ONシーンにも活躍☆きれいめカジュアルコーデ33選

きちんと見えするカジュアルコーデを厳選!

ラフだけどきちんと見える♡好感度抜群のきれいめカジュアルコーデを大特集! ワンピース・スカート・レーストップスなど、きれいめアイテムを使ったカジュアルな着こなしを春夏秋冬の季節別に紹介します。

【目次】
秋のきれいめカジュアルコーデ
冬のきれいめカジュアルコーデ
春のきれいめカジュアルコーデ
夏のきれいめカジュアルコーデ

秋のきれいめカジュアルコーデ


【1】大人っぽいローファーできめるフレンチシックコーデ

大人っぽいローファーが主役の秋フレンチシックコーデ

ベーシックなボーダーTも、定番だからこそ色でアップデートするのがこの秋の気分。中でも落ち着いたベージュを選べば、ぐっとこなれた雰囲気に。一枚でも、レイヤードスタイルでも活躍する一枚です。ボリューム感のあるボトムにインして、バランスよく着こなして。ボトムは太畝のコーデュロイスカートが今の気分にぴったり! カジュアルにもフェミニンにも着こなせる、おすすめの1枚です。また、コーデのカギとなる上品ローファーは、女性らしさたっぷりのボルドーが正解。深みのある色合いで、着こなしを一気に秋へとアップデート! フェミニンなスタイルと相性が抜群なので試してみて♡ 

★【今日のコーデ】ぐっと肌寒い日。大人気「ディッキーズ」コラボスカートを投入!

【2】秋色ニット×グレンチェックの大人めワイドパンツコーデ

秋色ニット×グレンチェックの大人めワイドパンツコーデ

秋カラーのアイテムを投入して季節の変わり目を満喫♡ クールな印象のグレンチェックのワイドパンツは、私服にはもちろんオフィスシーンでも活躍します。パンプスやバッグのカラーをリンクさせて統一感も意識して。

★【今日のコーデ】3900円で超美脚!INGNIのグレンチェックパンツが優秀すぎる

【3】揺れるたびに視線を感じるアシメトリーな主役スカート♡

揺れるたびに視線を感じるアシメトリーな主役スカート♡

まだまだ暑い日に秋らしいアイテムを取り入れるなら、軽やかなアシンメトリーデザインのプリーツスカートがオススメ。黒地にブルーや赤の花柄が映える主役級スカートをメインのコーデに迎えることで、大人っぽい華やかさが演出できます。

★【今日のコーデ】いつもよりドキッとさせる、アシンメトリースカートが主役のコーデ

【4】正統派のネイビージャケットで大人カジュアルに

正統派のネイビージャケットで大人カジュアルに

秋に向けて季節が変り始める時期は、朝晩の温度に対応できる羽織りものが活躍。ON⇔OFF使えるジャケットは、普段のコーデに羽織るだけでぐっとリッチ感のあるスタイルに仕上がります。大人っぽい紺ジャケットは、ボーダーや赤小物を合わせてパリっぽくアレンジ♪ 合わせるデニムをスキニーにすれば、女っぽさも急上昇。上品なカジュアルスタイルが楽しめます。カチッとしたジャケットには、あえてラフなトップスや小物を合わせるのがオススメ。主張しすぎないパールピアスで、さりげなく女度をあげるのがポイントです♡

★ユニクロのジャケットが優秀すぎ!イネスコラボは絶対買い【今日のコーデ】

【5】ブルー×ブラウンの大人配色が映える上品カジュアル

ブルー×ブラウンの大人配色が映える上品カジュアル

一枚で主役級の存在感を放つ鮮やかなブルーニットには、ブラウンのコーデュロイパンツを合わせて秋らしさをプラス。足元にこっくりカラーのパンプスを合わせて、女性らしさも忘れずに。この秋注目されているエコファーバッグは、片方の持ち手でラフに持つのがトレンド。 存在感たっぷりのファーが季節感をアップさせてくれるだけでなく、カジュアルなスタイルにもしっかりとマッチするのが人気の理由です♡ くすみブラウンのリップや、ヴィンテージ感溢れるアクセサリーで大人レトロな着こなしを楽しんで。

