ONシーンにも使える♡きれいめカジュアルコーデ35選|春夏秋冬のおすすめ

きちんと見えするカジュアルコーデを厳選!

ラフだけどきちんと見える♡好感度抜群のきれいめカジュアルを大特集! ワンピース・スカート・レーストップスなど、きれいめアイテムを使ったカジュアルコーデは、休日だけでなく通勤シーンにも活躍します!おすすめの着こなしを春夏秋冬の季節別に紹介します。

【目次】
春のきれいめカジュアルコーデ
夏のきれいめカジュアルコーデ
秋のきれいめカジュアルコーデ
冬のきれいめカジュアルコーデ

春のきれいめカジュアルコーデ


【1】ベージュジャケット×ベージュスカート

淡いベージュワントーンはウエストマークでメリハリを意識! トレンドのサファリジャケットは、同素材のタイトスカートを合わせると上品コーデにアップデート。スクエアトウのサンダルでシャープに仕上げて。

CanCam2020年5月号より 撮影/有馬秀星(MOUSTACHE) ヘア&メーク/谷口里奈(R&eo) モデル/中村麻美 構成/時吉 茜

【2】ベージュジャケット×白カットソー×グリーン柄パンツ

目を引くエスニック調のプリントパンツは、主張が強い分、さらっとシンプルな白Tやきれいめなジャケットを合わせて大人顔に。締め色の黒ショルダーと抜け感を与えるヌーディーサンダルでバランスよく着こなして。

CanCam2020年5月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/丸林広奈 構成/浜田麻衣

【3】白ブラウス×イエロー柄スカート

甘くなりがちなギンガムチェックは、スエットを合わせてカジュアルダウン! 定番のギンガムもふわっとしたエアリー感やポップなイエローで差をつけて。

CanCam2020年5月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/丸林広奈 構成/浜田麻衣

【4】ベージュジャケット×ベージュインナー×白スカート

ベージュジャケットとエクリュのスカートが、リッチでおしゃれっぽい夏コーデにぴったり♡ 淡いカラーが多くなる春のスタイリングには、白のミニバッグが活躍します。

CanCam2020年5月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/丸林広奈 構成/浜田麻衣

【5】ブラウンシャツ×ベージュインナー×白スカート

春夏だからこそきれいに見せたいデコルテ。ベージュのキャミにブラウンのカシュクール風トップスを重ねて、女らしくておしゃれっぽいワントーンコーデを堪能しましょ♡

CanCam2020年5月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/丸林広奈 構成/浜田麻衣

【6】グレーノースリーブ×ピンクスカート

大人になって選ぶようになったくすみピンク

やわらかく透けるファジーピンクのブラウスが大人の甘さを演出♡ ペールピンクのロングスカートを合わせて、エモさ漂うかわいさをGET♡

CanCam2020年5月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【7】花柄ワンピース×ブラウンサンダル

小さい頃から花柄がずーっと大好き♡

春ムード満点の花柄ワンピはシックなカラーで大人見え♡ 胸下切り替えで即美シルエットが叶うワンピには、ブラウン小物で大人っぽい色合わせを楽しんで。

CanCam2020年5月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【8】白ブラウス×ミントグリーンパンツ

構築的なシルエットが目を引くブラウスは、体型カバー効果もばっちり! ×ミントパンツで爽やかに着こなせば、おしゃれっぽさも好感度もグンとUP♡

CanCam2020年5月号より 撮影/Chopper スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】白アウター×花柄ワンピース

Item7  華奢見えキャミワンピ

Vネックのキャミワンピースは、1枚で大胆に着つつアウターからちらりと肌をのぞかせるのもGood! モノトーンの小花柄なら大人かわいく着こなせます♪ はおりはラフなデニムジャケットで、ゆるっとかわいいシルエットに。 

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【10】カーキワンピース×Gジャン

Item7  華奢見えキャミワンピ

キャミワンピ×ノースリニットで華奢な肩紐を際立たせて。スッキリ細身のⅠラインだからスタイルUP効果も期待できます。ブラウンのバッグとブーツで、おしゃれっぽく引き締めて。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

夏のきれいめカジュアルコーデ


【1】ベージュノースリーブ×パープルスカート

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

夏らしい大胆カラーも、フェミニンなロングスカートなら難なく取り入れられる♪ キャミと合わせれば、近場の海から常夏の旅先までリゾートコーデにもぴったりです。トップスは白を合わせず、パープル×ベージュのまろやかな配色で大人っぽく仕上げましょ♡

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【2】花柄ワンピース×白サンダル

U_¥10,000で〝大人ジェニワンピ〟をGETするなら…♡『汚れても気にならないものが欲しい! 夏の旅行用にたくさんGETしたい! そんな気持ちにフィットしてくれる、高見えプチプラワンピ集めました♡』

すっきり見えるVネックでロング丈ワンピを軽快に。腰部分に大きめのリボンが付いているので、後ろ姿も絵になります♡ ブラウンや白小物で、やわらかな印象にまとめましょ。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ドット柄ワンピース×ベージュサンダル

