レトロブームの立役者♡花柄ブラウスのおすすめ春コーデ12選

品よく華やか♡花柄ブラウスの着こなし例 

レトロブームのこの春に着たい、花柄ブラウスの最旬コーデを特集。ワンピースやスカートと合わせる女のコらしい着こなしや、パンツと合わせてカジュアルに着こなすスタイルなど、おすすめコーディネートをお届けします♡

花柄ブラウスを合わせる春コーデ


【1】花柄ブラウス×デニムパンツ

おしゃれなムードが今すぐ作れる、4つのトレンドKEYWORDmor more コーデを考えなくとも、この1枚を合わせておけばOKな最終奥義を伝授! 普通の服が変わる[ 1点ムード出しアイテム ]に頼るべし!『例えばデニムや白Tのような、ワードローブの定番アイテムに合わせるだけでも一気にムードUPする4枚をご紹介。これがあれば、コーデを考える時間は0秒でOK!』

デニムをいちばんムーディに盛ってくれる ヴィンテージ風の花柄ブラウス。フレンチガールの休日のような〝凝りすぎてないけど、おしゃれ〟が叶うブラウスも、デニム合わせなら難なく挑戦できます♪

CanCam2019年4月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/吉﨑沙世子(io) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【2】花柄ブラウス×ジャケット×デニムワイドパンツ

カントリー調のフラワー柄ブラウスと、ブルーのワイドデニムを合わせたレトロコーデ。70’Sムードをほんのり香らせて、春も人気続行のヴィンテージテイストを完成させて。さらにテーラードジャケットとスクエアパンプスをプラスして、シャープさや大人っぽい締めを意識すれば今っぽくきまります。

CanCam2019年3月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/兵藤千尋 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/ほのか 構成/木村 晶

【3】花柄レースブラウス×白ワンピース

TREND PICKS #005 1枚でもレイヤードでも使える ロマブラウス『スタンドカラーや袖コンシャス、レースなど女っぽいニュアンスが詰まったロマブラウスは、季節のつなぎ役として大活躍♡ ニットの襟元からフリルをチラ見せしたり、主役としてだけでなく脇役としても活躍してくれる優秀アイテムです!』

レースなど女っぽいニュアンスが詰まったロマブラウスは、季節のつなぎ役として大活躍♡ センシュアルな花柄レースを同系色のジャンスカとなじませれば、春仕様のワンピスタイルが楽しめます。

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ

【4】花柄ブラウス×ベージュパンツ

TREND PICKS #002 レトロムードが断然、気分! ヴィンテージ風小花柄『春になるとうずうず、なぜか着たくなる花柄。今年は「かわいい!」よりも「ちょい渋」なヴィンテージっぽい雰囲気の小花柄がおしゃれ♡ 柄がレトロなぶん、スカートだったらハイウエストやスーパーロング丈など、シルエットやディテールで今っぽく!』

今年は「かわいい!」よりも「ちょい渋」なヴィンテージっぽい小花柄がおしゃれ! 柄がレトロなぶん、ボトムはカジュアルなチノパンで甘さ控えめがおすすめです。甘いアイテムとカジュアルなチノパンのMIXコーデは、春のおしゃれにぴったりです。

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ

【5】花柄ブラウス×トレンチコート×デニムワイドパンツ

TREND PICKS #002 レトロムードが断然、気分! ヴィンテージ風小花柄『春になるとうずうず、なぜか着たくなる花柄。今年は「かわいい!」よりも「ちょい渋」なヴィンテージっぽい雰囲気の小花柄がおしゃれ♡ 柄がレトロなぶん、スカートだったらハイウエストやスーパーロング丈など、シルエットやディテールで今っぽく!』

小花柄を大人っぽく取り入れるなら、黒ベースの肌見せブラウスがオススメ。ハイウエストの切り替え入りで、脚が長く見えるのもポイントです!着こなしは70年代気分のワイドデニムを合わせるだけで、甘すぎずレトロかわいい雰囲気に♡ ゆるっと見える男前デニムは着痩せ効果も期待できます。ざっくりとはおったトレンチコートは、まろやかなキャメル色が正解。ブラウンのパンプスでコーデを締めても重たく見えず、大人っぽい着こなしがまとまります!

