きれいめかわいい♡ノースリーブニットのおすすめコーデ25選【2019夏秋】

上品なノースリーブニットのコーデを大特集

カーディガンやジャケットなどのはおりと合わせやすく、一枚でもおしゃれがきまるノースリーブニットの着こなしをピックアップ! 夏・秋にマネしたい最旬コーデを紹介します♡

【目次】
ノースリーブニット 夏コーデ
ノースリーブニット 秋コーデ

ノースリーブニット 夏コーデ


【1】アイボリーノースリーブニット×デニムパンツ

淡いブルー×程よいクラッシュデニムで、かわいさの中にも今どきの抜け感をプラス♪ ヘルシーなノースリニットに合わせたのは、世界初のブルージーンズでもあるLevi’s®のアイコンデニム・501®を今のトレンドに合うスキニーレッグに仕上げた501®SKINNY。股上深めのハイライズ&脚をスリムに見せてくれる細身のシルエットは、さらっと着てもサマになるのがスゴイ! 服がシンプルな分、スカーフ使いやチェックのカゴBAGでパンチを効かせて夏気分を盛り上げたい。

CanCam2019年7月号より 撮影/東 京祐 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】ベージュノースリーブニット×アイボリーパンツ×ベージュシャツ

いつもなら白や黒を合わせるイエローパンツに、この夏はサンドベージュのニットを合わせてみる! その曖昧さを感じるなじませ配色に、どことなくエモさが漂います。蒸し暑さにはノースリニットで、ひんやりしたらリネンシャツをラフにはおって大人のこなれ感を演出して。ニットは、ツヤ感のあるラメ×ベージュで顔映りも抜群。バッグは同系色のキャメルを選んで、コーデをさりげなく引き締めるのが狙いです!

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/石黒千晶

【3】ベージュノースリーブニット×ブルーロングスカート

女らしいラメ×ベージュのノースリニットは、存在感はありつつも柄モノにもスッと馴染む万能アイテム。古着屋さんにあるようなヴィンテージライクなスカートを合わせると、どこか懐かしい趣のある着こなしが完成します。

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/石黒千晶

【4】ブラウンノースリーブニット×ロンパース

沙友理は大人ベージュでモテ♡カジュアル

二の腕はすっきり見せつつ、脚はしっかり隠す! メリハリのある肌見せ感が絶妙なモテ♡バランスに。ワンショルダーのロンパースにノースリニットを合わせて、肌の抜け感を作ることでロンパースでも女っぽさがkeepできます。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】白ノースリーブニット×チェックロングスカート

白を効かせたフィット&フレアで顔映りもシルエットも申し分なし!

大人っぽいフレアスカートとニットタンクで、ちょっぴり背伸びなフェミニンコーデに。夕暮れのデートにも映える、絶妙な色合わせがポイントです♡ 秋らしい色味のチェックスカートは、夏から秋のブリッジコーデにも活躍するオススメの一枚。チェック柄や長めの丈感など、シンプルなコーデでも今っぽい着こなしが決まります♪ 女らしさをアピールしたい日は、ノースリニットを合わせると、テクなしでキレイ美人な印象に。程よくフィットするリブ素材や、上品に露出ができるタンクトップ…、モテ要素の詰まったニットはデートスタイルにぴったりです!

★【今日のコーデ】秋色×チェックでトレンドを先取り!大人デートスタイル

【6】黒ノースリーブニット×カーキスカート

カーキ×フレアの甘辛スカートで媚びない女のコらしさを♡

カーキやブラックなど、ダークで大人っぽい配色を夏らしく着こなすなら、ちょっとした肌見せを効果的に取り入れて、抜け感を意識するのが得策です♡ 変形フレアにステッチを効かせたスカートは、トレンドのアシメトリーなデザインが魅力! 重たく見えない白のステッチ効果で、夏のコーデにもぴったりです。トップスは、黒のノースリニットを合わせてすっきりレディにまとめましょ。

★【今日のコーデ】残暑の着こなしは、肌見せ感がカギ!

【7】黒ノースリーブニット×ラベンダーロングスカート

大人めかわいい♡「透けドットパンプス」がおしゃれのカギ

黒のノースリーブニット×ラベンダースカートの大人かわいいコーデに、ドット柄のパンプスを投入! 透け感のあるパンプスは、シアー素材とドット柄の組み合わせが女子のツボにどんぴしゃなアイテムです♡ 辛口なポインテッドトウなので甘くなり過ぎないのも◎。