ドレッシーなレトロ柄ワンピ『例えば、おめかしディナーやリッチなホテルで過ごすとき。リゾートだからってカジュアルすぎるのは場にそぐわないから、シルエットがキレイなヴィンテージ風ワンピでレディに。柄の存在感を引き立たせるため、小物はワントーンで統一するのが好バランス。』

トレンド続行のドット柄を選ぶなら、ダークトーンベースの小粒が上品に着られてオススメ。はおりをプラスしたり、シーンに合わせて肌見せ感をコントロールするのもgoodです。小物は肌なじみのいいニュアンスカラーでまとめて、品よくノーブルに着こなして。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】白ノースリーブ×オレンジスカート

きれい色を投入してフォトジェニックに

全身をすっきりとしたⅠラインにまとめることで、オレンジのニットスカート×レインボーカゴバッグというクセ強めな配色も“アリ”になるから不思議! シンプルな白タンクやラフなサンダルも抜け感もコーデのKeyアイテムです。

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属)  構成/木村 晶

【5】ブルータンクトップ×ブルースカート

グラデーション配色なら大人っぽく着こなせる

ブルーの濃淡で上下をつなげたグラデスタイルは、上品で今っぽいAラインシルエットに注目して。ブルー系×白×シャイニーシルバーは、夏にぴったりの涼しげ配色。肌見せやふんわり広がるフレアなど、女っぷり高めの組み合わせだからこそ、プラスチックのカゴBAGやトングサンダルのキッチュな抜け感が効果的です♡

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【6】イエローノースリーブ×イエロースカート

グラデーション配色なら大人っぽく着こなせる

顔の表情を優しく見せてくれるたまご色に、元気なレモン色をプラスしたイエロー系グラデコーデ。シャイニーゴールドのバッグとブラウンのサンダルで、色のトーンをキープしつつさりげなく引き締めて。鮮やかな色はボトムで取り入れて、トップスは肌なじみ重視で選ぶと上手くいきます♡

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/木村 晶

【7】ピンクタンクトップ×パープルスカート

週末アラビーするなら、【きゃみたん×ロンスカ】だけでよし♡『日帰りでサクッとビーチに行くなら、フォトジェニックな鉄板コーデがコレ! キャミソール&タンクトップ、略して【きゃみたん】と名付けます♡』

ヌーディピンクとこっくりバーガンディの新鮮グラデ。上下を同系色にするだけで、シンプルなワンツーコーデに上級者っぽい奥行きが生まれます♡

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属)  構成/木村 晶

【8】黒ジャケット×ベージュオールインワン

ーAkane's Private Fashion Part③ージャケットで〝大人シンプル〟を極めたい 今いちばんアディクトなファッションアイテムはジャケット。お気に入りの4枚はこう着ています!

ベージュのオールインワンに、黒のテーラードジャケットをはおってほんのりモードに。長め丈のジャケットは上からベルトができるので、着こなしアレンジも楽しめます。足元は厚底のスニーカーで、ハズしを加えるのもモードなポイント♡

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

秋のきれいめカジュアルコーデ


【1】ブラウンワンピース ×黒ブーツ

04[たゆ~ん袖ワンピース]『手元の仕草をきれいに見せてくれて、たゆ〜んと揺れるたび色っぽい余韻を残すボリューム袖。今季はバリエ豊富に登場しているワンピで取り入れて、女らしさ増し増しで着よ♡』

ちょこんと並んだフロントボタンとこっくりブラウンが上品な色っぽさ。袖のふくらみが引き立つワンピースをよりフェミニンに着たいときは、ダスティピンクのミニバッグで甘さをプラスして。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【2】ベージュニット×グリーンスカート

03[あやうげ肌感ニット]『見えるの? 見えないの? 思わせぶりなニットからのぞく素肌は、ダイレクトな肌見せスタイルよりも、色気があって、親しみやすくて♡今秋トライするなら、おしゃれにキマるこの2大デザインがいい感じ!』

パールボタン付きのバックシャンデザインが、センシュアルな魅力を高めるポイント。微光沢のフェードプリーツスカートでお育ちよさげに。ベージュ・グリーン・ブラウンの配色が秋らしさも盛り上げます♡

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【3】白シャツ×ラベンダーニット×花柄スカート

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

甘さのある花柄スカートに、BIGシルエットのシャツを投入♡ 彼っぽシャツにはラベンダーを合わせて程よい甘さを。ドライな質感のリネンシャツは、女らしい立体感を増してくれるリブニットが好相性です。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【4】黒シャツ×ベージュインナー×赤スカート

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

彩度を抑えた赤なら、黒とのコントラストも強く見えずおしゃれっぽく馴染みます。ベージュを挟んだり白バッグで抜け感を作ったり、軽さをMIXするのもポイント!

