スキニーパンツのおすすめコーデ♡2020春夏レディース|黒・ブルーデニム

春夏に役立つスキニーパンツの着こなし術をご紹介。カジュアルにもオフィスシーンにもおすすめのスキニーパンツコーデを色別(黒・青)に大特集!スキニーパンツに合う靴もまとめました。ギャップ(GAP)のスキニーパンツや、ユニクロのアイテムとのコーデもピックアップ!

スキニーパンツのおすすめコーデ集

春夏に役立つスキニーパンツの着こなしを紹介。カジュアルにもオフィスシーンにもおすすめのスキニーパンツコーデを色別(黒・青)に大特集! スキニーパンツに合う靴もまとめました! ギャップ(GAP)のスキニーパンツや、ユニクロのアイテムとのコーデもピックアップ!02 かっこよくって、ほんのり色っぽい。目で追われてます! モノトーンで着る「黒スリムパンツ」

【目次】
黒スキニーパンツのコーデ
スキニーデニムパンツのコーデ

黒スキニーパンツのコーデ


【1】黒スキニーパンツ×ライトブルーコート×白Tシャツ

ほぼシルバーパンプスな白スニーカーでクリーンな抜け感を出す!『擬態のコツは、足元の印象を薄くして目線を他に向けさせること。全身を淡いトーンでまとめるのもgood。清潔感あふれるクリアな白スニーカーなら、服装にうるさい先輩も何も言えまい。』

Tシャツ×黒スキニーのカジュアルコーデにきれいめコートをプラス! 足元にVANSのオールホワイトスニーカーを投入すれば抜け感もばっちり。黒スキニーをキレ味よくはけるのも、真っ白スニーカーならでは。

CanCam2020年3月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/時吉 茜

【2】黒スキニーパンツ×白ブルゾン×ベージュフーディ

カジュアル服にキレイめエッセンスをプラス!渋谷シンプル茜Style『茜style1ヘビロテコーデはフーディと黒デニム!地厚&すっぽりかぶれるゆるめシルエットが今っぽフーディの条件。程よいキレイめ感をキープできる黒デニム合わせなら、オフィスにも着ていけそう♪』

BIGジャケットのインナーには、つるっとした素材感がキレイめなボンディングフーディをチョイス。やわらかなベージュ色で黒スキニーとのバランス感もばっちりです。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【3】黒スキニーパンツ×ライトピンクシャツジャケット

03 久しぶりにパンツをはきたい!なら トップスは重ね着で!『定番のデニム、カジュアルなワイドボトム、キレイめセンタープレス…また再びパンツな気分。 ならば、トップスで鮮度をプラスして! ありきたりなワンツーにしないのがコツです。』

男女ともに好感度大なブラックスキニーは、シャツレイヤードでハンサムに。顔立ちをキリッと見せる黒タートルのレイヤードで知的な印象にもなれる!

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【4】黒スキニーパンツ×白カーディガン

02 かっこよくって、ほんのり色っぽい。目で追われてます! モノトーンで着る「黒スリムパンツ」

スニーカーやキャップなど、スポーティなアイテムを女っぽく着る秋コーデ。アクティブな黒スキニーに、デコルテがきれいに見えるゆるカーデを合わせてギャップを演出♡

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【5】黒スキニーパンツ×白ロングシャツ

02 かっこよくって、ほんのり色っぽい。目で追われてます! モノトーンで着る「黒スリムパンツ」

ロングシャツの下から見える脚線美に視線釘付け♡ きれいめに着こなすときは、ロングシャツに黒スキニーを合わせてすっきりと。スキニーで作るゆる×ぴたシルエットはモテコーデの鉄板です!

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【6】黒スキニーパンツ×白ロングシャツ×黒Tシャツ

SNS映えするきれいめモノトーンカジュアル!黒デニムでモノトーン

黒で繋げた着こなしに白シャツを無造作にON! シンプルながら今っぽくて女らしい理想の白シャツスタイルは、簡単なのにこなれて見える推しコーデ。ニュアンスたっぷりのビッグシャツ、スキニー、ボリューム系スポサン、とメリハリをきかせたバランスも今っぽくておすすめです。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

【7】黒スキニーパンツ×白レースブラウス

甘いレースブラウスを黒スキニーでちょっぴり辛く!

