こなれ感をアップデート!秋のジャケットコーデ17選

防寒&こなれ感がUPする秋のジャケットコーデ集

秋に欠かせないジャケットを、今年っぽくおしゃれっぽく着こなすなら? この秋のおすすめコーデを、色別(グレー・ネイビー(紺)・ベージュ・ピンク)に紹介します♪

【目次】
グレージャケット秋コーデ
ネイビー(紺)ジャケット秋コーデ
黒ライダースジャケット秋コーデ
ベージュジャケット秋コーデ
ピンクジャケット秋コーデ

グレージャケット秋コーデ


【1】プチプラアイテムが活躍の大人カジュアルコーデ

プチプラアイテムが活躍の大人カジュアルコーデ

夏から秋に変わる時期は、さらりと羽織れるテーラードジャケットが便利! おじっぽさが可愛いジャケットは、トレンドアイテムとして人気のグレンチェック柄をチョイス。いつものコーデにプラスすれば、ぐっと今っぽいスタイルに変身します♡ ロゴTやボーイフレンドデニムでハズしを加えるのもポイント。よりこなれ感を上げるために、ジャケットの袖はくしゃっと腕まくりをして着崩すのがオススメです♪ 秋素材を使った小物で季節感もプラスして。

★【今日のコーデ】お値段以上に高見え!このジャケット、なんと5000円以下なんです

【2】男前ジャケット×こっくりイエローでマニッシュな着こなしに♡

男前ジャケット×こっくりイエローでマニッシュな着こなしに♡

マスタード×チェックで、とことん秋っぽい着こなしに♡ ミニ丈にブーツを合わせて、かわいげも忘れずに!

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/遊佐こころ(SPACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/八木橋佳世

ネイビー(紺)ジャケット秋コーデ


【1】正統派のネイビージャケットで大人カジュアルに

正統派のネイビージャケットで大人カジュアルに

秋に向けて季節が変り始める時期は、朝晩の温度に対応できる羽織りものが活躍。ON⇔OFF使えるジャケットは、普段のコーデに羽織るだけでぐっとリッチ感のあるスタイルに仕上がります。大人っぽい紺ジャケットは、ボーダーや赤小物を合わせてパリっぽくアレンジ♪ 合わせるデニムをスキニーにすれば、女っぽさも急上昇。上品なカジュアルスタイルが楽しめます。カチッとしたジャケットには、あえてラフなトップスや小物を合わせるのがオススメ。主張しすぎないパールピアスで、さりげなく女度をあげるのがポイントです♡

★ユニクロのジャケットが優秀すぎ!イネスコラボは絶対買い【今日のコーデ】

【2】ラフなジーンズをジャケットで引き締めた大人カジュアル

ラフなジーンズをジャケットで引き締めた大人カジュアル

厚手コートの下にデニム×ジャケットのコーディネートでおでかけ。ラフなデニムスタイルに合わせたのは、かっちりジャケット。オーバーサイズのジャケット×ハイウエストのボトムで、バランス感を意識した着こなしを楽しんで♡ シンプルなコーデだからこそ、ドットなどの柄をさりげなく取り入れてお洒落度アップ。

★【今日のコーデ】しっかり美脚見え!リーバイスのジーンズが主役のコーデ★

【3】スポーティなライン入りはきれいめパンツで取り入れて♡

スポーティなライン入りはきれいめパンツで取り入れて♡

去年、大人気だったワイドパンツの進化版! ラインを1本加えたシンプルなデザインなので、カジュアルになりすぎず大人っぽく着こなせます。シンプルなきれいめパンツとして使えるので、着回し力も抜群。モノトーンで合わせてクールに、Tシャツなどを合わせてカジュアルダウンさせるのもオススメです。

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini.) 構成/八木橋佳世

黒ライダースジャケット秋コーデ


【1】花柄ワンピース×ライダースの大人め甘辛MIX

花柄ワンピース×ライダースの大人め甘辛MIX

肌寒い日は、華やかなイエローのワンピースでテンションアップ♡ 細かくあしらわれた花柄で女性らしさを引き立てつつ、風にふわりと揺れるミモレ丈で今っぽさに拍車をかけて。今年の秋は、甘い花柄ワンピをライダース合わせで甘辛ミックスに着こなすのが気分。ちょっぴりヴィンテージ感漂うワンピースの色合いと絶妙にマッチします。季節感をあげてくれるのは、ころんとしたシルエットが魅力のファーバッグ。レディな中にも可愛らしさを忘れない、MIXスタイルの完成です♪

★この秋冬はライダースが気分。ベストな着こなしは?|今日のコーデ

【2】旬のグリーンスカートを黒ライダースで切れ味よく!