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumin) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【5】ブラウンシャツ×ボーダーカットソー×黒スカート

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

BIGサイズのCPOジャケットに、ラフなボーダーを仕込んでより今っぽく。黒スカートや黒小物でモノトーン面積を増やすことで、カジュアルなジャケットも大人っぽく着こなせます。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【6】白ニット×コーデュロイスカート

01[あいまいベージュ]『どっちつかずの色合いでやさしげなムードをメイク♡』

前はシンプルだけど後ろはレースアップの二面性ニットで色っぽさを後押し。コーデュロイ素材のアイスブルースカートで、甘さ控えめのクールフェミニンを目指して♡

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【7】白ニット×ベージュパンツ

01[あいまいベージュ]『どっちつかずの色合いでやさしげなムードをメイク♡』

小物まで全身をあいまいベージュで統一して、好感度高めのやわらかムードに。オーバーサイズニットとスリムパンツでシルエットに立体感を加えると、リズムが生まれてバランスよく仕上がります。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【8】ブラウンワンピース×黒スカート

チョコレートみたいな濃厚ブラウンのニットワンピには、プリーツスカートのレイヤードで抜け感を加えて。ロング×ロングのゆるっとしたシルエットも、シックに転じるのがブラウンの魅力。素材感や色味に変化をつけた小物使いで奥行きを。

CanCam2019年11月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】ブラウンニット×花柄ワンピース

背中部分が浅めのVカットになったケーブルニットは、抜けが生まれると同時に女っぽさが感じられる一枚。パターンが異なるアラン編みニットと小花柄ワンピを合わせると、旬のヴィンテージムードが楽しめます。

CanCam2019年11月号より 撮影/吉田 崇(まきうらオフィス) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子

冬のきれいめカジュアルコーデ


【1】ボアコート×ピンクパンツ

女のコらしくしたい気分の日はベリー系パンツ『個性派カジュアル』

ダスティピンクのパンツにベージュのボアコートを投入! やわらかなトーンでまとめた淡色コーデをブラウンのブーツでやさしく締めて♡

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/時吉 茜

【2】グレーワンピース×ピンクストール

Acne Studiosといえば!見せるだけでおしゃれ感がアップするタグ&ロゴ♡『タグ&ロゴが見える巻き方をマスターしよう!』

ピンク×グレーのバイカラーストールを、シックなグレーワンピのアクセントに。両面に大胆にあしらわれたBigロゴは、さらっとシンプルな巻き方でその存在感を引き立てるのがベター。

CanCam2020年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】赤ワンピース×ベージュニット

No/04ブラウンタートル『定番のタートルニットを目新しく更新するなら、旬のブラウンがイチ推し。中でもやわらかくファジーな色合いが、レイヤードスタイルに打ってつけ!合わせを選ばないから簡単に取り入れられる♪』

存在感のある真っ赤なシャツワンピは、×ベージュニットでマイルドな仕上がりに。1枚でパッと華やぐ赤のシャツワンピも、着慣れたタートルニットが間に入ることで派手さが程よく抑えられ品を保てます。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【4】ベージュシャツ×ブラウンインナー×ブルースカート

No/04ブラウンタートル『定番のタートルニットを目新しく更新するなら、旬のブラウンがイチ推し。中でもやわらかくファジーな色合いが、レイヤードスタイルに打ってつけ!合わせを選ばないから簡単に取り入れられる♪』

奥行きが増す同色のレイヤードで、絵になる着こなしを手に入れて! 旬のBIGシャツは、重ね着やブラウジングで遊びを加えることでスタイリングに幅が出ます。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【5】ピンクシャツ×ブラウンタートルネック×ブラウンベスト×黒スカート

No/04ブラウンタートル『定番のタートルニットを目新しく更新するなら、旬のブラウンがイチ推し。中でもやわらかくファジーな色合いが、レイヤードスタイルに打ってつけ!合わせを選ばないから簡単に取り入れられる♪』

“上品さ”の中にうまく溶け込む、タートルニット×シャツレイヤードで、差がつくレディスタイルに。ベージュ×ピンクの配色がフェミニンなので好感度も高めです♡

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【6】カーキワンピース×グレーインナー

No/03グレータートル『ベーシックアイテムながら、さりげない洒落感をプラスしてくれるグレーのタートル。今年なら、トレンドのくすみカラーのシャツと合わせてちょっぴり大人顔に転ばせるのがおすすめ!』

てろっとしたラフな質感のシャツワンピは、タートルニットできちんと感を上乗せ。大人っぽいカーキ×グレーのミニマムな色使いで大人見えを実現させて。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【7】ジャケット×ピンクニット×黒スカート

着映えする絶妙カラーにキュン♥OSKARのピンクニットを着回し!『さりげなくミックスカラーになったピンクニットは、ロマンティックなかわいさ♡ 合わせるボトムを選ばないジャストな丈感も心強い!』

まろやかなピンク色のケーブルニットをブラックで引き締め。キレが加わり、憧れ感のあるきれいなお姉さんスタイルが完成します。ヒールブーツとチェーンバッグでシャープな味付けを。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】グレーコート×白カーディガン×白インナー×ベージュスカート

重くなりがちなビッグコート×ロングスカートスタイルには、コンパクトなミニ丈カーデで目線を上げてスタイルアップ。爽やかな白Tをインナーに挟めば、抜け感UPでこなれた雰囲気に仕上がります。ふんわりとした淡色コーデは濃い色アウターで引き締めて。

CanCam2020年2月号より 撮影/的場 亮 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣  

 

>CanCam.jp TOPに戻る