これをされると女子は恋に落ちる。「この人、私のこと好きかも」と思う5つの瞬間

実はバレてる!?「この人、私のこと好きかも」と感じる5つの瞬間♡

自分から好きになる恋愛もあれば、相手から好意を感じて好きになる恋愛もありますよね。何とも思っていなかったけれど、「あれ、この人もしかして私のこと好きかも」と気づいた瞬間から、気になる人に変化した! なんてこともしばしば。

(c)Shutterstock.com

そこで、10代~40代の女性100名を対象に「自分のことを好きかもしれないと感じて好きになる瞬間」を調査しました! 今回はその結果をご紹介します♪ 

 

Q.まず、男性を好きになるとき多いパターンは?

【グラフ】男性を好きになるときに多いパターンは?

自分から好きになってアタックする 31%
自分のことを好きかもしれないと感じて好きになる 40%
どちらも同じくらいある 17%
まだそこまで人を好きになったことがない 12%

「自分から好きになってアタックする」と「自分のことを好きかもしれないと感じて好きになる」では、後者の方が9%多め。実は女子たちは「相手が自分のことを好きかも…と思うと好きになっちゃう」という性質を持っている人たちがかなり多いのです♡

では、どんなときに「もしかしてあの人私のこと好きなのかな…?」と思って好きになってしまうのでしょうか。早速チェックしていきましょう。

Q.「相手が自分を好きかもしれない」と思って好きになるのはどんなとき?

【1】特別扱いしてくれる

「私にだけ特別優しい」(22歳・会社員)

「他の人にも優しいけど、自分にだけは他の人よりも特別感のある接し方や優しさを見せるところ」(24歳・契約社員)

「女の子の中で自分だけ特別な気がしたとき」(23歳・会社員)

好意のない相手には特別扱いはしないもの。他の人とは明らかに違う態度をとられると、ついつい意識しちゃいますよね。「自分にだけ優しい」というよりは、「自分にだけ特別優しい」ということがポイント。いつも優しい人がもっと優しくなる姿に変化を感じるようです。

【2】頻繁に連絡が来る

「なんでもないLINEが頻繁に来る」(回答多数)

「メールやLINEで会話が終了しても、話を続けようとしてくる」(22歳・フリーター)

「LINEや電話の頻度が多い」(29歳・公務員)

学校や仕事に関連する内容などの連絡ならまだしも、特に目的のないメッセージが頻繁に届くと「この人私のこと好きなのかな」と思ってしまいそう。なんとしてでもやり取りを終わらせたくない…!という気持ちが見えるとさらにそう感じそうですね。

【3】食事などに誘われる

「よく2人での食事に誘ってくる」(回答多数)

「ご飯に誘ってくれて奢ってくれる」(24歳・契約社員)

「遊びや食事によく誘ってくる」(31歳・フリーター)

友達を含めたグループではなく、“2人で”というところに注目。1対1での外出に誘ってくる頻度が高ければ高いほど、好意を持ってくれていると感じそうですよね! 

【4】距離が近い

「距離が近くなったらさりげなくボディタッチをしてくるところ」(21歳・フリーター)

「近寄って話してくる」(40歳・パート)

「グループで、あるときに気が付くと隣にいてくれる」(22歳・大学生)

友達相手にはしないようなことをされると、ついつい意識してしまうもの。遠くにいたはずなのに気づけば隣にいたり、ボディタッチをしてきたりと「距離の近さ」を感じると相手の好意をより感じそうです。

【5】気づかってくれる

「落ち込んだ時や体調を崩した時に凄く心配してくれる」(26歳・大学院生)

「元気がない時に気にかけて食事に誘ってくれる」(36歳・会社員)

「体調をすごく気にかけてくれる」(34歳・会社員)

自分の些細な変化に気づいて声をかけてくれると、誰でも嬉しいもの。そんなに自分のことを見てくれていたんだ! という気持ちになりますよね。

【その他】

「ちょっとしたプレゼントをくれる」(24歳・大学生)

「ツーショットの写真を撮って欲しいと言われる」(30歳・自営業)

確かに好きな人がいたら、イベントの際に「一緒に写真撮って!」と声をかけたくなりますよね。アプローチの仕方は人それぞれのようです。

 

実は、同様の質問を男性にしたところ、「よくデートに誘ってくれる」「連絡をよくする」「特別扱い」「ボディタッチが増えた」「自分のことに興味を持ってくれる」などの回答が集まり、なんと5個中4個が今回のアンケート結果と一致! 「この人自分のことが好きなのかも」と感じる瞬間は、男性も女性も同じようですね。(平田真碧)