★【今日のコーデ】ブルー×ブラウンの大人配色が映える上品カジュアルコーデ♡

【6】アースカラーでまとめた大人なシャツワンピコーデ

アースカラーでまとめた大人なシャツワンピコーデ

最高気温20℃あたりの日は、厚手のニットカーデを羽織るのがベスト! カジュアルな着こなしにはもちろん、綺麗めのシャツワンピにもピッタリな白ニットを合わせれば、上品な秋コーデの完成です♡ パンプスはこっくりとしたブラウンをチョイスして、落ち着いたトーンを統一させて。スエード素材なら季節感もアップします。

★【今日のコーデ】通勤にも大活躍!アースカラーの大人ワンピーススタイル

【7】花柄ワンピース×ライダースの大人甘辛MIX

花柄ワンピース×ライダースの大人甘辛MIX

太陽が見えず雲が広がる日は、華やかなイエローのワンピースでテンションアップ♡ 細かくあしらわれた花柄で女性らしさを引き上げつつ、風にふわりと揺れるミモレ丈で今っぽさに拍車をかけて。今年の秋は、甘い花柄ワンピにライダース合わせで甘辛ミックスに着こなすのが気分です。ちょっぴりヴィンテージ感漂うワンピースの色合いと絶妙にマッチします。さらに、季節感を添えてくれるのは、ころんとしたシルエットが魅力のファーバッグ。レディな中にも可愛らしさを忘れない、MIXスタイルの完成です♪

★この秋冬はライダースが気分。ベストな着こなしは?|今日のコーデ

【8】ベージュを重ねて、洗練されたワントーンスタイルに♡

ベージュを重ねて、洗練されたワントーンスタイルに♡

オールインワンとニットを同色でまとめて、おしゃれ上級者っぽく! ラメ入りニットなら、華やかさ&奥行きが出せるので、ワントーンでものっぺりせずに着こなせます。黒サンダルやシルバーアクセでキレよく仕上げて、きれいめなアプローチをするのが正解♪

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】バックシャンスカートで魅せる大人のカジュアルコーデ

バックシャンスカートで魅せる大人のカジュアルコーデ

バックスタイルのレースアップが映えるデニムスカートで、後ろ姿もぬかりなく♡ トップスはあえて、大人っぽいチョコ色を選ぶことで、肌見せ感もやりすぎにならずサマになります。

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini.) 構成/八木橋佳世

【10】スポーティなライン入りはきれいめパンツで取り入れて♡

スポーティなライン入りはきれいめパンツで取り入れて♡

去年、大人気だったワイドパンツの進化版! ラインを1本加えたシンプルなデザインなので、カジュアルになりすぎず大人っぽく着こなせます。シンプルなきれいめパンツとして使えるので、着回し力も抜群。モノトーンで合わせてクールに、Tシャツなどを合わせてカジュアルダウンさせるのもオススメです。

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini.) 構成/八木橋佳世

冬のきれいめカジュアルコーデ


【1】パステルカラーのワントーンで大人め甘辛MIX

パステルカラーのワントーンで大人め甘辛MIX

今らしさ溢れるノーカラーのコートに、白のフーディをレイヤードしてカジュアルダウン。スニーカーやプルオーバーなどカジュアルなアイテムを取り入れた日は、全体を淡いトーンでまとめて女の子らしさをプラスするのが正解です♡ ボーイッシュなスニーカーを、あえてフェミニンなアイテムに合わせるのも、おしゃれ見えの十八番。

★【今日のコーデ】冬でも絶対かわいい!パステルカラーの大人コーデ

【2】ニットワンピ×ローファーの大人マニッシュスタイル

ニットワンピ×ローファーの大人マニッシュスタイル

カーキ色の厚手ニットワンピで季節感を先取り♡ 体に程よくフィットするシルエットは、1枚で着てもサマになります。さらに、生地にはラムウールが使用されているので、着心地がいいのも魅力。チェックストールを片手に持って、さりげなくトレンドも取り入れて。

★【今日のコーデ】ニットワンピにはローファーを合わせるのが気分♡大人マニッシュスタイル

【3】ショート丈ダッフル×ワイドパンツの上品カジュアルコーデ

ショート丈ダッフル×ワイドパンツの上品カジュアルコーデ

厚手のアウターが必須となる日は、淡いカラーのダッフルコートをチョイス♡ 今年はボリュームのあるボトムスがトレンドなので、ショート丈のダッフルは1着もっていると様々なスタイルで活躍します。アクセントには、ベリーカラーのバッグをチョイス。コンパクトなサイズ感が主張しすぎず、上品&高見えが叶います。

