くすみ系からビビッド系まで♡春のおすすめ赤コーデ7選

差し色に映える!おすすめの赤コーデをピックアップ

差し色に映える!おすすめの赤コーデをピックアップ

パキっとした赤からダスティな赤まで、今シーズンの「赤」は色味も豊富! コーデのアクセントになる赤アイテムを春らしく着こなすなら?おすすめの着こなしを紹介します♡

【目次】
赤ワンピースを合わせる春コーデ
赤ニットを合わせる春コーデ
赤スニーカーを合わせる春コーデ

赤ワンピースを合わせる春コーデ


【1】赤ワンピース×ベージュコート×白スカート

Layered One-piece「スリットから、異素材スカートをのぞかせる」

この春は、重ねるほどにおしゃれ感度が増すワンピのレイヤードにTRYしたい! 合わせるスカートは、軽やかでニュアンスが出せるエアリー素材がGood。レンガ色とも相性のいい白のプリーツスカートで、春らしさもKeepして♡ 長めでバサッとはおれる春コートも、こなれ感ばっちりです。

CanCam2019年5月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini)) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】赤の柄ワンピース×帽子×サンダル

かわいいけれど大人っぽい、トマトレッドの花柄ワンピ♡ リラックス感があるまろやかな赤にベージュ小物をプラスすることで、デイリーにもすんなりと着こなせます。強さを抑えた赤だから、総柄ワンピも気負わずに投入できます。

CanCam2019年4月号より 撮影/MARCO スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遠藤郁子 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/西村真樹

赤ニットを合わせる春コーデ


【1】赤ニット×デニムパンツ

GUCCI ジェニックなデザインで ミーハーな乙女心を刺激『この春デビューした新ライン「グッチ ズゥミ」。クラシックなアイコンのモチーフとポップなイチゴプリントの競演で、グッチらしいキャッチーなかわいさを堪能!』

濃いめのデニムにパッと明るい赤ニットをON! 肌馴染みのいいダスティな赤を選べば、インパクトより女らしさが際立ちます。ゆるかわなイチゴプリントのミニBAGは、思わず「かわいすぎ 」と声に出したくなるビジュアル。ショルダーストラップを外せば、トップハンドルでレディにも持てる2wayタイプ♡

CanCam2019年5月号より 撮影/清水奈緒 スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/トラウデン直美 撮影協力/AWABEES 構成/浜田麻衣

【2】赤ニット×チェックタイトスカート

赤ニットとギンガムチェックでキャッチーな装いを手に入れて

ビビッドな赤のバックシャンニットに思わずドキッ♡ 大人っぽいロングスカートは、ヒップラインをぷりっとSEXYに見せつつ、裾はひらっと揺れるマーメイドシルエットが印象的。相性抜群の赤×ギンガムチェックのコーデなら、360度かわいいが叶います!

CanCam2018年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【3】赤ニット×デニムフレアスカート

大活躍間違いなし♡デニム素材のフレアスカートが主役

赤ニット×デニムブルーのスカートで、上品な都会派マリンコーデを満喫♪ キャッチーな赤ニットは、ディテールにもこだわりあり。かわいいフレンチスリーブが、肩周りや二の腕を華奢に見せてくれるのでオススメです。肌は出したいけど、ノースリーブにはちょっと抵抗が…なんて方も、これならスッキリ着こなせそう。ボトムのデニムスカートは、ウエストの大きなリボンが全体のアクセントに。爽やかなデニム素材はトップスを選ばないので、着回しが効くのもポイントです。

★【今日のコーデ】夏に着たい♡デニムフレアスカートの着こなし

【4】赤ニット×ネイビーフレアスカート

この春カットワークレースがおしゃれ♡赤で取り入れて華やかに

この春は、透け感が楽しめるカットワークレースのアイテムが大豊作! シンプルカラーもいいけれど、パッと目を引く鮮やかなカラーニットで取り入れるのが新鮮です。大きめに開いたVネックが顔周りをすっきりと見せてくれるので、さりげない小顔効果も狙えます。ふわっとした袖口で、気になる二の腕もカムフラージュ♪

★【今日のコーデ】大人かわいい春カラーニットの着こなし

赤スニーカーを合わせる春コーデ


【1】赤スニーカー×黒ニット×ギンガムチェックスカート

赤コンバース×ギンガムで〝パリの恋人〟をイメージ♡

ギンガムチェックのスカートをデートシーンに投入するなら、ピタッとしたリブニットで女っぽさをON♪ トップスを女らしくアレンジした分、足元はローカットのスニーカーであえてのカジュアルダウンを意識して。キメキメはNGだから、リュックやスニーカーでラフさをプラスするくらいが丁度です。

CanCam2018年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/堀田 茜(本誌専属)、樫尾篤紀  撮影協力/田邉沙緒莉 構成/正谷優貴