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ

【6】花柄ブラウス×デニムミニスカート

甘めの小花柄ブラウスで、デニムミニをガーリーにドレスアップ

花柄ブラウスの甘さを調節するのに、辛口でかっこいいデニムボトムは適任! 中でも、女の子らしさを残したいときには、デニムミニがベストバランス。おしゃれっぽい&女のコらしくカジュアルダウンできるので、男女ウケが狙えます。ヘルシーさと女のコらしさのいいとこ取りができるのは、デニムミニのなせるワザ。小物は、上品なかごバッグを投入すれば「キュン♡」が増量。おしゃれ感のある女子力がさらに向上します!

CanCam2018年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メ ーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/権藤彩子

【7】花柄ブラウス×ネイビーショートパンツ

花柄ブラウス×裾ディテールのショーパンでおしゃれ度高く

花柄ブラウス×裾ディテールのショーパンでおしゃれ度高く! 柄とディテールを組み合わせてもうるさく見えないのは、程よい肌見せと柄モノをコンパクトに取り入れるテクのおかげです♡

CanCam2018年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メ ーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/権藤彩子

【8】花柄ブラウス×デニムパンツ

花柄のかわいさを引き立てる、飾らない笑顔とシンプルなデニム♪

フリルに、透け感に、優しい色合い…糖度高めなフェミニンブラウスは、甘さを引き算してヘルシーに着こなすのが気分。切りっぱなしのデニムやカゴBAGが似合う、上品でも肩肘張らない〝自然体のかわいさ〟が理想なんです♡

CanCam2018年5月号より 撮影/菊地泰久(vale./人物)、坂田幸一(静物) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/Paku☆chan(Three Peace) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/新城真紀

【9】花柄ブラウス×ネイビーパンツ

花柄ブラウスでリラックス感のあるきれいめカジュアルに

甘さのある花柄ブラウスをネイビーのパンツで大人めに。色も甘さも引き締めると、春らしいきれいめコーデが完成します。グリーンのサンダルで差し色をプラスして、落ち着きすぎないミーハー感も忘れずに。

★【今日のコーデ】どんなコーデにもぴったり。ケイト・スペードの名品バッグが万能!

【10】花柄ブラウス×デニムパンツ

大人かわいいヴィンテージ風シャツはデニムで合わせるのが正解♡

肌馴染みの良いベージュにくすんだブラウンの小花柄があしらわれたブラウスは、まさに今の気分にぴったり。ウォッシュ加工のデニムに合わせて甘辛MIXに仕上げれば、おしゃれっぽさも申し分なし。小物はスケルトンのバケツ型バッグをチョイスして。ブラウスとカラーを揃えつつも、つるんとした素材感が組み合わさり、奥行きのあるコーデが完成します♡

★【今日のコーデ】春の陽気を感じる日♡花柄ブラウス×デニムの着こなし

【11】花柄ブラウス×パープルフレアスカート

やわらかなラベンダーを黒小物で引き締めて

甘くてかわいいイメージの花柄ブラウスも、モノトーンならシックで上品に取り入れられます。抜き襟にしたブラウスとたっぷりボリュームのイレヘムスカートで、品の良さもこなれ感も欲張りに。トレンドの淡いラベンダー色が大人っぽくフェミニンな印象に仕上げてくれます。 華やかな上下には、ディテールがシンプルな黒小物で印象を引き締めて。

★【今日のコーデ】どんより曇り空も明るく過ごしたい!そんなときの魔法のアイテムは…

【12】花柄ブラウス×白ワイドパンツ

MA-1ブルゾン×ワイドパンツ

ワイドパンツやMA-1など、カジュアルな要素が多い日は、足元にはスニーカーではなくパンプスを選ぶと好バランス♡ モノトーンと相性のいいカーキジャケットも、大人コーデのアクセントにぴったりです。

★【今日のコーデ】3月14日曇りのち一時雨。最高気温14℃、最低気温7℃のファッション

>>CanCam.jp TOPへ戻る