★【今日のコーデ】イチ押しアウター!ショート丈ダッフルのコーデ

【4】ピンクニット×ギンガムチェックの大人レトロスタイル

ピンクニット×ギンガムチェックの大人レトロスタイル

冷え込む冬の日は、ふわふわとした起毛感が魅力のアンゴラニットであったか可愛く過ごして♡ 鎖骨が見えるVネックで華奢見えを狙いつつ、ゆるすぎない絶妙なシルエットで女性らしさもプラス。ボトムは細かいギンガムチェックのワイドパンツを合わせることで、ちょっぴりレトロに仕上げるのが気分です。パッと華やかなピンクニットと相まって、今年らしいカラーMIXスタイルが完成します♪

★【今日のコーデ】キャスケットでこなれ度アップ!冬の大人レトロコーデ

【5】トレンドのショート丈ダウンで上品カジュアルな着こなしに

トレンドのショート丈ダウンで上品カジュアルな着こなしに

冬のアウターとして頼れるダウンコートは、ショート丈で取り入れるのが今季のトレンド。ダウンを着こなすときに不安な着膨れも、短めの丈ならすっきり見せてくれるんです♪ また、アウターに悩みがちなボリューム感のあるスカートとの相性も◎。ハイウエストのボトムをチョイスして、スタイルアップ効果も狙いましょ。

★【今日のコーデ】着膨れの心配なし!ショート丈ダウンがお役立ち♡

【6】ショート丈ダウンが主役のドライブデートコーデ♡

ショート丈ダウンが主役のドライブデートコーデ♡

寒い時期に頼れるダウンコートは、ショート丈でコンパクトに取り入れるのがトレンド。ベーシックなネイビーを選べば、ジャンル問わず活躍するのでオススメです。コーデは、全体的に重くなりすぎないように、明るめのボトムを合わせて引き算に。寒さ対策をしながらも、しっかり洒落見えも狙いましょう! 足元はポインテッドトウのパンプスで女性らしさを加えれば、冬のドライブデートにぴったりな上品カジュアルコーデの完成です♡

★【今日のコーデ】冬のデートにも♡ダウンはショート丈が美人!

【7】楽チンかつ着映えするロンパースで晴れの日を満喫★

楽チンかつ着映えするロンパースで晴れの日を満喫★

晴れの日を思いっきり楽しみたい日は、ロンパースが主役のリラクシーコーデがおすすめ♡ くしゅっとしたリッチ感のある素材&キュートなドット柄で、楽チンかつ着映えまで叶っちゃう一石二鳥のアイテムなんです。ロンパースだけではまだまだ寒いので、たっぷりのボリューム感で見た目にも暖かいファージャケットを羽織って。たちまちラフな着こなしに上品さが加わり、ワンランク上のカジュアルスタイルが完成します♪

★【今日のコーデ】堀田茜の私服がおしゃれ!ドットロンパーススタイル

春のきれいめカジュアルコーデ


【1】Gジャン×チノの大人きれいめカジュアルスタイル

Gジャン×チノの大人きれいめカジュアルスタイル

この春トレンドのチノパンとGジャンを合わせたカジュアルスタイル。Gジャンは濃いめorノンウォッシュで、サイズがコンパクトなものを選ぶときれいめの人でもすっきりと着られます。

★【今日のコーデ】3月15日曇り一時雨か雪。最高気温10℃、最低気温3℃のファッション

【2】春のモノトーンコーデはドット柄に注目!

春のモノトーンスタイル。今シーズンはドット柄に注目! 

トレンドのボートネックニットは、オフショルほどの露出感はなく肌見せを躊躇しがちな人にも挑戦しやすいアイテム! デコルテの程よい肌見せで顔周りがスッキリ見える効果も。肌寒い日は、黒のブルゾンをさらっと羽織って、甘いドットスカートをこなれた着こなしにシフトさせるのもオススメです。

★【今日のコーデ】4月13日晴れ時々曇り、最高気温16度のファッション。春のモノトーンスタイル

【3】肌寒い季節の変わり目はキレイ色のスカートで気分を上げて

肌寒い季節の変わり目はキレイ色のスカートで気分を上げて

肌寒い日は、パッと気分を上げてくれるキレイ色スカートをチョイス! ギャザースカートは、フェミニンなアイテムと合わせる女子っぽコーデのほか、少しカジュアルダウンするのもおすすめです♪ 長すぎずちょうどいいマキシ丈が、オシャレ女子の心をギュッ♡ カジュアルなMA-1は、甘さを抑えつつ温度調節もしてくれるこの時期頼れるアウターです。

