手のひらについたバームを髪になじませていきます。バームをつけるときはとにかく大胆に、ワシャワシャとつけて。髪の内側までつくように手でまとめたり、束感を出したいおくれ毛部分や前髪の毛先は、指でつまむようにしながらなじませます。

■軽めの外ハネがニュアンシーなヘアアレンジ
完成!

直毛だったり髪が硬めの場合はカールアイロンでしっかり熱を与えるのがおすすめ。その場合も「巻く」のではなく、アイロンをすべらせるイメージで曲線をつけるのがポイントです。

 

■レイヤーでつくる今っぽニュアンスヘア

空気をたっぷり含んだようなエアリーヘアをつくるポイントは、表面の毛を薄く取ってふんわり内側に巻くこと。顔まわりの毛は、外に流すように巻くとフェイスラインがきれいに見え、小顔効果も狙えます。

How to

■レイヤーでつくる今っぽニュアンスヘア
①全体の表面の毛(眉上あたりのライン)を薄めにとり、クリップで留めます。

②残りの内側の毛を少しずつ束でとり、32mmのカールアイロンを使ってまずは毛先を外にワンカール(外ハネ)。

③クリップで留めておいた毛をおろし、アイロンをすべらせながら大きく内巻きにカールさせます。このとき、アイロンは床と平行に持ち、縦巻きにならないように注意!

④鼻より上の顔まわりの毛を軽く外巻きにして動きを出します。この時、アイロンは縦巻きに。

⑤ ヘアクリームを手に取り、顔まわりの毛束と毛先に軽くつけて完成! 全体的にゆるいカーブで巻きが取れやすいので、仕上げにハードスプレーを使うのもおすすめ。

 

■パーマ風のS字ウェーブでナチュラルな外ハネ

レイヤーがあまり入ってない人におすすめのスタイル。表面だけ、根元からゆるやかに巻くのが正解です。 簡単に作れるから、忙しい日の時短ヘアとしてもぴったり!

How to

■パーマ風のS字ウェーブヘアでナチュラルな外ハネ
①表面の毛(眉上あたりのライン)をすくいとり、クリップで留めます。

②残っている部分を束でとり、ストレートアイロンで毛先を軽く外ハネワンカールに(ショートヘアの場合は、ストレートアイロンor細いカールアイロンの方が◎)。

③ 毛先(外ハネ)より上の部分を全体がS字になるように巻いていきます。

④クリップで留めておいた表面の毛をおろし、顔まわりから外巻き→内巻き、と交互に軽めに巻いていきます(強く巻きすぎると膨らみすぎてしまうので注意)。

⑤ヘアクリームを手に取り、顔まわりと毛先につけて完成!


ロングやセミロングヘアの簡単でおしゃれな外ハネ

■セミロングも◎ストレートロングだからこそ外ハネラインが生きる!

質感で魅せるモテストレートは、毛先を少しだけハネさせてこなれ感を。顔周りにもニュアンスをプラスすることで、切りっぱなし感を強調♡

■セミロングも◎ストレートロングだからこそ外ハネラインが生きる!

■セミロングも◎ストレートロングだからこそ外ハネラインが生きる!
How to
ストレートにブローしたら、ストレートアイロンで、毛先と前髪を外ハネに。バームで仕上げて完成!

 

■束感がコツの外ハネ前髪の作り方

寝ぐせみたいに、毛先だけをちょこんとハネさせた前髪アレンジ。後ろ髪も自然な外ハネに。

How to

■シンプル束バングを応用した外ハネ前髪の作り方
①ストレートアイロンで、前髪の毛先を外ハネに。巻きすぎず、ハーフカール程度にします(両端は外向きに)。

②バームで束感を出して完成!

■シンプル束バングを応用した外ハネ前髪の作り方