★【今日のコーデ】ヒロイン級の存在感。透けドットパンプスの着こなし

ノースリーブニット 秋コーデ


【1】ボルドーノースリーブニット×チェックパンツ

正統派なチェックパンツをスポーティ小物でカジュアルダウン♪

気温が落ち着く晩夏は、ボルドーのニットにブラウン系のチェックパンツを合わせた秋色コーデが正解。日中の日差しに備えて、ニットはノースリーブ、小物は白で抜け感をプラスしておくのもポイントです♡ 足元はコンバースで、トレンドアイテムをスニーカーでカジュアルダウンさせるこなれコーデを楽しんで。

★【今日のコーデ】白小物で重さを回避!秋色が映える最旬ブリッジコーデ

【2】ノースリーブニットワンピ×Gジャン

好感度の高いニットワンピには×Gジャンでこなれ感をトッピング

初秋のコーデに重宝するノースリーブのニットワンピは、体にフィットする女らしいシルエットが特徴的。フェミニンなアイテムだからこそ、カラーは深めのピーコックグリーンを選んで今っぽさをアピール♡ 上半身はピタっとしつつも、スカート部分は少なめのリブで広がりすぎず体型カバーもばっちりです。ファー素材の巾着が見え隠れするトートバッグは、明るいベージュで全体をトーンアップさせるのが狙い♪ 室内との温度差に備えて、羽織りにはGジャンを投入して、ピタワンピを程よくカジュアルダウンするのがおすすめです。

★【今日のコーデ】秋イチに着たい♡ニットワンピースコーデ

【3】黒ノースリーブニットタンク×チェックフレアスカート

楓の1か月着まわしコーデ!【Vol.1】

夏から秋のブリッジコーデは、この時期なにかと便利に使えるノースリーブニットで旬柄チェックを先取り。どんな流行アイテムとも合わせやすい&はおり次第で長く着られるノースリニットは、この秋真っ先にワードローブに投入させて。華やかな赤のチェック柄スカートは、末広がりのたっぷりとしたフレアラインでお嬢さんライクな印象もいただきです。

★【今日のコーデ】楓の1か月コーデ!トレンド×定番でつくる秋スタイル

【4】ブラウンノースリーブニット×ベージュトレンチスカート

楓の1か月着まわしコーデ!【Vol.3】

「秋」を意識した最旬コーデは、今っぽ見えが叶うトレンチスカートを指名して。ハリ感のある素材とハイウエストシルエットが、きれいなAラインを演出してくれる秋の推しアイテムです。トップスは、ブラウンのノースリニットをコンパクトに取り入れてメリハリのある配色に。全身を茶系トーンで統一すれば、思わず目を引くオータムコーデが完成します。ニットはしっかりとウエストInして、スタイルアップも♡ 仕上げに加えたベレー帽もシャレ感をアピールできるアイテムです。

★【今日のコーデ】最強着回しアイテム・ハイウエストスカートの着こなし

【5】ベージュのタンクニットワンピ×黒レギンス

楓の1か月着まわしコーデ!【Vol.10】

秋の始まりには、合わせるアイテム次第で変幻するノースリのニットワンピがお役立ち。素足だと夏っぽく見える&肌寒いので、レギンスを重ね履きして秋っぽいレイヤードも楽しんで♪ いつもより「ちょいカジュアル」な気分だから、アクセは存在感のあるシルバーで統一。ハンサムかつクールにキメて。ウエストポーチ&ごつめのスニーカーで、スポーティにコーディネート。今シーズンは、ちょっぴり厚底のハイテクスニーカーがトレンドです!

★【今日のコーデ】秋の始まりは、着回し力抜群のニットワンピをまず一枚♡

【6】ボルドーのノースリーブニット×花柄スカート

濃い色デニムとロゴTで70’Sスタイルに

いちごミルクみたいな淡~いピンクに、ヴィンテージ感のあるレトロな雰囲気のお花をON♡ 気がつくとつい目で追っているような、その小悪魔的なかわいさはデートでも効果を発揮! 同系色のボルドーのニットでまとめることで、女らしさもよりアップします。

CanCam2017年10月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/新城真紀

【7】ボルドーのノースリーブニット×花柄ティアードスカート

レトロフラワーはちょっぴりシックに取り入れて♡

永遠に好き♡な花柄は、小花×ダークトーンがシックな〝レトロフラワー〟をチョイス。ブラウンニットやベージュ小物など、全体を落ち着いた色味でまとめれば、落ち着きのある女性らしさがより引き立ちます。自然と秋っぽさも高まって♪

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】黒のノースリーブニット×パープルキャミワンピース

あえてスポーティに着くずすキュートなパープルワンピ

女子度高めな淡いパープルワンピだからこそ、ライン入りのウエストバッグを合わせたスポーティスタイルも女の子らしくキマります♡ INにノースリーブのニットタンクを重ねて、ブラックの面積を多くすることで美人度もUP♪