濃い色デニムとロゴTで70’Sスタイルに

旬のボリュームフレアはコーデも引き締めてくれる黒ライダースが好バランス! 流行グリーンのスカートは、ライダースのかっこよさをプラスしてハンサムな着こなしを楽しんで。辛口カラーでまとめれば、いつもと違う新鮮なスカートコーデの完成です♡ カゴバッグやスエード調パンプスなどの小物も、今どき感を盛り上げるのに効果的。

CanCam2017年10月号より 撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/田中絵理子

【3】スイートな花柄ワンピを辛口ライダースで大人めに♡

濃い色デニムとロゴTで70’Sスタイルに

はおりをアップデートすれば、お気に入りの花柄ワンピも新鮮に! 程よくツヤのある黒スムースで引き締めれば、かわいいだけじゃなく洗練された印象が手に入ります。合わせるだけでおしゃれっぽいライダース×花柄コーデは、絶対に失敗しない鉄板コンビ!

CanCam2017年10月号より 撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/田中絵理子

【4】男前なチェックパンツをレザージャケットでmore辛口に

濃い色デニムとロゴTで70’Sスタイルに

流行のグレンチェックに合わせて作る、大人なモードなパンツスタイル。ライダースが主役のモノトーンコーデは、チェックのワイドパンツやファーバッグ、そしてカラーサンダルなど、ミーハー感をプラスしてクールになりすぎない着こなしに♪

CanCam2017年10月号より 撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/田中絵理子

【5】濃い色デニムとライダースで媚びない女っぽさを

濃い色デニムとロゴTで70’Sスタイルに

赤ニット×インディゴデニムの定番コーデを、辛口なライダースでいい女風にアップデート。チェックストールをプラスすることで、ほんのりと女の子らしい印象に♡

CanCam2017年10月号より 撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/田中絵理子

【6】淡色のフェミニンコーデをライダースでかっこよくシフト

濃い色デニムとロゴTで70’Sスタイルに

カジュアルなニットタイトをレザージャケットで大人リッチに♡ 辛口な黒ライダースも、ガーリーなハートのロゴTとピンクのニットスカートを合わせれば、思わずキュンッ♡となる甘辛コーデに仕上がります♪

CanCam2017年10月号より 撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/田中絵理子

【7】甘いワンピの相棒は辛口ライダースが今の気分

甘いワンピの相棒は辛口ライダースが今の気分

繊細なヴィンテージ風レースのワンピースは、まとうだけで圧倒的な存在感! 帽子で、BAGで、ライダースで…黒でピリッと引き締めると、今っぽさがより際立ちます。

CanCam2018年10月号より 撮影/今城 純(D-CORD) スタイリスト/奥野友佳 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

ベージュジャケット秋コーデ


【1】バランスよく散らした締め色で淡トーンにメリハリを

濃い色デニムとロゴTで70’Sスタイルに

品のあるベージュのライダースなら、シンプルコーデも高見え完了! 白ガウチョ×ヒールのキレイめスタイルには、淡いベージュのスエード素材がぴったり。フェミニンでこなれたコーデが仕上がります。コンサバになりやすい白ボトムも、このライダースをはおるだけで今年っぽい秋スタイルになるんです♪

CanCam2017年10月号より 撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/田中絵理子

【2】ライダース初心者には女らしいスエードジャケットが推し!

濃い色デニムとロゴTで70’Sスタイルに

ほんのり辛さをミックスしつつ、いつもの花柄スカートをブラッシュアップ! やわらかなスエード素材がしなやかに体にフィットして、シルエットも女性らしい雰囲気に。ネイビーの大人っぽい花柄と、温かみのあるブラウンベージュのライダースとの相乗効果で、レトロで今っぽい着こなしが仕上がります♡

CanCam2017年10月号より 撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/田中絵理子

【3】

クラシカルな花柄スカートで優しげなワントーンスタイルに

クラシカルな花柄スカートで作る優しげなワントーンスタイル

フラワー柄のプリーツスカートにあしらわれた部分レースが、見るからにエレガントな印象に。ベージュピンクやオフホワイトで作るやわらかなトーンが、やわらか&いい女っぽい!

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/まい(本誌専属) 構成/田中絵理子

ピンクジャケット秋コーデ


【1】顔映り抜群のピンクベージュで辛さをOFF

濃い色デニムとロゴTで70’Sスタイルに

モノトーンコーデが華やぐ、顏映りのよいピンクベージュのジャケットを主役に。シャツレイヤード&おじ靴のトラッドスタイルを、ジャケットのやわらかな素材と色味でほんのりかわいく仕上げて♡

CanCam2017年10月号より 撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/田中絵理子

【2】ジャケット×レーススカートで”ピンク”のきちんと見えが実現

ジャケット×レーススカートで

大好きなピンク色を大人っぽいジャケット&レーススカートで取り入れた、きちんとフェミニンがツボ♡ シルエットがきれいな美人ジャケットと、王道レディなレースタイトを合わせることで、大人の魅力がぐっと倍増します。Tシャツのロゴもこっそりピンクでリンクさせれば、テンションのあがるピンクグラデが即完成。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子