通勤もOK!アイテム別【きれいめカジュアルコーデ30選】|2021レディースのおすすめ

オフィスもOK!「きれいめカジュアル」を大特集

きれいめカジュアルレディースコーデ

ラフだけどきちんと見える♡好感度抜群のきれいめカジュアルを大特集! ワンピース・スカート・パンツなど、きれいめアイテムを使ったカジュアルコーデは、休日だけでなく通勤シーンにも活躍します。人気のスニーカーを合わせるきれいめカジュアルも集めました。

「きれいめカジュアル」ってどんなコーデ?

「きれいめカジュアルコーデ」とは、きちんと見えするアイテムを程よくカジュアルダウンさせた着こなしのこと。カジュアルすぎないアイテムの選び方や、堅く見えないラフさがポイントです。

きれいめカジュアルレディースコーデ

ジャケットやコートなど、きれいめアウターに柄物やレザー素材のボトムを合わせたり、きれいめなワンピースにニットをレイヤードしたり、スニーカーで抜け感を出したり…と、カチッと決めすぎない着こなしを意識してみて。

きれいめカジュアルコーデに合うトレンドアイテム

一点プラスするだけでも今っぽい着こなしになる今季のトレンドアイテムを紹介します。

■ツイードのアイテム

きれいめカジュアルレディースコーデ

今季取り入れたいツイードスカートで女のコらしさとトレンド感を両立。カジュアルトップスを合わせれば、力まずかわいいレディスタイルの完成です♪ 1枚でパッと映える上に、品のよさもキープできるツイードスカート。ふわふわのボアコートと華やかなツイードには、カジュアルなロゴのロンTで今っぽい抜け感を効かせて。

■ボアアウター

きれいめカジュアルレディースコーデ

カジュアルに見えがちなボアコートは、毛足短め&きれいめボトム合わせでキレよく仕上げて。センタープレスパンツなどを合わせたシャープな着こなしで、今っぽさと上品さが手に入ります。

■フリルニット

きれいめカジュアルレディースコーデ

今季大注目のフリルニットは、ボリュームがあるのでボトムはすっきり仕上げるのが◎。スキニーやテーパードなど、シンプルボトムに合わせてバランスよく着こなしましょう。

■キルティングのアイテム

きれいめカジュアルレディースコーデ

カジュアル感のある人気のキルティングは、トーンを揃えたコーデにするときれいめな着こなしが楽しめます。

今っぽいきれいめカジュアルのポイント

きれいめカジュアルレディースコーデ

  1. 休日も通勤もどちらも着られる程よい堅さとラフさがカギ
  2. きれいめなアイテムは柄や素材感でカジュアルダウン
  3. コーデに迷わないセットアップアイテムが便利

きれいめカジュアルなパンツスタイル

【1】デニムパンツ×ブルーニット×白コート

きれいめカジュアルレディースコーデ

ダッフルコートを鮮やかなブルーニットでパキっと締めて、キレのいいトラッドスタイルに。カジュアルなコートは鮮やかな色を差すと、もっさりせずおしゃれに見えます。ボトムはデニムでこなれ感もちゃっかり♡ べっ甲メガネやロゴバッグなどキャッチーな小物を散りばめればコーディネート感が高まります。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【2】グレーデニムパンツ×白ニット×ファージャケット

きれいめカジュアルレディースコーデ

ボリュームの出るファーコートは、×細身デニムでシルエットにメリハリをつけるのが正解。デニムなら、軽やかにはけるスキニータイプがベスト。シアーなニットと繊細なファーでフェミニンな雰囲気もばっちりです。足元もビジュ―付きパンプスでレディにまとめて♡

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】デニムパンツ×ツイードジャケット×白ニット

きれいめカジュアルレディースコーデ

今年注目のツイードとデニムでこなれたデートスタイルに。老けて見えがちなツイードジャケットは、シュッとしたストレートデニムと合わせれば間違いナシ! カラーパンプスやふわもこバッグでアクセントをつければ、男女ともに好感度大なきれいめカジュアルが叶います。