★【今日のコーデ】どんよりとした天気の日。キレイ色のスカートで気分を上げて

【4】こなれ感抜群のデニムコーデは肌見せがカギ

投稿ナビゲーション

V開きの背抜きシャツは、フェミニンで春らしい抜け感がポイント。白などベーシックカラーに飽きたら、ラベンダーのようなキレイ色で取り入れると新鮮な気分で着られます。立体的なシルエットで、体のラインをキレイに見せてくれるのも嬉しいポイント。ルーズな切りっぱデニムを合わせて、今っぽい着こなしを楽しんで。鎖骨や足首をちらっとのぞかせて、女っぽいカジュアルコーデを楽しもう。

★【今日のコーデ】トレンドの背抜きシャツコーデで、360°フェミニン美人♡

【5】大人カジュアルはスニーカーでハズすのがコツ♡

大人カジュアルはスニーカーでハズすのがコツ♡

春から夏まで大活躍のスニーカーは、話題の「新顔」を手に入れて周りと差をつけて♪ イギリスのスポーツブランド『リーボック』から、1982年に登場した定番シリーズ〝リーボック クラシック〟が、リバイバルで再登場。肌見せトップス×カラースカートという女子力高めな着こなしを、あえてスニーカーでハズすのがイマドキです。デコルテが大きく開いたトップスで、ちゃっかり小顔効果も狙いましょう♡

★【今日のコーデ】リーボックのスニーカーがブーム★デートにもぴったり!

【6】スポーティブルゾン×レースワンピのトレンドMIXスタイル

スポーティブルゾン×レースワンピのトレンドMIXスタイル

スポーツMIXがトレンドの今季、スポーティブルゾンは欠かせないアイテムのひとつ。さらっと羽織るだけで、程よくカジュアルさをまとえるから、きれいめな着こなしが好きな子にこそオススメです♪ BIGポケットやボリューム袖、優しいキャメルなど、ガーリー要素がたっぷり詰まった1枚は、実は着回し力も抜群。コーデにメリハリが出るので、バランスよくキマリます。

★【今日のコーデ】肌寒い日のワンピーススタイル

【7】背中空きトップスが主役の雨の日のコーデ

背中空きトップスが主役。雨の日のコーデ

一見カジュアルなボーダートップスは、後ろを振り返ると見える大胆な背中開きデザインが特徴。不意打ちの背中見せで、色気をさりげなくアピールしましょ♡ ボトムはピンクスカートをさらっと合わせて、よりフェミニン度を高めて。

★【今日のコーデ】傘をさす姿も美人♡バックシャントップス

【8】ラベンダーのカシュクール×デニムで大人かわいく♡

ラベンダーのカシュクールブラウスは×デニムで大人かわいく♡

ビッグリボンがポイントのブラウスは、デコルテを綺麗に見せてくれるカッティングとラベンダーのカラーをチョイスすれば甘すぎない印象に♡ ボトムはラフなデニムを指名して、大人カジュアルにまとめましょ。足元には、パキッと映える白サンダルを選ぶだけでいつものデニムコーデがフレッシュにきまります!

CanCam2018年5月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/奥富思誉里  ヘア/EIJI KADOTA(SIGNO) メーク/粉川 敦 モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/手塚明菜

夏のきれいめカジュアルコーデ


【1】上品プリーツで通勤スタイルを華やかに♡

通勤スタイルを華やかに♡色っぽかわいいプリーツスカートが主役

コーディネートの主役は、フィッシュテールのロングプリーツスカート。歩くたびに軽やかに揺れる、細プリーツが大人っぽくて印象的です。一枚着るだけでパッと華やかになる上品カラーも魅力的♡ シンプルの中にも上品さを忘れないデザインなので、仕事終わりのお誘いにも対応できるアイテムです。シャツ×プリーツスカートの通勤コーデは、シャツをリネン素材にチェンジすれば今っぽさがさらにアップ! 一枚で着るのはもちろん、夏はTシャツにさらりと羽織れば、こなれたカジュアルスタイルが楽しめます。

