デニムスカートのおすすめコーデ11選【2019夏・秋】

おしゃれ映えする♡デニムスカートの着こなし例

おしゃれな人がこぞって愛用している、ミニ・タイト・ロング丈のデニムスカートstyleを大特集! きれいめからカジュアルまで、デザイン豊富なデニムスカートはシーズンレスで活躍中です♡

【目次】
デニムスカート 夏コーデ
デニムスカート 秋コーデ

デニムスカート 夏コーデ


【1】白デニムスカート×グレーTシャツ

Tシャツ×ロングタイトのこなれコーデに、ちょっぴり重ためのスニーカーをプラス。 流行りのダッドスニーカーよりボリューム控えめのデザインなら、取り入れやすさも合わせやすさもばっちりです♡ さらっとしたきれいめカジュアルに重ためスニーカーを合わせることで、グッと洗練された雰囲気に。

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】デニムスカート×ベージュタンクトップ×花柄ガウン

周りと差がつくステッチ入りのデニムスカートは、パリ発の人気ブランド“ヴェロニク ルロワ”のもの。タイトなヒップ周り、膝から広がるフレアなシルエットがスタイルアップも叶えてくれます♡ 透け感がキュートな花柄ガウンとレイヤードして、デニムstyleをエレガント&今っぽくアップデート。仕上げはラフィア素材のつば広ハットで、おしゃれっぽさをさらに盛り上げて。

CanCam2019年7月号より 撮影/東 京祐 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】デニムスカート×黒ブラウス

トレンドのスポサンは、さりげない肌見せコーデで女っぽく♡

トレンドのスポーツサンダルは、すべてをスポーティにまとめず、あえて女らしいアイテムや肌見せ感のあるコーデに合わせると抜群のバランスに。どカジュアルでなく女らしくてこなれた着こなしを目指すなら、両サイドにスリットの入ったデニムスカートや、透け感のあるレースブラウスでほんのり色気をプラスするのが正解です。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/久松郁実(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【4】デニムスカート×水色ニット

体にフィットする細リブが、女っぽさをより引き立てる!

撮影中も「鎖骨周りがキレイに見える!」と好評だったリブニットは、クリーンで女らしいミント色が好印象。絶妙なボートネックは、着方によって肌見せ具合を調節できるのでオフィスでも気兼ねなく着られそう♪ ボトムにタイトなデニムスカートを合わせれば、女性らしいIラインがさらに際立ちます。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/堀田茜(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【5】デニムミニスカート×白ブラウス

クラシカルな白ブラウスは×デニムでカジュアルダウン

パワショル風のシルエットは、おしゃれっぽさをアピールできる最強ディテール。総レースのブラウスでも甘くなりすぎず、程モードな雰囲気が醸し出せます♪ 一枚でサマニなる華ブラウスは、ラフでコンパクトなデニムミニと相性抜群。インして着れば、即今っぽいコーディネートに仕上がります。

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/菊池かずみ(P-cott) モデル/堀田 茜(本誌専属)コーディネート/Song Shin-hae(TANO International)、Ja-Kyung Jung  協力/韓国観光公社 構成/又吉樹菜、田中涼子、佐藤彩花、正谷優貴

【6】デニムスカート×水色ブラウス

ミント×デニム、ブルー小物でまとめた爽やかカジュアル

可憐なミントカラーのコットンブラウスは、ノースリ&短丈のコンパクトなシルエットで女の子っぽさを引き立てて♡ ボトムは、カジュアルなデニムスカートで爽やかに着こなせば、上品で夏らしいスタイルに。小物もブルーでまとめることで、夏らしい清涼感も後押しできます。ガーリーなコーデをnot甘めに取り入れるなら、全体の色味を寒色系にするのがおすすめ。

CanCam2018年6月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY/P.98~P.107)、須藤敬一(P.108~P.109) スタイリスト/伊藤舞子(P.98~P.107)、田中美穂子(P.108~P.109) ヘア&メーク/神戸春美  モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/浜田麻衣

デニムスカート 秋コーデ


【1】デニムタイトスカート×ボルドーニット

ボルドー×インディゴで気分秋めく「こっくり配色」を堪能♡

タイトなノースリニットに、いい女っぽいデニムスカートを合わせた秋コーデ。カーヴィーなシルエットとこっくりカラーが、なんとも大人っぽい印象です。親近感のあるデニムタイトは、男女ともに好感度高め。さりげなくウエストマークできる共布ベルトで、腰回りをすっきり華奢に見せて。ウエストの後ろ部分がゴム仕様になっているから、はき心地もgoodです。

CanCam2018年10月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メ ーク/河嶋 希(io) モデル/楓(本誌専属) 構成/新城真紀

【2】デニムミニスカート×ざっくりパープルニット

フレッシュなミニスカも×パープルなら大人っぽい♡

ミニ丈のデニムスカートにボリューミーなニットを合わせてカジュアルかわいく♡ 分量多めのパープルコーデは、思いっ切り脚を見せて軽やかさを加えて。カジュアルなスタイリングのときこそ、よりエレガント見えするグレープ色を選ぶのが正解です。

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友  スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美・ まい(以上本誌専属) 構成/山木晴菜

【3】デニムフレアスカート×ブラウンニット

バックシャンスカートで魅せる大人のカジュアルコーデ

レースアップの後ろ姿が映えるデニムスカートで、旬のバックシャンスタイルに♡ トップスはあえて、大人っぽいチョコ色を選ぶことで、肌見せ感もやりすぎにならずサマになります。

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini.) 構成/八木橋佳世

【4】デニムタイトスカート×ラメTシャツ

ファー使いが大人なカゴBAGで、リッチカジュアルにアップデート♡

ラメ入りTシャツにデニムスカートを合わせた、こなれ感抜群のカジュアルコーデ。甘すぎない黒ファーのカゴBAGと、頭に巻いたスカーフで今っぽいヴィンテージ感をプラスして。バッグ&スカーフは、コーデの締めアイテムにもばっちりです。

CanCam2018年9月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】デニムタイト×黒レースブラウス

デニムタイトとレースブラウスでこなれたいい女スタイルに

親近感のあるデニムスカートで、ラフ&ヘルシーなお嬢さん風に♪ カジュアルなデニスカも、女っぽいIラインなら程よく色っぽくて大人顔。ひとクセある前ジップのデザインも、おしゃれ度高めの仕上がりです。スカートがやや辛口な分、ブラウスはフレア袖&レースがかわいい甘めをチョイス。仕上げに真っ赤なバッグを投入して、コーディネートに華を添えて。

CanCam2017年10月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/新城真紀

★黒デニムでクール&スタイルアップ!2019・おすすめ夏コーデ10選

>>CanCam.jp TOPへ戻る