CanCam2021年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/井上知治、木谷成良、金 世娜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【4】グレーニット×白タートルネック×ピンクコート

きれいめカジュアルレディースコーデ

定番デニムをアップデートするならグレージュデニムがおすすめ。ブルー系より辛口に仕上がるのに、〝いい女〟色のベージュとも相性抜群。透けトップスを合わせれば、きれいなお姉さんコーデが完成します。ピンクベージュのノーカラーコートとも自然と馴染んで、おしゃれっぽい印象に。

CanCam2021年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/井上知治、木谷成良、金 世娜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【5】デニムパンツ×黒ニット×ブルーコート

きれいめカジュアルレディースコーデ

デニム×ニットの定番コーデにキレイ色の着流しコートをプラス♡ センシュアルな雰囲気を醸す洗練ブルーのコートとベージュパンプスで、ラフなデニムコーデを女っぽく更新しましょう。

CanCam2021年12月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属)構成/浜田麻衣

【6】白パンツ×白ニット×白コート

きれいめカジュアルレディースコーデ

コートのパイピングが効いているから、白タートル×白パンツのワントーンものっぺり見えずキリリと引き締まった印象に。タートルやワイドパンツなどシルエットに遊びを効かせて、周りと差がつく今っぽ通勤コーデを完成させて。落ち着いた色のトーンはブロックチェックのストールや黒の美形パンプスで華やかさを盛るのもおすすめです。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【7】デニムパンツ×グレーコート×ロングブーツ

きれいめカジュアルレディースコーデ

フォルムが際立つダークグレーのポンチョで、目を引くおしゃれコーデが即完成! ゆったりしてるのにウエストキュッ♡のデザインは脚長効果もバツグンです。スキニーデニムをブーツインして、全身バランスもすっきりとまとめましょう。

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【8】黒スキニーパンツ×白ニット×イエローコート

きれいめカジュアルレディースコーデ

ゆるニット×スキニーデニムの大人カジュアルに、ふわっと広がるAラインコートを羽織ることで品のあるラフさが手に入ります。足元は太ヒールパンプスでモード感を加えると女っぷりもUP!

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【9】デニムパンツ×白トップス×ブラウンコート

きれいめカジュアルレディースコーデ

白トップス×デニムのラフなスタイルをハンサムファーで一気にクラスアップ。鮮度の高いコートはキレイ見えするニュアンスカラーを選んで、大人シンプルに着こなすのがおすすめです。ブラウンやデニムと相性のいいくすみブルーのバッグをコーデの効かせ役に。

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【10】ブラウンパンツ×白ブラウス×ベージュコート

きれいめカジュアルレディースコーデ

クラシカルなブラウスとブラウンのパンツで品のよさと今っぽさを底上げ。流行に左右されず一生愛せるミニマムデザインコートこそ、飽きずに着られるベージュ系をチョイス。清潔感たっぷりのクラシカルなブラウスで今っぽいエッセンスを注入しましょ。

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

スカートを合わせるきれいめカジュアルコーデ

【1】花柄スカート×黒ニット×黒ブーツ

きれいめカジュアルレディースコーデ

スタイルアップも狙うなら、ハイウエスト×ニットINでマーメイドラインを引き立てるのが正解。前後Vの肌見せが色気もそっと添えてくれます。足元を黒ブーツで引き締めるとコーデの甘さもやわらぎます。

CanCam2021年12月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/有田梨華 構成/岩附永子

【2】ドット柄スカート×白インナー×グレーガウン

きれいめカジュアルレディースコーデ

ニットガウンをラフにはおると、ガーリーな印象のドット柄スカートがグッとこなれた印象に。厚手ニットととろみスカートという素材のギャップも、着こなしに奥行きを生むポイント。厚手ニットに抜け感をつくる白タンクと小さめの巾着バッグで、ニット×ロングスカートのコーデを軽やかに仕上げて。