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】ブラウンのニットタンク×黒チュールスカート

レトロフラワーにチュールを重ねたスカートでヒロイン気分♡

プリーツ加工されたイエローの小花柄に、繊細なチュールをON! ひと目でかわいい♡が決まる技アリのデザインが、定番の花柄スカートを今っぽくアップデートしてくれます。ほんのりビターなブラウンのノースリニットで、イイ女っぽく着こなして♪

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】黒のノースリーブニットタンク×チェック柄タイトスカート

美人度を上げるならリブニット×タイトスカートでⅠラインを演出

すっきりシャープな細身のニット&スカートは、着るだけでスタイルアップが叶う〝美人見え必至〟の王道コンビ! キリリとしたモノトーンなら、引き締め効果もより期待できます。

CanCam2018年9月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【11】ブラックのニットタンク×チェック型イレヘムスカート

ブラック×チェック柄スカートの大人め秋コーデ♡

アシメトリーのチェックスカートには、上品な黒のノースリニットを合わせてきちんと感をプラス。シックなモノトーンだから、赤のバッグで差し色を効かせるのが正解です。

CanCam2018年10月号より 撮影/菊地泰久(vale.) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/山下美月(本誌専属) 構成/又吉樹菜

【12】ブラウンのニットタンク×チェック柄ロングスカート

ブラウンのグラデで魅せる大人めレディな着こなし♡

グレンチェックは、ブラウンを選ぶとクラシカル感がUP! 女らしさと品のよさが手に入るので、きちんとしたシーンにも活躍の予感。スタイルよく見えるハイウエストや軽快なヘム裾など、今秋のチェックスカートはデザインも進化しているのでチェックして♡

CanCam2018年10月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)モデル/楓(本誌専属) 構成/八木橋佳世

【13】ボルドーのニットタンク×デニムスカート

ボルドー×インディゴブルーで、気分秋めく「こっくり配色」を堪能♡

親近感のあるデニムタイトは、男女ともに好感度高め。さりげなくウエストマークできる共布ベルトで、腰回りをすっきり華奢に見せて。ウエストの後ろ部分がゴム仕様になっているから、はき心地もgoodです。

CanCam2018年10月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メ ーク/河嶋 希(io) モデル/楓(本誌専属) 構成/新城真紀

【14】グリーンのノースリーブニット×チェック柄ワンピース

流行チェックもフレアワンピならガーリーな印象に!

女の子らしいチェック作りが得意なMISCH MASCH。ベルト付き&たっぷりフレアのワンピースは、着るだけでメリハリのあるシルエットを叶えてくれます♪ 肩のストラップは取り外して着てもOK。露出をおさえたいときは、インにニットを重ねるのがオススメです。

CanCam2018年10月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/八木橋佳世

【15】黒のノースリーブニット×マドラスチェックワンピース

マドラスチェックのワンピで気分はグッドガール風に♡

キュート+きちんと感が手に入るチェックワンピで、秋はリッチなレストランへ♪ ハイネックのノースリニットをINするレイヤードスタイルに、おしゃれ感も高まります!

CanCam2018年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美  モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、EW.Pharmacy、café 1886 at Bosch、GOFFA juice、JEFFERSON’S BALLOON、Le Shiner、田中かほ里 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【16】ブラウンのノースリーブニット×ロングスカート

遠くから見てもスタイルUPなボリュームスカートを主役に!

一見、難しそうなデコラティブなスカートもシンプルなニットと組み合わせると、すっきりスタイルよく着こなせます♪ 実はイヤリングの赤に合わせて、パンプスにも赤をちらり。小さなところにまで気を配るのがポイントです。

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ  モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、EW.Pharmacy、café 1886 at Bosch、GOFFA juice、JEFFERSON’S BALLOON、Le Shiner、田中かほ里 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【17】ベージュのノースリーブニット×花柄レーススカート

クラシカルな花柄スカートで作る優しげなワントーンスタイル

フラワー柄のプリーツスカートにあしらわれた部分レースが、エレガントな印象に。ベージュピンクやオフホワイトで作る、やわらかなトーンがいい女っぽい!

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/まい(本誌専属) 構成/田中絵理子

【18】ネイビーのフリルニット×チェック柄ミニスカート

笑顔もキラキラ輝かせてくれるビジューとフリルの甘い魔法♡

ノーアクセでも1枚で顔周りが華やかになるノースリニットは、男子人気も抜群! ビジューやフリルで甘さを盛っているけど、ネイビーだから大人っぽく着られるんです♪ トレンドのチェックスカートを選んで清楚に着こなせば、より好感度UPなモテコーデに仕上がります♡

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/田中絵理子

 

★2019・夏♡デニムタイトスカートのおすすめコーデ7選

>>CanCam.jp TOPへ戻る