Vネックにあしらわれたアイレットレースが懐かしい、顔映り抜群の白ブラウス。甘く着るのもかわいいけれど、スキニーデニムやキャップでキレのいい女らしさを目指すのもオススメです。白Tだったらごく普通になるスキニーコーデを、ブラウスの懐かしげなムードで今っぽかわいく着こなして♡

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY)モデル/楓(本誌専属) 構成/木村 晶

スキニーデニムパンツのコーデ


【1】スキニーデニムパンツ×ラベンダーニット

かわいくいたいけど、キメすぎもイヤ…。彼を初めて自宅に招く日 『㊤ゆる×㊦ぴたシルエットでリラクシーに、でもスタイルよく♡普通の服だと家っぽさがないし、完全部屋着は色気ナシ…。意外と悩む自宅デートは、ゆるトップスで〝隙〟を感じさせつつ、フィット感のあるボトムでスッキリと。ラフだけど色っぽい♡が理想的!』

女のコらしいラベンダーニットにスキニーデニムを投入。たぷっとした萌え袖ニットは、腰まである長め丈でお尻周りをカバーしつつ、スキニーデニムで作るY字シルエットで脚ほっそりに着こなして。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW TOKYO 構成/石黒千晶

【2】黒デニムスキニーパンツ×ブラウンファージャケット

〝効かせる黒〟ブーツならこの3足!『究極のベーシックカラー〝黒〟なら、流行デザインも合わせやすさ抜群。今季はしばらく続くショートブーツブームの中、ニーハイも復活の兆し。ほんのりモードな〝効かせる黒ブーツ〟で、着こなしを更新!』

スタイルアップのポイントは、ファスナーレスで脚をきゅっと引き締めてくれるストレッチのニーハイブーツ。黒のスキニーデニムをブーツインした新鮮なバランスも、ニットとパンツをオール黒でつなげると脚長効果が期待できます!

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

【3】スキニーデニムパンツ×白ワンピース

04[たゆ~ん袖ワンピース]『手元の仕草をきれいに見せてくれて、たゆ〜んと揺れるたび色っぽい余韻を残すボリューム袖。今季はバリエ豊富に登場しているワンピで取り入れて、女らしさ増し増しで着よ♡』

生地をたっぷり使った袖と、裾に向かって広がるAラインがかわいい秋ワンピ。ワンピにボリュームがあるので、デニムはぴたっとスキニーが間違いない! 淡ブルーのデニムを選んで親しみやすさも♡

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【4】ブルーデニムスキニーパンツ×黒ブラウス

スキニーデニムやスニーカー、キャップ合わせのカジュアルな着こなしも、上品な黒ブラウスなら大人っぽく仕上がります。フレンチスリーブのブラウスは肩がちょこっと隠れるデザインなので、黒でも甘さが出せる一枚。カーキのリネンシャツを腰巻きにしてラフな印象を後押ししましょ。

CanCam2019年9月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子

【5】スキニーデニムパンツ×ベージュジャケット×白Tシャツ

ロゴTをスキニーにインしてスッキリさせつつ、ゆるっとサイズのジャケットを肩にはおって。メリハリの効いたシルエットで、一見ベーシックなスタイルを雰囲気のあるカジュアルに。ベルト代わりに巻いた柄スカーフやイエローパンプスで、華やかさもちょい足ししましょ。

CanCam2019年9月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子

【6】スキニーデニムパンツ×ベージュノースリーブニット

淡いブルー×程よいクラッシュデニムで、かわいさの中にも今どきの抜け感をプラス♪ ヘルシーなノースリニットに合わせたのは、世界初のブルージーンズでもあるLevi’s®のアイコンデニム・501®を今のトレンドに合うスキニーレッグに仕上げた501®SKINNY。服がシンプルな分、スカーフ使いやチェックのカゴBAGでパンチを効かせて夏気分を盛り上げたい。

CanCam2019年7月号より 撮影/東 京祐 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】スキニーデニムパンツ×白シャツジャケット

スキニーだけどピタピタしすぎず、程よいフィット感のあるブラックデニム。ゆるっと肩を落として着るBIGジャケット合わせなら、さりげない肌見せで女っぽさもプラスできます♡ 上半身のちょっぴりオーバーなサイズ感と、デニムのシュッとしたフォルムとのギャップでスタイルUPも叶います!

CanCam2019年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/橘内 茜 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/小室安未 撮影協力/tokyobike 構成/浜田麻衣

【8】スキニーデニムパンツ×ラベンダーニット

フェミニンなラベンダーニットを、黒スキニーとジャケットで辛口にシフト! サングラスやシルバーバングルで小物をちょい盛りすれば、シンプルだけどエッジが効いてる…これぞまさに、理想の〝大人め〟コーデです♡

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

どんなコーデもすっきりまとまるスキニーパンツは、スタイリングに使いやすい♡と今シーズンも大注目。カジュアルで合わせやすいブルーや、クールで美脚効果のあるブラックなど、体型に合うベーシックな一本を見つけておけばおしゃれはもっと楽しくなるはず! 春夏コーデの参考にしてくださいね。

★着回し力もばっちり!Tシャツの人気コーデ17選

★白スウェットのおすすめ秋コーデ5選|スカートやデニム合わせでカジュアルかわいく♡

>CanCam.jop TOPへ戻る