CanCam2021年12月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/有田梨華 構成/岩附永子

【3】ツイードスカート×黒ニット×黒ブーツ

きれいめカジュアルレディースコーデ

ヘリンボーン柄のツイードタイトに袖コンシャスな黒ニットをIN。ロングタイトはケーブル編みスリーブのニットなど、どこかにボリューム感のあるトップスと合わせるのが今どきバランス。足首が隠れる黒ブーツを合わせて、ちょっぴり肌を見せると抜け感もばっちりです。

CanCam2021年12月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/有田梨華 構成/岩附永子

【4】チェック柄スカート×オレンジジャケット×黒ニット

きれいめカジュアルレディースコーデ

ジャケット×チェックスカートで品よく季節感のあるコーデに。旬の大きめチェックなら定番トラッドの鮮度もUP。更新しにくいきれいめな通勤スタイルこそ、ネイビー×ベージュのブロックチェックスカートで一新して。

CanCam2021年12月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/有田梨華 構成/岩附永子

【5】ボルドースカート×ベージュニット×ベージュコート

きれいめカジュアルレディースコーデ

マーメイドシルエットはすでに大流行しているので、素材と色を変えて楽しむのもひとつ。ボルドーのサテンスカートは、定番のエクリュニットも新鮮な印象に導いてくれます。アウターや小物にグレーや黒を上手に使って今っぽい配色を楽しんで。

CanCam2021年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/井上知治、木谷成良、金 世娜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【6】オレンジスカート×チェック柄コート×ブラウンニット

きれいめカジュアルレディースコーデ

引き続き大人気のガンクラブチェック柄コートも、ショールをひと巻きすればクラシカルなムードが倍増! ブラウンとなじみのいいくすみオレンジのスカートを合わせて、かわいげも添えて♡ 靴は、チェックやオレンジのまとめ役に締め色のブラックを選ぶのが正解です。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【7】花柄スカート×グレーニット×ミントコート

きれいめカジュアルレディースコーデ

タートルニット×淡色グリーンが冬のかわいさにドンピシャ! ボタンを閉じればモードなスタンドカラーになるマルチWayコートでお得感も◎。水彩風の優しげなアニマル柄スカートを合わせて、冬のきれいめコーデを更新しましょう。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【8】ベージュスカート×白ニット×ボアコート

きれいめカジュアルレディースコーデ

キルティング素材とのリバーシブルになったボアコートは、ゆるっと羽織るラフさが今旬。カジュアルなアウターも、しなやかに揺れるマーメイドスカートとなら品よく大人っぽくキマります。小物はイエローのバッグやブラウンのヒールブーツで女らしさも。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【9】チェック柄スカート×ブラウンニット×黒ボアコート

きれいめカジュアルレディースコーデ

ふわもこボアにチェック柄、一見ほっこり見えそうな組み合わせも、グレー~カーキのニュアンシーな配色なら大人っぽくてこなれ感も抜群です。メタリックのバッグで軽さを足したら、足元は黒ブーツで引き締めて。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属)  撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【10】イエロースカート×白ニット×ブラウンコート

きれいめカジュアルレディースコーデ

白のハイネックトップス×ティアードスカートのニュアンスコーデに、ブラウンのショートコートをプラス。高級感のあるリバーコートはブローチのアクセントでこなれ感もよりUP。大人っぽい配色や合わせにはファーバッグなどの小物アレンジがおすすめです。

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

ワンピースメインのきれいめカジュアル

【1】ブルーニットワンピース×黒バッグ×黒パンプス

きれいめカジュアルレディースコーデ

キュッと締まったスリーブのデザインがかわいいニットワンピは、シュッとしたⅠラインを作るハイゲージのリブデザインがGOOD。女っぽい黒パンプスやパールピアスでリッチに整えると、品のあるきちんとコーデに仕上がります。ブルー・グレー・ブラックの色バランスも◎。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【2】グレーワンピース×白インナー×黒ブーツ

