ブラウス・Tシャツ・ニットなど♡白トップスコーデ13選|トレンドの着こなし方

爽やか&女らしい白トップスの着こなし

ワーク系ショーパンは肌感多めでヘルシー見え狙いっ

清楚カラー「白」のトップスを合わせる秋の着こなしをクローズアップ♡ 女っぽさをアゲてくれるレースなど、白トップスがぐっと映える秋コーデは見逃せない!

【目次】
秋のトレンド白トップスコーデ
白トップスに合わせるおすすめボトムコーデ
清楚なレースの白トップス秋コーデ
白ワンピースの秋コーデ
秋コーデも白トップスで爽やかに

秋のトレンド白トップスコーデ


簡単にしゃれ見えしたいならフレアパンツ説 by 安未

清潔感があり好感度の高い白トップスは、ONにもOFFにも欠かせない鉄板アイテム。レディなブラウスやレースアイテムは、黒やブラウンの小物で引き締めると大人かわいく仕上がります。クールにも着られるトレンドのシアーシャツやニットは着回しも効くのでおすすめ。

Point
・黒やブラウンなど落ち着いたカラー小物を取り入れてコーデを引き締め
・白ボトムと合わせればおしゃれなワントーンもトライしやすい

白トップスに合わせるおすすめボトムコーデ


【1】白トップス×チェック柄スカート×黒バッグ

あみ的IF…♥なデート服『風になびくスカートで海までドライブしたい♥』

きちんと見えする白ポロシャツ×チェックスカートの上品コーデには、G-SHOCKやリュックなど小物でギークさを盛り上げて♪ 厚底のスリッポンでミーハー感をちょい足しすればコーデがグッとこなれて見えます♡

CanCam2020年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】白トップス×白スカート×白スニーカー

かとし的IF…♥なデート服『オールホワイトコーデでお化け屋敷に行きたい♥』

白のフォトTシャツとナロースカートを合わせた、最高にフェミニンなきれいめカジュアル♡ ツヤ感のあるスカートやクリアビーズバッグなど、ワントーンコーデは異素材MIXで遊ぶと奥行きが出て◎。

CanCam2020年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【3】黒ベレー帽×白トップス×チェック柄パンツ

懐かしさを感じる白のロゴTシャツ×チェックパンツのレトロな着こなし。仕上げはバレエシューズやベレー帽をかぶって、ブリティッシュ気分のモノトーンコーデに。ほんのりフレアに広がるパンツのシルエットが、ヴィンテージっぽくておしゃれです♡

CanCam2020年9月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/kika モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/権藤彩子、時吉 茜、佐藤彩花

【4】ベージュシアーシャツ×白トップス×黒パンツ

ワーク系ショーパンは肌感多めでヘルシー見え狙いっ

サテンキャミのツヤやシアーシャツの透け感が醸す繊細さでモテオーラをGET♡ インナーに白キャミを挟むだけで、美肌効果もUP! ペタンコ靴やロゴ入りバッグの小物合わせで、肌見せ感のあるショーパンコーデもヘルシーにきまります。

CanCam2020年9月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】白トップス×黒パンツ

キャッチーなフォトプリントT

トレンドのフォトTシャツを主役に、黒やパイソン小物でクールにまとめて♡ ゆるっとした白Tシャツを選んで黒の面積を少なくすると、夏でも涼し気なモノトーンコーデが仕上がります。ボトムはスキニー合わせでタイトに着て、女っぽく。

CanCam2020年9月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

【6】白トップス×ブルードット柄スカート

彼女感のある(ワンピ)なら…裾ひらナロースカートで大人の愛嬌をプラス

フィット感のある白トップスで、立ち姿まで美しいマーメイドスカートを引き立てて♡ デコルテがのぞくコンパクトなオフショルニットと合わせれば、清潔感と美人度がさらにUP!

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】ブラウンシャツ×白トップス×ピンクワイドパンツ

白トップス×ピンクパンツにブラウンのシャツジャケットをレイヤード♡ マイルドで今っぽいカラーリングなら媚びない甘さが演出できます。黒や茶系でなく、ボルドーの美形パンプスをプラスして足元まで女っぽさを。

CanCam2019年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/菜波(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】白トップス×白フレアパンツ

簡単にしゃれ見えしたいならフレアパンツ説 by 安未

のっぺりしがちなオールホワイトに、フレアシルエットのパンツとブラウン小物でメリハリとこなれ感を加えて。ノースリニットの肌見せや大ぶりアクセで華やかさもほんのりとON。

CanCam2019年9月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】ベージュジャケット×白トップス×白レーススカート

きちんと感もあるダブルジャケットで、レース編みのニットスカートを大人っぽく。インナーを優しい白Tでつなぎつつ全体を淡いグラデーションでまとめると、今の空気感をたっぷり含んだ感度高めのお仕事スタイルが完成します。

CanCam2019年9月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子

清楚なレースの白トップス秋コーデ


【1】カーキジャケット×レース白トップス

“ひとくせきゃみたん”で大人っぽシンプル

とろんとしたやわらかい素材のセットアップは、大人っぽいリラックス感が絶妙! カーキならではのマニッシュな雰囲気なので、インナーはレースキャミで思いきり女っぽく仕上げましょ。

CanCam2019年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子(ヘアスタイリング協力) ヘア&メーク/kika モデル/SEIKA 構成/木村 晶

白ワンピースの秋コーデ


【1】白ワンピース×ブラウンバッグ×ブラウンサンダル

彼女感のある(ワンピ)なら…ノースリワンピでヘルシーに肌見せ!

清純な白ワンピは、顔映りもふわりと広がるフレアシルエットも絶品♡ ハリのあるコットン素材が白のリッチ感をさらに後押ししてくれます。ブラウンのバッグやサンダルを合わせれば、品のあるかわいさがさらに増してデートにもぴったり♡

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】白シャツワンピース×デニムパンツ

さらっと1枚でサマになるシャツワンピは、デニムのレイヤードとキトゥンヒールのブーツ合わせで上級な洒落コーデに。こっくりしたブラウン靴の投入で季節感も深まります♡ 手持ちしたチェックジャケットも秋コーデを格上げするポイントに。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【3】白ワンピース×スキニーデニムパンツ

04[たゆ~ん袖ワンピース]『手元の仕草をきれいに見せてくれて、たゆ〜んと揺れるたび色っぽい余韻を残すボリューム袖。今季はバリエ豊富に登場しているワンピで取り入れて、女らしさ増し増しで着よ♡』

生地をたっぷり使った袖と、裾に向かって広がるAラインがかわいい秋ワンピース。ワンピにボリュームがあるので、デニムはぴたっとスキニーが間違いない! 淡いブルーデニムを選んで親しみやすさも♡

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

秋コーデも白トップスで爽やかに


この秋に着たい、白トップス×ボトムのコーデを紹介しました! 顔まわりが明るく見える白トップスは、ジャケットやシャツのインナーにもおすすめ。さらにレイヤードしてもかわいい白のワンピースは、タイトなスキニーパンツと合わせることで秋コーデにも着回せます♡ 

 

>CanCam.jp TOPへ戻る