ネイビーコーデのおすすめ14選|パンツ・トレンチ・ワンピースの着こなし

知的な女らしさをON♡ネイビーコーデ集

きちんと見えて女らしいネイビーのアイテムは、秋冬コーデにも引っ張りだこ。通勤に使いやすいネイビーのタイトスカートや、派手になりすぎず大人っぽく着られるネイビー地の花柄ワンピなど、秋にぴったりの着こなしをお届けします♡

 

【目次】
ネイビーを合わせる秋のレディースコーデ
ネイビースカートを合わせる秋コーデ

ネイビーを合わせる秋のレディースコーデ


【1】ネイビーシャツジャケット×ミントニット×チェックワイドパンツ

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

品よく着られるエコスエードのシャツジャケットには、キレイにまとまりすぎないひとクセインナーをチョイス。女っぽさとカジュアル感のギャップがちょうどいいバランスです。色味の多いコーデの時は、シャープな黒パンプスでカラー全体を引き締めて。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【2】ネイビーカーディガン×ネイビーパンツ

クラシカル小物でとことん上品リッチに レディなトレンドが多い今季。小物も品があってかっちりしたものを買い足そうかなと計画中です。ビジュー付きのものやキャスケットなど、シンプルコーデに一点投入するだけで華やかに仕上げてくれるものがいいな♪

今季のトレンドはレオパード小物を差す秋スタイル♡ 起毛感&優しい配色がかわいいキャスケットを、シックなダークコーデにピリッと効かせて大人の着こなしを完成させて。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/田臥曜子 ヘア&メーク/sachi モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ネイビートレンチコート×白ニット

着映えトレンチコートは何枚でも欲しい♥ トレンチコートは、流行関係なく永遠に好き!毎年買い足していて、10着くらい持ってるかな。今季は一枚でおしゃれ見えするデザインを狙い中。アウターは安くないし、長く愛用したいから、ベーシックカラーが基本です。

はおるだけで女っぽさが漂うトレンチは、ドレスライクなふわっとシルエットに胸キュン♡ 袖のボリューム感やミモレ丈も、どこかクラシカルで今年らしい一枚です。こっくりしたネイビーなら、落ち着いた雰囲気もまとえます。小物はあえて黒でまとめてシック&レディに仕上げて。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/田臥曜子 ヘア&メーク/sachi モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ネイビー小花柄ワンピース×グレーカーディガン

人気続行のレトロワンピは×ゆるカーデで秋仕様に!

トレンドの花柄ワンピこそ、ベーシックカラーを選んで大人っぽく着こなしたい! ネイビーベースの小花柄ワンピは、重すぎず軽すぎずのグレーカーデをプラスして、トレンド感と上品な女らしさを程よくアピール♡ ネイビー×グレーの落ち着いた配色には、イヤリング&バッグでマスタードイエローを利かせるのがポイントです。

CanCam2018年11月号より 撮影/坂田幸一 スタイリスト/奥富思誉里 撮影協力/汐留シオサイト5区イタリア街、田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【5】ネイビージャンスカ×黒ニット

Check!読者200人への徹底取材でわかった!みんなが好きなコーデランキングTop10がコレ!『9位 ジャンスカは大人っぽさがカギコンパクトトップス×ジャンスカ』

体型カバーも叶うビスチェ型ジャンスカで、子供っぽさを回避。「ワンピと違って、着回しできる」と人気のジャンスカは、ノースリニットをインナーに重ねて程よく肌見せ。男子ウケも期待できる、女らしさが魅力です♡

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/汐留シオサイト5区イタリア街、田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【6】ネイビーワンピース×ショートブーツ

ピタッふわっもこっ♡女の子の好きが詰まった美スタイルコーデ

女らしくてスタイルがよく見えて、さらには長く使えるワンピースといえばベーシックカラーのフィット&フレアに決まり! ニットとレイヤードしたようなデザインなら、今っぽい着こなしもコーデ要らず。ハイウエストやAラインのほか、体型にメリハリをプラスしてくれる胸元フリルも視覚効果が期待できます♡ 小物は、大人っぽい黒ブーツでコーデをしめつつ、ネイビーに映えるライトグレーのファーBAGでスタイルアップだけじゃない可愛らしさもちゃっかり盛って!