きれいめカジュアルレディースコーデ

グレーのワンピースに白タートルを重ねたきれいめコーデ。ワンピのシルエットを邪魔しないシアーなインナーは流行のレイヤードコーデに最適! 顔映りのいい白タートルを冬コーデにプラスすると軽さが出るのでおすすめです。足元は黒ブーツで季節感と締め色効果を発揮して。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】グリーンニットワンピース×白ブーツ

きれいめカジュアルレディースコーデ

ニットベストを重ねたような、編み地の違う配色が目を引くグリーンワンピ。ミリタリーときれいめをいいとこ取りしたベージュのコンバットブーツで、カジュアルな中にも品のよさを漂わせて。ベージュ小物を選ぶことでコーデに軽さも生まれます。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【4】ベージュニットワンピース×白ボウタイブラウス

きれいめカジュアルレディースコーデ

ニットワンピースの襟ぐりからボウタイブラウスをのぞかせて、レディなムードにガラリとチェンジ! 大きめのリボンはずらし気味に結んで、オトナの甘さを上品に盛ってみて。ブーツやバッグを同系色でまとめてみると全身が大人っぽく仕上がります。

CanCam2021年11月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/鶴見知香

【5】ドット柄ワンピース×白バッグ×白ブーツ

きれいめカジュアルレディースコーデ

甘いラッフルと肌見せのギャップにキュンとなるレトロワンピース。ベージュのドットとリンクする小物合わせで、柄ワンピも大人フェミニンに着こなせます。

CanCam2021年11月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/鶴見知香

【6】ラベンダーニットワンピース×白ブーツ

きれいめカジュアルレディースコーデ

後ろ姿までぬかりなく決まるちらっと開きのニットワンピ。程よくタイトなシルエットと控えめに開いた背中が、品のよさをキープしつつ女性らしさを増してくれるんです♡ ボリューミーな袖とタイトなヒップラインのバランスも◎。靴はあえてのフラットブーツでおしゃれっぽく!

CanCam2021年11月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 構成/鶴見知香

【7】白ワンピース×白インナー×ブルーコート

きれいめカジュアルレディースコーデ

やわらかな質感のコートとフェイクレザーワンピのツヤ感が好バランス。コートは首の後ろが少し高くなった技ありデザイン。ブーツの色もくすみカラーで合わせれば、白やブルーが引き立ちます。

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【8】ベージュニットワンピース×ボアバッグ×ベージュブーツ

きれいめカジュアルレディースコーデ

ふんわりスリーブのニットワンピは、シンプルなワントーン配色でフェミニンに。ベージュのワントーンが地味見えしないように大ぶりのアクセを合わせると華やかさもばっちりです。

CanCam2021年11月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【9】ブルーワンピース×ブルーニット×白ブーツ

きれいめカジュアルレディースコーデ

フレア感がかわいいガーリーなシルエットは、涼しげな配色で甘さを引き算すると洗練された大人ムードに。王道のシルエットこそ旬配色で鮮度をUPするのが重要です。白ブーツで全体を淡いトーンにまとめつつ、キャッチ―なピンクBAGでかわいくメリハリをつけてみて。

CanCam2021年11月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【10】グリーンセットアップワンピース×ベージュバッグ

きれいめカジュアルレディースコーデ

気負いなく着られるのに即あか抜けるセージグリーンの洗練ワンピは、渋めの色味で大人っぽく。ニットベストがレイヤードされたセットワンピは、コーデいらずで上級者見えするアイテムです♡ 小物はベージュとブラウンで色を混在させないのがポイント。

CanCam2021年11月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

シーンレスに活躍するきれいめカジュアルコーデ

ジャケットやロング丈ワンピースなどのきれいめアイテムと、スニーカーやTシャツといったカジュアルなアイテムを組み合わせる「きれいめカジュアルコーデ」をご紹介しました。きちんと感はありつつも頑張りすぎないスタイルなので、オフィスカジュアルをはじめ様々なシーンにマッチします。