★【今日のコーデ】通勤スタイルに変化をつけたい!そんな気分にぴったりのスカートコーデ

【2】メンズTをシックに着こなすモノトーンコーデ

メンズTをシックに着こなすモノトーンコーデ

いつもならカジュアルに合わせたい黒のTシャツも、モノトーン配色ならぐっと大人な印象に。あえて大きめサイズのメンズTを、ボトムスにインして着こなすのが今年流♪ ゆるっとしたシルエットのTシャツは、着やせ効果が期待できる上にこなれ感のあるスタイルに見せてくれます。重くなりがちな黒Tには、パキっとしたホワイトのボトムで全体を爽やかに仕上げて。カジュアルになりすぎないように、パールできちんと感をプラスすれば通勤にも◎!

【3】爽やかブルーできれいめシャツをカジュアルにシフト

爽やかブルーできれいめシャツをカジュアルにシフト</h3> <p>

定番の白シャツに、トレンドのショートパンツを合わせたコーディネート。オフィスシーンでも活躍する白シャツですが、リネン素材をセレクトすると、着回しがきくうえに夏の日でもさらりと着こなせます。ミニ丈のボトムは、ちょい長めの丈を選ぶのがポイント。足がキレイに見える&大人っぽく上品な印象に仕上がります。夏は服がシンプルになる分、小物で盛りたいのがおしゃれゴコロ。トレンド素材のPVCバッグやアンクルストラップのサンダルでトレンド感を投入すれば、コーデ全体がグッと今っぽく仕上がります。丸サングラスやストーンイヤリングなど、顔周りにも旬の小物を重ね盛りして華やかに♡

★【今日のコーデ】コスパ最強!雨の日にぴったりなGUアイテム

【4】鮮やかピンクのワンピ×スニーカーの甘辛MIXスタイル

ビビットピンクのワンピ×スニーカーの甘辛MIXスタイル

華やかなベリーピンクのワンピは、白スニーカーやニコちゃんマークがお茶目なカゴバッグでカジュアルダウンを。一枚で着るのはもちろん、取り外し可能なストラップを外してTシャツをレイヤードしてもgoodです。さらに、爽やかな透けカーディガンを羽織れば、気になる二の腕もさりげなくカバーできちゃいます♪

★【今日のコーデ】ワンピ×スニーカーは永遠です!

【5】サマーモノトーンには差し色を効かせて爽やかに

サマーモノトーンには差し色を効かせて爽やかに

主役は軽やかに揺れるフレアスカート。その動きの美しさは、「インスタ映え」ならぬ「ストーリー映え」が狙えちゃいそう☆ モノトーンでまとめたコーディネートには、バッグとピアスでターコイズブルーのアクセントをプラス。涼しげで大人かわいい印象をまとえます。カーキのシャツで辛さを、さらに足元はゴツめのサンダルでちょっぴり外して。

★【今日のコーデ】松村沙友理が着こなす、夏のモノトーン美人スタイル

【6】ボリューム袖でブラックワンピをよりドレッシーに♪

ボリューム袖でブラックワンピをよりドレッシーに♪

トレンドのオフショルワンピなら、水着レイヤードも楽しめちゃう♪ 首元にチラリとのぞかせた水着のストラップも、黒ならカジュアルになりすぎずお呼ばれもOKな上品さがキープできます。重たくなりがちなブラックワンピは、明るいブルーのサンダルで足元をトーンアップするのがおすすめテク♪

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/松村沙友里(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【7】予定アリの平日はキレイめショーパンで〝大人っぽく肌見せ〟

予定アリの平日はキレイめショーパンで〝大人っぽく肌見せ〟

スカート感覚で違和感なくはけるのは、ボックスシルエットの長め丈ショーパン。オフィスコーデのマンネリ打破にも効く、ニューカマーです♪ ボトムがコンパクトな分、トップスは腰回りをカバーするくらいのボリューム感がバランスよし。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【8】甘トップスには濃いめのインディゴがバランスよし♡

甘トップスには濃いめのインディゴがバランスよし♡

甘めの花柄ブラウスにおススメなのは、程よくカジュアルダウンしてくれる濃いめデニム。足首がのぞく軽快な丈感で、デニムコーデに差をつけて。さらに、センターのホワイトステッチが縦ラインを強調しれくれるので、足がほっそり長く見える効果も。難しく見えがちなシルエットでもスタイルよく着られます♪ 小物は、かごBAGやシルバー小物で夏らしく!

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子