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/汐留シオサイト5区イタリア街、田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【7】ネイビーニット×チェックスカート

笑顔もキラキラ輝かせてくれるビジューとフリルの甘い魔法♡

ノーアクセでも1枚で顔周りが華やかになるノースリニットは、ネイビーなら好感度も高め。ビジューやフリルで甘さを盛っても、ネイビーだから大人っぽく着られるんです♪ トレンドのチェックスカートを選んで清楚に着こなせば、より印象UPが期待できます♡

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/田中絵理子

【8】ネイビー花柄ワンピース×ピンクパンプス

ネイビーならキュートな花柄ワンピも程よく糖質OFF♡

華やかなフラワープリントも、派手になりすぎず大人っぽく着られるネイビー地ならぐっと上品な印象に。手元や裾のフリル、さらに華奢見えするフィット&フレアなど、しっかり女の子らしさも詰まってます♡

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/田中絵理子

【9】ネイビーロングカーディガン×ボーダーキャミソール×白タイトスカート

彼氏に借りたっぽいオーバーサイズ感が逆に女らしい♡

秋のお出かけには、アウター代わりのロングカーデを取り入れて。羽織るだけで、今っぽさも防寒も叶うローゲージニットは、見た目の女の子らしさもパーフェクト! キャミ×タイトスカートの女っぽい着こなしに合わせるだけで、ギャップのある程ゆる感がアピールできます♡

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの

ネイビースカートを合わせる秋コーデ


【1】ネイビーロングスカート×ボーダーカットソー×ブラウンジャケット

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

BIGサイズのCPOジャケットに、ラフなボーダーを仕込んでより今っぽく。黒スカートや黒小物でモノトーン面積を増やすことで、カジュアルなジャケットも大人っぽく着こなせます。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【2】ネイビー小花柄スカート×白カーディガン

05 男女共に賛同!今っぽ彼女の「スリムフレアスカート」『ベーシックカラーの小花柄』

王道ガーリーなアイテムこそ、秋はシルエットをアップデート! モヘアニットの愛され力を最大限に発揮するなら、OUTでずるっと着るより、INしてきれいめに着るのが正解です。裾がほんのり広がるスリムフレアスカートなら、×ニットカーデの王道コーデも今っぽく仕上がります。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【3】ネイビー小花柄スカート×グレータンクトップ

05 男女共に賛同!今っぽ彼女の「スリムフレアスカート」『ベーシックカラーの小花柄』

ニュアンスグレー×ネイビーで小花柄を大人っぽく! 上品なツヤ素材なら、ガーリーな小花柄がぐっと大人っぽく仕上がります。ニュアンスグレーのノースリタンクを合わせて、こなれ感もGETして。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【4】ネイビーミニスカート×グレーパーカー

10位 バランスが最強かわいい!のラブコール♡フーディ×ミニスカ『ダボッ×ミニのシルエットがたまらないというファン多し。①子供っぽく見えないフーディ選びと、②×ミニで女の子ポイントを入れる、が絶対ルール!』

袖がたっぷりしたフーディを台形ミニにIN! 簡単なワンツーコーデも、ゆるっと感や肌見せでヘルシーだけど女の子らしい絶妙な着こなしに♡ フェミニンなXラインは男性ウケもばっちりです。スタイルアップをより意識するときは、フロントボタンがあしらわれた台形ミニがイチオシ。さらに時計とスニーカーを白でまとめれば、爽やかで上品なモテカジュアルが完成します。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/汐留シオサイト5区イタリア街、田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【5】ネイビータイトスカート×マスタードイエローブラウス

袖フリルの甘ブラウスをタイトスカートで美人に見せて♪

マスタードイエローが秋を感じさせるブラウスを主役に♡ きちんと感のあるネイビータイトを合わせて、一歩先行く通勤コーデに仕上げましょ。

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶 

 

大人っぽい秋コーデを楽しむなら、シックなネイビーアイテムがお役立ち! いい女っぽさを狙うならタイトスカートやトレンチコート、上品ガーリーに着るなら花柄ワンピもおすすめです♡ きちんと見えするネイビーなら、挑戦コーデもハードル低め。この秋冬は、ネイビーのアイテムでトレンドコーデを満喫してくださいね♪

★顔映り抜群の女っぽカラー♡ピンクベージュのおすすめコーデ4選

>>CanCam.jp TOPへ戻る